FC2ブログ

四大文明も孔子もキリストも全てK国発祥だったんだ(笑)

 どうもリアリティに溢れない事で有名なのかわからないdarkvernuです。
 今回は某O市市長の発言にちなんだショートストーリーをどうぞ。

 俺のペンネームは車輪二世。嫌K流の作者の名前からとった物だ。
 俺は別にK国を嫌っちゃいない。むしろ哀れだと思う。2045年になっても妄言を
吐いていると、もはや合われすぎて語りたくなる性分だ。
「オイ話聞いてんのか? だーかーらー俺達K国人は優秀な民族だって話なん
だよ!」
「はいはい、優秀だね。誇りだけは」
 俺と話してるのはペンネームヨン様。もちろん在日K国人さ。妄言を吐く部分といい、人様に迷惑をかけたがる所といいこいつは間違いなくK国人。
「んだとお! さっきからいい気になりやがって!
 捏造や強姦ばっかの人種の癖して!」
「それ五回目だぞ。少しは冷やせ!」
「す、すまない。俺はすぐ調子に乗るのがウィークポイントだよ」
 それでも俺はこいつを親友だと思う。何故ならこいつはK国人の中で最もまとも
だからな。
「くそ! こんな怒りっぽい病やすぐにいい気になる性格を直さないと俺はお前に
まで見捨てられるな」
「見捨てるかよ。俺はどんなに込みクズのように扱われてもお前だけは見捨てない」
「あ、ありがとう。でも俺は、いや俺ら民族は性根が小さ過ぎるからいつそんなことを
忘れるか分からんぞ!」
「あのなあ……」
 面倒な所はあいつらの遺伝子というべきか!
「それよりも我等K国人の優秀さを示す指標があるんだ!
 それは一万二千年と続くK国の歴史が証明するようにナスカの地上絵も
イースター島にあるモアイ像も万里の長城も全ては我らK国が輸入してきた物
なんだ!
 ヒンズー教の三神も元はK国のベラフン、シルヴ、ヴシユが元だったのよ!
 それをK国の新聞でやってたぞ!」
「はあ……」
 ただし、歴史の捏造だけは勘弁してくれ! こっちが哀れに思えてくるからさ!


 2045年という未来における日本人とK国人の会話を自分なりに予想したショートストーリーです。まあ2045年もあいつらの国はあるかも知れないけど、こんな会話をするとは思えません。と言うか指摘すると直ぐ包丁を持ち出す人種と自分達日本人が仲良く会話なんて出来ません。これは自分なりの希望的観測を含めた内容にしてます。
 話を戻します。自分は前に書いた記事でも紹介しましたがK国は南北含めて吐き気のする国だと言ってます。というのもショートストーリー内にもあるように平気で嘘を吐くのです。ビッグブラザーみたいに歴史の改竄は好き放題します。その結果がもうね、話にしたくないですが、それでも話をしますよ。
 この国の歴史の改竄例を挙げるなら孔子を勝手にK国人にしたり、漢字を勝手にK字にしたり、剣道や柔道を勝手にK国発祥にしたり、歴史が九千年続くと勝手に言ってたり、挙句の果てには日本の投手で故稲尾和久をK国人にしたりと恥なんてありゃしません(怒)! そりゃ渡る世間の子役も堪忍袋の緒が切れるよ! とまあここまでにしよう。
 今回はK国特集でしたが、何故そうしたかと言いますと元大阪府知事のタレント弁護士さんが考えもせずにおかしな発言をしたので嫌がらせのつもりでやりました。自分は正直言って共感できる部分も含めてあの目立ちたがり屋はテレビに出てた時代から大嫌いです! といいますか、去年まで三年続いた日本の暗黒時代を作った元凶に間違いなくこの馬鹿野郎もいます! こいつが支持しなければ自分達日本人が三年間振り回されたり、口蹄疫で苦しんだり、sgk38が動画サイトに衝突の映像を流すという英断をしたり、東日本大震災における日本人粛清も無かったと思います。とにかく自分は某ちゃんねるチェリーと障子突き破る性癖老人もゴーマン漫画家もそして、このエセ弁護士もアカ野郎とフリードマン信者と頭がパーン学会と世界市民と九条馬鹿と紅の傭兵と信夫ちゃんとこしあんミズと知ったかぶりとコメンテイター(笑)など全てを含めて因果地平の彼方に消えて貰いたいと心から願ってます(狂)!
 済みません、狂ってしまいまして! 二度と自分の大嫌いなレッテルと共にこのような馬鹿な振る舞いを慎むように今後は注意します。
 疲れましたが、今回のショートストーリーはこの辺で。

 第十六話の解説をします。遅れて申しわけありません。
 今回のお話は主人公である栗鼠族のご令嬢が羊族の老いぼれの物語を聞き、やがては後を継いで物語を語り継ぐという流れで御座います。その為、今回は銀河連合は登場しません。迷走期にはピッタリのお話になりました。
 真面目に物語を書けよという意見があるかも知れませんが、基本的に自分は物語を作る時、やる気がない時はとことんまでやる気のないお話を作り、逆にやる気がある時はあらゆる意味で一切の手を抜きません。
 今回のお話はそういった部分を反映してます。所々パートが終わろうとする時に語りを一旦中断して何気ない会話を挿入する事で息抜きをします。そして息を抜いた後は続きを語る。そうして物語を進行させていきます。
 つまり何を言いたいか? それは第十六話は自分の物書きとしてのやり方が話の中ににじみ出ていると言う事です。自分としましてはこれを参考に物語を作る人が現われる事も願うし、自分を嫌う人や下手くそと思う人がこれを見て反面教師にする事も願います。
 何故ならそれこそ先人達が築いてきた物作りの基本だと自分は思います。まあ多分筋違いだと願いたいが(苦)。
 以上で第十六話の解説を速攻で終わらせます。

 第十七話以降は普通に銀河連合との戦いが待ってます。各話共に迷走期を代表できる内容に仕上げたいと思います。
 では最後に今後の予定を載せるよ!

 五月
 二十日~二十五日   第十七話 猫と鼠            作成日間
 二十七日~六月一日  第十八話 鬼ヶ島を行く        作成日間
 六月
 三日~七日      第十九話 遅かれ早かれ         作成日間
 十日~十四日     第二十話 二つの星 接触篇      作成日間

 第二十話から天同生子の章以来の中編物になります。全三話で構成されますが、各話それぞれが建国篇、激動篇並みに大変になる予定であります。まあ書いてみないとわかりませんが(笑)。
 じゃあこの辺で! 皆さんは自分のように暗黒面に囚われた人間にならないように!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR