FC2ブログ

二回目の雑文は……合流とは分裂って意味じゃないぞ!

 如何も時事ネタがしたくて仕方ないdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 ええ~……何時ものあいつらのネタでもやりますか、はああ。本当に滅んでくれないかな、奴等は(怒)?

 とある小学校では算数の時間がやって来ました。其処で出された問題は此方。

 1+1=□

 さあ、どんな答えが出るのか?
「2でしょ?」
「2に決まっている」
「ひょっとして一つに集約されるとか?」
「キングスライム的な意味で1だね」
 さあ正解は?

 1+1=3

「「「「えええええええ!」」」」
 此れには生徒のみんなも驚きを隠せない。何故こう成ったのかを先生の解説から導いていきましょう。
「其れはね……玉葱とポカリスエットが合わさったら確かに三人目と四人目の言う通り1に成ります。ですが、ポカリスエットが玉葱と合体する事を嫌いました。理由はジャスコ成分が玉葱との合流よりもシャア専用フルアーマーとの合体をしたいと駄々を捏ねて来ました。其の結果、合流して一つに成る筈がジャスコ成分の我儘のせいで結局三つに分裂する事に成ります」
「うん、全然理解出来ない」
「流石にないよ、こんなの」
「キングスライム以下じゃん」
「メタルスライムだって一つに成るよ」
 多分、解説の巧い先生でも生徒に納得させるのは無理でしょう。合流して分裂とは誰も納得のいく説明しようにも人類には早過ぎたか。
 そんな小学校でも流石に遊びの時間では納得のゆく遊びはあるでしょう。子供が喧嘩する場合もあるけど、小学生同士なら起こり得る話だし、何よりも高学年に成る程、子供は背伸びしたくなる歳頃であるし。だが……
「え、別にズルしてないよ」
「したよ。お前は密かに飛車角持っていてズルしようとしてるんだ!」
「本当にそう思うなら将棋の続きしようよ。そしたら僕は何もしないってわかるよ」
「嘘だ……おい、あいつ絶対飛車角持ってるから注意しろ!」
「いや、そんな事言われても俺は挟み将棋したいし」
「ああ、もうやってられん!」
「あいつ何やってんだ?」
「何か持って運動場に出て行ったよ」
「何かを挙げて叫んでるよ」
「将棋の続きしないの?」
「じゃあ俺が代わりにするよ」
 如何やらまともに将棋する気がありません。ですが、小学生ならこうゆうやんちゃだって有り得るでしょう。でも、此れをいい歳した大人がやるとしたら……いやあ、其れはないですよね。こんな事するのは小学生までだよ、ハハハ!


 とある五流野党共の糞下らない茶番と例のツイッターで挙げられた理想と現実の狭間をショートストーリーにしてお送りした。因みに最初のだけを補足すると本当は1+1-1=□にするべきだったな。ま、どっちでも良いんだけどね……あいつらだし。にしても合流したのに分裂って……陳や白とかいう似非日本人を擁する塵政党だけあってまるで日本国民の目線を向いていない。こんな連中の為に税金を与え、高い給料を払う意義は……あるのか? 自分なら即刻強権発動して政党助成金を起ってやりたい程に怒りが込み上がるね……ま、民主主義が守られている日本でそんな事は出来ないけどね。あそことかあそこみたいな強権を難なく発動出来るような超独裁国じゃないし(ロシアを除けば……わかるよね、近隣の中で際立った二大独裁国家の存在が)。
 二つ目はツイッターで挙がった将棋の対局を例に出した理想と現実の五流政党の図を表した。だが……的を得ていて恐ろしい。現実は小説よりも奇とは……此の事か(驚)! 理想では普通に返しの一手を打つという構図だろう……が現実では相手が一手を打つと突然席を立って喚いて外に出てプラカード掲げてデモやるという。其の結果、情状の時間が過ぎて試合終了。勝負にすら成らんのではなく、勝負すら出来ないというバトル漫画でもやらん事を五流政党の塵はやり続けるからな。本当にねえ、何度も書くぞ……因果地平の彼方に追いやれば良いんだよ、あんな塵共は(怒)!
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 取り合えずエキスパートで第二十七話まで進めたぞ……現在敵の改造段階は六だ。だ、大丈夫だ。ま、まだいけるぞ! という訳で今回は此処迄。二週目ならエキスパートさんでも楽だろう……だって近年のスパロボは二週目はベリーイージーだし!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR