FC2ブログ

何とかを抜きにしても不安定な状況下の中でヒラマサに行く意味がわからん!

 如何も取り合えず最近の若いもん以来のツクールで作ったクソゲーのトライタワーはロードスルートだけでも出してみようかと考えたりもするdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 さあ、やるか……これは駄目大人党の強運糠を始めとしたろくでなし連中にも言える事だからな。

 如何もアンチジャーナリストの米山康夫です。大分前の長野県知事にしてデブ野郎とつい最近話題の新潟県知事のカス……いや、失礼。そいつらを足して二で割った名前だが、別人だぜ。
 さて、今回は今年始まる冬季五輪の舞台であるヒラマサ。何でもドナルドさんを始めとした主要各国の首脳が相次いで欠席表明、現総理サイボーグも欠席の方向で調整を進める程に悪評根強くて問題のある開催地。
 何が悪評価かは余り詳しくは此処に言えないぜ。其処はネットばかり齧って新聞読もうとしない知ったかぶりのdarkvernuの事だから申し訳ない。だが、言える事は幾つかある。
 先ずは……雪積もるのか、馬鹿野郎め。別に個人で言ってる訳じゃないぜ。実は噂では開催地であるヒラマサは冬季五輪の舞台としては余りにも天候が良い場所なので却って雪が積もらないと誰もが嘆いているんだぜ。すると如何成るか……室内スキー場での開催という前代未聞の事態が起こる事だってある。此れで季節感を堪能出来ると思う? 思わないだろうぜ。人工物でスキージャンプなんか楽しめないだろう……やはり自然が一番。
 次に……東シナ海を中心に緊張が高まる中で五輪に参加して万が一にもならず者国家がミサイル飛ばして首脳皆殺しにしたらそれこそ世界が混乱するだろうが。そんな状況下で如何してヒラマサで安心して五輪に参加出来るというか。出来る訳がない。
 最後は……南よ、仕事しろ! 南新羅はノムタンを超える程の愚者をトップにしてしまった。確かにノムタンも工作員だったけど、其れでも愛国者として活動していた……だが、ムンは如何だ? 奴は来たの機嫌取りばかりに終始する上にやる事為す事が世の為人の為に非ず。自分の事だけ考えて北の支援を決めたり、支那に擦り寄ったりと足並みを揃える場面で悉く反故にしてきた……そんな国に何で首脳がわざわざ出席しなくてはいけないか? 特に先進国を自称する者達ならば尚更の事出席する意義がない。結果、ならず者国家である支那とロシアといった北に縁がある国々或は右も左もわからぬ国々しか出席しないという事実が生まれた。
 たった三つで十分だ。三つだけでヒラマサに出席する意味がない。ところがそれを知らずか或は確信犯的に出席する日本国内の馬鹿野郎共が中に入る。其れがカクエーメイデンウィッシュ派のウィッシュの親族のあいつや長野県知事のあいつもそうだ。他には野党は攘夷党や一部以外は足並み揃えて出席しようと企むし、更には獅子身中の虫である頭がパーン党全員……一体全体どうして日本国内には女性込み合い時間のボケ担当同様に天然の工作員と確信犯的な工作員が跋扈するんだよ!
 お先真っ暗だぜ……以上だ!


 本当にお先真っ暗だ。北は北海道、南は沖縄と殆どの土地に支那の工作員が跋扈する現状もそうだし竹島対馬、尖閣に北方四島……と不法占拠(対馬はギリギリだし、尖閣は既に奴等が掘り出しに入ってるしなあ)する連中に対して小和田一家に乗っ取られた外務省も五百旗頭とか言うくそ野郎に殆ど毒され気味の防衛省、そして幾らサイボーグだからって安心出来ない内閣故に何時も後手後手に回る……其の結果が首相の出席見送り検討に対して反故しに掛かる各地方の売国首長共だ。吉村ジュニア(吉村教授の息子じゃないが、大阪市長をそう呼ぶ)や松井秀喜(仮)、其れに一部の愛国首長(名古屋のコスプレ市長も多分、含まれる)が幾ら頑張ってもまだまだ丸山や宮沢を始めとした売国奴共の教え子達(小室直樹は別だけど、彼の弟子達はどいつもこいつも酷い有様に成った……特に陰謀論ばっかり言うゾエエエ!)が全国各地でパヨク共のブレーンとして活動する。
 だが、収穫もあった。ヒラマサのお陰で更に売国奴並びに工作員共の炙り出しにも成功して来た。後は今年までにまた勢力の削ぎ落としが完了すればやがて来るであろう戦争に備えられるかも知れない。小室の爺さん曰く「今の日本はまだ焼け跡に建てた間に合わせのバラックに住んでいる(※)」は的を射る。まだまだバラックから離れる日は遠い。今年中にどんどん炙り出して奴等の力を削ぐ事が出来れば後は……だが、此処で力を削ぐのに失敗すれば日本の未来は暗い。
 以上で時事ネタの解説を終える。

 ※ ビジネス社発行 小室直樹著 『政治無知が日本を滅ぼす』



 小室直樹の問題点を挙げるならエラ共に甘い事だな。そんな部分をあの三人の弟子共が学んだとしたら……そりゃあ揃って不肖の弟子と成るわな。だが、自分は此れだけはわかる……今からあれこれ勉強しようとも理論学を突き詰めようと頑張っても三十年、四十年、そして五十年鍛錬を積もうが小室直樹には絶対に勝てない。欠点くらいは誰にでもあるからじゃない。小室直樹の場合は既に理論自体に穴を衝こうにも逆に納得させてしまう何かを持つからな。
 誰かのブログではこう紹介されていたな。学ぶなら小室、渡部、そして三島と。小室の爺さんはコムナオ君というマスコットを作ってしまう程に自分は尊敬する大先生の一人ではある。渡部昇一は精密性こそ曖昧だし、歳のせいもあったのか或は新しめの著書に手を取ったのかわからないけど陰謀論を歴史に取り込もうとしたり、事実無根の事を平気で載せたりと中川八洋曰く知の退嬰が著しい。其れでも渡部昇一の著書は日本の覚醒に繋げるに十分だからな。後はもう少し正確な見方が出来れば……其処が惜しい。三島の場合は早過ぎた。もう少し長生きならばもっと凄い事を成し遂げていたかも知れない……がワイルドアームズ4のラムダに対してガウンが何時も言っていた「お前は間違っちゃいねえ、だが……結果を早く求め過ぎた!」がぴったり当て嵌まる。三島は早く求め過ぎた……結果、盾の会は始動してしまった!
 兎に角、此の三人から学ぶ事は重要だろう。あのブログ主曰く理論なら小室、歴史なら渡部、感性の深さなら三島、と!
 其れじゃあ今回は此処迄。サイボーグを伊藤博文みたいに生贄にする気か……だとすると遠回しな謀殺だ。是非共、お前等だけで勝手に行ってそして……死んで来い、国賊共め!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR