FC2ブログ

試作品 誰が望んだ流行語大賞

 如何もある法則の一つとして「これはベストマッチに成る」と言った戦いは必ずそう成らないらしい……第一発見者が自分であると信じたいdarkvernuです。
 そうゆう訳で今回はそれに近い試作品を出して明日からお金様に取り掛かろうと決めました……はい、申し訳ありません。

 今年の流行語大賞が決まる。それは誰もが「このハゲー」や「二人はモリカケ」、更には「台風もサイボーグのせい」と言ったようにネット上で流行る物から「こんな人達」「自分ファースト」「訳すと尿垂れ出し」「更々ない」と言ったようなネットに無縁に人達にも透き通る物が通るかと誰もが思っていた。
 ところが今年の流行語大賞は違っていた。選定する会社は去年の会社ではなかった。去年の会社はあれを流行語大賞に選んだせいで総バッシングを受けて排除された。其処で流行語大賞を選ぶ会社は発表された。その名も『コンパチブル株式会社』。そして発表される流行語ベスト10は……マニアでも首を傾げる物だった!
 第十位……
 『止まるんじゃねえぞ』byオルガ・イツカ
 鉄血第二期の不満を持った者達の中で何時の間にか流行語大賞として選ばれた鉄火団団長の最後の言葉。世の中何が流行るか予想外だよね。
 第九位……
 『やあ、僕フルタマン』byフルタマン
 プリキュアア・ラ・モードのコマーシャルに超新星の如く現れた製菓会社フルタのマスコットキャラクター。佐村河内W聴き耳で良い子のみんなの声を尋ねる不気味さと常人には難易度が高いフル体操といい……今年もフルタは通常運転の模様だね!
 第八位……
 『身勝手の極意』by破壊神ビルス
 ドラゴンボール超の特番で悟空が覚醒し、あのジレンと互角に近い戦いを繰り広げた姿を見て発した一言。うーん、GTに繋がるのか?
 第七位……
 『筋肉エヴォリューション』by?
 あれ、誰の台詞だ。コラ、コンパチブル。お前らちゃんと選定しろ。え、昨日連載再開したばかりの漫画……あったか、そんなの?
 第六位……
 『しまった、ゲップが』by妙子の父
 前回の胸糞過ぎる展開からの余りにも酷い落差を表す彼岸島恒例のシリアスなギャグ。シリアスのつもりで描くには流石にあんまりな死に方だろ。ゲップ一つで邪鬼に見付かり、喰われてしまうなんて!
 それではベスト5の発表でーす。ここから先はコンパチブルの連中にとって流行っていると思い込む選りすぐりの流行語だあ!
 第五位……
 『忖度』by松井秀喜(仮)
 正確には昔からあるどう考えてもおかしいだろう、というような人物を過度に批判せずによいしょする行い。擁護との違いはやはりマスゴミの行いに相応しい意味を込めてそう成る……済まん、もう少し勉強するよ。
 第四位……
 『フェイクニュース』by?
 当時は向こうの大統領ドナルドさんは偽情報を利用して大統領に成ったとされた事から世界中に流行。真実は大きく違っており、逆にドナルドさんがフェイクニュースに依って要らぬ被害を受けていた事が明らかに。さて、この言葉が流れるまで当の連中はずっとフェイクニュース流してましたっけ? さあ誰でしょう?
 それでは栄えあるベスト3の発表と行こうじゃありませんか。
 第三位……

 『何で図書室なんかに行ったんすか?』by天海蘭太郎

 これ勘違いしているようだが、売り上げ総数は十万ちょっとでしかありません。なのにこれを流行語トップ3に入れるコンパチブルには疑問を呈して仕方ありません。え、説明すると本編では一切そんな台詞を言ってません。PVのみ彼はその台詞を呟いている訳だ……お察し下さい!
 第二位……

 『実は俺って安保賛成派だったんだよね』byとある野党に所属予定の某立候補者

 え、プラカードは? これを聞いた一部の賢い君はこう思うだろう……「お前らなんか一生政治に関わるんじゃねえよ!」
 では栄えある流行語大賞を発表したいと思います。
 第一位……

 『本部と武蔵の試合は必ずベストマッチに成るぞ』by板垣恵介先生

 えっとこれ去年でも良くね? 兎に角、読者の期待を裏切り続ける最近の刃牙。それでもデンジマンの片方は先生に単独インタビューをして烈さんの死と本部と武蔵のベストマッチ説を聞き出す事に成功。ところが実際に後者が出た時、果たして読者の誰もがこれをベストマッチだと思ったのだろうか? 否、何と武蔵は練習試合と切り捨てった……オイ、板垣!
 以上で流行語大賞の発表はここで終わる。今回も押し付けられた流行語が発表されたね。だから言わんこっちゃない……


 という訳で『誰が望んだ流行語大賞(仮)』をお届けしました。多分、期間限定過ぎてやりにくいと感じて連載にも短編集にも載らないと思うな。だってどれも今年の事だしな。
 但し、最初の三つはほぼ真面目に思った流行語だぞ。オルガの最後の台詞は印象的だったし、フルタマンは正に狂気を感じるし、後は子供心に燃えた新形態だろう。異論反論は受け付けるぞ、こうゆう事に関しては。
 だが、七位以降は個人的にヒットした物だけを選んだ。七位の奴は最近連載再開して早々に最初の敵だった筋肉マンが放った一言。なんJと共に作品を沸かせる男の言う事は違うぜ。六位はあの有名なホラー丸太アクション漫画彼岸島の今週話に於ける酷い死に方の一つ。ゲップはねえよ、それを考案してしまう松本先生ェは畏れ入るよ!
 五位と四位は一種の時事ネタ。あ、グレーゾーンだぞ。グレーゾーンを責めたぞ。
 三位、二位、そして一位は完全な独り善がりだぞ。二位も一応グレーゾーンだからな。三位はダンガンロンパネタキャラ選手権で噛ませメガネや塩と言った強豪達と激しい首位争いを繰り広げそうなイケメンキャラの台詞……いや、実際そんな事一言も本編では出ないけどね。そして一位は……作者が言っても仕方ないだろう。いや、本当にベストマッチというのは読者が決める事であって主催者側が言ってもそう成らない可能性が高いのだよ。だったら何だ? こっちはあれか? 今からベストマッチを宣言するぞ。それはな……ただものとおかもとの喧嘩が最大のベストマッチに成ると思うぞ!

 という訳で今回はここまで。確かに主人公が人気ないのは理解するよ……でもね、主人公というのはそうゆう物だぞ。主人公補正を無くしたらそれこそ南新羅のドラマみたいに成るぞ。お前ら読者も読む側なのだから主人公補正で云々言ってる暇があるなら少しは自分こそ主人公であると自覚してみろっつーの……うん、問題発言だね。でも斜線引かんぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR