二回目の雑文は……スポーツと武道は如何して交わらないのか!

 如何もスポーツは嫌いだが、武道は好きなdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』の白魔法の章05の二ページ目が終わり、三ページ目に入りました。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<白魔法の章>をクリック。
 バレンティン問題もそうだったけど、スポーツやってる奴は如何してあそこまで性根の腐った奴が跋扈するのだ? スポーツマンの芸能人化が原因か……いや、少しだけ考察してみよう。

 スポーツは如何して腐敗を生むのか? 其れは武道も同じではないのか? 否、剣道はスポーツではない。ガッツポーズは公式では認められない。ボクシングはスポーツではないのか? 否、あの一家の問題を除けばボクシングは減量と戦う武道。じゃあ八百長が跋扈するプロレスはスポーツではないのか? 否、あのレジェンド高山があの状態だ。幾らルールブックが認められても受けを間違えれば三沢のように死ぬ事だって有り得る。プロレスも立派な武道である。じゃあ其の理屈が正しければ柔道はれっきとした武道ではないか……否、既に柔道はスポーツへと堕落した。ガッツポーズは武の道に相応しくない。そして相撲もスポーツに堕落しようとしている。横綱日馬富士の暴行事件に依ってモンゴル互助会と相撲協会の腐敗が如実に示されてしまった為に。
 と此れではまるでスポーツが堕落した肉体競技のように移るではないか。そうではないだろう、アンチジャーナリストの鈴木広治。イチローや室伏のように道を極める者達も見て来ただろう。決してスポーツは腐敗を齎す肉体競技ではない。そうだ、スポーツだって汗を掻けば気持ち良い物ではないのか?
 だが実際は如何だ? 勝ち負けに拘るのは良いが、スポーツには決して武道のような精神は宿らない。健全な肉体のように健全な精神が宿るというユウェナリスの精神は何処に行ったのか? 常に問題に成るのは勝つ為に薬に手を出す事、勝つ為に反則を仕掛ける事、勝つ為に勝てるルールに改編しようとする事……此れは本当のスポーツマンシップなのか? デスポーターはスポーツと成って現在の我々は気軽に使う歴史を持つ。憂さ晴らしの為に存在するスポーツ。なのに今のスポーツ界に蔓延する権力主義や金銭主義は何だ!
 此れはデスポーターではない。此れはスポーツに成りえない。其の結果、スポーツは堕落してしまった。勝つ為に必要なのは健全な肉体と同様の健全な精神だろう。なのに腐敗した精神で健全な肉体を酷使する事が果たしてスポーツと言えるのか? スポーツマンシップは何時から腐敗した精神が入り込む余地を作り出した?
 とするなら最早スポーツ界は一度滅びを迎え、武道に取って代わる時代が訪れるのではないか? だとすれば待ち受けるのは戦争……武道が不敗を迎えるには戦争が訪れ、人の死を忌避する事が当たり前に成らないとスポーツは復活しないのではないか? 何故武道の方がスポーツよりも尊いと感じるのか? 如何してイチローのようなスポーツマンは真の武道家と同じように健全な精神を宿すのか? そうだ……彼等に共通するのは求道。そう、名誉も拍手喝さいも二、三の次……スポーツを復活させる鍵は全てのスポーツマンが求道家に成らないと駄目だ。でないと本当の意味でスポーツは滅び、武道の時代が訪れる時……戦争は唐突に始まる。戦争で得る利益は此の際無視しても人が沢山死を迎える戦争を諸手を挙げて歓迎するのは余りにも無礼極まりない。起こってしまえばルトワックの著書通りに戦争に身を投じる以外に戦争を終わらせる道はない。けれどもスポーツの腐敗はやがて武道の始まりを齎し、戦争は唐突に起こる。如何してそう成るかを述べようにも字数が足りない。兎に角、平和の祭典とは戦争の時代が傍にあって初めて意味を見出す。だが、紛争が傍にあるだけでは平和とは陳腐な祭典と化す。そうすると平和の中で渦巻く暴虐の精神は平和の祭典で暴れ、そしてスポーツを腐敗へと導く。
 おっと詩的な事を述べるのは此処までにしよう。結局、スポーツと武道が交わらないのは何故なのかを明確に証明する事は難しかった。機会があればまた話そう……


 そうゆう訳だな。はっきり言おう……スポーツ何て滅べば良い、と(断)!
 いや、説明するとスポーツがあるから国が悪く成るのだ。何がスポーツマンシップだ……其の結果が清原だろう、其の結果がオザーリンに唆された谷亮子だろう、其の結果が体育の授業で心を腐敗に腐敗させられた子供達だろうが! 自分は昔から体育の授業が大嫌いでだ嫌いで仕方なかった。何故なのかはもう何回も説明したのでもう語るまい。兎に角、アスリートに育成するような授業内容と覚えたくもないスポーツ用語を覚えないとテストで点数取れなかったり……とそんな物は遊びで十分だ、学校の授業で習う意味なんて……ない(断)!
 何故ないか……会社でタックルとか活かせたか? 会社内でドリブルやロングシュートは活かせたのか? 会社内でサーブは活かせたのか? 行かせたと答える奴が居たら聞きたい……そんな会社あったら是非共教えて欲しいよ、ドリブルやブロッキングやオフサイドが活かせる会社を! でも現実にはタックルしたら暴行及び傷害罪物だし、ドリブル何て会社用具の破損に繋がるし、サーブ何て下手すれば労災物だ。活かせる場面なんて一つもないのが現実だ。何……チームワークだって? そんな物は全体朝礼とか道徳の授業とかで教わるだろう。文化祭とか体育祭は何だ……あれで個人と個人の繋がりを教えるのではないのか? 兎に角だ……スポーツがあるから子供達は暗く成るだろうが。一度もスポーツで繋がりを持てた気がしない……先生が悪い? 違う、無用な物を教える文科省が悪い。特にスポーツ庁なんてあってないような物だろうが(怒)!
 ああ、又書き殴ってしまったな。取り合えず今回の題はスポーツと武道はこうも違うのかって話だ。武道を知るとスポーツがどれ程陳腐な物かが浮かんで本当にこんな物習わされる子供達が可哀そうと思ってしまう。今は楽しんでいるけど、社会に出たら体育の授業で役立つ事は……一つもないという現実を知ったらどれ程辛いか。だってどれも生きて行く上で不要な技術ばかりだしな。其れなら剣道、柔道、水泳、跳び箱、鉄棒、縄跳び、ランニング、マラソン、そして相撲を習わせた方が遥かに社会の為に成るからな。本当に文科省もスポーツ庁も子供達をアスリートにさせたいのか……だったらスポーツ学校の身にアスリート向けの競技を必修科目にするべきだろう。兎に角、必要ないからな……スポーツを体育で習わす意味はな。
 では武道はスポーツと如何違うのか? まあ武術は相手を壊したりする殺しの術だからな。活人拳もあるけど基本は殺しの術を人を活かす術に変えたからな……と言っても其れはあくまで戦争という生きるか死ぬかの瀬戸際だった時代の話。其れが傍にある時は武術は急激に活人拳に切り替えないといけないからな。
 如何も話が脱線するなあ。要は武道とは武の道の事を指す。そうすると見えて来るのが道としての武であって自分の為の武ではない。自分の為だと結局は武道は健康体操化を生む。健康体操化した武道は一瞬にしてええ格好しいと成って似非に落ちぶれる。柔道が陥った健康体操化とは正にそうかも知れない。だからこそ本来の武道とは道としての武であり、道の先の武ではない。道の先に武はない……こんなの当たり前じゃないか。其の為に『藤岡弘、』は『藤岡弘、』だよ。何故なら道としての武を彼は知っているからそうゆう名称を付けたのだよ、わかったか……サッカーの本田にテニスの錦織よ、あ! 錦織は嫁がとんでもない疫病神であって本人は至って真面目だったな。
 故に武道を知れば如何に今のスポーツが陳腐か見えて来るだろう。あれには道の意味なんて一つも知らない者達ばかりがスポーツを振り回しているに過ぎない……其れじゃあユウェナリスが言った健全な肉体のように健全な精神が宿るという理想とは程遠いね。つーか全てのスポーツマンはユウェナリスの言ったように健全な肉体同様に健全な精神目指して自己鍛錬に励めって事さ!
 ん……とすると最終的には武道もスポーツも同じじゃね? そうゆう訳で考察の解説を終える。

 白魔法の章05の二ページ目の解説を始める。今回は一気に雄一少年、不良少年、殺人ボクサー、研の偽者、銀行ギャングのおかしなとこ取りをして見せたぞ。最初の不良少年はチャージマン研最強の敵だけあってデュアンが手も足も出せずに倒された。今回のデュアンの出番は其処で終わったな。幾ら変身前とは言え、あそこ迄研を痛め付けたのは後にも先にもあいつ位だしな。
 次に殺人ボクサー。おかしな実況の語呂の良さは健在でやっぱり普通ならボクシング界追放物のタイガー・Mポジションのキャラ。勿論、アルッパーは挑むけど、横槍が入って惨敗。間髪入れずに雄一少年ネタを入れる。然も銀行ギャングに於ける無慈悲な警官の一言迄捻じ込むようにシナリオ編成する。なので最後の二つと最初の一つは何の為に出したのかわからないレベルで今回の話を大いに盛り下げたぞ……研の偽者のエピソード入れる意味あるの? ああ、元ネタであるチャージマン研では無駄な設定が山程あるから気にするな(魔王風に言ってみる)。そうして愈々、チャー研史上最大の問題回を元ネタにした話をやるぞ!
 という訳で白魔法05の二ページ目の解説は此処で終わる。

 ギリシャの哲人達はどいつもこいつも名言を残すよな……名言だけ残すけど、まるで活かされた試しがない支那みたいに。言葉の意味を実際に活用したのは後にも先にも日本とか其の他の国々しかないと自分は思うけどな。古代ローマは一応活かしたけど、キリスト教の進行を堰き止め切れずに其の侭二つに分かれ……両方共滅んじまったけどな。んで今のローマだったイタリアを始めとするヨーロッパ諸国は最早口だけだし、ギリシャ何てエラ野郎面が浸食してあの世で哲人達が泣いているレベルだよ。全く、昔は良かった国々程現在の状況が情けない所はないぞ。
 そうゆう訳で今回は此処迄。日大のあのクソジジイは精神の隅々まで腐敗しているな。選手を何だと思っている……お前が好きなように扱って良い駒じゃねえぞ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR