FC2ブログ

試作品 お笑い政党政治

 如何も土曜に入る前に十パート全て力業で終わらせたdarkvernuであります。
 では今回は当てつけの如く一回限りの試作品を書き殴るぜ!

 とある雑魚国会議員は移籍を考えた。遺跡を考える国会議員は全部で三十八人。中でも目立つのが茂名田君、ミスター君、原松君、そして前お尻君の四人。
「何だって。それじゃあ俺は何の為に江ノ島島に移籍する事に成った!」
「落ち着け、茂名田君。セル都知事はもしかすると俺達に機会を与え為さるよ」
「そ、そうだ。俺やミスター君が移籍出来る状態だからって茂名田君や前お尻君が移籍できないと言ってる訳じゃない」
「そうそう、今から安保法改正賛成派に成ればチャンスはある。そうだ、全員安保賛成者として意識を切り替えておけばいいんだ。そ、そうに決まってる。じゃあ早速やってみよう」
 ところが前お尻君が移籍議員達にそれを伝えると皆、必死で聞く耳持たない。何故なら突然、思想を転換すると元の思想に共感した有権者から失望の声が広がり、落選する可能性が浮上する為。だが、思想を変えないと新党に入党出来ない。新党には斉彬君夫妻が居る以上は彼らに納得させる条件を叩き付けない限りは……或は。
「オイオイオイオイ、お前当主の癖に全然役に立たないな」
「折角法律の裏を掻いて政党交付金で神道の援助をする筈だったのに」
「こう成れば無所属(新党入党予定)という肩書で有権者に訴えるしかない」
「そうだ、そうしよう。ミスター、お前頭良いなあ!」
「さて、私は無所属(北と縁を切りました)という肩書で出馬しようかな?」
 この通り彼らに政治理念は一つもない。あるとしたらどこかの国の工作活動に熱心である事だけ。こんな連中に票を投じる事が如何に君が無能国民だと馬鹿にされるか……良く考えるのだ。政治屋への投票は人気投票ではない。良い政治をする物を見極めてからベターな政党又はベターな候補者に票を投じるのが正しい行動。もしも票を投じた人間が悪性を行ったとしても君はその者を批判する前に己を猛省する事だ。もう一度伝える。政治屋への票は人気投票ではない。、民主主義国家の一員として責任を負う為の投票なのだからな……


 という訳で『お笑い政党政治(仮)』をお送りしました。別にこれは一つの作品として本格デビューする気はないよ。今の雇う連中が如何に馬鹿であるかを試作品という名を借りて扱き下ろした限りだ。だが、これだけは冗談ではないぞ。候補者への投票は決して人気投票感覚で行わない事。票を投じるという事は即ち民主主義国家の一国民として全責任を負う物であると覚悟するのだ。
 さて、政治の話は自分の領域……なのだが、時々思う事もある。自分の見る眼は果たして正しいのか……とな。

 という訳で今回はかなり短く終わる。お金様は来週だぞ。今週を期待するなよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR