FC2ブログ

試作品 お金様 最後に書くだけ書く試作品(肩慣らし其の二)

 如何も……ワード編集は一つ間違えると大変な事に成るから困り物だと感じたdarkvernuです。
 ではでは始めますか、中篇からの続きを。

 俺Aは現在、古巣の社長Iに土足で踏み込まれた状態。まあ、前回までのあらすじは紹介した。もう紹介する事は何処にあるのか?
「ああ、其れとA」
「何だ?」
「会社で働く人間は必ずしも人間の心を失ったりはしない」
「そんな保証が何処にあるのですか?」
「まあ話を聞け。会社の人間が人間の心を失う時は即ち、会社自体が一個の軍隊として人間を見なくなった時だ」
「其れはあんたの会社の事だろう?」
「僕の会社だけではない。悔しい事にお金様への従属が結果として人間の心を失った会社員を産み、其の会社員共が会社の船舵を握り、そして会社は一個の軍隊と化して従業員を奴隷のように扱うように成った」
「そしてブラック企業化する訳、か」
「そう成ったのも戦後レジームが原因か? 其れとも占領軍が敷いた赤化の思想なのか?」
「政治の話は他所でしてくれないか?」
「其の通りだ。政治の話ではない。今は如何して日本人はお金様に従属するように成ったのか? 此れを一つ一つ噛み砕かなければいけない」
「其れでIさんの考えとしては如何なんだ?」
「僕は上の人間だぞ」
「俺は上が如何とか、下が如何とかと文句を付けるのが大嫌いな性分です」
「流石だ……だからこそ辞めてしまったのは惜しい」
「良いから早く考えを述べてくれないか!」
「僕の考えはシンプルに日本型経営システムの悪い一面にGを始めとした人間の心を持たない連中が悪用し、結果として『お金こそ全てだ』という考えが根付いてしまった。元の『未来の為に仕事をする』姿勢を取り戻すにはマネーバスターズの活動が世間に広まり、反お金様の為の会社が普及する事を願っている」
「Iさんは其の考えですか」
「勿論、会社の為だ。其処は譲れない。依って利が叶うのならチームタスクフォースにだって支援を惜しまない」
「お金様を信奉する組織の支援も表明するのか!」
「当たり前だ。従業員達が当たり前のように物を食ったり趣味を楽しまなければ会社は存続しない。会社が潰れる事を恐れていないが、かといって従業員達に塗炭の苦しみを味遭わせるのは余りにも自分勝手が過ぎる。社長は楽ばっかり出来る役職じゃないのだぞ」
「俺は今でもあんたはもっと楽をするべきだと思う。俺みたいな三下に此処まで付き合う程動き回るなんて体を壊したら如何しますか!」
「気遣い有難う。だが、社長というのは案外椅子に座って判子ばかりしても居られないのだよ」
「さいですか」
「そうですか、だろう?」
「はい」
 全くIには勝てない。俺はそう思った。
「ところでAの考えは如何なのだ?」
「俺ですか。俺は経営者と従業員の対立構図を見るのは好きじゃない。昔から先生の悪口を言ったり、学校の悪口を言う事が好きな質じゃありません。だから俺はみんなが仕事するのはお金の為ではなくて己の為、誰かの為に何一つ文句を付けずにやって欲しいと思う。勿論、俺も悪口は出る。不満を漏らす事は避けて通れません。でも……だからこそ組織の悪口を、雇って貰った会社の悪口を言える人間の気持ちを今でも理解する気にも成れません」
「理想の部下だよ、Aは。だからこそBも含めて辞めて欲しくなかった」
「未練垂らしてはいけませんね、社長ともあろう御方が」
 初めてIと分かり合えた気がする。俺はIの本当の気持ちを理解し得たと此処に来て思った。という訳で前回の続きは此処で終わる。次回からはチームタスクフォースとの最後の論戦が始まる。


 という訳で『お金様』の準備運動は此処に終わる。第百七話の執筆が終わり次第、続きをやる予定だ。
 そんじゃあ今回は此処迄。全く憎き相手の苗字もまともに書けんのかよ。其れだからパヨクとレッテル貼られるんだよ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR