FC2ブログ

試作品 迷探偵市子ちゃんの反抗期 需要ないのに続編とか有り得るかよ、試作品(0/5)

 如何も北に徹底した態度で臨む時に阿呆な食糧支援をやろうとするどっかの南の大統領には最早何も期待しないと感じてしまう自分darkvernuであります。
 では今回も市子ちゃんをやって行きましょう。

 ケース2 ルガール五回目の自爆事件

 放課後の三時五十二分……体育準備室入り口前で脳震盪を受けて倒れている二年生を発見した市子ちゃんと山田君。
「あちゃあ、顎に強烈な一撃が来てる」
「酷いよ、これ。直ぐに保健室に運ぶよ」
 五分後、平衡感覚が少しまともに成った二年四組の生出流(はいで る)先輩から事情を聴く二人。するとある生徒から飛び回し蹴りのような一撃を受けて倒れたとの事。
「きっとジェノサイドカッターね」
「ゲームでしか通用しない技が上手くヒットしたね」
「兎に角、俺達は喧嘩してたさ。只、誰と喧嘩したのかわからないのだ。確か喧嘩した相手は四人組の筈だから」
 とそこへ保健室表口が開いて入って来るのは金髪、茶髪、眉毛無し、そしてベッカムヘアーと今も変わらないような不良がズボンずらし気味の姿で登場。
 ここに居たかあ、生出--制服を開けるのは金髪で二年五組の葉和戸基秀(はわど ぎす)先輩。
 如何だい、俺のジェノサイドカッターを浴びた感想は--同じく制服を開ける茶髪で生出先輩と同じクラスの新井規夫(あらい のりお)先輩。
 五面ねえ、実は大将の恋人が来たと思って逃げちゃって--と現場に居ない理由を告白する制服をベルト代わりにするシャツ一枚で眉毛無しの二年六組の灰寺亜出(はいじ あでる)先輩。
 今度はギガティックサイクロンでも試そうか--ベッカムヘアーなのはSNK系列の格ゲーに詳しい同じく制服をベルト代わりにするシャツ一枚の二年五組の根岸昭人(ねぎし あきと)先輩。
「ああ、一発でわかりましたね」
「ええ、生出先輩を脳震盪にした犯人……それは灰慈先輩、貴方ですね!」
「いや、僕はまだ喧嘩してない!」
「じゃあ根岸先輩の仕業ね」
「俺は考案するだけでまだやらないぞ」
「じゃあ大将と思われるナイトメア葉和戸先輩」
「はあ、ナイトメア? それよりも俺達はこいつと一緒に帰りにここへ尋ねたのだよ。それに喧嘩じゃなくてあれは敵対校との予備演習の為に生出と新井が互いに技を掛け合ってたのだよ!」
 こうして謎が判明。それを裏付けるかのように生出先輩の記憶が蘇り、彼は喜びの握手をカウンターするかのようにクロスカッターが炸裂してリベンジを果たした!
「全く不良はこれだから子供染みてて寒いのよ」
「市子ちゃん、君の方がずっと寒いと認識されるよ……それ!」


 という訳で少し低空飛行気味だが、続きと行きましょうか。

 ケース3 猪木ハニートラップ事件

「ない、ない、ないいいいい!」
 午前八時十二分十三秒……しゃくれ顎の三年一組担任で体育科担当の猪狩純一(いがり じゅんいち)先生は職員室内にて悲鳴を上げる。この場に居る五人の教師の他に自由行動ごっこをしていた市子ちゃんも駆け付ける。
「如何したの、ハニトラに掛かりやすい猪狩先生?」
 コラ、宮塚さん……失礼よ--と注意するのは市子ちゃんと山田君、そして青野駆能(あおの くのう)ちゃん所属の一年二組の担任である現在三十二歳の彩峰美奈子(あやみね みなこ)先生。
 もう、猪狩先生ったら大袈裟ねえ--昨日よりも美人な四十代後半の三年二組副担任で国語科担当の安藤宇月(あんどう うづき)先生。
 きっとまた愛人と寝て何か取られたに決まってるわ--と普段の猪狩先生の女癖の悪さを知る一年五組副担任で理学科担当の小保方靖子(おぼかた やすこ)先生。
 って宮塚……お前何しに来てるんだ--実は昨日に続いて事件に巻き込まれるのは三年六組の副担任の数学科担当の深川涼雅先生。
 まあ、これが噂の宮塚さんなの……スカートの丈を長くして臍出しなんて時代間違ってるわよ--実は元スケバンだった五十代前半の一年五組担任で英語科の須毛番(すげ ばん)先生。
「ああ、ここに居たのね!」
 とそこに地毛が青色の青野さんがやって来た。彼女は一昨日から自宅の機械工場にて最新のヨーヨーを盗んだ市子を取っちめる為に朝早くから息を荒らして探していた。
「あ、駆能ちゃん。良い所に来たね、ちょっと手伝ってよ」
「それよりもお祖父さんのヨーヨー返しなさい!」
「あ、そうそう猪狩先生は何かあったの?」
「このマイペース人間め!」
 苦悩は諦めて市子の手伝いをする羽目に。そこでわかったのは何と昨日の夜十一時に猪狩先生はラブホテルにて彩峰先生以外の今職員室に居る先生とセックスに講じた模様。その際の三人の中の誰かにプロレスチケット入りの財布を盗まれたとの事。
「良かったわ。私は容疑者から外されるね」
「俺はノンケが趣味じゃないし」
「うう、益々先生信じられなくなるって!」
「まあまあ、学生セックスするよりマシだし」
 そうゆう問題で済ますのが市子ちゃんである。彼女は一般中学生とは倫理観が隔ててある。
「えっとこの中で財布盗んだ人は居るの?」
 え、私は盗まないわ--と答える小保方先生。
 誰があんな炎上系が出場するチケット入った財布盗む物ですか--と答える須毛先生
 それって前に見たけど、氷室選手出場の格闘技イベントと何が違うの--と逆に尋ねる安藤先生。
「良しわかったわ!」
「ほ、本当か……宮塚!」
「はあ、一応宮塚さんの推理を聞くわね」
「市子……またおかしな推理したらボディーブローよ」
「大丈夫大丈夫。今回は理路整然とするよ!」
「ハイハイ……それで宮塚さんの推理はどんな感じ?」
「そりゃあねえ。犯人は……綺麗に成った安藤先生よ!」
「え、私? 私が綺麗に成った事で犯人扱いされる訳?」
「そりゃあそうでしょ。綺麗に成るという事は猪狩先生とセックスした証拠よ!」
「この馬鹿ちんがああ!」ボディーブローを決める駆能ちゃん。「それさっき猪狩先生が証言したでしょうが!」
「コラ、暴力は止めなさい!」
「でも……わかったぞ、犯人が!」
「ゲホゴホ、ええーふかわりょう先生が答えるの?」
「深川涼雅だ、宮塚」の後に咳き込んでから犯人を指さす深川先生。「犯人は須毛先生……貴方ですね」
「え、私!」
「須毛先生が、盗んだの?」
「何を馬鹿な。あんなしゃくれ顎の財布を盗む物ですか!」
「じゃあさあ、何故『あんな炎上系が出場するチケット入った財布』と答えた?」
「え、そ、それは、あ、実は財布の中身に入ってたチケットの字が見えたの」
「いや、チラ見では誰の試合かわかり辛いよ。しかも対戦する相手の顔は映るけど、あそこには関林選手と蔵地選手以外の選手は映ってなかったよ」
「え、そ、それは、あ、実は試合見て来たのよね。その時に前座として炎上系の柴田勝家(仮)が勝手に参戦してたのよ!」
「え、あいつってプロレス出来たの?」
「其処つっこむ所じゃないでしょ、市子!」
「んん、チケットにそんな事書かれてなかったぞ」
「え、え?」
 ここで墓穴を掘る須毛先生。
「確かに今日の夜明けまでに柴田勝家(仮)選手が出て来ましたね……でもこれアップされたのが今朝の八時だぞ。須毛先生は如何やってその情報を知った?」
「え、とえっと……ウウウウ、ウワアアアア!」
 元スケバン……ここに撃沈。動機は関林選手が久方ぶりにマーヴェラスとして帰って来ると聞いて限定のチケットの購入をしようとするも抽選から外れ、放心中に猪狩先生とラブホテルで羽目外そうと思った時にチケットが飛び込んでそしてお金目当てに偽装して財布を盗む事に。
 こうして事件は解決。淫行含めて猪狩先生、安藤先生、小保方先生、そして須毛先生は謹慎一から三ヶ月の処分を受けた。
「流石わたしよ!」
「市子は黙っててよ!」
「中学生に成っても迷推理に拍車が掛かるわね!」
「知ってるのですね、彩峰先生は!」
 市子ちゃんの活躍はまだまだ止まらない……


 という訳で『迷探偵市子ちゃんの反抗期』を紹介しました。先生方の闇というのはこの作品では軽く流して紹介されますのでここでは市子ちゃんの迷推理を中心に数々の事件の謎を解決してゆくという方針を採っておりますぞ。

 それじゃあ今回はここまで。グレート巽はもう無理だな。あそこまで情けないならさっさと議員辞職して静かに老後を満喫すれば良いのにな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR