FC2ブログ

本当に大人なら悪餓鬼に好き勝手しない事を指す

 如何も二回目の雑文を更新するdarkvernuで御座います。
 始める前に『格付けの旅』が数十行更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 さ、やるか。

 昔々ある所にハリス君と直弼君が居ました。ハリス君を始めとした諸外国の使節団は直弼君に対して治外法権を認めろだとか関税自主権は其方にないだとかそうゆう理不尽を受け入れるよう要求。直弼君は何とか口八丁手八丁で其れを止めようとしました。だが、ハリス君を始めとした諸外国は何と力で直弼君を脅しました。流石にこれ以上は犠牲や無負えなくなる状況は避けたい直弼君は自ら悪役に成ってでも彼等の要求を呑んだ。此処に日米修好通商条約を始めとした不平等条約は成立。以後、明治の元勲達は直弼君達が締結した不平等条約に対して「いや、それ直弼の馬鹿野郎の判断だから無効だよ」と言わずに「如何か我々に門戸を開いてほしい」という努力をして来ました。其の度に「貴方キリスト教禁止してるじゃん。そんな野蛮な国に門戸開くなんて出来ませーん!」だの「鹿鳴館は確かに素晴らしい……でも其れで内達が気を良くすると思ったら大間違いでーす!」だの「自主憲法……確かに素晴らしいです。だからって治外法権の廃止や関税自主権を認めろってのは少し調子扱いてんじゃありませーん?」と理不尽極まりない事を言われ続けても明治政府特に宗光君と寿太郎君は頑張りました。「清を倒す上に生意気な義和団倒すのに助力してくれたじゃーん。治外法権認めて良いよ!」と言われ、「やったああああ……ウグ、結核が!」はしゃぎ過ぎた宗光君は結核の痛みを抑えつつも治外法権の廃止を実現し、「あの露助を何とか講和条約締結まで縺れ込んだな。ならば関税自主権考えても良いかも?」そうして寿太郎君は自らの生命の灯を燃やして「よっしゃあああああああ……ウグググ、俺もう駄目かも?」直弼君が遺したあらゆる課題を解決していきました。此れが大人の対応。例え前の政権が遺した物でもちゃんと履行して不平等条約は気に縺れ込むまで努力をする。法治の名の元に生まれた国ならどんな法律も外交条約も守って当たり前。守った上で自らの不利を解消する為に命を懸けて行く。
 何処かの隣の国はもう少し……法治とは何かを勉強し直して来おおおおおい!


 という訳だよ。「二人でモリカケ」とか漏れてうきうきしていた星野郎は大人の国とは何かをもう少し勉強してから発言しろ! ふざけるなよ、何で悪餓鬼の国に一々下手な寛容しなくちゃいけないんだよ。考えてみろよ、会社内で何時までも反抗的な社員に対して一々あれを妥協これを妥協して解決するかって。しないんだよ、だって反抗的な社員はシステムではなく本元に対して反抗している以上は無理。そんな奴が出てきた場合は絶対に相手しない事だ。相手するだけ損するからな。
 そうゆう訳で大人の対応とは何か? 其れは理不尽な事を約束しても蒸し返さずに引き継ぎ、ちゃんと解決するために努力する事を大人の対応というんだよ。実際、鉄血でも一番組が約束したクーデリアをアーブラウまで運ぶという条件を一番組の連中を粛清又は追い出してもオルガ達鉄華団のメンツはちゃんと果たした訳だからな。マクギリスの約束だってそうだ。例え自分達が地獄へ行こうともオルガを始めとした鉄華団面々はちゃんと裏切らずに果たしていき、そして散ったんだよ。此れが大人の対応。例え理不尽な事でもちゃんと引き継ぎ、果たしてゆく事を言うんだよ。南新羅の連中はもう少し約束事の重さを理解しやがれってんだよ!
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 鉄血は二期は確かに良い終わり方をしなかったのは事実だ。だからって其れで過剰に叩き過ぎてはいないか? まあ気持ちはわからなくもない。三日月を始めとした面々があんな結末を迎える事自体を納得しないのもわからなくもないが、まあ……ガンダムシリーズはZの頃から内紛が起こりやすい。種然り、00然り、AGE然り……とガンダムというブランドは血で汚れているからな。
 まあ自分としては続編作って欲しいという気持ちと続編は流石に駄目だろうという気持ちがぶつかり合っている。理由はやはり三日月が五体と命を犠牲にして切り開いた暁達の幸せを続編出す事で台無しにする恐れがあるからな。流石に明日が見えないライドは兎も角としても明日がある暁達に戦う道を与えるのは親父である三日月の意向に反するからな。
 そうゆう訳で今回は此処まで。さて……今週までに連絡は言ってくれよな。あそこに重要なデータが詰まってるんだからな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR