FC2ブログ

羽生金メダルおめでとう……だが、二度と奴等の国々での開催を止めて欲しい!

 如何もdarkvernuです。
 羽生結弦選手は流石だね……此れで浅田真央は……って男子と女子じゃあ関係ないか。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 自分は相手を褒めるのは下手なので何時も通り時事ネタみたいな感じで行きますよ。

 如何も僕はアンチジャーナリストの土岐永智宏と申します。羽生選手に宇野選手……金銀おめでとう御座います。向こうの舞台と羽生選手に至っては怪我からの復帰というハンデを背負いながらの演技……お疲れ様です。
 さて、素直に褒めて終わりという訳にはゆかないのが性格の悪い人間ばかりが集まるアンチジャーナリスト業界の悪い所です。早速ですが、羽生選手を素直に褒め称えない連中について付け焼刃ながら怒りをぶつけて参りたいと思います。
 先ずはやはり日本引き籠り協会ですね。何ですか、あの態度は。あれが日本の公共放送の姿ですか。奴等はいっそ、特定アジア放送協会に改名したら如何だ。メインアナウンサーがあれでは一体何処に日本の事で喜べるキャスターが名乗り出ますか……ええ、そうでしょ!
 次にとある記者……小川と名前の付く連中は如何してどいつもこいつも阿呆と馬鹿が沢山居るのだ。小川直也や小川瑩太郎といったまともな小川が可哀そうではないか。そうだ、僕が許せないのはスポーツキャスターの小川だ。奴は羽生選手を侮辱した。何故羽生選手に政治の話を持ち込むのだ。彼はフィギュア一本に集中して最高の演技を見せた……誰もサイボーグの為だとかそんな政治的なテーマをバックに演技をするような男と思ったか。羽生だけじゃない、銀メダルを取った宇野選手を始めとしたスケートに思いを寄せる選手達全てを侮辱した。恥を知れ、スポーツキャスターの小川あああ!
 おっと熱が入り過ぎた。兎に角、彼等の偉業を素直に褒められない或は政治に利用する奴等には二度と報道に携わって欲しくない。素直にこう言えば良いのです……「羽生選手及び宇野選手……金、銀おめでとう御座います」と!
 以上で終えたいと思います。


 そう、素直に喜ぼうぜ。其れが此の国の報道官ならば、な。自分は考えるんだ……ま、其処は解説の終わり頃に述べるとして最初はやはり補足だな。兎に角、羽生結弦も宇野昌磨も共におめでとう。女子ではエラ連中の汚い評価のせいで銅メダルすら手が届かない選手が頻発する程の酷い有様だった中で二人はプレッシャーと格闘しながら最高の演技を見せた……本当におめでとう。彼らのお陰でフィギュアスケート界にも少しは光が見えた……後は諸悪の根源である荒川静香と安藤美姫の隠し子の親父が所属するフィギュアスケート連盟を日本人の為の団体にしてエラ共に餌を与えないようにしないといけないな(浅田真央ははっきり言ってキムヨナ以前に奴等に依って潰されたとみても過言じゃない……出なきゃ現役時代に金を後二、三個取れてもおかしく無い逸材だったのにな)。
 さて、殆どは土岐永智宏が解説した後なので日本のスポーツマンシップで言いたい事を述べる。恐らくは自分の中では日本のマスゴミのせいで政治同様にスポーツ白痴が生まれたのだと考える。本当にスポーツマンシップの精神があるならあのスポーツ記者の小川はサイボーグ憎しの発言なんてしない。ああゆう連中が体育の授業を汚して行ったのだと考えたらやはり……考え過ぎか。そうゆうのは別の事で又やれば良いか。只、三度も体育の授業について物申すのもなあ……其の場合は体育の授業だけじゃなく、英語の授業に不要な家庭科、保健体育、そして絵の具を使う美術の授業と合わせて解説するのが一番だな(書道はあり……何故なら支那発祥と言えども日本人に最も馴染みがあるから積極的に取り入れるのが一番だ)。
 以上で時事ネタの解説を終える。

 第百話……もう百話か。意外と早い物だな、約三年と間々で休載していた割には早い達成だな。此れにて蒼穹と紅蓮の物語は終わった訳だが、終わってみると反省したい部分は多過ぎる。だが、一々指摘しても困るからな。まあ公に指摘するならやはりダイジェスト風に展開している所だな。自分は良いんだけど、読む側にしてみれば何が何だかさっぱりわからない所が多い……覇窮封神演義並に端折り過ぎな展開も流石に、ねえ(辛)。
 まあ褒める点と言えば伏線回収が自分の中では上手いと思ったな。忘れ去りそうだったヘラルド家の子供の話を回収したり、東夜家に掛かった呪いだって最後の最後に気が付けば朱波が死んでいて白髪を苦しめる訳だからな。後は紅蓮に宿った蒼穹の魂はやがて大火傷必死な彼を助ける事に成った。其れと最後に紅蓮が白髪の為に先に死んだ事などは自分としては上手いと思ったな……ま、自分の中ではな(よくAAにあるじゃないか、「お前の中ではそうだろう、少なくともお前の中では」を意識してる自画自賛だから余り参考にしないように)。
 そうゆう訳で第百話の解説を終える。

 ではでは予定表と行こうか。

    二月十九日~二十四日     第百一話  時間旅行 時間研究者太間ガン流豆の証言      作成日間
     二十六日~三月三日     第百二話  時間旅行 量子学者ハイゼ・ベルルグの仮定     作成日間 
     三月五日~十日       第百三話  時間旅行 物理学者シュレイ・ディングァの思考実験 作成日間
      十二日~十七日      第百四話  時間旅行 兵器開発者ショーイ・ノーマグの試作品  作成日間

 相対性の章は多分、五月一杯までやる予定だ。開拓の章や冬眠の章を遥かに超える長い章に成りそうだ。さあ、どんな展開にしようかなあ?
 『トライタワー』は三月中に出す予定だ。自分の計算では其処まで掛かると算出した。まあ、ミッチールートまでやれるかは……別だ(合計千種類のスキルの性能調整等で色々血反吐吐きそうだからな)。うーん、速度調整は最大±で2000までだからな。いっそ八桁まで調整出来たら有り難いんだけどなあ(其の場合、ベーシックのプラグインを弄るなどしないといけないのが辛い)。メモ欄に書き込むだけで調整出来るプラグインあるかなあ?
 という訳で今回は此処迄。さてさて、普通に金を稼ぐ手段をそろそろ検討する頃だな。ま、内定するかは別だが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR