FC2ブログ

試作品 スピンオフ 自称怪獣王アルッパー

 如何も三島一八がニューダンガンロンパ……いやニューガイガンに怒るのも理解出来ると吉本ばなな出身のカス芸人コンビの煽り芸と其の後のオボココピペを見て感じたdarkvernuです。
 ではアルッパーさん主役の試作品を始める前にアルッパーさん出演の『格付けの旅』が更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の『格付けの旅』又は<赤魔法の章>をクリック。
 其れじゃあデュアンと出会う前のアルッパーさんの雄姿を如何ぞ!

 其れは格付師デュアン・マイッダーがドーナツ型宇宙シーシェP銀河グリーンP太陽系に向かうより遥か昔だったかな。人類は反捕鯨団体の言う鯨は人間の次に頭が良いという傲慢な謳い文句と過剰な保護を繰り返す内に大変恐ろしい鯨の一族を爆誕させてしまった!
 彼ら鯨族は俗に言う『怪獣王の末裔』……ゴリラと鯨を組み合わせた怪獣王が登場する映画は御存知だろう? ないなら視聴をお勧めする。彼等は鯨でありながらも怪獣王に酷似した背びれを持つ。そして口から放射能熱線を放ち、多くの漁船、調査船、そして軍艦を海に沈めて来た。其の余りにも凶暴な生態からとある和の島国の防衛関係者は彼等を映画に因んで『怪獣王の末裔』と呼称。偶然にも彼等が自称していた呼称と一致するという奇跡が起こる。
 だが、奇跡なのは其処だけであり其の後は何の対策もせずに何と『怪獣王の末裔』を放置してしまった。此れが悪影響を及ぼし始めた。其れは彼等の好物が人間だった。特に胸の大きいグラビアアイドルは彼等の舌からして美味に等しかった。そうして次々と胸の大きい女性は食べられ続ける。事態を重く見た世界各国はようやく近代兵器を駆使して『怪獣王の末裔』と呼ばれる鯨族の一掃を閣議決定。
 最初こそ人類側は優位に事を運ばせた。だが、悪魔の石を内包した隕石の落下で予想を超える事態が起きた!
「ウオオオオ、良くも俺の一族を焼き殺して来たなあ・・・・・・二本足共おおおお!」喋る鯨が自然発生した。「此の俺が出たからにはお前ら二本足の天下は終わったも同然だあああ!」
 其の名は『アルッパー』……「早いわ!」と後にデュアンに呼ばれる鯨外生物の誕生である!
 此処グリーンP太陽系<わとーそ>にてアルッパーは今日も人間を食べ続けるのだった。
「きゃあああ、鯨が来たわああ!」「逃げろ、俺が相手をしてやる……此の巨乳好きめ!」「俺は貧乳派だ!」屈強な男達は女を守る為に前線に出る--右手にレーザーキャノン、左手にライトセイバーで!
「舐めてくれるなよ、二本足共を。そんなスターウォーズみたいな装備で俺を倒せると思うなよ!」
「てめえ鯨の癖に何でスターウォーズ知ってんだよ!」
「五月蠅いわ、俺はお前ら二本足の下らない映画に体を運ぶ事でお前等が如何に下らない戦法をするかを日夜研究してんだよ!」
「お前みたいな百メートルの鯨が如何やって映画館に足を運べるんだよ!」
「苦労したぞ。どいつもこいつも俺が折角バカンスしようと思っている時に必死こいて逃げていきやがる。苦労したぞ、此のでかい鰭で細かい作業をするのを。お陰でたった一頭だけで映画館の映画を上映させる事に成功した。お前らみたいな二本足が良くも古臭いフィルム撮影の映画館を残しておったな。お陰で俺の先祖である怪獣王が芹沢とか呼んだ眼帯の二本足が開発したオキシジェンデストロイヤーで殺されるシーンは何時見ても泣けるシーンだぞ!」
「そっちかよ。つーか何でお前は初期のゴジラ映画黙って見てんだよ!」
「五月蠅い、二本足共。あの映画を見て俺は決意したんだ。先祖をあんな惨い殺し方をしたお前ら二本足は一人たりとも生かしておけんってな!」
「ふざけるな。たかが初代ゴジラが殺されたくらいで人類抹殺を企てるなんていかれてるとしか言いようがない!」
「五月蠅い、其れだけじゃねえぞ。先祖を殺したオキシジェンデストロイヤーを生み出した反動で別の怪獣を生み出しただけでなく、折角其の後の先祖が核爆発で纏めて二本足を滅ぼす筈だったのにお前等が変な兵器使ってメルトダウンさせて殺しやがって。後は何だあの鮪食ってるようなパチモンは!」
「何で映画を基準に俺達に復讐を誓うんだよ!」
「五月蠅い。後はエヴァ作ってるような奴に俺の先祖を変な風に解釈させやがって。いっそアニメでやった俺の先祖がこの惑星の新たな主に成った奴とか……あれは正直流石の俺も其処まで擁護しないぞ!」
「だから映画を……じゃなくてここまで時間を稼げた。後は俺達で此の鯨を倒すぞ!」
「ああ、思ったように映画好きで助かった。お陰で女共を遠くまで逃がす事に成功した!」
「貴様らあああ……良くも俺に映画の話を振ったな!」
 逆恨みしたアルッパーは一秒で足止めした戦士達を蹴散らした。
「ウヌヌ、何処に逃げたかわからないじゃないか。クソウ、こうなったらヤケ酒だ。帰って秋葉原で買って来た最新ツクールでもパソコンにインストールして新作RPGでも作ってストレス発散してやるぞおう!」
 アルッパーはデュアンと出会う前からサブカルチャーに詳しかった……


 という訳で『スピンオフ 自称怪獣王アルッパー(仮)』をお送りしました。此れは最近カイジ本編よりも利根川や大槻主役のスピンオフの方が面白い事を受けて気分転換の為に格付けの旅もスピンオフしても良いんじゃないかって思って試作品として書き殴ってみた。まあ他にも理由があるんだけどな。だってダブル主人公制度でありながらも格付けの旅ってデュアン主役じゃん。然もアルッパーさんの出番が全くない青魔法の章何て殆ど存在すら忘れてしまう程に酷い物だよ。此れは少し同情したくなるじゃないか。そうゆう訳でスピンオフとしてアルッパー主役の通り魔して変な趣味を披露するアルッパーのお話もしてもいいのではないかって思ったんだ。ほら、これも利根川や大槻主役のスピンオフでも言えるじゃん。あれだって利根川はブラック中間管理職として日々苦労するお話を展開してるし、大槻何て班長なのにやけにグルメで大元がギャンブル漫画である事を忘れてしまうくらいじゃないか。じゃあ格付けの旅にだって通用するのではないかって考えるんだけどなあ……まあ、アルッパーやったら他の奴迄スピンオフする可能性も浮上すると懸念される。が、はっきり言って其れは有り得ない。何故なら自分はスピンオフを余り好まない。だって作業が増えるからあんまりやりたくないんだよな。そうゆう訳でワイズマンやノイズン、其れと、真黒等のスピンオフはないから安心して良いぞ(笑)。其れ認めると今度はアズナーのスピンオフまでやらなくちゃいけないし、ブラムヘイムのスピンオフまでやらなくちゃいけない……と枚挙に暇がなくなる。アズナーは神計画自体が其れな感じだが、ブラムヘイムは作風からして絶対に出来ないからな。スピンオフっつっても洒落が利くかそうでないかって判断があるしな。
 という訳で試作品の解説を終える。

 ニコ動は最早末期だな。やっぱひろゆきを本格的に呼び戻してやるかとか後はジブリ勢を全員追い出すくらいの気概がないと再生出来ないぞ。あんなカスコンビ呼んでパンツマンと呼ばれるおっさんの心を傷つけるような生放送やらかしたんだから……ツーか吉本ばななの芸人呼ぶな。吉本ばなななんて伸介の頃からエラ共の巣窟だしよお。正直、あいつらに頼るようじゃニコ動の上層部もあれだよなあ……ま、何が衰退しようとも自分はマイペースに行くので此の件は此処までにしよう。
 其れじゃあ今回は此処まで。AIに負けたんだって、だっせーな、それにおっせーな……ニュー屑は何もかもが!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR