FC2ブログ

希望の党……つまり正式名称は狛枝凪党或はついやっちゃった党か?

 如何も明日から肩慣らしの為にお金様の連載を再開するdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新しましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<黒魔法の章>をクリック。
 じゃあ早速、始めますか。

 サイボーグによる解散で巻き起こったセル百合子に依る新党結成。当初は国民第一の党という黒軽部が結党した党のパクリだった物が何時の間にかこのような名前に変更された。
 その名も『御手洗洗脳アニメ党』……セル百合子がモナ男と若狭製薬が連れて来た希望ヶ峰学園の元学園長天願和夫と七十八期生最悪の生徒にして超高校級の絶望こと江ノ島盾子、そして七十七期生一の問題児である超高校級の幸運狛枝凪斗とアニメ技術を洗脳の領域まで高めた超高校級のアニメーター及び引き籠りの御手洗亮太を選定員にしてネオ・ブーメラン党からの移籍者を選別する為に用意。たまに希望ヶ峰学園以外だとエクストリームガンダムのパイロットであるガクトことイクスも入り、更には破滅の王ペルフェクティオ、キューブの支配者リジェス、フューリーの総代騎士グ=ランドン・ゴーツ等々錚々たる希望と絶望の振り幅が激しい面々が党員資格に相応しいかを選別してゆく。
「あ、こいつ絶望的に安保反対派だわ!」
「こりゃあいかんのう。これじゃあ党を絶望に染め上げてしまうなあ」
「あーあ、どれだけ絶望的なんだ。こんな彼らでは絶対的な希望は産まれないよ」
「僕が作ったアニメを見るに相応しいのは彼らじゃない。僕はこんな彼らの為にアニメを作るんじゃない!」
「呪いあれかしブーメラン党がアアア!」
「我は混沌、我は絶望……全てを選別し、力と為して無に帰す成り!」
「成程、この三十人は不必要な訳だなアア。ハッハー!」
 こうして拒否リストは作成され、その中に総理経験者全員と前々からあっち寄りな者達は御手洗亮太の洗脳アニメを見るに相応しくないと選別された……
「何て事を。折角お遍路巡りの旅を続けたのに!」
「チクショおおおおおう!」
「俺が悪いか。支那様と南北新羅様に少し忠誠を誓うくらいで如何してハブられるんだよ!」
「セメントいてええよ、あ、あ、あ、あ!」
「あ、私の名前入ってない。ラッキー!」
「いや、漏れていないだけで入ってる可能性もありますよ」
「お黙り、モンゴル国籍の前バタトルジ!」
「違います。年齢全然違うので私じゃありません!」
 今日もネオ・ブーメラン党の日暮れに飯が美味い!


 あ、最後の一文は本音だからな。いやあ、セル百合子も随分嫌がらせする物だなあ。という訳で今回は都政ほったらかしで無茶苦茶する緑のババアをからかう事を踏まえてやったが……書き終えると何時ものネオ・ブーメラン党を小馬鹿にした物へと様変わりか。というかどれだけ芯が弱いんだよ、この連中は。党員資格が安保賛成憲法改正と知ったら突然今までの発言を覆して無理矢理入ろうと「実は賛成でした」何て言い出すんだぞ……仮に出来ても有権者は如何思っているかお前らは考えないのか。有権者からすれば「はあ、今までの発言や行動は一体何だったんだ!」と激昂して当然だろうが。こんな党に鞍替えする為に掌返しされたりしたら誰もそいつに票を投じたいと思わなく成って当然だろうが。本当ねえ……ネオブーメラン党の連中程胸糞悪い者は居ないと自分は思うな。プライドの欠片もない奴等に政治を任せる訳に行かないだろうが……まあそれはあの夫妻にも言える事だな。
 だからこそ銀魂さんが夫妻の誘いを断って比較的まともな駄目大人党への出馬を決意するのは至極当然の流れだと自分は思う。というかなんであのセルが率いる党に出馬しようと思うのかなあ、結局は「信念なんぞごみ箱に捨てます」と言ってるような物じゃないか。つーかそこまでしてセルと手を組む意味は最早呉越同舟じゃねえぞ。それ夫妻はわかってるのかな……いや、わからないからこそそう成ってしまったんだろうな。まあ、夫妻以前にニッコロは立ち上がれの頃から時勢を読む能力が余りにも欠如した平沼の爺さんのリハク並みのポンコツを見抜けなかった時点であれなんだけどな。幾ら思想が良くても肝心の自制を読む能力がなく、更には悪い所だけ妥協する(マユゲ談話の署名)所やそこ妥協しないのは何故だ(郵政選挙で何故か造反組)という所だけ貫くという世渡りが恐ろしく下手な部分なんかをなあ……平沼の爺さんに的確なアドバイスが出来る世渡り上手がいてくれたらこんな事に成らなかったのになあ(悲)。
 おっと思想は良くても見る眼がポンコツな老害共の悪口はそこまでにしとこう。言っておくが話題の新党は希望なんか産まない。狛枝並みに滅茶苦茶で江ノ島並みに傍迷惑で更には天願並みに独善的で御手洗並に力の使い途を誤るような党に投票するのなら自己責任で……絶望だけが蔓延するからな。選挙は前にも書いたけど、人気投票ではない。自分達の未来がそこに掛かる以上は票を投じたら責任を背負うつもりでお願いするぞ!
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 第八十四話の解説でもしよう。今回は大久保利通が山吉盛典に語ったあの有名な三期三十年のお話を基にして無理やりやってやったがな。まあ、大久保と違って最初の十年が始まる前に死んでしまうんだけどこれに深みを与えるのが……無理だったね。うーん、まあ八十四話自体が次の中篇で主人公を務める躯伝にバトンタッチする為に向けた前日談でもあるからな。まあそれだけに色々と書きたい事が思い付かずに一パート毎に一日過ぎてゆく形式に放った……がやはり方向性が曖昧だったので失敗したと今になって思ったな。ううむ、物語は変に凝ろうとすると失敗するから難しい問題だ。
 という訳で第八十四話の解説を何時も通りの感覚で終える。

 ではでは予定表をどうぞ。

     十月二日~七日      第八十五話 躯伝の空 躯伝、雄略大陸に着く     作成日間
       九日~十四日     第八十六話 躯伝の空 躯伝、政治に参加する     作成日間
      十六日~二十一日    第八十七話 躯伝の空、躯伝、最高官に就任する    作成日間
     二十三日~二十九日    第八十八話 躯伝の空 躯伝、安らかに眠る      作成日間

 さあ、明日から中篇物が始まるぞ。しかも回想形式のな。
 それじゃあ今回はここまで。昨日投稿が出来た。後は一週間までに完成するか或は来週に縺れるか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR