FC2ブログ

人が死ぬのは悲しいが流石に某シンタローの娘的な詐欺は辞めよう……人の不幸をメシウマにするのは支那と中身が同じと告白するような物だ!

 如何も……最近の糞長いタイトル名に文句が言えんような長い題名で申し訳ない。えっと、darkvernuだ。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新しましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<白魔法の章>をクリック。
 岡江久美子の訃報は志村けん並みに今でも信じられない……何処にでもいる溌溂なおばちゃんだったんだぞ。死ぬイメージ湧かないのにあっさりし過ぎて困っているんだよ。恐ろしいなあ、抗がん剤の後に来るコロナとか……自分は男だが他人事で済ませられないなあ、と感じる岡江のおばちゃんの訃報を聞いて数日経つ今日此の頃。なのに其れをネタにして荒稼ぎしようとする糞ヨウツバー連中は全員武漢肺炎に罹ってタヒれば良いんだよ!

 僕の名前は青桐斉之(あおぎり さえき)……二十七歳。武漢肺炎発生前迄残業に追われていた会社員。だが、最近は嫌な筈の仕事を欲している己が居た。残業の一時間も働くのが嫌だったのに……何でだろうか?
 兎に角、今は自分の会社も休業要請に従って僕みたいなのを休ませているそうだ。有給五日分の消化をするのは今だけだもんな。其れでも後二日は残っているし、何処で有給使えば良いか少し悩む今日此の頃。
 さて、と。今日は大型の本屋に寄ってみた。幸い休業しなくて済んでいたな。とはいえ、死人に口なしも知らずによくもまあ志村けんを題材にした著作やらオムロン会長を題材にした著作やらが並ぶよな。ノムさんのも在るぞ……死んだ本人は生前そんな許可を取ったのかって言いたい位だな。中身を確認すると隣の爺さんが僕に声を掛けた。
「其処の若僧、少し付き合えや」
「不審者に付いて行く程、僕は愚かではないです」
「違う、店内に在るLANコーナーだよ。其処で雑談するだけだぞ」
「暇じゃないんですよ、一時間迄なら付き合いますがね」
 まあ愚かではないが賢人ではない僕は怪しい爺さんの誘いに応えてしまった。そして爺さんは自分のパソコンをLANに繋いで早速ヨウツベに検索。そして『岡江久美子 息子』と検索。そしたら僕は目を疑う物を見た。
「あれ? 岡江久美子は娘さんしか居ないよ」
「奴等は全員なりすましだ」
「此れは酷いですね。警察に通報するべきでしょ!」
「警察は万能じゃないし、なりすまし罪何て曖昧な物を如何やって法律に組み込むんじゃ?」
「何て酷い奴等だよ。一つ一つをクリックして確認を--」
「待て、其れは奴等の思う壺じゃ。奴等の目的は称賛ではなく再生数を稼ぐ事……一々クリックする事が如何に奴等を喜ばせるかを知るんだ!」
「クソウ、何で再生数何だよ。訳わからんよ、ヨウツバーってのは何でこんな意味不明な事ばっかりするんだよ!」
「其れは……金を稼ぐ為じゃ」
「再生数で金が稼げるかよ!」
「ヨウツベの原理を知らんな。再生数及びチャンネル登録者数は収入減に成るんじゃ」
「は?」
「良いか、人気ヨウツバーはチャンネル登録者数が一万を越えて尚且つ一本の動画再生数は何と十万超。一昔前だったら一本十万につき一万円近くじゃ」
「大した儲けに成らないんじゃないか?」
「成るんだよ、動画本数が毎日だったら三百六十五日三百六十五本十万再生数だと大体三百六十五万近くも儲けが出る仕組み何じゃ。此れで儲からないと誰が言える?」
「そ、其れなら確かにやばいなあ……でも、雀の涙程度じゃないの?」
「其処に広告収入を加えれば……一千万近くの儲けも可能じゃ。但し、わしも詳しくはわかっていない事を此処に告白する」
「そんな……此れじゃあ真面目に働く僕達が馬鹿みたいじゃないか!」
「止めとけ、若僧。ヨウツバーとして生計を立てるのは自殺行為だって人気ヨウツバー達が言ってるぞ」
「ああ、そうか……でも再生数が十万に届かなくても広告収入で何とか出来るんじゃないのか?」
「いや、ヨウツベのシステムで十万再生未満には真面に広告が付かないとかそんな感じに成って居る」
「じゃあ底辺は如何やっても貧乏人生活を強いられるじゃん」
「だから勧めないんだ。其れなら若僧みたいにサラリーマンしている方が安定している」
「安定かあ……ヨウツバーは何だかパチンコみたいだね」
「そう言えばパチンコパチスロの店が休業要請に応じないのも社会問題だ。奴等も又不幸を飯の旨味にしている」
「知っているよ、パチンコパチスロで何万人も自殺していると聞くしな……何前任の間違いか?」
「後は其の収入源の大半が北新羅に亘っていると知っているか?」
「其れも知っているよ……今はまあカリアゲが重篤状態でやばいらしいと聞く。どれが本当かさっぱりだしな」
「パチンコ業界は逼迫していると悲鳴を上げるがお前達はお前達のせいで自己破産の目に遭ったり子供が焼け死んだり、不幸が蔓延している責任を余所にする権利はないんだと言いたいな!」
「激しいな。まるで家族をパチンコで殺されたみたいな様子だね」
「有無、孫が……息子に嫁いだ嫁にやけ殺されたんだ、パチンコのせいでな!」
「其れは酷いなあ。何で嫁さんがパチンコに嵌っているんだよ!」
「見抜けなかった……あの女が屑だって事を!」
「だったら武漢肺炎で今の内に不幸に成った方が世の為じゃないか!」
「そうだ、今こそパチンコ何て一斉駆除する時だ!」
「あ、一時間経過しそうだ。今日は如何も有難う」
「いえいえ、老人の無駄話に付き合ってくれて感謝するぞ!」
 ……円上昇方はヨウツベが初めてじゃない。故人を偲ぶと見せ掛けて其れを儲けにしようとするサイコパス共が居る限り、ずっと続く。バーチャルひばりもそうだしな、達郎曰く愚弄でしかない。こんなノムさん達が生前そんな事望んでいるとも限らないのに然も本人はそう言っていたみたいに販売するとか彼等には良心はないのか!
 ……考えても埒が明かんな。今は武漢肺炎が一刻も早く終息する事を願うだけだ。サイコパスなマスゴミは蔓延したくて堪らないだろうけど!


 という訳だ。マジで岡江久美子の息子名乗る連中は全員牢屋にぶち込まれて武漢肺炎に罹って苦しめば良いんだよ! 兎に角ヨウツベだけじゃない、法律でも成り済ましを規制する法案を審議するべきだろう。こうゆう成り済ましツベ野郎共の出現は日本に成り済まし大好き民族が居るせいだからこそ起こった悲劇なんだよ。法律でしっかり規制しないと今後もなりすましに依る被害が後を絶たないぞ。
 後、前々から思っていた事だけど故人を宣伝するのは辞めろっての。本屋のコーナーでも故人を然も記念するかのように本が積まれているのを見て何時も何時も「いやいや、故人は生前自分を宣伝文句にしなさい……と言ったのか!」と心の中で愚痴を零す自分が居るんだ。樹木希林の時もそうだし、今回のノムさんだってそうだ。生前から捻くれ者で有名なノムさんは絶対に「俺は生前自分の死を宣伝にしようと思ってねえぞ!」と言いそうじゃん。いや、言うね……あの爺さんの性格から考えても! だからマジで如何かして欲しいなあ、故人を宣伝に使う本屋の姿勢とかに対しては! 其の結果が去年の大晦日に出て来たバーチャルひばりだろうが……美空ひばりの義理の息子はマジで心がないにも程が在る。所詮屑弟の息子か……屑っぷりは親子の縁を繋げてしまうか!
 其れから頭に来るのがパチンコ業界だな。折角マスターヨシムラが晒したのに其れを「よっしゃあ、ヒロフミは良くやったぞ!」みたいに喜ぶとかさあ。まあ、わかってはいたんだけどな……其れでもパチンコ業界はさっさと経営陣全員とパチンカス纏めて武漢肺炎に罹ってパチンコ店内に封鎖隔離されれば良いんだよ(怒)!
 そして真偽不明だけどカリアゲ黒電話の悲報を心より歓迎する。其の侭……キム一族同士で殺し合え、我々は其れを外から眺めて楽しむばかりさ。序にムン工作員も連れて行ってくれれば更に飯が美味く成るぜ(下衆笑い)!
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 さあ、予定表と行こうか!

  予定日不明    第百三十七話 新天地のレット 其れは未だ見ぬ島国          作成日間
            第百三十八話 新天地のレット 恋は突然やって来る          作成日間
            第百三十九話 新天地のレット 新たな最強の銀河連合降臨       作成日間
            第百四十話  新天地のレット 初孫を見て老いを知る         作成日間

 『勇者の印』の巻の二は予定通り五月中に終わる見込みだ。修正含めると六月迄掛かるかな? 唯、巻の三に関しては最初だけ勢いが在る客寄せに作る掌編集の初め書きにも記した通り遅くても九月頃に転がるかも知れん。そん位にプロットの方が進んでいないんだ。と成ると一兆年の夜の連載再開はもう暫く掛かりそうだな。
 さて、今回は此処迄。自粛には応じるけど、引き籠れば良いって訳じゃないしなあ。

tag : 雑文 訃報 罰当たり サイコパス コロナ パチンコ 金正恩

試作品 消費してばかりの馬鹿共のオタク会話 PART9

 如何も……今日は必ず訳アリシリーズをやるぞ、と嘘を吐くdarkvernuです。代わりに一兆年の更新が今度もやばい事に成るがな、グヘヘ。
 さ、今回はパート3以来のケンガンシリーズ話だあ!

 ケンガンオメガとはケンガンアシュラの続編。愈々オメガの根幹で在る対抗戦が幕を開けた。誰と誰がぶつかるのか、そして如何ゆう展開を迎えて如何ゆう勝敗に成るかを第三期シリーズの面々に議論して貰う!
「絶命トーナメント準決勝第二試合は今でも格闘漫画史に残るベストバウトだとあたしは思うわ……」完結以来出番が完全に無くなった感の在る赤羽涼香は未だ見ぬ後日談の為に存在感をアピールしてゆく。
「クックック、ハハハハ……やっぱ王馬は死んでいなかったな。長い眠りに就いただけ、だったもんな……」と作者も幾人かの読者も予想していた王馬生存説の証明を代弁するヴェイダー・クロノス。
「てっきり郭海皇式だと思ったんだけどな。まさかアンパンマンの顔だったなんて……」と現在不絶賛連載中の勇者の印の主人公として活躍するオールド・イノベイターも参加。
「話脱線するけど、一応覇者や勇者、其れに二魂よりも先にプロットで完結した作品なんだけど……」とメロディーの願望が未だ始まらない事に不満を漏らすピアニス・ランデオ。
「プロット関係なら寧ろ有難いだろうが。俺なんて未だに原案が出ているだけで連載の予定すらないんだぞ……」とベリアルライダーが何時連載するか気に成って仕方ないフォルス・デザイアが居た。
「僕は未だRPGの方の再開を待って居るんだけど……」トライタワー完成版は何時なのか気に成って仕方がない善側主人公ロードス・ゼーティスが居た。
 とはいえ、第三期シリーズはケンガンオメガが如何ゆう風に完結するのかを知っている世界。だが、此処では敢えてガオランとカーロスが対峙する場面迄とする。なので此の後如何ゆう展開に成ったのかは恐らく絶命トーナメント完結した年頃を逆算して四年後にでも確認する事をお勧めする。いや、半年の休載期間とか在るしな。如何成るか?
 今回議論するのは簡単な誰と誰がぶつかるか? 煉獄側はどんな奴が居るか? 勝敗予想は如何成るか? 果たして十三回やって終わるのか? を議論して貰う。尚、原作者のサンドロビッチヤバ子は空手信者で在る事を忘れずに。
「ヤバ子は空手家贔屓が酷い作者だからね。必ず空手家を出したい病を発症するからきっと煉獄側には最低一人は空手家居るわ!」
「赤髪よ、てめえが言いたいのはあの道着着た野郎が空手家の可能性が高いって訳だろ?」
「柔道家じゃないのか?」
「読者の誰もがそう予想してるね」
「でも何でそうゆう前提何だ?」
「ほら、アマチュア時代に出した原作者の作品に求道の拳ってのが在るじゃないか。あそこでも敵側に一人は必ず空手家だったんだよ」
「本当だ、ロードス……お前の言う通りだ。でも此奴は超三下一人に後ろからクラッチ掛けられた上に強いとはいえ三下でアウトローが放った閃光弾で目を潰された後に四人掛かりでフルボッコにされた挙句敵側のボスに圧されてトラックに跳ねられ退場したい奴じゃん。そんなんで根拠に成るか?」
「其れが成るのよね、フォルス。然もヤバ子は黒木でも証明されたようにストーリーの都合関係なしに一番強い空手家を勝たせる悪い癖が在るからね。辰吉もそうだし、黒木もそうなのよ。然も拳願側には若槻さんしか居ないのがちょっと不安よ」
「だが、シンプルに強いんだぞ……若槻の野郎は。ヴォルフの野生化第四段階の侭で一発でも攻撃受けたら沈むように若槻はそう簡単に後れは取らん」
「でも黒木のおっさんに比べたら健康体操気味な空手って左腕骨折野郎が言ってたんだぜ」
「ハハハぁ……其れを言ったらお終いだよ、オールド殿」
「つまり此の御髭の道着さんは空手家ってことにして良いのね」
「そうですね。因みに煉獄側で明らかに成って居るのはほぼ最初に登場した忍者と思われる隼、次に六代目牙弓ヶ浜ヒカル、恐らくサバットの達人と思われるニコラ・レ・バンナ、三鬼拳という後二人居そうな大陸拳法(注:darkvernuは意地でもそう呼びたいらしい)使いの呂天、そしてガオランと対戦するボクサー体型のカーロスですね」
「他はわかるとすれば早鍬左馬斗に瓜二つな呉の奴だ。エドワードは何処行ったんだ? 其れとブロッコリー巨人、中華風のチビっぽい奴に後ろ姿だけだと八代目牙三朝のライバルだった名和に良く似たチャイナ服のあいつに理人みたいな風貌のワイルド野郎に仮面野郎にさっき説明が入った道着のおっさんに影の薄い田舎拳法使いそうな奴だな」
「誰と誰が此の中から当たるんだ?」
「拳願側は衝撃の復活を果たした王馬に黒木の修業で強く成った理人、五代目牙アギト、八代目牙三朝、三百勝以上の若槻にボクシング世界王者且つムエタイの達人ガオラン、呉最強の魔人雷庵に目黒に良く似た速水正樹、警察官の阿古屋に表格闘技界最強の男大久保に作者並に小説がイマイチな二徳、岩見重工に再就職を果たしたユリウスに王馬と似ていて違う龍鬼ね。内半分は絶対負けるの決定よ」
「ああ、確実だな。バキの展開だったら訳わからず全勝する事だって有り得るがな」
「そうそう、其処であたし達がやるのは誰と誰が当たり、誰が勝つのか負けるのか? 或はたったの十三試合で終わるのか? 週末のワルキューレ方式がドンなのか知らないけど、たったの一回戦だけで終わると仮定したら余りにも世紀の決戦としては消化不足に成りそうよ」
「当たり前じゃねえか。だから俺はこう予想する……偶々六勝七敗で拳願側が敗北決定した。処が煉獄の豊田が訳わからん事言って続行決定って流れに成りそうだな」
「或は本当に一回戦だけで終わるかもな。十三試合は運命を掛けた試合という事で王馬がやっと登場するって意味で」
「気に成りますね。一体誰と誰が当たるのか? 今の所はガオランとムカつくヒカルに鼻血を出させて好感度を上げたカーロスが対戦するですね」
「其れは確定事項だな。ンで残りは後十二試合」
「一体誰と誰がぶつかるんでしょうか?」
「俺の予想では読者の予想に従えばガオランカーロス、アギト仮面野郎、速水道着、王馬隼、理人ワイルド、龍鬼ニコラ、ユリウスブロッコリー巨人、雷庵サマト擬き、三朝弓ヶ浜、若槻呂天、大久保名和のパクリ、二徳影薄い、阿古屋チャイナと成るのか?」
「俺はガオランの奴除けばアギトヒカル、若槻仮面、雷庵民族衣装、理人道着、速水ポニテ、ミアサチャイナ、王馬ワイルド、大久保呂天、龍鬼ニコラ、阿古屋サマト二世、ユリウスブロッコリー、二徳隼だろうが!」
「あたしとしてはきっとこうよ。アギト仮面、若槻ブロッコリー、理人道着、王馬ポニテ、速水サマトのパクリ、龍鬼ヒカル、三朝チャイナ、ユリウス隼、大久保呂天、阿古屋ニコラ、雷庵ワイルド、二徳影薄いよ!」
「みんな嘘とは言えない予想ですね」
「此の中からほぼ一割以上が当たるんだよな。でも適当に選んで大丈夫か?」
「其処は信じましょう、オールド」
「んでそいつ等の勝敗予想を其々ケンガン右、煉獄左とすれば俺の場合は右、右、右、左、右、左、右、左、左、左、右、右、左だな」
「クックック、甘いなあ。俺の予想じゃあ右、右、左、右、左、右、左、右、左、右、左、右、左だ」
「あたしの場合だと右、右、右、左、右、左、右、右、左、左、左、右、左ね!」
「みんな拳願側が勝利すると予想しますね」
「そうだろう、でないとケンガンオメガ終わるしなあ」
「難しいですね、然も煉獄側は殆ど情報がないのは少し予想をし辛くしますし」
「理由を伝えるわ。先ずガオランは負けると此の後の流れが暗く成りやすい。勝たせて盛り上げた方が一番かな? 次にアギトは負ける要素。若槻さんも同じ。理人は引きの悪さも在って負けると予想。王馬さんは主人公。速水正樹は東電のボスが小物で且つ実質全敗しているから今回も敗北決定。龍鬼は新主人公補正で。三朝は勝ってくれないと八代目の意味ないし。ユリウスは負ける。大久保は勝てる気がしない。阿古屋も同じ。雷庵は勝つよ。そして二徳は負けるッと」
「クックック、俺の場合はガオランは勝つ。アギトも同じ。あの道着が空手家ならどっち道対戦相手は負ける。王馬は負けない。理人は強い奴のカマセに成りやすい。龍鬼は勝つがガ王流の弱点から次の試合では不利に成って行く。ユリウス計った試しがない。雷庵の場合はあれがサマトだったら負けるがパチモンだと負ける要素無し。一応求道第二部中堅クラスを一方的に破った弓ヶ浜だ、意地でも六代目の実力を示して勝利するだろう。勝ち慣れた若槻はそう簡単に負けん。そして大久保もかませに成りやすい。二徳は新キャラという意味で少し勝つだろう。阿古屋は負ける」
「俺の場合だとガオラン、アギト、若槻は勝ち決定。雷庵は敢えて負けて理人は修業の成果で勝って速水はポニテが二虎流の後継者説で負けて八代目を勝たせて其れから王馬、大久保、龍鬼、二徳を敢えて負かせて其れ以外は全員勝たせるって寸法だな」
「何か途中から混雑しているような」
「気にするな、ピアニス。先ず予想なんて当たる試しがないから適当で良いんだよ!」
「其れはちょっと拙いですね」
「フウ……そうゆう訳だから勝敗予想もこんなもんか。其れで此の後も続くか如何かって話だな」
「俺は続かないと思うけどなあ」
「僕もオールド殿の意見に賛同します」
「如何してか……ニュージェネレーションズとの戦いとか光我君の成長物語を未だ続けたいもんね」
「チイ、そりゃあ一々対抗戦に尺を割いている場合じゃないって訳だ」
「でも続きそうですよ」
「そりゃあ今更格落ちするニュージェネ組との戦いとかやってられっかだよ!」
 さて、予想は九割がた外れると見て間違いはない。唯、此れだけは確実だ……ヤバ子の展開はストーリーとか強力な伏線はまるで意味がないと言わしめる程に予想付かない……


 此処からはキャラクター達の予想ではなく自分なりの予想を披露するぞ。煉獄との対抗戦は二回戦以降も在る。確実な理由はないが、やはりニュージェネ組との今更感よりも光我が何処でリサーバーとして出番が在るかって話だからな。何せ『今は戦力外』とお馬さんに告げられ、雷庵にフォローされた発展途上の光我。若しも面太郎タイプなら二回戦で華を開き、勇退して皆に実力を知らしめるだろう。まあ強者が純粋に勝ち上がるヤバ子ワールドでは在るが光我の成長性は間違いなく格闘漫画の主人公に相応しい物だしな。
 んで其れを踏まえた上で二回戦有りの予想をすると……ガオランカーロスは確定。次に若槻呂天、大久保隼、速水ポニテ、龍鬼ニコラ、王馬ワイルド、阿古屋サマト擬き、二徳チャイナ、雷庵民族衣装、ユリウスブロッコリー、三朝ヒカル、アギト仮面、理人道着と予想。一つ一つを紹介すると次の通りだ。
 先ず最初は決定。そして煉獄独自のルールに苦戦しながらも最後は世界王者の格を見せ付けてガオランはカーロスに勝つ。次に若槻だが百足足の異名を持つ大陸拳法使いの呂天に寝技とかで苦戦しながらも最後はワンパンで場外に飛ばして勝利すると予想。大久保隼だが御雷並の速度でヒットアンドアウェイを決める隼に苦戦して最後は敢え無く場外だろうな、大久保さんは。速水ポニテは……実はホームページの呟きで予想した通りあのポニテこそ二虎流もう一人の後継者の可能性が高い。体格的にもウーさん下回り、師父(笑)より上という意味でもな。だから幾ら速水正樹が目黒以上でも最後は完封されるのは間違いなし。んで龍鬼ニコラは最終的に龍鬼は勝つけど、ガ王流の技を他の闘士に見せてしまって後が辛く成る展開が待つ……後はどっちも殺すマンだから危うく相手殺しそうに成ると予想。王馬ワイルドは王馬勝つけどワイルドが対戦相手だと予想する理由として何だか前の方過ぎたから……其れだけ。阿古屋サマト擬きは単純に求道のオマージュ的な意味も籠めて。十津川サマト戦みたいに序盤は阿古屋がリードするもサマト擬きがアスラ第一段階で圧倒して最後は余裕勝ちをしてしまうと予想。二徳チャイナは恐らく三鬼拳二人目と思われるチャイナに苦戦しながらも最後は余力をたっぷり残しながら二徳さんが華麗に勝つと予想。雷庵民族衣装は雷庵の余裕勝ちって事で。ユリウスブロッコリーは突然ブロッコリーが赤城(求道二部に出てきた怪力爺さんの事)の弟子という設定が判明してユリウス敗北。三朝ヒカルは最初こそ三朝が翻弄するも突然ホセさえも余裕勝ちするヒカルの何かが発動してみんなのヘイトを集めながらヒカル君は勝ってしまった。そしてアギト仮面はかなりヤバい戦いに成って最後は何時も通り進化したアギトが勝つ。そして理人と道着……そう、若しも自分の予想が正しければ道着は間違いなく空手家だろう。其の結果、理人は関節可動域が高い空手家と同じく為す術無しで敗れるだろう。そう、引きが悪いんだよ……理人はな。
 さて、二回戦有りだと半分は勝って半分は負けると予想すれば確実に勝つのが王馬、アギト、若槻、龍鬼、二徳、ガオランと予想。相手側だとポニテ、サマト擬き、ブロッコリー巨人、道着、隼だろう。雷庵とヒカル君はちと……難しいな。若しもヒカル君だとすれば何処かでリサーバー予定の光我と対戦して満身創痍でやっと光我が勝利する展開も有り得るかもな。まあ、光我は龍鬼と違って闇落ちしないようにされていると思うから其の展開の可能性だって有り得るんだ。
 え、何で拳願側は此の六人で煉獄側は此の五人だって? 先ずは準決勝以上の闘技者は一回戦で負けるなんて有り得ない。故に王馬、アギト、若槻は確実に勝利すると断言しても過言じゃない。ガオランは負けると此の先の展開が少し暗めに成る。漫画の展開として其れはやらんだろう。多分、ガオランは勝つだろう。龍鬼と二徳は単純に新キャラ枠の為に勝つと予想。ンで残りの半分が負ける理由として理人はどうしてもカマセにされやすい。茂吉を噛ませにして復活劇を見せても対戦相手が選りにも依って大会最強クラスに成って悲惨な目にあわされやすい。そう、黒木理人戦の悲劇とは此処から始まったとみて間違いはない。まさか企業側がみんな避けて結果的に理人が選ばれる伏線を再び理人が味わうんだよ。速水正樹は雇用主が疫病神のかっちゃんだから負ける。ってか選出前のやり取りでフラグに等しい約束事は駄目だっての! 阿古屋は残念ながら二回戦敗退組の悲劇を思い知らされるんだ。あ、三回戦進出組が一人も居ないな、良く考えたら。然も殆どが二回戦敗退者ばっかだしな。とするとサーパインか桐生がリサーバーとして出て来る展開も有り得るなあ。さて話の続きだが、ユリウスも駄目だ。そして大久保さんは……籤運が悪そうだしなあ。
 んで煉獄側の場合だとポニテは重要人物そうなので一応補正で一回戦は勝つだろう。サマト擬きは恐らく自分が最強だと言い出して勝ちに来るだろう。呉というかサマト補正は中々侮れん。隼の場合は初期に出て来た上に意外と忍者って負かされる可能性が低いんだよな。だから勝つと予想。ブロッコリーはまあ……恐らく相手がユリウスだろうからな。んで道着は若しも空手家だったらヤバ子は負けさせんだろう!
 んで雷庵とヒカル君はちと予想が難しい。確かにどっちもかなりヤバそうだが、だからって勝つか負けるかって断言は難しい。唯、ヒカル君が勝って二回戦以降も在るなら光我とヒカルの戦いも有り得るだろうな。でもそう成ると何の為にアギトは対抗戦に出たのかわからなく成るなあ……ヒカルが爺さんの御恩を裏切った事への憤怒から出場を決めたのになあ。
 とはいえ、此れだけは確実だろう……煉獄側最強は多分、道着のおっさんだと思う。若しも空手家だとしたら、なあ!

 という訳で今回は此処迄。尚、此の予想は数年後に滑稽な物に様変わりするだろう……

tag : 試作品 消費してばかりの馬鹿共のオタク会話 ケンガンオメガ ケンガンアシュラ

武漢肺炎の正体は蝙蝠が原因……じゃない!

 如何も……遅れて申し訳ない、darkvernuだ。
 始める前に『格付けの旅』の白魔法の章07の一ページ目が土日迄に終わり、二ページ目に入りました。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<白魔法の章>をクリック。
 さ、ドナルドさんが本気を出してテロ大国支那を追い詰め始めている事にワクワクが止まらないぜ。

 今回は彼のローゼン太郎の擁護話をしようと思っていたが、止めて実はアメリカ大統領が本格的に支那への報復の準備を進めていると聞いてワクワクが止まらない。さて、何時も通り喫茶店話でもしようか。実際、喫茶店は緊急事態宣言中はほぼ全て閉鎖されているのでね。
「ワンコが国会議員の癖に接客して濃厚な事をしたな」
「俺達も大概マスクをしないけど、流石にべたべたするのは避けているってのによお」
「議員辞職物なのにあいつ等は除籍だけ……身内に甘過ぎだろう。マジで頭おかしい」
「そうそう、頭おかしいとすればやはり殺人国家のあいつ等もそうだな」
「ああ、元凶の癖にヨーロッパ中で或はアラブ中で粗悪品売りつけて金儲けしようとする所だろう? 何処迄魂を売ったか!」
「許せんなあ、絶対に!」
「許せんとしたら隣の国が選りにも依ってあの売国与党を圧勝させただろうな。終わっているなあ、あの国は!」
「未だヘルコリアで抑えられたのに愈々……併合時代前のデスコリアに巻き戻しが始まるか?」
「だろうな。其れともっと許せんのが国内だ」
「ああ、愛知県のタコは論外だしな。あいつこそ感染されれば良いのに!」
「兵庫県の知事も酷いなあ。阪神淡路大震災の頃から兵庫県はパヨパヨの巣窟だったな」
「トリエンナーレとか後はマスク防護服を海外に送り届ける手法……あれさえなければ今日に至るマスク不足に悩まされる事もないのに!」
「二階建てはいっそ感染されてしまえば良いのに!」
「後は公約実現ゼロの都知事とデニー友利のパクリのデニーとか!」
「皮肉なのが不倫は文化を言ってたパヨパヨ芸人のあいつが感染した事だろうな。可哀想だと思わないのは何でだ?」
「今迄の事が在るんだろう。後、感染した本当の原因は基地反対デモに参加したせいだろう」
「可能性が在りそうで怖いなあ」
「抑々何で此の時期に沖縄に居たのかが謎だらけなのだよな」
「ゴルフだけなのか、本当に?」
「まあ疑っても仕方ないだろうな」
「不倫好きだから女とセックスは?」
「だったら東尾の親父が黙っていないだろう!」
「だよな……だったらやはりデモに参加した、其れ以外に考えられないのか?」
「って何イッセーの親父で熱く語り合うんだよ。あいつはもう如何でも良い……死んだら死んだで少し悲しいだろうが」
「有無、其れは多分悲しむだろうな」
「回復を祈ろう……死んで欲しいと思うのはルーピーだけにして欲しいし」
「ああ、あいつは論外」
「奴もマスクを海外に送っただろう……ハアア、もう話に成らない」
「悪夢の始まりを起こした元総理大臣だからな」
「そう言えばピース何タラのバイブが其れに付いて一々文句垂れていたな!」
「ああ、あいつはもう黙っとけ。つーかさっさと再逮捕されて欲しい」
「罪状が確定して且つ十分に逮捕出来る環境じゃないと無理なのが悲しい。此れが駄目大人党の限界なんだ!」
「ジャパンファースト党だったらあのババアを再逮捕に踏み切れるんだけどな」
「其れは其れで法令順守が出来ないと主張して後々困りそうだな」
「兎に角、布マスク試した?」
「御免、俺は一人暮らしじゃないんだ。親父とニートな兄貴に奪われたんだ」
「そうか、俺なんか姉夫婦に奪われて使い捨てしか着用出来ん始末だ」
「早く支給されると良いなあ、十万円」
「提案したのがあいつ等なのがムカつくけど!」
 此れと言って新しい時事ネタを用意しないが其れでも喫茶店議論は此れからも続く……


 あ、武漢肺炎の話題とほぼ関係なく成って居るな。そっちじゃないな、取り敢えず解説だけでも紹介しよう。
 元々、武漢肺炎という名称は武漢で発生したコロナウイルスって意味なんだ。発生源は奴等の発表に依ると蝙蝠を媒介して起こったとされる……だがな、此れがおかしい所なんだよ。何で蝙蝠媒介して起こったんなら十二月の時点でCHO(支那保健機関の略)とか共産党の連中は発表しておかないと駄目だろう。処が其れを知って居ながら奴等は一月迄隠蔽した。其の結果が三月遅きにパンデミック宣言……取り敢えず国際機関のタコデトロスは終息次第ロシアンルーレットの刑に掛けてやりたい(怒)!
 段落を変えて話を戻すと其れなら不思議なのが何で武漢が主な発生源と成ったのか? そんな疑問もわいてくる。まあ詳しい話は其れを良く取り上げた有志のサイトをご覧にしたい。兎に角、自分は其の有志からの情報を鵜呑みにする形で武漢肺炎の発生源をこう主張する……

 支那がウイルス兵器の為に作り上げた人為的なコロナウイルス

だってな。此れはストーンフリー太郎さんもみんな言ってる事だからな。幾ら米国に行って研究しても漏れ出したのは結局武漢の或る研究所なのだから言い逃れは出来ん。
 段落を変えて更に話を続けると……と成ると態々蝙蝠如きに感染させるならバラバラに感染源が出てもおかしくない。だが、武漢で一方的に発生した。そりゃあ米国は蝙蝠が原因何て初めから信用しなくなるのも当然かと。じゃあ武漢で何で発生したのか? 答えは簡単でもう一度言うと支那が米国や我が国など諸外国を楽して侵略する為にウイルス兵器を開発した。処が戦略眼の無い支那は実験動物の処理を何時も通りにやってしまった為に結局感染拡大……真実を避ける為にデトロスとかいう奴を使って国際的な隠ぺい工作を行った。結果、世界中に死を蔓延させた……こんなの国家が総力を挙げて起こした一大テロ事件じゃないか(憤怒)!
 許せると思うか、こんなの! 奴等は自分達の間抜けを保身の為にひた隠しにしようとして世界中を混乱に陥れたんだ……そりゃあ世界中処か米国国民全ての人間(パンダハガー共は除く)が怒り狂ったっておかしくないだろうが! 自分だって許せんぞ、支那の一大テロ行為に対しては。日本政府は支那に訴えるべきなんだよ、北新羅同様テロ国家指定するべきなんだ。今直ぐにミスターシットホールの来日を中止にしやがれって事だ!
 とまあ怒りを筆に籠めるのは此処迄にしよう。取り敢えず終息次第、米国は徹底的に国土を焦土にして欲しい。まあ、核抑止力でそう簡単には進まないだろうが……武漢で未だ反乱が起こっているならきっと、共産党終焉は近いぜ!
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 白魔法の章07の一ページ目の解説でもしましょう。うーん、筋トレに疎い自分がやれるとすればネタを積み重ねるだけなんだな。なので今回は全く話は進まなかったな。御免、如何も最近はスランプのようだ。ま、言い訳は此の位にしましょうか。
 因みにマナブさんとかゴステロ様とかあのミツヨを出したのは気分だ。マナブさんの場合はトレーニングジムだからマナブさんと朝昇のやり取りでもパクろうかなあと思っただけ。ゴステロ様は完全に勢い任せ。そしてミツヨはヤバ子世界では此奴を出さないなんて有り得ないという事で最後に出した。そして話は進まない……此れだよなあ、最近の自分はな。
 という訳で適当に解説を終わらせる。

 自粛ムードの中で出来る事? 其の前から出来る事をし続けた自分には実感がない。
 ってな訳で今回は此処迄。勇者の印の二部に於けるプロットはやっとキャラシナリオに入った。因みにプロットと言ってもRPG風の奴だからな。其れを大学ノートのような物にマップとかアイテムの詳細欄とかモンスターのパラメータとかドロップ及び盗めるアイテムとか難易度に依って変化する微妙な違いとかを入れてみろよ……此れが如何に面倒臭くて神経要る作業なのか! 此れでも手抜きしている筈なのになあ……其れでも神経が摩耗して行くう!

tag : 雑文 コロナ 支那 大村秀章 デトロス=大村

格付けの旅 カクヅケフレンズ 格付師のデュアンと反捕鯨で生まれた恐るべきアルッパーは異世界にて糞長いタイトルに文句を付けながらメアリー・スーとしてなろう系の糞野郎共を蹴散らそうとしても無理なので版権擬きキャラに頼って事なきを得ようと企む情けない神才共なのだ!

 長いタイトル名……俺は作者と同じくタイトル名の長い作品を心の底から軽蔑する程。まあ俺が嫌悪する理由は後で紹介するとしても最近のライトノベルでは『なろう系』と呼ばれるネット業界で有名な素人でもプロに成れる近道とも呼べる『なろう系』で投稿された作品群に此れ等の訳の分からん長いタイトル名の作品が塵のように登場する。例えばダンジョンで出会いを求めるのは間違いだとか異世界で落語を流行らせてみましたとか……そうゆうのはサブタイトルにしやがれっつーの。おっと嫌悪する理由は後だな。何故こうゆうのが流行っているのか? 多分、読者の目に惹きつけやすいように糞長い物にしたんだろう。実際、今回の話のタイトルも実は作者自身がネタ切れなのと最近の糞長いタイトル名に対する怒りを表明する形で敢えて無茶苦茶にサブタイトルを書き殴ったと言えよう。とはいえ、タイトル名もそうだけどサブタイトルも内容に合った物じゃないと意味がない。其れは作者に何度も文句を付けているから俺達が文句言えるレベルではないが。え? 俺が嫌悪する理由? ああ、其れはな……サブタイトルと間違えそうに成るだろうが、ドアホウが。其れなららき☆すたとかけいおん!とかとらドラとかの方がシンプル且つ読者をひきつけやすいタイトルだろうが。最近のなろう系は一時期流行った此れに原点回帰しとけってーの!
 結局お前もラノベ自体嫌悪しているだけだろうがああああ--尤もな意見を叫ぶアルッパーだった!
 さて、昨今の糞長いタイトル名の作品に対する批判を浴びせつつも敢えて自分達の中にも糞長い名前の男が居る事に何か文句を言いたく成る二名。其の男はどの章でも未登場の予定だが、敢えて紹介しよう。
「そう言えば『ワンクアム』の野郎も昨今のラノベ並みに長い名前だったな」
「あいつだろ? 名前の自己紹介が長過ぎて聞くに堪え切れず何時も口上の途中で戦闘が始まるというパターンだ」
 あいつは簡単に紹介すると幼少の頃から親を何人も挿げ替えながら苗字が増えて行った経緯ッて奴じゃんか--アルッパーの言う事が正しいのは彼の短い過去話参照(※ FC2小説に在る作者名義の作品欄の『改めて客寄せに作る掌編集』収録『名前を狩る者 ネームスペシャル』より)の事。
 こんな所迄珍しい物が見られるとはな--さて、プラチナマンジムを後にしたデュアンとアルッパーの前に速筆漫画家が立ち塞がる!
「お前は……最近初期作品とキチ会員と死闘を繰り広げたエピソードをアニメ化して話題の『ロハン』じゃねえか!」
「名前が糞長い作品か……確かに此の僕も気に成って仕方なかった!」
 ロハン……其れは奇妙な冒険のエピソード4に出て来るスタンド使いの漫画家。初登場時は自分の漫画の為なら平気で他人を犠牲にする悪の中の悪だった。だが、髪形を貶されると何も見えなくなる程怒る『グレイトですよ、此奴は!』に依って漫画を休載する程怪我を負ってからは味方側として次々と街を脅かす殺人鬼を巡る戦いに巻き込まれてゆく。彼はそんな初登場の割には人気が高い。理由は彼を代表する名セリフ『此の~は金やちやほやされる為に漫画家に成った訳じゃない』や『だが断る!』だろう。正式な台詞は少々違うのは御詫びするとしても此の二つと作中でのキーパーソン的な存在感も相まってスピンオフが出来てしまう程の人気を博した。因みに速筆なので有名。どれ位速筆かを紹介するならば下書きせずに直接ペン淹れして然もリテイクなしでべた塗りが可能な程神業の中の神業を披露。更には『メイドインヘブン』で加速中で在るにも拘らず原稿が間に合うという恐るべき能力を披露。昨今の『武漢肺炎』で製造業等々だけじゃなく漫画及びアニメ業界が逼迫している中では此の男のように『メイドインヘブン』化でも原稿が間に合う漫画家は珍しいだろう。
「デュアン・マイッダーと言ったか? 其の冗長な説明じゃあ読者を惹き付けないよ」
 済まんな、言い訳すると作者の文章が稚拙なせいなんだ--と作者のせいにする困ったデュアンだった。
「まさか俺達を自分の漫画のネタにする気かあ!」
「其の気はない。実はお前達が例の鉄火丼に加わって此処にやって来ていると聞いて駆け付けたんだ。そしたら糞長いタイトルで無駄話をしているからつい割り込んだだけさ」
「そうか……何が目的だ?」
「其の前に糞長いタイトルについて本人の口とは無関係かも知れないがこう言わせて貰う……長ければ良い物じゃないいい!」
 果たして『モナ・リザ』がそう呟いているか怪しいぞ--とアルッパーは本物はそんな事を言うのは作者の身勝手だと断言するような台詞を呟く。
「『話は聞いたぞ』、じゃあロビンソン・クルーソーやガリバー旅行記は如何成るのだ!」
「君は……『キバヤシ』か!」
 キバヤシ……其れはオカルト及びノストラダムスネタで数多のマガジン読者の餓鬼共を騙して来た当時のマガジン編集者。有名な漫画で御馴染だが、実は有名な名探偵の孫の物語、超能力不良高校生、チートバッカーズ、血の月曜日は全て彼の原作。但し、紹介した最初は陽三郎が原作だったがノベル版担当だった此奴が「自分こそ原作者」と我が物顔で威張り散らしてからキレた陽三郎は降板したと考えられる。まあ真相は闇の中だ。兎に角、ヤクザみたいな顔で不良に甘い左派的な思考の持ち主だが美学は大いに納得する物が在る。其の美学とは『批判者に物は作れない』という物。此れには納得させられる。確かにそうだな。
「ああ、そう言えばあいつ等の原文は結構長ったらしいなあ」
 クソウ、俺とした事が……ガリバーもクルーソーも見逃していたとは--勿論作者もだ!
 さて、そんなロハンやキバヤシといった面々が集まっている所に突如として警官が一人……「お前等がデュアンとアルッパーか!」何かの命令で逮捕しに来た!
「『カンキチ』か、話を聞くんだ。お前に命じる『シビュラ』の仕業だ!」
「知るか、そいつ等を逮捕するのがわしの任務だ!」
 カンキチ……其れは骨格が原始人のゴキブリ並みの生命力を持った警察官。いや、警察官にしては余りにも不祥事が絶えず更には金に汚く挙句に不死身の肉体を有する男。其の身体能力は群を抜き、普通の人間なら死んでもおかしくない爆発に巻き込まれても生存し、更には普通の人間では肉眼で捉えるのが難しい海の中の金塊を鳥並の眼の機能で瞬時に見分けたり、後は漁師以上の視力で獲物を捉えたり、或は顕微鏡で覗いても実際にミクロンサイズの其れを正確に組み立てるのが難しい奴も組み立てる等々……兎に角頭脳以外だと恐ろしいまでのハイスペックを誇る警察官。弱点は金に弱く、更には普段は右脳しか働かせない理性の無さ。だが、普段眠る左脳が働けば『天才マン』も真っ青な頭脳明晰さも発揮する。但し、眠るのも早い為に左脳を機能させる機会はそうそう少ない模様。因みにカンキチの一族は異端児の弟や大従兄弟の婆さん以外はみんなラテン系で親父のギンジは女好きでだらしない。祖父のカンベエは遊び人で一時は佃屋を傾けさせた道楽ぶり。祖父の弟は故人だが金儲けのスキルは極めて高く尚且つ金に溺れて破産したりもした。そして曾祖父タメキチは酒に弱くあの世でも酒を飲ますなと警告される程。但し、竜馬や西郷、伊藤博文と言った歴史上の人物と何故か進行が在るというカンキチにも負けず劣らずコミュニティの広さを披露しちゃっていたりもする。尚、タメキチの弟ドラキチは余りにも破天荒過ぎる人生を送った傑物で結婚七回離婚八回のサイコパス。刺青をした坊主、更には産まれは上海、育ちはボルネオでイタリア語は熟せるというギャングスター目指すコロネも憧れかねない経歴の持ち主。カンキチの家系も調べれば調べる程やばいのがかなり居る。奴の弟と大従兄弟の婆さんが真面過ぎるのが不思議な位だな。
「ええい、おまえの解説だけで今度の話が終わりそうな勢いだぞ!」
「喧しい、お前を食べてやるぞおお……ガブッ、ウエッ!」次の通りアルッパーも認める味だった。「ギャアアアア、てめえは半年も風呂に入っていないなあああ!」
 俺が鯨外生物に敗れるかああ--アルッパーはカンキチに敗れるのだった!
「次はお前だ、デュアン!」
「俺と行きたいが、ロハン……御願いする」
「何で僕が……『天国の扉』!」
 天国の扉……其れはロハンのスタンド。人に直接書き込んで攻撃しないようにしたり変態行動を採ったり出来るというチート能力。此れだけ強い能力なのに良く作者は殺さなかったなあ、と不思議に思った程。あ、一応二回は死んでいたな。まあ其れは無視するとしよう。
 ロハンは此れでカンキチに『僕達に出会ったら任務を忘れて派出所に戻るように』と書き込んだ……「如何如何、『ブチョー』に怒られてしまう!」と言ってカンキチは自転車に乗ってスポーツカー以上の速度で其の場を後にした!
「流石はロハン先生だ!」
「大した事はないさ」
「ウガガア……何でそいつの提案に乗ったんだよ!」
「実は用が在ってな。デュアンとアルッパー……ちょっと来い!」
 わかった--デュアンとアルッパーはキバヤシと共に在る場所へと向かうのだった。
「あの野郎ガアアア、わしの任務はそっちじゃねええ。さっさとあいつ等捕まえて懸賞金一京を貰わないとおお!」派出所に戻ったカンキチは急に思い出して自転車にてコンコルドに近い速度で突っ走る。「待てええええ、わしの一京イイイイイ!」
 コラ、カンキチ--処がカンキチは『ブチョー』に呼び止められてしまう!
 ブチョー……其れはカンキチを恐れさせる亀有公園前派出所の真の支配者。班長だが、何時も仕事をしないカンキチを叱る警察官の鏡。なのだが、連載初期でも屑エピソード満載な老害の一人。というか結構屑な面が在ったりする等本当に人格者なのかって疑いたく成る場面がちらほら。後は時代遅れな面が強く、未だにスマホも碌に扱えない場面が多々在ったり……あ、其の前に連載終了したっけ? まあ何れにせよ、時代遅れな一面を除いても或はカンキチとのやり取りを除けば上司、同僚、そして部下からの信頼は篤い。そう、カンキチと絡まなければ……な!
「ブ、ブチョー。じ、実はあいつ等は警視庁が指名手配する--」
 馬鹿もんが、お前のような下っ端に警視庁が特例を出すか--とブチョーに信じて貰えないカンキチが居た!
 とはいえ、転んでも唯では起きぬカンキチが此の侭引き下がるとは思えない。さあ、如何成るか!


 NEXT PAGE こちら一般市民街一般的格付けアルッパー公園前格付けの旅本編

tag : 格付けの旅 小説 SF 冒険 ファンタジー

武漢解放は拙い……第二形態が日本とか世界中に広まったら千年王国の世界が誕生してしまうぞ!

 如何も……ちょっと勇者の印のプロっと読み返したりしていたdarkvernuです。申し訳ない、午後に出す羽目に成って! 未だ未だ第二部のプロットは序盤から全然進んでいないんだ、orz!
 とまあ下手糞な2ちゃん(今は5ちゃんか?)用語は此処迄にして『格付けの旅』が更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<白魔法の章>をクリック。
 全く世界中で死を蔓延させる統計捏造国家支那は選りにも依って発生源の武漢封鎖解除なんてしやがった。マジであの国は世界を滅ぼす気かよ……何処に居るんだよ、フィクションに登場する悪の国家群なんて!

 烏合の長に記された支那の崩壊はあくまでフィクションと願望で在り、真実ではない。原作者で在り、毎日投稿者のdarkvernuに作品を届ける此の私『市丸代(いちまる よ)』は遺言を執筆する。
「此の手紙を君達が読んでいる時、既に私は奴等の手に掛かっているだろう。そう思って此れを執筆する事にした。普段はdarkvernuやツクール製作者mogitounosenseiと同じく楽観論者の私は悲惨な現実が目に見えても只管に楽観的に作品をお送りし続ける。採算も採れない市丸出版を起ち上げたのも正しく金の為じゃなく自分の作品を読んで貰いたい為。とはいえ、武漢封鎖解除は愈々以って普段は臆病な私にも命の覚悟を強いるかも知れん。武漢肺炎は第二段階に入っているとの一次ソースのみだが情報が入った。こう成ると幾ら人混みや風俗、其れに外国人との接触を出来る限り避けようとも此方に被弾するのは時間の問題。そうすると遺書を認める以外に道はない。
 相変わらず私は文章を書くのが下手だが、其処は仕方ない。元々国語の授業は漢字以外は楽しいと思った事が一度もないからな。逆に数学や社会科の歴史授業は楽しくて仕方ない。数字のマジックが齎す奇跡や歴史という名のドラマは人を大いに魅了してくれる。そんな私が今では物書きなのだからな……昔は警察官を目指していたんだがな。
 とはいえ、今更今迄の人生を後悔したとか愛する人達に何タラカンタラとかは此処に記さない。普段通り説明不足の方が私に相応しい。という訳で此れから記す事も説明不足に終わらせておく。
 やはり武漢肺炎で失った命に応えても此の国を救う為に立ち上がれ、国民よ。立ち上がれ、皇国国民よ! 今は政治に無関心で居るのは幸せかも知れないが其れも終わりだ。今こそチャイナロビーの排除を!
 と活動家みたいにスローガンを掲げるのは好きじゃない。取り敢えず今の内に日本の年功序列制の正しさを褒めておこう。確かに其れで今みたいに無能な働き者共がトップに居座るのは余り喜ばしい物じゃない。だが、此の年功序列制は戦後や戦前から在るのではない。私の知識が正しければ江戸時代から連綿と続いている事を君達は知らないだろう。何か?
 家光と忠長を知っているかな? あの二人のどっちを将軍にするのかを決める時に初代及び二代目は大いに悩んだ事だろう。優秀な忠長が継げば良いだとか何とか。其れを考えれば年功序列制を批判する連中は今の駄目大人党政権に於ける大臣年功序列制の批判をする事は『忠長が継いだ方が良かった』と主張する愚に気付かないだろうな。其れに気付いて尚且つ大臣年功序列制を批判するべきだろう。でなければ本末転倒も良い所だ。話の腰を戻すと幾ら春日局の提案とはいえ此れに関しては家康も秀忠も実に名采配だと褒めておこう。優秀なのを何でもかんでも上にすれば何れは下は無能ばかりが集まって衆愚政治へと転がるのも時間の問題だっただろう。日本の国柄を表していると言える。と在る悦佐曰く『上は馬鹿だが、下は優秀だから上手く行く』システムを家康も秀忠も採用していたか。此れに気付かず批判するのは余り年功序列制度が何故存在するのかについての知識が足りないと愚痴っておこう。因みに家光と忠長以外なら家重と宗武、其の前なら義持と義嗣……年功序列制を批判したい者達は此れ等の歴史的な事実を鑑みても批判しているのか疑問に思う所だろう。
 とまあ、そんな愚痴を書く内は未だ未だ私も餓鬼の性分。精神は未だ一に達しない。常に小数点を行き来していて安定が約束されないな。さて、此処迄にしよう。兎に角、今後も武漢肺炎対策は人混みを避ける、風俗を避ける、そして外国人を避ける。此れしかない。其れ以外が在れば是非共採用したい!」
 そして慣れない手つきで封筒に仕舞い込んで封を閉じる……


 敢えて何時来ても構わないように文面だけは覚悟しているだけだ。本気で死を覚悟する程自分は出来ちゃあいない……本当だぞ。
 取り敢えず補足すると……武漢を解放したなあ、あいつ等は。散々あくどい商売をして知的生命体染みた事をしているのに、此の期に及んで未だ……

 地球が持たん時が来ているのだああああ!


 とシャア・アズナブルの名言をパクって叫びました。マジであいつ等は人類滅ぼす気かよ。然も自国内でコロナ以外の恐ろしいウイルスを撒き散らしているそうじゃないか。あのなあ……呑気にあくどい商売する前に先ずは事態の収拾に取り掛かれよ、そうゆう馬鹿な真似をするから何時も易姓革命を招くんだろうが! はああ……てめえ等自身で滅ぶなら其れで構わんがこっちを始めとした世界が迷惑を被るのだけは許し難いんだよ!
 此れを機にパンダハガー共はさっさと改心して欲しいよ……無理ならマーダーライセンスかブラックエンジェルか或はアクメツに依頼したいもんだな。其れでも今の総理を始めとした無能共は支那の要求に応じるんだろうなあ……全く、上が無能だと下は益々苦労するぜ。
 とはいえ、何で急に年功序列制を肯定し出したのか? 其れが良くわからんのだな……まあ、長子相続制つまり年功序列制の雛形は戦前の台湾でも在るからな。確かと在る2ちゃん(現5ちゃん)の台湾話のスレを思い出したんだが……かなり優秀な役人が居て、彼はリストラする際に敢えて無能を残して優秀なのをリストラしたらしい。其の理由は「彼等を切り捨てる理由? 其れは彼等には此処を離れても優秀故に何れは再就職が可能だからだよ」というのを思い出した。そうゆう奴だったかは自分の曖昧な記憶なので覚えていないが兎に角、こんな話だったのを覚えているって事だ。何が言いたいか? つまり、普段から年功序列制を批判する奴等は其の前にこうゆう話とか家光の話とかをちゃんと理解した上で批判しているのかってのを問い詰めたいんだよ。確かに無能は苛々するのは理解出来る。けれども、優秀ばかりでは優秀だった筈の彼等迄無能に成って結局はとどのつまりなのだ。お前等が優秀と言われるのは無能の御蔭だと知るべきだ……あ、全然違うか。えっと、もう良いや。
 とまあ何時自分も武漢肺炎に罹るかわからん。マスクだって碌にせず生活しているからな。最終的には自分のせいで周りに迷惑を掛ける事は百も承知だ……其れでもそう成る前に此れだけでも書こうって決めたんだ。免罪符だとか思わん、けれども書かないと駄目だって腹を据えた。そうゆう訳だ!
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 今回は二回目の雑文はないから宜しくね。とはいえ、歴史とは奥深いな。年功序列制で不図江戸幕府の話を思い出すと……家光と忠長の話が浮かんだな。普通なら優秀な忠長を三代将軍にするだろうが、家康も秀忠も結局家光にさせたからな。此れが結果として江戸幕府を存続させたと思うと感慨深いなあ。若しも忠長が三代将軍に成って居たら……四代目以降は本当に優秀なのが出て来たか否か? 優秀な前任者のせいで気苦労が絶えなかっただろうな。実際、吉宗の跡を継いだ家重は親父が偉大過ぎて色々気苦労が絶えなかったからな。まあ、息子が趣味でとんでもない才能持ち且つ田沼とかいう比較的優秀な老中を採用させるだけでも中々。だが、親父の仇討ちに燃える自分は天才だと思い込んだ松平定信が老中に成った途端に江戸幕府は転落が始まったと見て良いだろう。定信の振る舞いを見ているとセル百合子のやった前々前任者の障子に成りツッコむ糞ジジイの吊し上げとかまるで田沼意次吊し上げにそっくりだな。歴史は全く新しい事態を迎えるのではなく前の事例の焼き増し又はリメイクの繰り返しだってわかるんだなあ。人類は昔からまるで……成長しない!
 では今回は此処迄。そう思うと駄目大人党の大臣年功序列制の批判は安易にするべきじゃないな……まあ其れがわからんのが無能な所謂保守論客の馬鹿共なんだろうがな。あ、自分も其の内に……いや、自分は保守じゃないし!

tag : 雑文 年功序列制 コロナ 支那 増田悦佐 武漢

二回目の雑文は……良くインテリは努力不要論を説くだろうが、其れに反論する!

 如何もdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<白魔法の章>をクリック。
 さて、努力不要論に関しては頷く点はあっても其れで努力をするなって話には成らん。其れを此れから書き殴るから宜しく。

 努力が好きな人間と嫌いな人間が武漢肺炎で自粛ムード漂う中でもマスクを付けて然も人混みの少ない飲食店にて一番端の机を占拠して議論を始める。
「努力努力って言うけど、努力何て報われないのはエジソンが言ってるじゃないか!」
「違う、あれは百回やって一回の閃きに繋げないと意味がないって事だ。即ち、百回以上やったと認識する迄努力を怠るなって意味だよ!」
「そんなの嘘だ。バナージが言ってただろうが、精一杯やりましたよ、其の結果が此れだって!」
「だったら反論する、精一杯やっても此の程度? じゃあ未だ精一杯と誰が決めた? 勝手に決めるなってな。昨日のお前に今日もお前が勝てないのか? そうじゃないだろ、精一杯やったと言える迄努力を怠るなって事だ。此れ、サイタマがメガネに言った台詞を大分改変した物だ」
「でも努力しなくても動画づくりをする人も居るじゃないか」
「其れも努力だろ? 唯、本人が努力を認めないだけの話だし」
「何処が努力していると思うんだよ!」
「だってチャンネル登録者数を稼ぐ為にあれこれやっている時点で努力してないという証明に成らん」
「そ、そう言えば!」
「其れにまろゆきの著書努力不要論か何かだったか? あれは本人も努力しなければ矛盾するだけだ」
「え、如何ゆう事だ?」
「だから如何やって人を集めるのか? 楽して人を集める為に培った無駄な軌跡は如何する?」
「あ……そ、そんなの偶々運が良くてなあ」
「運なんて所詮はギャンブルに過ぎん。だが、運を引き寄せる為にも精神状態やら時勢を読む為の流れやらを……結局、努力が無ければ意味がない」
「運も運も、なのか!」
「だからまろゆきも努力している。其れを本人は気付いていないだけ」
「だ、だがまこなりを始めとしたインテリ勢も努力は不要だって説いているじゃないか!」
「さっきも言ったように其の再生回数やチャンネル登録者数を稼ぐことが努力しない事と矛盾するからだよ」
「ウググ」
「其れに何故努力を其処迄嫌うんだ?」
「だって時間の無駄だぜ」
「だが、努力を突き詰めれば時間に到達する。才能だけじゃあ時間なんて止まった方がマシだ!」
「飛躍しし過ぎだろうが」
「じゃあ如何やってネット社会に繋げた? 如何やって人類はボディランゲージから言葉へと移行した? 如何やって共産主義の失敗を知る事が出来た? 如何してニュートン物理学がアインシュタインが登場する迄猛威を振るった? じゃあ何故アインシュタインが世に出たんだ?」
「ううう、そ、其れは天才だからこそ、だ!」
「だったら人類史が始まってからネット社会が築かれるべきだろう。そんなのは幾ら何でも飛躍し過ぎという物だ」
「あ、俺が言った事をパクったな」
「そう、パクリなんだ。努力とはパクリの伝道なのだよ」
「ウウウ」
「時間の無駄は無駄を経験しないとわからない。其れと同じように天才は今迄の無駄を知らないと台頭しないんだ。そうすると努力とは膨大な無駄の山の先に浮かぶ道なのだ。然も道とは……未だ一歩に如かず!」
「其処迄来ると哲学思想に至ってないか?」
「そうだ、だからインテリ勢の努力不要論は正しく愚論に過ぎない。彼等は少し出来るからって調子に乗っているだけなんだ。自分達も努力という無駄の上に立っているから偉そうに言えるだけで後から来る次世代のインテリ勢に依って馬鹿にされる運命に在るのだ!」
「無限ループだな」
「そうだ、俺達だって其のインテリ勢に依って馬鹿にされるんだ。其れを理解した上でも如何に努力不要論が愚の骨頂なのか理解出来ただろう?」
「うううう!」
 其れでも努力有用論と努力不要論は格闘する運命に在る。正しく保守と革新がぶつかり合う様と似通うように……


 教養学で重要なのが何れ自分も後から来る世代に依って完膚無き迄に叩きのめされる運命だと自覚する事に在るからな。其れと重要なのがどれだけ急激に時代が進もうとも長い目で見れば一歩も進んでいないってのが現状だ。此れも理解しないと駄目だぞ、教養を与える者としてな!
 兎に角、努力不要論を掲げる奴等が気を付けるべきは突き詰めると「時を止めた方がいい」って事に成るだろう。そんなの……不可能なんだよな、人間が光よりも速く動けないのと同じように。確かに無駄な事は避けるべきだろう、それは嫌という程良くわかる。でもな……其れって始める前にわかる物か? そんなのどんな天才だって無理だ。アインシュタインだって多くの無駄を経験してから漸く得意分野に乗り出したんだぞ……つーか努力なしで如何やって猿から人類に移行出来るってんだ、無茶云うなって話だろうが!
 まあ段落を変えて話の続きだ。兎に角、努力不要論の大きな欠点とはやはり人類の歴史を俯瞰していない事だ。人類の歴史何て探せば無駄な努力の歴史で溢れる。処がまろゆきだろうがサイコパスの中野だろうが其の辺を無視して努力不要論を語るからな……だったら日本の歴史は神武東征前に今の時代を築かないと矛盾しない? 無理だろ、そんなの……大体神武天皇だって無駄な敗戦をして漸く神武東征を為して今の百二十五代以上の連続した歴史を築くに至ったんだぞ。其の道程なんてやはり無駄の連続だと自分は断言するからな。後は本当に努力なしで今日を築けるなら世界だって苦労はしないからな。フランス何てフランス革命を始めとして無駄な努力の果てに漸くだからな。イギリス何て失敗を知っているから如何やれば成功するかで今が在るんだぞ。というかEU間接加入の失敗から今日のブレクジットが在ると言っても良いんだぞ。アメリカ様なんてリアルノッチが訳わからん政策をして米国民から大失望を受けて今のドナルド政権なんだぞ……無駄な努力をしないなんて誰が保障する? だったら無駄な事せずに育った赤ん坊を見てみたいよ……居るかよ、そんな恐い赤ちゃんなんて!
 何が言いたいか? つまり努力不要論は愚論……一歩に出て来る鴨川のジジイの名言「努力する者が全て報われるとは限らない。だが、成功する者は須らく努力しているのだ」が全てを証明するのだ。努力不要論は此の鴨川のジジイの名言一つで粉砕されるも同然! 依って努力不要論は如何足掻いても論破される運命に在るんだよ!
 という訳で議論話の解説を終える。

 楽して成功する者は必ず失敗する者達の歴史を見ていないと楽は出来ない。失敗在るから成功する。努力するから成功へと導ける。故に成功者に成る為には数多の失敗を恐れず進まないといけない。無理は禁物だが、成功者に成りたいなら余計な事は考えるな。努力不要論に惑わされずに努力を積み重ねろ!
 という訳で二回目の雑文は此処迄。そうゆう意味でも他作品からパクるのは間違いじゃない。間違いなのはパクリを自分色に改良しない事なのだよ、此れは前の雑文で書き殴った通りだからな。其処を忘れるなよ!

tag : 雑文 雑学 西村博之 努力

悪いニュースよりも先ずはドクター中松の発明品が馬鹿売れで笑った!

 如何も……ドクター中松のうさん臭さは兎も角としても人類の為に貢献する爺さんの原動力には悪いニュースも吹っ飛ばすエネルギーを感じている自分darkvernuです。今回はドクター中松関連じゃないぞ、其処は要注意な!
 始める前に……えっと、碌に進んでいないのに宣伝して良いかな? まあ良いや、『格付けの旅』が土曜日にたったの三行しか更新していないけど、読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<白魔法の章>をクリックしてくれ……申し訳ない、怠惰過ぎる事に関してはマジで!
 さ、ドクター中松みたいなもう八十過ぎの爺さんが頑張っているのに自分が頑張らないで如何するか。だが、自分は書くだけ書いて何も日本社会に貢献する事が出来ないのが残念。其れでも書くしかないなら書き殴るのみ!

 支那の悪行を知っているから福沢諭吉は彼等との縁を切る事を推奨する。此れは徳川家光最大の失策でも在り、最大の功績とされた鎖国政策の闇を諭吉は咸臨丸に乗ってアメリカに渡って初めて思い知った時。其れと同様に現在、世界各国は支那の悪行を認識し始める。如何に彼等がショックドクトリンに忠実で尚且つ自分達が開発して招いたウイルス兵器を利用したあくどい商売をするのか? 何れ終息すれば支那は世界中から総攻撃を受ける運命に在る。其処で重要なのが以下の通り。其れは或る大学の講義室にて二人の学生の議論から提示されてゆく。
「絶対にミスターシットホールを国賓に招くな、天安門事件と同じような轍を二度と踏まないようにしないと奴等が又息を吹き返してしまう!」
「でも駄目大人党を始めとした有象無象は支那の子分みたいなもんだぜ。無理だぞ、そんなの!」
「其処でジャパンファースト党だろうが。どっかの保守の皮を被ったピザ野郎が結党した政党と違ってやる事はやるあのデブと生コン支部を壊滅寸前迄追いつめた普段は農民、中身は国士のヒロユキが所属する新政党が頑張って貰うしかないんだ!」
「ボウズは?」
「奴も奴で意外と捻じ曲がるからな。注射器の件は絶対に忘れんぞ!」
「ぶっ壊すぞ党は?」
「あれは第二のサーヴァブーメラン党に成りそうなので却下だ。丸ちゃんを始めとした貴重な人材は喉から手が出る程欲しいけど!」
「絶望的だなあ、日本の政党事情は。何で駄目大人党みたいに基本に忠実な政党がほぼ零なんだ?」
「数学を知らんからだよ。経営学を選挙術に活かしたり、経営学を政権運営に活かすという事を政治屋共は理解していない。其れは保守の皮を被った連中にも言えるんだよ」
「結局数学か。でもザコビッチも言ったようにサインコサインタンジェントは何処で使うんだよ!」
「使っているだろうが、建物の設計に……陸上のトラックに、スマホに!」
「何いい、此のスマホにいい……其れは知らんかった!」
「だからビーチに依る数学廃止論は許せんのだ……数学知らないと如何やって今迄築き上げた数多の技術すらも解明する事が出来るか!」
「其れはやばいな……待てよ、そうすると今の経団連の連中とかも拙いじゃん!」
「ああ、数学のすの字も知らんから平気で増税に賛成してしまうし支那依存に頼りがちだ。何故か……応用が利かないからだよ!」
「だから総理は布マスクを全世帯に配布して少しでもあいつ等の魔の手から解放しようとしたんだな。まあ其れ以外だと余りにもあれだけど」
「でもたったの二枚だぞ。大家族だったらもっと必要じゃねえか?」
「其れを言ったらキリがないだろうが。一応布マスクだけじゃないがな。他には給付とか様々な事をしているそうだ……まあ、外国人世帯に給付は流石にないけどな」
「あれは酷い……そう成ったら反サイボーグセイダーズとか普段からサイボーグに批判的な奴等は又嬉々とするぞ!」
「其れだな。別にサイボーグ総理を絶賛する訳にもいかん。移民を受け入れたり、或は何時迄も憲法改正しない態度には腹が立って仕方ない。だが、其れ轟盲牌政権の時からずっと学習しない傾向じゃないか?」
「んん? 話は脱線するのを覚悟で聞くけど、如何ゆう事だ?」
「いやだって轟盲牌政権の時も批判した奴等は後で自滅していったじゃん」
「あ、そう言えばそうだったな。ミラーマンも天木もみんな自滅したな。今は亡き偽メールで追及した奴も」
「其れと同様につい最近だと殉愛でやらかした事でお馴染みの千田祐樹や数カ月前に夫婦別姓(選択的)に賛成を表明したあの三島一八もそうだ」
「ああ、あのハゲやあいつは酷かったな。ん、でもそんなに警戒する事じゃないだろう?」
「いや、警戒はするだろう。何せ千田祐樹は殉愛でやらかした事を今もやらかさないって保証が何処に在る?」
「確かにな、あのハゲはノリで行動している節が強いもんな」
「其れと三島一八に関しては余りにも選択的夫婦別姓に対する賛成票は納得がいかない。ゴールドフィンガー批判は少し納得する理由が多々在ったけど……此の件に関しては余りにも視聴者を舐め過ぎているだろう」
「ああ、所詮ヨウツバーだろう。広告料入らないと商売出来んだろうし」
「其れは良い訳だ。本当に貫く人間なら貧乏でも自分の皮を食べないと生きていけなくても最後迄主張を曲げたりはしないからな」
「如何ゆう意味だ?」
「プロシュートの兄貴がペッシを叱り付けた時に言った『手足がもがれようともスタンド能力を解除したりはしない』を応用した言葉だ」
「其処で数学かよ。だとすると……三島一八がパヨクに転向する可能性は、如何成る?」
「極めて高いと言わざる負えない。何しろ、金で活動する保守と批判された時には少しムキに成っている節も在ったし」
「其れ批判しているのはあのデブだろ? 金でタモさん切り捨てたり、金で映画作っておきながら何時迄も続編を作らんあの薄汚いデブの事を指すじゃん」
「まああの連中は今年中に警察の御世話に成るだろう。予想は外れるだろうがな」
「確かに其の可能性が高いな。三つ子の赤字神はややパヨクの臭いが強いだろうし、グルメ哲学者は完全にパヨクの一味と化したしな」
「三つ子の赤字神はパヨクの臭い以前に人間として終わっている。元嫁の悲痛なブログ記事を見ても到底許しては成らんだろう」
「ああ、人前ではぺこぺこしておきながらも家庭に戻れば暴君として振舞うあの精神性は最早許しちゃ於けんなあ」
「後はモップ頭がそうだったな」
「あいつは信念がないにも程が在るじゃん。頭良さそうに文章書いておきながらも実は中身がぺらっぺらというあれかい!」
「うん、そうだな……あ、今入った情報に依ると日本の感染者の内の三割が外国籍らしいぞ!」
「一次ソースだけじゃあ信じ難いぞ」
「まあそうだな……だが、其れが本当ならば人混み、風俗以外にも外国人に接触しなければ感染予防に繋がるって対策も採れるんじゃないか?」
「まあ、発生源は支那だしな。そうすると入国制限の真の狙いは日本の感染増大を狙ったテロを未然に防ぐのが狙いなのか!」
「だとすると国籍を分けて報道するべきだろうな……まあ所詮一次ソースからの判断でしかないな」
「ンで話を戻すけど、終息したら此の後如何なる?」
「ミスターシットホールを国賓に招く事をしなければ諸外国は一斉に支那を倒すべく兵をあげるだろう。犠牲に成った人達の命に報いる為には此れ以外にないからな」
「だな。結局其れに尽きるよなあ」
 今回の武漢肺炎(コロナウイルスの正式名称)の賠償とは支那共産党の崩壊以外にない。其の崩壊を防ぐミスターシットホールの国賓は何としても食い止めねば成るまい。だが、憲法改正も儘成らないサイボーグ政権にそんな強権が発動出来るのか? 失望ばかりする現政権に期待するのは無駄かも知れんが負の期待値に従わせるよりも正の期待値を以ってサイボーグ政権が善政を敷く事を此処に期待しておこう!


 そう言えば去年、消費税十パーセントに引き上げる前は自分自身としては「此れから日本は明るくなる」とか預言したけど……あれは今から撤回する。申し訳ない、読者の皆さん。此れから本当に良くなったとしても撤回した以上は其の預言を自慢しない事を此処に誓約します!
 さて、議論話では紹介していないけど元凶の悪魔共は被害国のスペインを始めとした欧州各国にマスクとか呼吸器とかを売りつけているじゃん……あれについて怒りを以って書き殴っておくとこうだ。フウウウウ……

 てめえらの血は何色だあああああああ!


 とな! 人の不幸を商売にする糞野郎共にはさっさと大陸全土に数百発もの核弾頭を打ち込んで貰いたい、リスクなんぞ考えずに。民間人? 悪いが、死んで貰うしかない。良心は痛むが悪の根源を断つには一旦支那大陸は核の冬に成って貰うしかない。勿論、黄砂で毎年被害を被る日本も無事では済まない事は承知だ。其れでも数多のチベット人やウイグル人、後は内モンゴル人等の肉を食べ物にしたり、臓器売買したりする血も涙もない地球外生命体(其れ位言わないと駄目だ!)共には地上から消えてなくなって貰いたい限りだ。そうしないと奴等に依って七十五年以上も奪われて来た命を清算するには余りにも代価に見合わない限りだ。今年何てそうだ……志村けんが死ぬ理由が在るか! アメリカで武漢肺炎に感染して歩く事もせずに死んだ新しい命とか……こんなに許されない事が在るかああ(号泣)!
 とはいえ悪いニュースばかりではない。三木谷の馬鹿は金の為とはいえ武漢肺炎患者の為に無償で施設を提供したり、胡散臭いけど善意は本物の中松の爺さんが開発したマスクが売れている現状は未だ未だ捨てたもんじゃない希望を見出せる。後、布マスクを批判する奴め……其の程度で批判するとかお門が知れるぜ。寧ろ批判するなら外国人世帯に給付するとかフミオのヘタレが提案した経済対策(?)に対してだろうが! 兎に角、布マスクとかそうゆうのが一人暮らし世帯の多い家にも配られるなら有難い。後は其れをどのように使うかが鍵だろうが!
 とまあこんな感じで議論話の補足を終える。

 ワンパンマンだけど、段々ヒーロー教会の眼鏡職員が胡散臭く感じて来た。ラッキーマンに出て来る会長ポジションに近いシッチが絶望感漂う反応なのに何故か顔出しして然も溜息吐くだけという描写に何か……「初シーンがスネックとの会話だけのモブキャラにしては最近やたら意味深且つ出番多くね?」って疑問を浮かべる読者が出て来るんじゃないか? 予想は外れるだろうが、確かワンパンマンに登場するキャラはアンパンマン、仮面ライダー、ガンダム、忍者サスケ、サイボーグ009にバットマン、其れから……色々が元ネタのキャラが多い。アンパンマンは如何考えてもワンパンマンのタイトル名の原点だし、サイタマが正しくそうだからな。仮面ライダーは無免ライダーとガロウ(怪人ガロウのマフラーはためく姿は正に仮面ライダーに近いしな)、サイボーグ009はジェノス、忍者サスケは音速のソニックと閃光のフラッシュ、ガンダムは童帝、バットマンは恐らくゾンビマンだから……後はボトムズが元ネタっぽいアクセルやバチバチ(或は火の丸相撲)が元ネタのライデンがそうだしな。ブラストの息子のブルーは特殊スーツを身に纏って戦う様からして恐らくは元祖アメコミのスーパーマンが元ネタだろう。然も其のスーパーマンって普段は眼鏡掛けた奴が記者として活動している事から多分……まあ自分の予想は九割九分外れるから此れも大いに外れる事を期待するがな。其れでも無免が初めて格好良いシーンでお馴染みの深海王へんで初めて登場した髭職員に比べて大いにブラスト疑惑の人物としては十分過ぎる考察だと宣言しておこう。外れる事を期待するがな!
 では今回は此処迄。因みに信じてはくれないけど、他作品のネタバレ含めて予想を当てた一部を紹介するぞ。ラッキーマンに出て来た大宇宙神殺害の真犯人予想で第十小宇宙神(結局偽者で真犯人は全とっかえマンだったけど)やケンイチに出て来る一影の正体が美羽の親父で(母ちゃん殺人犯は結局外したけど)尚且つヘタレ傭兵ジョンが変装した一影というのは当てたからな。いや、本当だ……みんなには信じられない覚悟だけど。

tag : 雑文 ドクター中松 ショックドクトリン 岸田文雄 ワンパンマン

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR