FC2ブログ

現在を破壊する者はやたらと保守を騙る

 どうも批評家を騙るdarkvernuでございます。
 早速ですが、先週の続きをどうぞ!

 ツァラトゥストラX世は現在と未来を味方に付けて過去を食い物にする者達を
倒した!
 だが、疲労困憊の現在を破壊しようとする者達が現われて状況は一変!
 X世は次のような思想を自然に聞かせた!
「気を付けろ! そいつらは保守ではない!
 気を付けろ! そいつらも過去を食い物にするやつらと変わらぬ思想の持ち主だ!
 A国やGB国の現状を見るのだ! 確かに今は亡きレーガンや
サッチャーは過去を食い物にする者達と戦い、これを打ち破った!
 だが、彼等は保守ではない! その結果はどうだ? 自分達で物を作れなく
なったぞ! 貧富の格差は開くばかりだぞ! 金利で稼ごうとする賭博者ばかりに
なったぞ! どう説明しようか!
 EUやK国の現状を見るのだ! どこに国境線があるのだ! そもそもあれらは国
と呼べるのか?
 K国はもはやA国の植民地ではないか! ガリバーのように大きくなりすぎた企業、それに銀行のほぼ全てが外国資本で支配されておる! それに加えてISD条項を
含むFTA締結でもはや植民地ではないか!
 EUはD第四帝国ではないか! 欧州中央銀行のどこが欧州? 本部がDの地域
ではないか!
 あそこが決めないと加盟した国々は自分達の財政政策も出来ない! 金融政策
など無いに等しい! そもそもEUなんかを考案するからこんな事になったのに
気付かん者達はどう責任とる! 国防? ここで保守を騙るか!
 イスラムが怖い? C国が怖い? 馬鹿も休み休み言え! 外交問題を出汁に
経済を犠牲にするな! 国境線を取り外そうとするな! 主権を売り渡してでも国防
を維持する考えはもはや保守ではない! お前達が忌み嫌う過去を食い物にする
者達そのものではないか!
 邪悪を振り払う為に最悪を享受しようとすれば現在は破壊し尽くされ、生きる希望
を見失う!
 皆がこれと戦うには現在だけでは駄目だ! 過去と未来! 三位一体が織りなす
力を以てして全ての破壊から自らを防衛するのだ!
 そして我々は現在に希望を持てるのだ!」
 X世の思想は現在から未来へと移る。来週? で彼の語りは終わるだろう……


 全三回で構成されたショートストーリー。その中編にあたる物です。
 前回は邪悪に関する事を批判したが、今回X世は最悪を批判してます。最悪というのは自分なりの考えではありますが、新自由主義を含めた民間企業礼賛主義で御座います。といいますか、グローバル主義という別名もあります。とにかく自分はこの手の思想もまた度し難いほどに怒りを覚えます。といいますか、社会主義やスターリニズムとどう違うの? 教えて自称保守に詳しい人達! いえ冗談ですよ、これはさすがに(汗)。
 話を戻しますが、自分は別に自由主義そのものには賛成ですよ。頑張る物や優秀な者が富を築き上げる事、貧富の格差がある事、売れない企業が淘汰される事には。でもね、それにも限度がある。富の量がさすがにサラリーマンの平均年収の五十倍以上とか、一分野に大企業が三つ以下とか、貧富の格差がA国並みとか、失業率十パーセント以上とかになるともう話にならない(呆)。それはまともな思考の持ち主ならここでやめろと言わないと駄目だろ! というかこんな状況であっても市場原理主義を賛成する奴らは異常だ!
 過去の例で言うなら大恐慌時代のアメリカのアンドリュー・メロンとかいう人でなし。ピノチェト政権を支援したフリードマンの爺さん。トリクルダウンを本気で信じた数多くの政治屋共。現在ならまあ言わんでも誰と誰かはわかるはずだ。
 とにかく偏執狂じみた思想はもはや新興宗教に嵌る人達や地球市民思想といったお花畑思想と同一だろ!
 そして化けの皮が剥がれ出したのが最近話題のTPP。もう誰か止める者いないのか! いやいてもこんな状況じゃいつかスターリンさんやマオさんを超える数の屍を出しかねないから(恐)! むしろその兆候が各ブラック企業各社に顕われてるから手遅れなのか! 例えば渡邊(字合ってる?)や柳井のような人間の屑なんかがそう? こいつらの厄介なところは保守と呼ばれる連中にも平然とそうゆうのを疑わないのが居るから困る。例えばな……。
 もうこの辺でこの話をやめよう。とにかく全体を俯瞰してわかる事は新自由主義は最悪だって事だ! そいつらを打ち倒すには現在だけでなく過去と未来も協力しなければならないってX世は言ってるのだよ。
 X世はまだ言いたい事があるよ。多分これで最終回となります。それは未来を奪うシンジツに関する事です。
 何故シンジツが未来を奪うかって? カタカナにしているところに注目しながら来週、或いは一年以上経ってから明らかにすると思うよ。
 以上でショートストーリーの説明を終えたいと思います。

 第十四話の解説に入ります。今回の主人公は天体観測家の鬼で御座います。十三話まで天体観測家の鶴がどうして登場していたのかがここでわかります。そう、それは例の吐き気催す連中の名称を決める為であります。
 その名は
 銀河連合

 もう一度記します。

 銀河連合
 
 
 元ネタ(というかパクリ元)はガイナックスファンの誰もが知ってますあの作品のあの連中ですよ。言っておきますが、この連中を思いついたのは恐らく中学二年の時です。つまり、天同生子の元となるキャラと同じ時期に思いつきました(いやパクッた)。なので某アージュのあれとは無関係で御座います。というよりもその当時は名前はわかってもその中に登場する物まで詳しくは知りません。ですのでそれのパクリと言われる筋合いは御座いません(なお「トップを狙え!」に登場するあれのパクリと言われる筋合いはあります。自分はそれを十分理解してますから)!
 読者の中にはもうちょっと良いネーミングはないのかという意見の持ち主もいるかも知れませんが、自分はネーミングの悪さなら某ガンダムの監督以上に自信がありますのでそれ以上思いつきません! よって今後は奴等の事を

 銀河連合

 と呼びましょう。四字熟語だし、覚えやすいじゃん!
 話を十四話に登場する仁徳島に移します。仁徳島では大小様々な肩書きを持つ者が数多くいます。
 劇中に登場した肩書きだけでも「天体研究家」「暦学者」「食通」「訛り学者」「歴史学者」「包丁研究家」「手紙研究家」「隕石研究家」と知ってる範囲で八つの肩書きがありますが、あの島では他にも「笑い研究家」「神様学者」「ブラックホール仮説対策研究家」「交尾学者」「妊娠の痛み研究家」「ただもの学者」「おかもと研究家」など実に数百以上の肩書きがあります。すみません、今さっき思いつきました(苦)。
 まあ本当はそんな頭の痛くなるような学会の様子とかを描きたかったのですが、自分の力量があまりにもあれだったので全てを書ききれなかったのが残念です。
 短くて申しわけありませんが以上で十四話の解説を終えたいと思います。
 さて、明日からは木曜~金曜までに第十五話を完成させて、土曜に時事ネタなどのやつを出します。理由は来週に日曜はいろいろばたつきますので余裕がありません!
 ですがスケジュールには変更点はありませんよ!

 五月
 六日~十一日     第十五話 物々交換から貨幣へ      作成日間
 十三日~十八日    第十六話 語り継がれる物語       作成日間
 二十日~二十五日   第十七話 猫と鼠             作成日間
 二十七日~六月一日  第十八話 鬼ヶ島を行く         作成日間

 忙しい時には早めに仕事を終わらせるのが一番!
 では十一日にまた会いましょう、さらばだー!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR