FC2ブログ

書き換え認める方針かあ……財務省は滅んで当然の糞省庁だから良いけど、此の判断には正直何時もの失望感を抱くんだよな……何回目だよ!

 如何も……本当にねえ、政の手段だの何だのと己で擁護しても納得いかないと思えてしまう自分は子供だろうか? 失望する度に何時も考えてしまうdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 さあ、やるか……はあ。

 如何もアンチジャーナリストの土岐永智宏と申します……書き換えを認める方針とはな。やっても居ない事をやったと認める事は果たして正しい判断なのか? 若しかしたら二十五年以上前の当時の宮沢内閣のような判断を政府が繰り返しているように思えて仕方が無いようにも感じる。
 さて、文書書き換え問題のきっかけはやはり……諸悪の根源足るKY新聞。本多勝一、加藤千洋、星浩……とKY新聞に殿堂入りする情状酌量の余地なしの国賊及び限りなく工作員である(可能性ではない)彼等を抱えるKY新聞。其の結果、野党として何の仕事もしない例のネオ・ブーメラン党、狛枝凪党、サーヴァブーメラン党、フリーダム党、マルクス党、そして忘れ去られたエンゲルス党が勢いづいて追及する形と成った。
 尚、此の問題に関して元財務省職員だったラッキーマン洋一はアニメ版の台詞を言いながららっきょを頬張りながらこのように語った。
 --今日も元気だらっきょが美味い……嘘ならKY新聞打撃待ったなし……本当なら財務省打撃待ったなし!
 そう、文章書き換えの真偽に拘わらずにサイボーグ政権の打撃とすればやはりスナイパー御曹司財務大臣を始めとした財務省関係者に大打撃を与える事態と言える。現に一昨日の記者会見で三橋の子分(赤字神の方ではない)だった佐川直也が辞任する事態にまで発展した訳だ。
 いや伊沢のダチである佐川の辞任より前にマスメディアの追及とワインセラーの恫喝、更にはオスギと亡命していて影武者である筈のコニシキの上から目線の虐めにフリーダム党のゆうこりんの執拗な嫌がらせ等々を受けて自殺した職員が出る始末。ブスの瞳に恋をしたエダを始めとした野党関係者が自殺を大喜びしている事については敢えて関係ない話として我慢して流しておくとして此の一件だけでも三橋と伊藤の力を存分に利用する佐川が責任を感じたのか或は別の思惑か知らないが現財務大臣が会見を開いて迄辞任するしかない事態に陥っただけでもKY新聞の一連の書き換えスクープは余りにも巨大に成り過ぎた問題だと言えよう。
 自殺しちゃ職員はひっそりと魂が鎮まれば良いのですが、野党連中も一部の人間の皮を被った連中は其の魂を鎮める気などありませんね。ブスの瞳に恋をしたエダのツブートを見れば如何に冥福をお祈りする気が無いのかが明白でしょう。
 さて、本題だ。まさか一度は酒を使って三橋との立場を逆転寸前まで追い込んだ佐川の辞任だけでは済まされずに文書書き換えを認めるという方針に決めるとは。正直、此れはラッキーマン洋一が言ったように真実だとすれば財務省の打撃は計り知れない。現に昨日までの時点で根本の呪い攻撃で階段から落ちた佐川が辞任する訳だ。財務省ナンバーツー或は実質トップである事務次官の辞任も待ったなしの事態に陥るだろう。何れにせよ、政府関係者の間で認める事で何かしらの政治的思惑が働いたのだろう。
 だが、作者も含めて僕は失望の感覚に陥るのは何故だろうか? やはりKY新聞の報道を事実上本当であると認めるような物だろう。抑々書き換えとは原本あって証明される物。だが、此れまでの報道の経緯からして原本の存在はわからない。変ないちゃもんにしても書き換えの事実があったという証明には成らない。なのにこうして書き換えを認める方針を固めるとは……こんな事では奴等に餌を与えて勢い付ける事に成るぞ。
 何れにせよ、僕達は繰り返しこう言い続けなくてはいけない。何度失望しようとも後戻りは出来ない。失望する暇があるなら進むしかない……悔しいが!


 という訳で時事ネタを紹介した。自殺した職員にはご冥福をお祈りする。自分ならワインセラーを始めとした無能議員共の執拗な嫌がらせに等しい責め立てを受けたら机を叩き付けて発狂してもおかしくない場面……メンタルブレイクする程に迄追い詰められた上に回復の兆しが見えた段階で首を括る事態に迄。何れにせよ、此れ以上自殺した職員の事をとやかく言っても彼の命が現世に帰って来る事はない。魂を鎮める為にも此処は彼の事は静かにしてやるのが生者である我々の務めだろう。
 では解説に戻る。あのなあ……何回も失望する度に己の中で自問自答するのは嫌だっての。大体ない証拠なのに如何して認める方針を固める? 悪魔を証明するような話になあ。其れに結局原本見付かったのか? それが気に成るんだよな……全く。まあ良い所と思ったらやはり日本経済を苦しめ続けた諸悪の根源足る財務省がこれをきっかけに一掃出来れば有り難い……が若しも間違った方向に一掃されたら更なる緊縮圧迫財政が我々国民に圧し掛かる事待ったなし(自分は其れもあるから今回の認める方針に対して良い判断と思わないんだよな)。兎に角、やっても居ない事を認める事ははっきり言って事態を悪化する事に成りかねない……かつてのネオ喜一政権の愚策を忘れた訳じゃないだろうなあ。あれこそネオ喜一が師匠である神隼人を始めとした偉大な総理達に泥を塗った判断の一つだと自分は思う程だ。ま、其の前から訪中させて折角封じ込められる筈だった支那の国際復帰をさせるという愚行もやったからな(此れも師匠である神隼人の顔に泥を塗る行為だと自分は考える……多分あの世で神隼人から地獄を見せられている気がするな)。何方にしても此の判断の是非は今後に掛かる。此処で上手く安定した政権運営に持ち込めば日本の未来は少しだけ明るい……が、若しも此れで内閣総辞職とも成れば日本解体待ったなしの事態に陥り、幕末以来ずっと安定して来た政治体制は崩れて討幕運動或は下手をすると攘夷運動の再燃を招きかねない。頼むぜ……駄目大人党よ。日本第一党が政権を奪取する迄は持ち堪えてくれよ!
 因みにブスの瞳に恋をしたエダという別名は……自分の記憶が正しければあの馬鹿野郎は平成教育委員会で東大卒のプレデター顔を『美人』呼ばわりしていた気がするんだ。今思えば其処で自分は野党に大義が無い事に気付いていたら良かったけどな……ま、其の頃は戦争反対九条護憲が絶対だと思っていた自分だったからな。きっとそんな考えは永遠に浮かばなかったな……但し、郵政解散の結果が今でも正しいと思っている。何故なら……どれだけ下らない大義だろうがあそこで野党連中に票が流れる事も無意味な事だと自分は考えるね。あのまま蒟蒻野田を始めとした造反議員共を其のままにしていれば良かった物を……当時とは言え昔からサイボーグは人が良過ぎるから復党させてしまった(其の中に蒟蒻野田は不要だからな……造反した癖に出戻りするような腰抜け議員は自分達だけで何とかしろってのが筋だろうが!)な。はあ、まあこの点を含めても如何に陰謀論が下らないかわかっただろう。
 ま、関係ない話は此処迄にして時事ネタの解説を終える。

 第百三話の解説でも行こう。元ネタはマンハッタン計画だね。マンハッタン計画と言えばやはり原子爆弾。原子爆弾と言えばオッペンハイマーとノイマン。ンで後者が今回の話の主人公と成る。然も蝸牛という一体どんな方法を採ればいろいろな事が出来るのか不思議に思えて仕方ないだろうな。ま、触手だったり自分の体だったり……其れ等を駆使して何とかして来たんだろ。其れで良いじゃないか(苦)。兎に角、今回の話は言わば広島や長崎に落とす前の原爆実験のお話だな。然もアインシュタインの提唱するE=MC2に記されるように質量をエネルギーに変換するだけでどれだけの破壊力を齎すかについてはやはりモデルが元々とんでもない天才だったノイマンだけあって主人公のショーイは気付いていた。だから予定では大体小指の爪位のサイズをエネルギーに変換する所を敢えて下方修正して今回の実験にこじつけてくる訳だ。だが、理論で正しくても実際にやると絶対に誤算は生まれる……現にアインシュタインは原爆の威力を知って反原発運動に乗り出すまでに自らの悪魔的アイデアを呪った位だからな。一方のノイマンとオッペンハイマーだが、合理主義の面が強い前者は現実的な視点を忘れなかったが後者の方は後に反対運動に身を投じては更には赤狩りの影響で形式上は軟禁生活を余儀なくされる事と成った。だが、此の話の主人公は前者側なので当然こんな事態に成ろうとも合理を優先する事と成る。
 えっと話は誤算の方だったな。やはり当初よりも範囲が広過ぎた事を受けて誰もが命の危機に晒された。ンでエピローグで生き残ったのは言わば時間旅行機の齎す奇跡だったのか、それともこれまた風が思ったほど吹かなかったからなのか? 何れにせよ、五体満足といかないようにしたのは安易に助かるのを自分は好かん為だしな。
 序に辛汁とは……調味料で何か気付いた方ならお分かりの様にカレーだ。最後に本編と全く絡みのないカレーを出したのは所謂ショーイの大好物である事を強調したかった……其れだけだ。
 其れじゃあ第百三話の解説を終える。

 ふう、意外と長く解説したなあ。其れじゃあ予定表と行きましょうか。

 三月十二日~十七日    第百四話  時間旅行 物理学者シュレイ・ディングァの思考実験     作成日間
  十九日~二十四日    第百五話  時間旅行 相対性学者アインズ・シュラインタイルの理論   作成日間
 二十六日~三十一日    第百六話  時間旅行 理論研究者ゲロルギー・ガーモスの突発論     作成日間
 四月二日~七日      第百七話  時間旅行 量子学者望月ゾウ真の探求            作成日間

 この望月の読みは望月(ぼうづき)な。モデルは量子論のニールス・ボーアだ。ま、ボーアなんで何処までモデルに近いかはわからんけどな。
 一応、トライタワーの進捗状況だが……後はクリア後のおまけを少しだけやればロードスルートは一応終わりを見せるだろう。其処から漸くマーダルルートの制作に移行する訳だ……長いなあ、其れにマーダルルートは最終的に三ルートで最も難易度が高く成るからな。回復要員の不足も相まって!
 其れじゃあ今回は此処迄。ミッチールートは最初こそ宿泊代込みで辛いけど、自分自身が回復担当であり尚且つ一部除いて全ての職業での組み合わせが可能だからマーダルルートよりも楽かも知れないぞ。但し、ロードスルートと違って仲間にしてもロードスのレベルに合わせて仲間が加入しないから其の点だけは辛いかも知れんがな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR