試作品 全部あいつが悪い

 如何も……自分のパソコンは偶にバグるから困る。此れでまだ七ヶ月目なんだぜ……絶対マイオスの仕業だ、と考えるdarkvernuです。
 今回はマイオスの仕業……要するに何でも陰謀論に逃げる事がどれ程滑稽なのかを紹介しよう。

 とある町で事件が発生した。事件の内容は町一番のスーパーで突然強盗が入り、、現金三百万が盗まれたという物。犯人は逃走から僅か一時間余りで敢え無く御用。
「犯人はスーパーの元アルバイターだぜ」
「先輩アルバイターに恨みを持っていて更にはギャンブル好きで金が無かったせいでこんな犯行に及んだか」
「全くだ。犯人が此れじゃあモリカケ問題を起こしたサイボーグの腐敗政治が浮かばれないよな」
 尚、此の事件から二日後に小学校で五年女子が第一校舎の三階から飛び降り自殺。原因は虐め。勿論、担任教師は見て見ぬ振り。
「酷い事件ね。何でも筆箱を山羊に食べさせたんだって」
「まあ、然も三人組での虐めだって」
「酷いわね。然も担任女性教師だって。然も三人組に注意したけど、其の理由は虐めじゃなくて化粧が間に合わないらしいって」
「教師どころか人間としても失格ね。まるで日報問題で何時辞任してもおかしくないのに居座り続けるサイボーグみたい」
 此の事件から五日後にとある民家で日本刀で同士討ちした神社関係者二人の遺体を通行人が発見。神社関係者は神社の継承者を巡っていざこざを起こした模様。
「どっちも酷かったけど、前の住職が事の発端よね」
「え、どの話?」
「ほら、事件を起こしたのは前の住職が現住職を殺す為に日本島を隠し持って襲い掛かって来たんだって」
「まあ怖いわ。そして現住職は棒きれで応戦したんだっけ?」
「そんなの返り討ちなのはわかり切っているわね」
「でも前住職は何で死んだの?」
「持っていた刀を腹に突き刺したんだって」
「まあ、痛いわね……で済まないわね」
「そうね。真宮寺是清に関する文書書き換えを巡って何時までも辞任しない財務大臣のようで恐いわね」
 ……三件とも紹介したが、何処かおかしいと思わないかい? 近所会話は別におかしな点は何処にもない筈。何しろ、奥様方は隠し事を知らない為に我が我がと話を盛り上げようとする傾向にある。故に奥様会話に不自然な点は何処にもない筈……あるだって?
 あ、最後の所だろう? 何を言うか。全部サイボーグの仕業だろうが。ラグビー部の選手がタックルしたのも全てサイボーグの仕業に決まっている!


 成程、だとしたら今回判明した家計簿学園の新文書はサイボーグと家計簿理事長が密会した動かぬ証拠ではないか。何て奴だ……まさか古代ローマのシーザーの元に辿り着く為にクレオパオラが用意した外交戦術を奴等がやるなんて思ってもみなかった。そしてサイボーグの最も恐ろしい点は……ボーマン教官を遥かに超えるドッペルゲンガー使いである事。御身苗優がたくさん切られてやっと見切ったというドッペルゲンガーなのにサイボーグは其れをいとも容易くどころか何と愛媛県にある家計簿学園迄飛ばして見せるなんて……ボーマン教官を遥かに超えるドッペルゲンガー使いだ!
 ……んな訳あるかあああ! 全くパヨパヨチーン共は一体何を言ってるんだ? そんな試作品。奴等の呟きやおかしな発言の全ては此の試作品を読めばわかるだろう。何の脈絡もなく如何にか批判したい対象迄持って来るという所に狂った一面が浮かび上がる。今回の家計簿新文書だってそうだ。愛媛県知事と関係者諸君は辞表届の提出と手錠を掛けられる準備をした方が良いんじゃないか? 完全な公文書偽造じゃねえか!
 まあ後で発覚した事を述べるのは誰でも出来るけど、其れ聞いた時は「又かよ、何時までそんな問題やるんだ」と思ったね。もっと深く突っ込むべき事はたくさんあるのに何時までもモリカケモリカケって……ハア(疲)。
 そうゆう訳で試作品の解説は此処迄。さて、明日も早いし……寝るとしようか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR