FC2ブログ

格付けの旅 セル百合子の野望 何でもゼロ BAN祭

 BAN祭……其れは2ちゃんねる大宇宙改め5ちゃんねる大宇宙にあるハングル板銀河に突如として何でもジュピター板(通称なんJ)銀河の住人達が大挙してヨウツベ大宇宙にある所謂保守チャンネル太陽系に次々とメテオギャラクシーを打ち込んで機能不全(通称BAN)にさせて行くという恐るべき祭り。ヨウツベ大宇宙がチャンネル太陽系をBANする条件は其の太陽系がヘイトスピーチしているか如何かなどを集団的にヨウツベ大宇宙の主に対して通報するという物。此れに依って三島一八チャンネル太陽系の次に人気の保守系チャンネル太陽系だったイージスガンダム太陽系や三島一八チャンネル太陽系と親会社が同じなツネヤスチャンネル太陽系、下ネタを含めてやや下品でナチス傾倒なトゥルースこりん星チャンネル太陽系、中堅の中で一、二を争う堅実な保守系チャンネルであるフリーダムボイスチャンネルフォース太陽系、日本引き籠り協会をぶっ潰す事が目的の『タカシ・立花』のチャンネル太陽系、ゆっくり霊夢でお馴染みの保守チャンネル太陽系等々……錚々たる保守系チャンネル太陽系がヘイトというだけでBANされた祭。発端は何なのか? 其れが所謂保守系ブログと呼ばれる『余命スリーイヤーミニッツ』がある二人の弁護士に大量の懲戒請求を送った事が契機。其れについては俺も詳しく知らないのだが、此れに危機感を露にしたドイツに亡命中のエラの張ったクソババアを中心にあの界隈が扇動して結果としてハングル板銀河に大挙してこんな祭が出来上がった。まあ、陰謀論で言えばそう成るだろうが良く考えて欲しい。あの5ちゃんねる銀河だぞ。どの板だろうとそんな特定の団体如きで動く訳がない。かつて旧2ちゃんねるを潰そうとした南新羅のネチズン共の総攻撃で勝手に勝利宣言させた偽装死の名人たるあの5ちゃんねるだぞ。鯖が落ちたのは奴等の総攻撃ではなく、イチローのタイムリーヒット等予測し得ない事態にこそ鯖が落ちた位だぞ。だからこそ俺は思うのだ。幾らあの界隈でもなんJ太陽系の住人達を動かす事は不可能だと。
 前回の粗筋はカリアゲ黒電話及びハゲゾエと篭の子夫妻を何となく打ち破ったデュアンとアルッパー。だが、直後に二体を襲う三鬼神最後の一人である『ポッポ』……日本の戦後史上最悪の総理大臣にして戦後最悪の売国政治屋としてもランクインする此の男が襲い掛かり、デュアンとアルッパーはノックダウン。後少しで『ポッポ』最終奥義『トラストミー』が放たれる所だった--其処へ救世主として現れたのがカトちゃんである!
「全くですね、二人の野党議員から訴訟を受けている時に老体に鞭を打たないといけないとはね」
 齢八十を超えても尚も精力的に活動するカトちゃんのお陰で難を逃れるデュアンとアルッパー。運ばれる中でデュアンは次の案件が気に成って仕方がなかった。
(俺のチャンネルが『BAN』されてやがる。やったのはなんJの連中だな……まあ、元々収入も少ないチャンネルだったし、他の方で利鞘を稼ぐしかないな)
 尚、黒い方では力を示すには金が必要。単純な力だけで勝ち抜くのはデュアンもアルッパーも出来ない。二体が力を発揮するには其れに見合った資金力が無ければ意味がない--其の為にデュアンはヨウツベの動画チャンネルアカウントを作成して迄資金力を蓄えていた。
(此れからが大変だな……ンン?)
 デュアンはカトちゃんの隣に居る男が気に成る。其の男は如何やらボウズが所属する『日本引き籠り協会をぶっ潰す市民の会』の党首を務める『タカシ・立花』だと気付く。
「お前は--」
 坊主君から聞いたぞ、如何か一緒に『日本引き籠り協会』をぶっ潰そう--勝手に同志にする『タカシ・立花』だった。
 タカシ・立花……其れは偽の知の巨人の方ではなく、元『日本引き籠り協会』の職員だった男。大変な憎しみがあるらしく、『日本引き籠り協会』を潰す為なら犯罪紛いな事だってやりかねない危ない人。因みにパチンカス。さて、話を戻すと此のおっさんの主張する『日本引き籠り協会』の悪事は正しいし、弱い人間から『受信料』を巻き上げる行為は正しく悪の集団に他成らない大罪。其れについては後で解説する。そんな純粋なる憎しみを原動力にした活動はやがて同じく不満を持つ同志達の共感を集めて、何時の間にか黒軽部が結成したジャパン第一党に続く地方議会に議席を残す政党である『日本引き籠り協会をぶっ潰す市民の会』まで結党して日夜『日本引き籠り協会』をぶっ潰す為に行動して多くのネトウヨとレッテルを貼られる連中からの支持を集めた。但し、一般的な保守化と問われればノーと言っておこう。何故なら奴はモリカケ報道に乗っかってサイボーグ政権を批判した前科を持つ。其の為、彼自身を安易に支持する事は余り良い物ではない。なので彼に集まる連中が必ずしも保守寄りである可能性は薄いと思おう。
 日本引き籠り協会……其れは公的な放送局を偽装した『特定アジア』に優しい放送局。『受信料』ヤクザとして音楽ヤクザ『ジャスラク』と並んで全国から忌み嫌われる寄生虫且つ売国組織である。其のカメレオン且つ寄生虫ぶりは正に極悪の一言であり、自国が嫌いな癖に平気で自国民から受信料を巻き上げて年収八桁近い額を職員共は受け取るのだから公務員の年収としても国民を馬鹿にしているとしか思えない。最近ではネット配信で受信料の更なる拡大を図るそうだが……其の前に電波オークションで徹底的に潰れてくれないかな?
 受信料……其れは何故かフランスの反日活動費にも充てられる制作費等の日本引き籠り協会の財源。なのに最近はおじゃる丸の嘗ての声優だった彼女に黙って玩具の音声に充てられたという衝撃の事実も発覚。其れを知って彼女は抗議したが、ほぼ直後に首を刎ねられたのは言わずもがな。そう、日本引き籠り協会は受信料貰いながら受信料以外の利鞘を稼ぐという公的機関に有るまじき行いを平気でやっているのだ。後、冒頭で出したように受信料が反日活動にも充てられる。だからこそ未払いは加速し、ドナルドさん(大統領の方ではない)の説明通りの解約方法(其れ以外もあるが)でみんなも解約しよう。え、作者って? 一応、ラジオ体操とか一部の教育テレビとか好きだからな。だから敢えて受信料未払いも面倒だしな。多分、独り身に成ろうとも受信料払うかもな。全く口だけ右翼め……あ、右翼でもなかったか。
 日本引き籠り協会をぶっ潰す市民の会……其れは何れ国政選挙も見据えて日本引き籠り協会をぶっ潰す事しか頭にない地方政党。ぶっ潰した後は当名変えるのか其のままにするかは不明だが、此方は黒軽部のジャパン第一党と違って地方議員は五名以上居るから十年も何事もなく続ければきっと攘夷の党同様に国政選挙に躍り出るかも知れんな。
 デュアンとアルッパーはタカシ・立花の協力もあって<家計簿太陽系>からの脱出に成功する。其れから<狛枝凪党太陽系>へと進出してゆく。
「其処には同志である『戦闘のプロ』や『プテラレンジャー』も居るぞ!」
 オイ、そいつ等と仲が良い訳ないだろうが--と接点無さそうな二人についてそう評した!
 其れから一週間後……タカシ・立花の本部である<ナベシンプロダクション星>へと入ってゆく。デュアンとアルッパー。其処で出会うのは『サヨナラパヨク』でお馴染みの『プテラレンジャー』だ。
「貴方がデュアンさんにアルッパー君ね」
 オイ、元パヨク……俺だけ君付けするナアア--相変わらず喧しく突っ込むアルッパーだった。
 プテラレンジャー……其れはアルッパー曰く元パヨパヨチーン。嘗ては戦隊シリーズの中で五本の指に入りそうなシリアス展開が話題のジュウレンジャーのピンクをやっていた元芸能人で尚且つやや名の通った俳優。やがてオワコン化しながらも渋々と芸能活動を続ける内に例の阪神淡路を越える大地震をきっかけに『ガッデム隊』に所属しながら反原発に身を投じて行く。だが、『ガッデム隊』はリンチ事件を起こしたりする事も有ってプテラレンジャーに段々と不満が募って遂に袂を分かつ事に。其の様を描くのは彼の有名な『サヨナラパヨク』だろう。詳しくは其処で。彼女は誰もが馴染みやすい『パヨク』という造語を作り上げた張本人。以来、日本国内に潜むオーウェルが助走を付けて蹴りを入れたくなるサヨク共の事は『パヨク』と呼ばれるように成った……恐らくは彼女と『パヨパヨチーン』がきっかけだろう。そんな彼女は『ガッデム隊』と袂を分かって以降は『チャンネルゼーゼマン』にて出演中。今日も倉山と共に『パヨク』スレイヤーとして活動を続ける模様。
 デュアンさん、もう少しわかりやすく紹介出来ない--プテラレンジャーはそう指摘する。
「まあまあ、プテラレンジャーちゃん。彼等はきっと日本引き籠り協会を倒す切り札として私達に協力してくれるよ」
「誰が協力するか。俺は格付けにしか興味がない」
「俺もだ。何で二本足共と鰭を貸さなくちゃいけないんだよ!」
「だが、デュアンにアルッパー。君達のチャンネルは卑劣な日本引き籠り協会達の策略に依ってBANされたんだぞ!」
「そんなの知っている。俺を誰だと思っている!」
「何だと、俺は一個も動画上げてないのにBANされただと!」御愁傷様、アルッパー。「五月蠅い、ナレーターの分際でえ!」
 そんな一行の前に突如として現れる影。其の男の身長はラルクアンシエルのボーカル『ハイド』よりも低い!
「此の『ガッデム隊』の特攻隊長が『キャプテン・コリア号』を駆ってネトウヨのお前達をシバキに来たぜ!」
 オイ、てめえは如何やって其れを運転してるんだああ--ギリギリ手が届く長さからアルッパーはツッコまざる負えない。
 ハイド……其れは身長をネタにされる有名音楽バンドのボーカリスト。歌声は良い、容姿も端正、しかし身長が低い。其の身長の低さはとあるテロ朝の金曜夜八時にやってる『モリタ』のやる気が恐ろしくない音楽駅にて身長が低い『モリタ』と比較して判明した事。然も何故か身長156センチ説が本人の声明が発表される迄流れた程。結果、一ハイドおよそ156がネット界隈の公式に成ってしまった。本当の身長は恐らく161以上、か?
 ガッデム隊……前にも紹介したような気がするがもう一度やるぞ。最近亡くなったソエダー事刺青のおっさんが所属するレイシスト集団。首謀者はヨシフスターリンの名前を持つとある参議院議員。ナンバー2は実質、ハイドよりも身長が低いことでお馴染みの『ノ・マンソク』だ。彼等は許さんぞおの会を始めとした行動する保守と自称するデモ団体のカウンターとしてネットサヨク共が結成させたカウンターデモ集団。だが、実際は『極左暴力集団』と何ら変わりがない凶暴な集団でしかない。リンチ写真や度重なるメンバーの逮捕劇等々、奴等は法を守る気が一切ない。当然、公安は『極左暴力集団』と同じ目で監視対象にしている模様。だよな、デモの目的は非暴力不服従の筈なのに奴等のやる事は暴力の肯定にしか過ぎないのだし。後、忘れていたけど『「仲良くしよーぜ」と言いながら中指立てている』のも異常だと思わないとな。
 ノ・マンソク……其れは人種の問題は別にしても池乃めだか並にホビット体型な五十代男性の事。特に警察に取り押さえられた姿は多くの所謂ネトウヨとレッテルを貼られる彼等の心を釘付けにした。当然、奴も公安の監視対象である。だが、ネトウヨとレッテルを貼られた者達の中ではアイドルとして心に焼き付けられる……悪い意味で!
 キャプテン・コリア号……其れはホビット野郎が如何やって操縦しているのかツッコミを入れたくなるとある自称反日漫画のワンシーンに出て来るバイクの事だ。決して巨人が相席する訳ではない。操縦者が余りにも小さ過ぎる為に起こった悲劇なのだ!
 「仲良くしよーぜ」と言いながら中指立てる……其れは『リカちゃん先生』最大の武器であるマインドクラッシャーの事。真面目に解説するとあれこそがヘイト発言している者達に対して「仲良くしろ」と訴える姿だ。だが、其れならば友好を示すジェスチャーを取らないと説明が付かない。何故、相手を挑発するジェスチャーを使うのか? 其れは相手にするデモ団体が憎くて憎くて仕方ないからそうやって敵対を示すのか? いや、敵に対しても友好を示す方が良くない? 何か矛盾してない?
 リカちゃん先生……其れは精神科医らしい。然も其の精神鑑定は『ツイッター徹』曰く人に会わずして診断が可能らしい。え? 『ツイッター徹』でなくても「あんたアリババか」とツッコミ入れるだろう。というか精神科医は患者の精神を刺激しないように丁寧な丁寧な診断をする者じゃないのか? なのにリカちゃん先生のやる事は中指立てる……患者に其れやったら発狂するぞ!
 俺達ガッデム隊がヘイトスピーチを粉砕する……此の『棘バット』で--『チョーセン忍者』であるパクと共にプテラレンジャーとタカシ・立花に襲い掛かるノ・マンソク!
「お前等雑魚なんだよ、ホワイトホエール……グワアアア!」
 金のない奴が此の忍者の起源の権化である『チョーセン忍者』に勝てる訳ねエ--必殺の『李承晩ライン』を受けてアルッパーは大気圏外に吹っ飛ばされた!
 チョーセン忍者……其れは政治に搦めようとする忍者の偽物。起源を主張する迄はまだ良いとしても問題なのは其の修業の仕方と俗物丸出しな精神修養だろう。特に政治の話を武の世界に持ち出す事は即ち武人以前に部として根本から履き違える。特に忍を名乗る以上はこっそり忍んでやって貰いたい。海外発信の何処に忍者の要素があるというのだ!
「貴様、此の真の忍者であるチョーセン忍者を馬鹿にしたな。もう一度喰らえ、『李承晩ライン』!」
 ならば『国際司法裁判所』経由のファイアーボールスプラッシュ--デュアンは裏技を駆使してパクをイルーゾォの如く溶かした!
 李承晩ライン……其れは日本国民の敵である李承晩の屑野郎が勝手に主張して今も竹島の不法占拠を正当化させた極悪非道の国境線の事である。其のせいで竹島周辺に住んでいた日本人がどれだけ不法占拠して来た南新羅の奴等に殺されたのかを考えると日本国民の誰もが怒りが湧かない方がおかしい。若しも李承晩ラインを未だに使って『独島』やら『東海』やらを叫ぶエラ野郎共が居たら速攻であらゆる理論武装をして打ち負かしてやれ。逆上して襲って来たならばシャイニングウィザードやら魔槍やら或は幻突で正当防衛するように。
「やるな、デュアン。だが、棘バットの前ではお前は撲殺される!」
「単純な馬鹿程、攻略法が見付からないな」と言いつつもデュアンは何と『生放送』を展開し、『投げ銭』制度で力を蓄えていた。「間に合う迄は防戦一方、か」
 生放送……其れは動画配信者の小遣い稼ぎ。広告を付ければ通常の動画と同様に足しには成るが其処に『投げ銭』システムが加わる事で懐の厚みは増す。だが、気を付けて欲しいのが人気がない生放送はお金に成らないという点だ。其れは当たり前で誰も視聴していない生放送に金が入るのは余りにも他の主に不公平が生じる。なので其れで生活していこうと思う怠惰共は諦めて普通に職に手を付けて地道にお金稼ぎするように。
 投げ銭……其れは寄付である。歴史は古く、神仏習合の時代には既に投げ銭システムは確立していたとされるとかされないとか。何、宗教法人が金稼ぎとは醜いって? 理想としてはそうだが、現実問題では古くなった神社仏閣の修繕費やら様々な小道具やらは如何やって仕入れる? そう考えると自然と投げ銭に頼らざる負えない。結果、彼等は金を稼ぐ手段を構築しないと今日明日を食べられないのだ。最近では動画共有サイトの生放送で良く見られる光景。此れに依り、動画配信者は自然と懐を温める。だが、生放送で説明した通りに其れで生計立てようと思わないでくれ。
 デュアンは付け焼刃な状態で動画アカウントを再度登録するも登録者数が少ない状態で始める。故にノ・マンソクの繰り出す『棘バット』に苦戦。たった二回で両二の腕が折れる事に!
(金がないだけであの馬鹿の攻撃二発受け止めただけで此れか。棘もあるだろうが、普通は腕の骨が無事で済まない。特に元々が格闘技の素人たる俺では受け方もまま成らん。だが、だからってもろに受ける訳にはいかない。折れた両二の腕で歯を食い縛りつつ……金が溜まる迄、堪え凌ぐか!)
 クソ、こう成ったらキャプテン・コリア号で轢き殺してやる--ノ・マンソクは自分が愛用するバイクに乗って有り得ない程に伸び切った状態でアクセルを全開にする!
 そうはさせないわ--プテラレンジャーは変身し、跳び蹴り一発でノ・マンソクをバイクから叩き落した!
「ニダアア、俺達の裏切り者が良くも……あがッ!」
 喰らえ、日本引き籠り協会の刺客を皆殺しにして来た集金殺しのチョークスリーパーだ--タカシ・立花の必殺技が炸裂……タップする間もなく、ノ・マンソクは泡を吹いて失神!
 オンラインゲーム病……其れはゲーマーに陥りやすい心臓の病。ついつい時間も気にせずにやっていたら心臓の鼓動が早く成ってショック死するという話だ。此れは別にゲーマーだけの話ではない。遊びの世界では良くある話で要は計画性のない或は大局が見えなく成る時に必ず発生する。意気込みは構わないし、執念は持つのは大事だ。だが、行き過ぎた執念は身を滅ぼす……とあるお隣の国のオンラインゲーマーは只でさえ国民病を患っているのにオンラインゲームなんかに手を出すが為に周りが見えなく成って最終的に逝っちまう訳だ。本当にゲームとは恐い代物……だからってゲーマーの全てが犯罪予備軍と決め付けているとしたら其れはスポーツの世界でもカード遊びの世界でも聞かなければ理論が成立しない。だが、ゲームを徹底的に批判したい勢力は必ずゲームを悪と断定する。お前等もオンラインゲーム病と関係する病を持ってないか? もう少し大局を見てからゲームの恐さを判断すべきだ。ゲームが人を滅ぼすのではない。遊ぶ奴自身が身を滅ぼす。武器と同じでゲームも又、己の中で制御しないと駄目だ。其れが物との付き合い方だぞ!
「何で唐突にそんな事を言ってるんだよ」
「オオ、アルッパーか。帰って来たな」
「オイ、質問に答えろ!」
 いやあ、作者に代わって俺が謝罪しているんだよ--とゲームに夢中に成り過ぎて更新時間が夜の午後十時以降に成った事を謝罪したデュアン(18/07/08時点)!
「そんな如何でも良い話は良いとして、何か大変な人がやって来ましたよ」
「フフフ……」
 其れは時期も合わさって唐突に現れた日本赤軍以上の悍ましいカルト宗教の教祖--既に執行され、頭に輪っかが付けられた後だった!
「てめえは……『ショーコー』!」
 良くも私を殺してくれたな、日本政府め……『ポア』してやる--カルト四天王に選ばれてもおかしくない此の男が唐突にやって来た!
 ショーコー……其れは最近幹部達と一緒に死刑執行された戦後国内最大のテロリスト。『地下鉄サリン事件』、『松本サリン事件』、そして『坂本弁護士一家殺害事件』と極悪非道な事件の首謀者。『空中浮遊』から『ポア』まで真理教のカリスマ的指導者として八十年代から九十年代に掛けて人々を驚かせた。信者の為に奇怪なアニメを制作したり、選挙カーに乗って不気味な歌を作って歌ったりと此れだけならまだ気の狂った教祖として語り継がれるだけだった。だが、テロを起こした。凶悪犯罪を犯した……其れだけで万死に値する。特にツインバードストライクと結託して坂本弁護士一家を皆殺しにしたり、『松本サリン事件』で無関係な一家を悪者扱いにした罪はツインバードストライク全社が倒壊するだけじゃあ罪の清算に成らない。『地下鉄サリン事件』に至っては誰もが知るように……新興宗教の恐さを国内外に知らしめた。三つの事件以外でも奴と奴の手下共の凶悪な手口は語り尽くせないのに三つの事件ははっきり言おう……人の命を何だと思っている。お前等の血は何色だああ……と作者は書き殴っている。
「出たな、殺人鬼め。貴様はさっさとあの世に逝け!」アルッパーは馬鹿の一つ覚えが如く、突撃するも……「グワアア、『サリン』如きで此の俺があああ!」教団の殺人兵器『サリン』の前に資金力を持たないアルッパーは次のように倒された。「オノレエエエ!」
「流石は『老害』パワーだ。『ポア』が出来るぞ!」
「何て事ですか。本当に実体化してしまいますか!」
「強い……ヘッドロックを掛けようとすれば『サリン』で毒殺されてしまう!」
 プテラレンジャーもタカシ・立花も『サリン』の前に手も足も出ない!
 サリン……其れは農薬で作れるような代物ではない毒ガス。松本サリン事件及び地下鉄サリン事件では此れが使用され、多くの人間の命が落とされた。仮に生き残ったとしても深刻な後遺症が残って死ぬ迄苦しむ羽目に成る。因みに農薬で作れるような物ではないという説明の付け加えは一重に……死ね、マズゴミめ! そんなメッセージを籠めた説明でもある。
 ポア……其れは粛清である。日本赤軍に於ける粛清を総括とするなら、ともだちの粛清は絶交である。とある真理教ではポアとは粛清を意味する。故に此の言葉が出てくる場合は高確率で命に拘る事だと捉えよう!
(やばいな。ショーコーだけじゃない。『老害』は他にも翻訳会の『ナツコ』や今年初め頃に死んだ『推理のタミヤ』、其れとエラ系で野球界の『ハリー』に司会の『ターハラ』等、続々と『老害』が参戦している所だ。『アカ』の永遠の影委員長『フハ』迄入れると手が付けられないぞ!)
 デュアンの考える通り、『フハ』以外の『老害』が集結。アルッパーがノックダウンしている上にチャンネルアカウント削除された状態のデュアンでは資金力の多い『老害』と渡り合えない。果たして勝機はあるのか!



 NEXT PAGE 如何すりゃあの題名から二ヶ月と翻訳出来るんだよ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR