FC2ブログ

イソコに悩まされる我らがガースー

 如何も適当なネタが思い付かないので今回は頭のおかしいある記者をネタにしてやろうと考えるdarkvernuです。
 それじゃあ始めましょうか。

 一ヶ月或は二ヶ月以内先の裏永田町での最大トーナメントの主審の仕事を終えてばかりのガースー氏の前に問題児がやって来る。
「おい、クソジジイ。お前何で北のカリアゲ黒電話の要求に応えねえんだよ!」
 ガースーはハンカチを持った左手で頭を撫でながら何時も通りにその問題児の質問という名のいちゃつく文句に答える。
「それは減り込み眼鏡さん本人に聞いて下さい。私は余りの非常識な光景にはホトホト疲れてますので」
 如何やら裏永田町で繰り広げられた歴代総理による国民の目には映らない人外の激闘に彼も又、前何とかネオ・ブーメラン党新代表と同じように心の中では戸惑いを隠し切れない様子。それでも官房長官としての責務を全うする事に注力する模様。なのにその問題児は更にこんな事を質問する。
「非常識なのはそっちだろうが。何時も何時も話を逸らしやがって。あたしはねえ、あんたみたいな非常識な奴が居るから家計簿での問題が起こったんだろうが。ワインセラーの記載があってそれ指摘されてビビってた癖にい!」
「今は北の問題が先でしょう。まあお答えしますけど、当初は合ったのですが、ワインセラー議員が指摘する前にもう設計上の都合で実現に至らなかった事ですよ。それにワインセラーの何が問題ですか?」
「ウヌヌヌ、じゃ、じゃあさあ、えっと、Jアラートが発生したのが遅過ぎんだよ。仮に普通でもそう言った時にサイボーグは官邸に居たんだろうが、え?」
「我が国の総理がミサイル発射の時に必ず官邸に居るからってそれを不思議がる事は問題かね? それに総理はあの時にJアラートが上手く起動して日本国民が最大の危機に反応出来た事に安堵する代わりに北に対してより一層厳しい対応を迫らなければいけないと考えておられる。それだけに今回のミサイル発射は遺憾を越えて仕方ない。これ以上何を如何しろと考えてもおかしくないのですよ」
「如何せミサイル発射を知ってたから官邸に居たんでしょ?」
「それにお答えする気はないと明言しておきますよ」
 流石にその問題児の質問という名のいちゃつき文句に苛立ちの限界を超えそうなのか、徐々に返答が乱暴に成ってゆく我らがガースー。裏永田町で行われる最大トーナメントAブロックの主審として一ヶ月或は二ヶ月以内先まで仕事を済ませたばかりなのに官邸に帰って来るなり、問題児に依る理解に苦しむ文句をぶつけられて如何しようもない。
 事実、この後にガースーを始めとした政府関係者が問題児を雇う新聞社に抗議のファックスを送ったのは語るまでもない。最後にガースーの心にゆとりが出来たあるフリー記者の質問とそのやり取りを付け焼刃ながら紹介しよう。
「本当は男死のガースー官房長官にお聞きするのは転子としては耐え難いのですけど、相変わらず北の無礼な男死からだけじゃなくあっちの新聞社のミサイル攻撃はお気に召さらずにどうぞ。あ、質問でしたね。政府は日本の奥ゆかしい女子の為に色々とやっておられる事を聞きますけど、それについては如何思われますか?」
「フフ……大丈夫だよ、お嬢さん」
 度々、問題児ことイソコの相手をしてご苦労様……ガースー!


 申し訳ない。本来は作家という人種は反体制的な書き方が基本であり、決して体制側に与するような事がないようにするのが普通でしたね。だって紫式部は源氏物語に於いてやや体制を揶揄った表現をする訳だからな。心より謝罪します。
 では解説と行きましょうか。というか……お前は何処の国の記者だよ、イソコ(怒)!
 フウ……落ち着こうか。兎に角、この馬鹿イソコはどれくらい気が狂ってるのかを端的に表すならやはりあのビーチを聖人扱いして見習え……とかほざいた所だろうな。流石のガースーでもそんな奴を見習えと言われたら内心は「はあ? あのおっさんのように天下りしろ、と?」と思ってたに違いない。これはまあエロを省いてガースーが思った事を代弁したまでです(本当は違うだろうけど、あえてそう代弁しておく)。あれを聖人扱いするイソコの良識を疑いたくなる。あれは女子高生漁りな上にそれを隠してまで貧困調査という名の売春をしてたんだぞ。しかもあいつは天下りだったんだぞ。しかもあいつは東日本大震災の際に津波などで亡くなった小学生達の遺族を摘み出したようなロクデナシだぞ。一体何処に聖人要素があるのか聞きたい!
 それから今回の件……またサイボーグ最強伝説を上書きするだけでは飽き足らずに北の要求に応えろ、だと? お前は何処の国の記者だよ。それ以前に動画でお前の質問聞いたけど……他の質問者に比べて無茶苦茶わかりにくい上に長ったらしい。その癖、注意を四回も受けてる事に猛省しろ(怒)!
 最後にあの記者を男死スレイヤー転子ちゃんに変換して付け焼刃ながら紹介した。いやあ、フリーだからこそ他の質問者に比べて自由で縛り気のない質問が出来る事を心より感謝する。いや、感謝するのはガースーの方か。只でさえ女房役という名の多忙な役職に就いているだけでなく、あんなイソコみたいな狂った奴の相手をしなくちゃいけないのだからな。自分だったら絶対に怒鳴っていただろうな。とてもじゃないが正気を維持出来ないな。
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 では第八十話の解説と行こうか。前の話もそうだけど、長く続けていると必ずだれる話は一つや二つは出て来るんだよな。今回もダレ具合じゃあ他の話と良い勝負だろう。それくらいに筆が進まない。進まない上に自分の中で「面白い」と断言出来る話に成らなかった。これは物書きとして如何しようもないな。まあ誰だって起こる事だろう。長期連載する方々がどれだけ話作りに苦戦するのかが改めて理解出来るよ。それでも飯を食べる為、読者を楽しませる為に苦心するのだから正直楽しんでない物書きも中に入るだろうな……尾田や鳥山みたいに楽しむ作者なんてほぼ少数だろうしな。
 おっと話が脱線した。兎に角、タイトルに偽りはなくともこれで面白いとは思えない。それだけに自分はもっと磨かないといけない時が来たな……火曜に始めるとするか。それまではFC2小説でお遊びも兼ねておけば後はある程度のリカバリーは効いてくるだろう。まあ、気休めにしか過ぎんけどな(笑)。
 という訳で今回も解説らしい解説が出来ないままに第八十話の解説を終える。

 それじゃあ予定表でもいっときますか。

     九月四日~九日     第八十一話 源内は玄白に嵌められたのか       作成日間
      十一日~十六日    第八十二話 こうして大塩は英雄として祀り立てられた 作成日間
      十八日~二十三日   第八十三話 松陰は何故、功罪を遺したのか      作成日間
      二十五日~三十日   第八十四話 大久保は何故殺されなければ成らなかった 作成日間

 維新三傑の中で最も維新後の日本の為に尽くした大久保利通は不平士族の凶刃の前に倒れた。倒幕ごっこから抜けない西郷や幕末の空気から脱せない桂こと木戸に比べて如何に大久保がこうゆう事柄で優秀だったのかが窺えるのにな。
 それじゃあ今回はここまで。ダンロンファンが選ぶ1、2、V3女キャラベスト3は1なら残念姉、舞園さん、さくらちゃん。2なら小泉、罪木、後はソニアさんだな。V3なら転子ちゃん、楓ちゃん、んあー。異論は認める。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR