先ず、何故あんな自分達が危機に陥る様な文書を大々的に報道するのかが理解に困る!

 如何ももう少しミステリーが上手く成れたら良いなあと考えるdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<白魔法の章>をクリック。
 さて、今回は……コナンや金田一を少し齧った読者ならお馴染みのアリバイについて簡単に紹介した時事ネタを披露しとこう。

 家計簿殺人事件……去年から続く家計簿学園の獣医学部新設を巡る殺人事件。サイボーグ晋三と家計簿学園の理事長家計簿が友人という理由で何らかの働きがあったのではないかと疑われる殺人事件。だが、サイボーグ晋三が殺人事件に関与したという証拠が何処にもない。何故なら去年に証言者の一人として挙げられるカトちゃんが重要な証言する事で殺人事件のクロは限りなくタマキードとゲルショッカー、そして獣医師会の重鎮の可能性が浮上した。いや、獣医学部新設を巡る殺人事件の真犯人は彼等以外に居なくて、サイボーグ晋三が真犯人である証拠は限りなく零に近い事もわかった。何よりも岩盤規制が砕かれたのは宇宙人鳩からである事も。
 ところが最近に成って愛媛県側より殺人事件の新たな新展開が発覚。何と新文書が発見された。其れに依ると三年前のある日程の昼から夕方に掛けてサイボーグ晋三と家計簿理事長が密会していたという重大な証拠が見付かった。此れには真犯人と思われた獣医師会、タマキード、ゲルショッカーは大喜びした……筈だった。
「如何考えても密会出来ないだろうが!」
「ええ、如何して?」
「当時のサイボーグ晋三の動静を見て見ろよ!」
「あんなの嘘に決まっているだろう。何処にも家計簿理事長と密会していないと誰が言えるか!」
「いや、其れはサイボーグ晋三陣営が発表したアリバイじゃないからな!」
「え?」
 動静はあくまで官邸側ではなく、捜査する側が発表するアリバイ情報である。其処には次のような事柄が簡潔に記されていた。

『 サイボーグ晋三の動静
PM
 7:48~ 公邸発。同49分、豪邸着。
 7:50~同8:13、加藤清澄官房副長官と面談。
 8:52~ 豪邸発。同53分、現場着。同55分、衆院第1委員室へ。同9時、衆院予算委員会開会。
AM
 0:02~ 衆院予算委休憩。同3分、同室を出て、同5分、国会発。同6分、豪邸着。
 0:54~ 豪邸発。同55分、現場着。同57分、衆院第1委員室へ。同1時、衆院予算委再開。
 2:00~ 衆院予算委を途中退席し、同3分、国会発。同3分、豪邸着。
 2:33~同52 米シンクタンク外交問題評議会のギルガメッシュ会長。
 3:00~同33分 変態新聞のインタビュー。
 4:09~同43分 日銀砲自民党幹事長。
 5:30~同6:24 戦後70年談話に関する有識者会議。同27分、豪邸発。同28分、公邸着。各府省庁の副大臣と会食。ガースーら同席。
 8:01~ 公邸発。
 8:18~ 東京・富ケ谷の自宅着。
 26日PM0:00現在、自宅。来客なし。(2015/02/26-00:05)』※

「そんなのクレオパトラみたいにやれば幾らでもアリバイは崩せる!」
「獣医学部新設の為だけにクレオパトラのような手法を使うのか?」
「ウウ……だが、何処かに必ず密会は行われてるんだ!」
「だが、たったの十五分と言ったな? 其処でサイボーグは予算委員会に出席する動画が出回っている。証言者の中にはタマキードもブタ崎岳志も居る。一体如何やって抜け出す隙があるというのだ?」
「何……あ、本当だ。き、きっと、きっと……駄目だ。密会に繋がる決定的な場面が一つもない。証言に答える中にサイボーグ晋三も混じっている。刑事コロンボのそっくりさんマスクを被っているという証拠なんて意味がない!」
「無理があるんだよ、新文書は。フォントの問題にしてもそうだし、仮にフォント抜きにしても捜査員がわざわざ複数の大手新聞社に監視させているというのに如何して抜け出す隙が見付かると思えるのだ。サイボーグ晋三が分身殺法やらスタンドD4Cが使えるとかいう実証が為されないと密会に繋がる証拠に成らないだろう」
「第一、D4C何て同じ場所に複数の同一人物が存在しようとすれば待ち受けるのは対消滅だからな……ってじゃああの文書は何なんだよ!」
 家計簿学園の獣医学部新設を巡る殺人事件は益々瞑想するようなのか……いや、既に真犯人はわかり切った事だった。なのにわざわざ疑惑が深まるような下手なやり方が本当に正しいのか? 事件を解決する気なのか其れとも事件を拗らせるのが目的なのか?
 何れにせよ、此れは悪魔の証明染みていてやり方としてアンフェア過ぎる……


 ※ 出典 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 記事「愛媛県新文書は偽造!役所のメモに違うフォントは異常・H27年2月25日に加計理事長と面談なし」より
 Hatena::Diary 首相動静watcher(2015/2/25) 時事通信より

 全くだ。愛媛県知事のムーランは知事を辞職しないと責任を取れないだろう……何が「フォントが違うのは些細」みたいな事ほざいているんだよ! そんなの大学の論文で出してみろ……フォントの違いだけで弾かれるに決まっている。そんな事も知らんのか、ダボが……いかんいかん。
 取り合えず自分が偶に訪れる正しい首相批判(特定野党とマスゴミの批判は正しくない以前に単なる足の引っ張りだからな)をしてくれる所の一つでありブログ主が運営するブログのとある記事の一部を抜粋。更には出展の更なる出展も載せた。如何しても手書きで記すのが面倒だったのでコピペして少し此処風にアレンジして紹介した。此れを見てもな……如何考えたって無理だぞ。地獄の傀儡子でもきっと「いや、無理でしょう。こんな分刻みのアリバイの中で十五分の密会をするなんて」と答えるだろう。黒羽快斗でも「何で獣医学部新設の為だけにそんな面倒な事しなくちゃいけないんだ?」と答えると思う。どんな犯人だろうと首相動静を掻い潜っての犯行は不可能。何しろ、一人がくっついて張り込んでいる訳じゃないからな。六名以上が張り込んでいる態勢で一体如何すれば奴等の目線を潜って十五分もの密会が出来るというんだよ(驚)! 古代ローマでもザル警備はせんぞ。クレオパトラの手法ってのは正に贈り物という珍しい手と更にはクレオパトラ自身の忍耐力と度胸と大胆な発想が無ければ実現出来なかった奇策だからな。其れに今は古代ローマとは比較に成らないセキュリティの時代だ。そんな網目の中で家計簿理事長がクレオパトラを超える諸々でもない限りは絶対に……無理! 二十年近く前にピノピー男マン主演の土曜夜九時ドラマでやってた透明人間でも今の電子スキャナーに依る網を潜るのは無理だと自分は考えるね。
 段落を変えて話の続きだ。仮に文書に記された時間帯でも密会は不可能。だって総理大臣……ちゃんと動画に映っているじゃん! 刑事コロンボで紹介された影武者だと主張したいのか? いやいや、予算委員会という大事な場面で影武者を使う事自体、既に問題視されて然るべきだろうが! つーか特定野党の有力な議員共はちゃんと証言者に成ってるだろうが。つまり質問した相手を本物と信じて質問したんだろう? 其れを覆すのは議員として如何やねん!
 とまあ長々と語った。以上で時事ネタの解説を終える。

 第百十四話の解説を簡単に紹介しよう。今回は長い間やらなかった水中種族を主役にした話をやった。然も主人公が語るというやり方でな。だから一パート辺りちと短い内容と成る。まああれだ。初めてのお使いで命懸けの経験をするというお話さ。烏賊族の少年は此の経験経て大人に成って行くってもんさ。
 そうゆう訳で第百十四話の解説を終える。

 短いなあ、全く。さあ、予定表と行こうか。

 五月二十八日~六月二日  第百十五話 少年よ、大志を抱くんだ                作成日間
 六月四日~九日      第百十六話 武士道とは死ぬ事と見付けたり             作成日間
  十一日~十六日     第百十七話 君死にたまふことなかれ                作成日間
  十八日~二十三日    第百十八話 七度生命として生まれ変わり、連合を倒して希望に報いん 作成日間

 第百十八話は正に楠木正成の名言を少し改変した題名だね。まあ、大体は題名通りの話が展開されるしね。
 そんじゃあ今回は此処迄。其れにしても会見に出て来たあの婆は何者だよ! あんな江戸っ子が居てたまるかよ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR