FC2ブログ

雑文特別編 ハヤトは死なず 第勇話 衆院選まで後三週! 安倍晋三VS片山哲!

 如何も早めにやりたいが為に前倒しするのが自分darkvernuです。
 それじゃあ我らが内閣総理大臣の晴れ舞台と行こうじゃないか!

 さて、一回戦Aブロックも残り一試合。さあ始めましょう。今回解説席に座るのは与党自民党で急速に頭角を現して来た見た目は子供、頭脳は大人……その名も外務大臣河野太郎!
「バーロー、そもそも何で俺はそのキャラ付けなんだよお!」
 ウィキペディアで調べたら画像に映っていたのがそんなキャラだったのでそうしましたと作者は仰っております。
「訳わからん!」
 訳わからないのは最初からです。そもそも政治屋が超人的な戦いをする時点で間違っておりますので野暮なツッコミは諦めて下さい、河野外務大臣!
 それじゃあ一回戦Aブロック第四試合で最初に紹介するのは我らが第九十七代内閣総理大臣……安倍晋三!
「総理は今度の衆院選で予想外の事態に成ったとはいえ、この最大トーナメントで存分にウォーミングアップを図るつもりのようですね!」
 おっと半裸での登場。お腹にはサイボーグ手術の証がまざまざと魅せる。その鋼鉄の腹は第一次安倍内閣に於ける屈辱を忘れない為に刻んだ印……相次ぐ大臣の辞任と農水大臣松岡利勝の謎の自殺や久間防衛大臣の不用意な発言に加えて赤木信農水大臣の意味不明な絆創膏バッシング事件などによる辞任などで肉体的にも追い詰められ、更には当時の参院選の惨敗で心理的にも大いに追い詰められ、最後には若さ故に起死回生のマイオスへの無謀な挑みを仕掛けて全身をぼろぼろの状態に追いやられる程の重傷を負って無念の内閣総辞職……特に表向きの潰瘍性大腸炎。真実はあの有名な漫画家が暴露した時の大統領プーチンとの麻雀戦で敗れた事に全責任を取っての切腹。更に真実ではマイオスとの戦いでサイボーグ手術を受けないとまともに要職に就けない程の重傷を負ったのが原因。彼の総辞職が後の福田康夫内閣誕生に繋がる野中中川そして片山さつきに依るフェイクニュース垂れ流しに至るとは……それが悪夢の政権交代へと繋がり、約三年も政治的な停滞を齎す事に成ろうとは。
「解説如何も有難う御座います。当時の俺もこの人では駄目だと考えた事もありました……が、それでも安部さんそして麻生さんを信じて麻生さんが福田さんと総理の座を掛けた総裁選で麻生さん応援に回りました。本当ですよ、其処は!」
 わかってますよ。作者だってその事は調べなくとも当時の記憶でちゃんと貴方が麻生太郎の応援演説している姿は確認しておりますから!
「有難う御座います」
 それから野田内閣時に谷垣総裁の後任を決める総裁選でサイボーグ手術に成功した彼は石破茂との一騎打ちに打ち克ち、総裁へと就任。それから一昔前とは違い、彼は大化けを果たした。それが野田佳彦に解散するように煽って成功。その際には為替介入をせずに株価を上げ、円安に転じさせるという荒業を成し遂げ、更には衆院選で政権奪還を果たして奇跡の第二次安倍内閣を発足して今もマスメディアがハンカチを噛み締める程の獅子奮迅の働きぶりを見せて余命三年の中で安保法改正をしてギリギリの内に当時の支那政府のある首相が発現した地上から消えてなくなる予言の二年も延命させる事に成功。それから民進党及び他の野党に止めを刺す衆議院解散を打ち出して今に至る!
 今の安倍晋三に敵なし……そう思えてもおかしくない程に安倍晋三は化けた!
「んん、安倍総理の相手も只者ではありませんね!」
 河野外務大臣が指摘した通り……安倍晋三と対戦するのは戦後最初の社会党政権を樹立したあの悪夢の内閣を率いる男。その名も異能生存体……片山哲が咽るように登場するではないか! しかも服装はASスーツで右手にはアーマーマグナムを持参して!
「来てやったぞ、岸信介の孫よ」
「これが戦後最初の社会党政権の長……片山さんの死すら想像出来ない政治力ですね!」
 安倍晋三にとっては苦しい戦いでしょう。相手はあの異能生存体と呼ばれし片山哲。そうでなければ初めての社会党政権を樹立するなんて難しい時代であった!
「二人共、開始線に就いて!」
 例え直属の上司でもぶれないのがAブロック審判を担当する菅義偉という男!
「菅さんは相変わらず仕事するなあ」
 とあの河野太郎も褒める仕事ぶり。その菅義偉現官房長官はゆっくりと右手を上げ、其れから振り下ろした!
「始めえええい!」
 両者共にぶつかるも……何と安倍晋三のフォトンビームが僅かな所で片山哲の右耳にすら掠めないではないかあああ!
「クウ、これが!」それだけじゃない……「政界の異能生存体と呼ばれた片山哲、なのか!」左胸にアーマーマグナムの一撃を撃ち込まれて安倍晋三の右膝が砂利に付くではないか。「銃弾で私の射線をずらして……こんな形で!」
 だが、安部のフォトンビームは東京スカイツリーを直撃し、東京タワー越えを果たした塔は僅か十年も経たずに崩落!
「流石は俺の孫だ」
「ああ、折角建てたのに何て事してくれるんだ」
「安倍の坊やがここまで強かったか」
 両者共に政治力は計り知れない。それでも二人は真っ直ぐ歩を進め、殴り合いを始める。その殴り合いは両者共に相手の能力を恐れるが為に起こった必然!
「片山哲は恐れたのでしょう。次放てばこちらの身に当たる恐れがある。それは安倍総理も同じ考えでしょう。お互いに気合だけでは何も変わらない。気合で戦えば待つのは座して死が訪れるだけってなあ」
 成程、相手の出方を窺う暇があるなら自ら前に進んで拳で語り合うのですね。その語り合いは……一週間も続きますね。互いの能力を恐れて轢かず寧ろゼロサムゲームの如くミクロン単位でも陣地を奪い合う。本来なら、余りに間合いを詰めると頭突きしか意味がない……けれども政治屋同士の戦いは頭突き以外も攻撃手段を持つ。彼らに間合いは無意味!
「はあはあはあはあ、うおおおお!」
「頭突きを……やっとアーマーマグナムを鳩尾に付けたぞおう!」
 マグナムの銃声と同時に鼻の骨が鈍く折れる音も響く!
「ハアハアハアハア、この勝負……私の読み勝ちですね!」
 崩れ落ちる片山哲。一方で至近距離から撃たれたのに口からは大量、撃たれた箇所からは少量しか血が出ない安倍晋三。もしや腹を重点強化した際に心臓周りまで対策を講じるとは誰も思わない。
「勝負あり! 勝者、安倍晋三!」
 衆院選前に他の総理大臣に力の差を見せつけた安倍晋三! 昔が最強ではない! 今が最強だと他者に知らしめる強さ……恐るべし安倍晋三!
「ですが、心臓周りも強化されている事が他の総理に知れ渡りました。これは安倍さんも中々にハードルを上げた事案でしょう」
 不安が在れど安倍晋三は体外に知らしめる……今の状況で俺意外に総理を任せられる日本の政治屋は何処にも居ない、と!
 勝者安倍晋三。試合時間七日と五時間十八分四十二秒。決まり手は頭突き!


 第勇話の登場した政治屋は安倍晋三、片山哲、河野太郎、菅義偉、岸信介、福田康夫、小渕恵三。
 第伍話『格の差を見せ付ける! 菅直人VS佐藤栄作!』に続く……

 河野太郎は江戸川コナン、安倍晋三はサイボーグ関係、片山哲はキリコ・キュービィ。次回は来月まで待て。

 では今回はここまで。教師蹴られた姿を見て喜んだ馬鹿共に告げる……お前らみたいなのが日本を悪くするんだ。蹴った生徒諸共日本から出て行け!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR