FC2ブログ

高橋邦子はやっぱ天才だな

 如何も久しぶりに日に二度の雑文をお送りします。
 其れじゃあ決戦のバトルフィールドと行きましょうか。

 初めて邦子の兄か姉と思われる人と同じようにアツマールで邦子が作ったアクションゲームをプレイした感想。
「相変わらずやられボイスはあれか。そして想像の斜め上を行く展開は流石は川越市の生んだ鬼才邦子と言えるか」
 一定数やられるとギガデスフレアにチェンジして難易度を下げる。其れでも邦子のアクションゲームの難易度の高さはやってて直ぐに体感した。見ているだけで難しいゲームだが、キーボード操作とは言えどもやるのも難しい。特にラスボス戦はどれだけ死んだか。パターン読むのも反応するのも異様に大変だ。まあ、クリア出来れば其れで良いんだけどな。
「だが、如何して邦子はRPGツクール3のとあるBGMばっかりを取り入れるのだろう? 後はPS2版RPGツクールの曲だな。邦子は好き過ぎるだろう、あの辺を。其れからキャラグラフィックはVXの奴を多く取り入れてるからな。そんなに気に入ってるのか、VXを?」
 何方にせよ、此れだけは言える……邦子はやっぱ天才だ!


 まあ二つ目の雑文なので捻りも何もあった物ではない。取り合えず高橋邦子という偉大なツクーラーを評して此の様に書き殴った訳だ。今年の終わり頃に再び邦子は大暴れしたな。いやあ、やっぱ邦子は天才だわ。何ていうか、唐突に挿入するテーマといい、度肝を抜く展開といい……そして何よりも此方の想像出来ない展開を持ってくる所だろう。無茶苦茶なのに何故か許せる辺りはキン肉マンや彼岸島に通じる所がある。突っ込みどころ満載なのに何故か惹かれてしまうのはやはりその勢いだろう……どれだけ理詰めしようとも作品はやはり勢いだろう。幾ら理詰めで来ても勢いのない作品は誰も付いていかない……邦子にあって自分達ダメンズにない物が其処にある。自分もゆでから邦子に至るまで惹かれる作品とは何なのかを学ばないといけないぜ。
 そうゆう訳で解説を終える。

 其れじゃあ今回はここまで。最近の若いもん以外にも無料ツクールゲームを配信しよっかな……でも一からツクールゲーをやるにもスケジュール組んでやらんとあかんしなあ。うーん、別に売れるゲーム配信したい訳じゃないが、今は小説書いてる方が楽って意識が強いからなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR