FC2ブログ

雑文特別編 ハヤトは死なず 第拾話 何気にする必要はアーウー! 芦田均VS大平正芳

 如何も……一仕事を終え、早速夕食を摂ってニュースを見ていると又一人記憶に残る人間が亡くなったな。此方は西部の爺さんと違って寧ろ死んでくれた方が世の為に成ると考え、敢えて今回は何も長々と語らずに只『死んでくれて有難う』と不逞にも記事の始めくらいに記しておく人間の屑代表のdarkvernuです。
 因みに『死んでくれて有難う』と一報が入って思った人間は温泉街発言などでツインバードストライクの国賊的報道に一躍買ったあのツクツク胞子。其の方は其の野郎以来だ。其れだけ……日本に残した傷跡は大きかった(おたかの婆さんは其の時じゃなかったからな……ま、あれもあの方同様に恐るべき爪痕を残したが)!
 という訳でやっていきましょう、一ヶ月に二試合やる悪ふざけを。

 野中広務が死ぬ時……其れは日本の夜明けに一躍貢献する程の衝撃。野中が行って来た数々の売国政策は決して許せる物ではない。と同時に死人を幾ら責めた所で日本が救われる訳じゃない。犠牲に成った者達が戻って来る訳じゃない。ならば如何するか? 我々は爪痕が気に成らない位にまで日本を良くしていかなければ成らない。其れこそが野中広務を始めとした死んでいった売国奴達に仕返しする唯一の方法だろう。
 という訳で早速、一回戦Cブロック台に仕合を始めたいと思います。其れじゃあ今回の解説は全知全能を尽くした社民党現党首……あ、前党首の吉田忠智氏に御招き頂きました。
「如何も、余の名はラオデキヤ・吉田只智・ゴッツォ……七代目吉田忠智を務める者也」
 申し訳ありません。此処はスパロボでお馴染みのバルマーテーマ全能なる調停者を流した上で吉田氏のコメントを冷たく見守って下さい。
「汝も余の事を何か不要物か何かだと思っておられるのだろう。だが、心配ない。此のラオデキヤ・吉田忠智・ゴッツォは--」
 其れじゃあ選手入場!
「おや、誰が入場したと言うのだ」
 続きましては……大平正芳!
「続きまして? 大平が最初の入場じゃないのか?」
「何、私が空気であるのは気にする必要はない」
 何か言いましたが、一応紹介しておきますと戦後歴代総理大臣の中では片山哲と同様にGHQの傀儡として有名な……えっと誰でしたっけ? 兎に角歴代で最も影の薄い総理大臣として名が刻まれますが……本当に誰だったっけ?
「此の内閣総理大臣である芦田均を知らないとはな」
 いや、本当に誰だったのか誰もわからないんだよ……ねえ、鳩山一郎さん?
「知らねーよ、芦田均? 其れよりも俺は試合の準備に時間を掛けてんだよ!」
 如何やら貴方に対して相当怒り心頭ですね。
「何気にする必要はないさ……とはいう物の鳩山さんの出番はまだまだ先でしたが?」
 其処は気にする必要はありません。ではでは漸く大平選手の入場!
「アーウーアーウー」
 出ました……ゼロスクランダーを引っ提げての入場とは斜め上を行きますね。
「だ、駄目だ。此の大平正芳が入場しては誰も勝てぬ!」
 まさかのスパロボVの闇の帝王までインストールしましたか、吉田さん。
「う、う、うわあああああああ!」
 思わず吉田忠智氏は解説咳を放り出しました。なので代わりまして新党首であられる又市征治氏に解説咳を引き継いで頂きますね。
「私が唯一神……又市イエス征治である!」
 おやおや、現実の人間をインストールしましたね。まあ良いでしょう、では主審の額賀氏……試合開始の合図をお願いします。
「では、そ、そ、双方共……開始線に、つ、就きなさい!」
 其れから両者は構え始めました。
「ゼロスクランダーを引っ張るのに俺はあ頑張って来たんだぞおう」
「頼んだ……芦田」
「アーウーアーウー」
「では全力で活かせて貰う!」
「其れでは……は、始めえええ!」
 何といきなり……刹華斬を仕掛けるという余りに生き急ぎすぎな攻撃だあああ!
「アーウーアーウー!」だが、大平正芳に僅かだけ届いた。「アーウーアーウウー」
あ、後は頼んだ……ぞ!」
 おおっと、何かがダウン!
「芦田均は地獄の業火に焼かれて死ぬが良い!」
 額賀主審が駆け寄った……おお、デバイススキルが発動して復活した!
「まだまだ私はやれるぞ……行け、芦田ブレス!」
 また無理矢理な技ですね。ま、大半が無理矢理が技で固まりますけどね。だが、大平正芳に届かない。其れ所か既に右アイアンカッターの準備を始めたぞおお!
「アーウーアーウー」そのアイアンカッターの概念を破る大平正芳の一撃が繰り出される時……「アーウー」大地は真っ二つに割れ、金星、そして水星、挙句に太陽まで二等分するという政治屋には難しい一撃を籠めて来たああ。「アーウー」
「二撃目のリミッターを解除する」おおっと、刹華斬の応用で神回避と同時に懐に飛び込んだ。「此の命……今度こそ使い切る!」
 おおっと、大平選手に何かが当たった。だが、零の大平正芳に届いていない。こんな戦いは見た事がないぞ!
「大平正芳は……腹を切って死ぬべきである!」
「あ、後は頼んだぞ……福田康夫君」
 再び……ダウン。えっと誰がダウンしたかは不明ですが、額賀氏は駆け寄る事もなく右手を上げました。
「勝負あり!
 勝者……大平正芳!」
 流石に零の大平正芳を投入されては……えっと誰でしたっけ?
「我が唯一神又市イエス征治を支持すると漏れなくお得な情報が手に入る。詳細はWEBにて」
 全く解説らしい解説もせずですね、両者共に。
「此れ又ダークホースだぜ、兄貴!」
「フン、白々しい」
 Cブロックは二頭のダークホースを出すとは。実はとんでもなく強い福田康夫、そしてゼロスクランダーを引っ提げた大平正芳……果たしてCブロックを突破するのは果たしてどの歴代総理なのか!
「アーウー」
「よおくやあったぞ、大平あ!」
「俺達の希望です、大平さん!」
 大平を出迎える角栄、そして橋本。あれ、竹下は?
「ウィッシュ……いやあ、待ち遠しいねえ」
 勝者大平正芳。試合時間一分五十三秒。決まり手……自滅!


 第拾話に登場した政治屋は芦田均、大平正芳、吉田忠智、又市征治、田中角栄、鳩山一郎、片山哲、佐藤栄作、岸信介、橋本龍太郎、竹下登。
 第拾壱話『弱者は死ね! 岸信介VS宇野宗助』に続く……

 吉田忠智はラオデキヤ・ジュデッカ・ゴッツォとスパロボVの闇の帝王、又市征治は又吉イエス、芦田均はウッドロウ・ケルヴィンとイクティノス、大平正芳はスパロボ版マジンガーZERO。
 吉田忠智にインストールされたラオデキヤは余りにふざけ過ぎたな。まあ実在の人物が入った現党首又市に比べたら幾分かマシだけど。そして芦田均は影が薄いと言うだけでウッドロウに成ってしまう。まあ菅直人に比べたら幾分か扱いはマシだけど。そして大平正芳を強くし過ぎた。結果、岸居ても誰がCブロック突破するかわからなく成ったぞ。

 おま、ドナルドさん。お前公約通りTPP抜けるとか言っておきながら後出しで入り直しとか……そりゃあご都合主義だぜ。後、どっかの泡沫党とどっかの狛枝凪党……先ず前者は何時の間に党首変わったんだ? ま、変わっても赤色が朱色に成る位の変化すら感じんぞ(どっちの色同じだったかな?)。後者はまあ……だって入れた奴等って背乗り大好きな連中ばっかだし。其のせいで攘夷党は分裂してあの様に成ってしまったからな。だから言わんこっちゃない。
 という事で今回は此処迄。今回のスパロボではマジンガーZEROはどんな立ち位置だろうか? 久方振りのカイザーだから凄い異世界に成りそうな予感がするぞ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR