FC2ブログ

試作品 お金様 おまけ篇 新興宗教にようこそ 其の一

 如何もdarkvernuです。
 其れじゃあ約束通りおまけをやりますね。因みに明日もおまけ作業をしますので宜しく!

 私の名前は羽柴洋子……二十九歳。アルバイトであるテレビ局に就職している現役OLなのだ。現在は結婚し、子供を儲けてはいるけど夫への愛想は尽きかけていて何れは離婚する予定。如何してあんな奴を好きに成ったかわからない。今はそんな粗大塵よりも先ずは謎の宗教法人を育成する周波法人運営の学園に潜入取材したのよ。するととんでもない情報が唐突に飛び込みました!
「良く来たな、マスゴミめぇ。我等は桜井誠教、打倒駄目大人党の為に日夜売国奴を懲らしめる運動をしている。主に言論の力で!」決して暴力には訴えないのですね。
「そ、其れは熱心で有り難いですね」
「最近じゃあ沓澤良治教とかいう立花隆志教と離反して築き上げた坊主頭だけの新興宗教が邪魔をして来て困っているのだ。薬物中毒の癖に良くも我等の唯一神蝶ネクタイを侮辱しおって!」
「何故蝶ネクタイですか?」
「其処迄は邪推しないでくれ!」どうやら其れ以上はヤバネタの模様ですなあ。
 さて、先を急ぎますと突然ボディビルダーが山程集まる教室に目が行きました。覗いてみるとみんなボディビルが良くする奇怪なポーズをしております。
「あのう、此れはどうゆう部活動ですか?」
「部活動? 違うな、此れはシュワルツネガー教!」
「え? 何ですか?」
「わかりますか、アーノルド・シュワルツェネガーの素晴らしい筋肉の数々を」
「ターミネーターやコマンドーのイメージしかないよ」
「他にも何本かアクション映画やコメディ映画に出演していますなぁ。特に男性妊娠の映画は印象に残る物ですよ」
「本当は妊娠で発生する様々な激痛に男は耐えられないらしいがなぁ」
「確かにあれは『痛い』のレベルじゃないのです」妊娠経験しているから其の激痛は良くわかります。
「話が逸れてしまいましたね。我々はシュワルツネガーの素晴らしい筋肉を目指す為に日夜プロテインの摂取と様々なトレーニングに励んでおります」
「最近ですと女子高生が主役の筋肉漫画が様々な健康体操を取り上げておりますので参考程度に読みますよ」
「其れにしても如何してみんな敬語口調なのですか?」
「健全な肉体のように健全な精神を育める事を目指した結果です」
「未だ未だ健全な精神には程遠いですが」
「あれ? 其れって健全な肉体には健全な精神が宿るって意味じゃないの?」
「其れは誤解です。日本のシーズン最多本塁打記録を持つバレンティンや薬物で全てを狂わされた清原を思い出して下さい。唯のトレーニングだけでは健全な精神とは程遠いのです」
「確かにそうだね。本当に健全な精神が宿るのでしたら不倫しないし、薬物に手を出さない物ね」
「其れから誤解ですが、ユウェナリスは先程私達が言ったみたいに健全な肉体と同じように健全な精神が宿れば良いのに、と言ったのです。そうですので其れを誤解しないで下さい」
「うううぅ」口伝の難しさを思い知る今日此の頃。
 確かに良い言葉を言った本人が後世ではそっくり其の侭別人にされたり、或は言ってないのに言った風に伝えられたり……其処は考える必要があるみたいだよ。
 では触りの部分は此処迄にして次は授業の様子を窺っていきますね!


 次回は土曜日に更新します。其の時は多分、長文に成るかと。では此処迄。勇者の印を一月迄に百ページ達成したかったが、まあ仕方ない。来月で順調に進めるとするかあ。

tag : 試作品 お金様 新興宗教にようこそ

ONEの野郎も仕事するんだ、こっちも仕事しないで如何するか!

 ええ、と如何も……取り敢えず原作板ワンパンマンの最新話読んでアマイさんの正体が大方の予想通り怪人で在る事もワンパンマンの世界設定の大体も判明して然も互いにすれ違いざまなのも大笑いしたdarkvernuで在ります。いやあ、世界を滅ぼす竜もワンパンで片が付くのか……帰りにスーパー寄る為の暇潰しの為に。ワンパンマンに変なストーリーを期待するよかこっちの方が良いなあ。
 始める前に『格付けの旅』が土曜に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。今回は二回目の雑文はねえぞ。
 さて、タイトルに反して少し三島一八の野郎が寝言を口にした動画を出したので其の反論の為に書き殴ろうと思う。但し、殆どはウイルスよりも水田議員の物と噂のヤジに対して神経質なダブスタ糞野党共に対する何時もの嫌がらせには成るけどな。

 支那発祥の生物兵器ウイルスに依る被害は下手をすればパンデミックさえも想像される恐ろしい猛威を振るう。故に世界各国は支那から来た旅行者を次々と検閲する義務を背負う。当然、賄賂と根回しだけに邁進する政治屋も同じく票田を守る為に生物兵器ウイルス対策に全力を尽くすのが普通だろう。処が或る国では一味違った!
「ええ、夫婦別姓についての--」
「だったら結婚しなくて良いアルよ!」
「だ、誰ですか? ぼ、ぼ、僕にヤジを飛ばしたのは!」
 水田議員がヤジを飛ばした前提で語るとして蒋介石党党首のタマキードに向かってヤジが飛ばされる。其れを敏感に反応するは特定野党共。サーヴァ・ブーメラン党の連中は次のような湖面を出してゆく!
「覚悟は宜しくて、其のヤジ飛ばした議員を特定しなさい!」
「認めたくない物だな、若さ故のヤジですか?」
「ニダアア、誰だよ。ヤジを飛ばすとか非常識ニダ!」
「ヤジとは酷いですぅ!」
「全くだ、勇者の心は何処に行ったんだああ!」
「でば記者の皆さんに質問です、ヤジを飛ばしたのは誰でしょう?」
「ヤジとは酷い物だ。我等の正義成る戦いに泥を塗る気か!」
 上から順にバイブ、フルアーマーシャア専用、陳、ミズポ、オザーリン、コニシキ、ガトー耕平と成る。おや? 皆さんもお気付きのように誰一人として世界的に話題の事を口にする者は一人として居ない事に。彼等は何処を向いて政治をしている? 感染すれば死ぬかも知れないのだぞ。インフルエンザの比ではないウイルスが日本に上陸するのだぞ。なのに国会で議論するのはウイルスそっちのけの夫婦別姓なのか!
 其れを実施して国を傾けそうに成ったのが何処か気付いていないのか? 其れはお前等が大好きなソビエト社会主義連邦だぞ。スターリンの強権が発動しなければ三十年以上早くソビエトが崩壊していたかも知れない程だぞ。其れ位に独裁無しで夫婦別姓の劇薬を克服出来ない代物だったぞ。
 とはいえ、失望したぞ……三島一八よ!


 そりゃあ千田祐樹もそう呟いてしまうわな、ウイルスそっちのけでヤジを気にするとか……お前等のヤジは良いのかよ、フザケルナヨ!
 さて、特定野党共への悪口は此処迄にして……三島一八には失望したぞ、選択的夫婦別姓は賛成って(呆)。別に言論を弾圧するつもりもないし人の考えは千差万別なのは認めるよ。だからこっちから言論弾圧に乗り出すとかそうゆうのはしたくないんだな。でもさあ、三島一八さんよお……動画の何処を探しても納得がいくポイントを一つも見つけられなかったんだけどなあ。議論の余地はあるとかそんな物は当たり前だ、其れが一つの課題に対して安易な答えを出さないという意味においてはな。でも、「時代に合わせて」とか「男性の論理じゃん」とか「仕事で不都合じゃん」とか……てめえは一旦日本史の勉強をし直せ! んなもんは江戸時代より古く然も尼将軍だった北条政子は如何なんだよ。頼朝に一途で然も時には親父を隠居謹慎に追い込む政子は女性というハンデを抱えながらも時の武家政権を支えて更には後鳥羽上皇と対峙したんだぞ。此の点からも先の「男性の論理」というのは通じないんだよ、其れが罷り通るなら何で北条政子は敢然としているんだよ。
 其れから「時代に合わせて」……というが其れだと「時代に合わせて学校では金髪でも良いんだよ」とか「時代に合わせて教師は煙草を吸いながら授業をしても良いんだよ」とか「時代に合わせて食品加工工場ではへそ出しルックで作業しても良いんだよ」と成ったら如何する? 此れは余りにも無責任な論理じゃないか。時代に合わせる……じゃなく時代の前に「其れは人として良いか悪いか」此れだろ、三島一八あああ! 時代じゃない、根本は時代云々で変えて良い物じゃない。其処を履き違えるな!
 後は「仕事で不都合じゃん」だろうが……えっと、所詮は最初の時だろ? 時間を経るとそんな物は気にしなくなる。そうゆうのって消費税の税込と税別のどっちに固定させるかさせないかの違いと如何変わるんだ? 結婚して苗字が変わる位は問題に成らん。抑々苗字を何方に固定するかは夫婦間で協議し合えば良いだけじゃないか。両方仕事で不都合なら其れこそそいつ等の仲は続かないって事じゃないか。自分はそう思うぞ。
 まあ最後のは反論としては少し強引過ぎたな。兎に角、三島一八の賛成理由はどれをとっても納得のゆく話が一つもないと自分は思ったな。寧ろ奴の勉強不足が露呈して逆に其のチャンネルを信じて視聴して来た人達への裏切りを与えているとしか言いようがないし、逆に間違ったメッセージを送りかねないな。なので……選択的夫婦別姓への賛成は余りにも無知から来ていると自分はそう印象に感じたな。
 雑文内容でもそうだが、補足しても夫婦別姓は選択だろうと絶対にやっては成らない。あれは元々姓が在ると困る特定アジア三国(露助は除く)の悪だくみの為に在るようなもんだ。或は寄生したいマルクスの論理を実現する為の其れだ。マルクスの人生についてはプロのテツヤが詳しく論じてくれているぞ。※のURLをコピペしてクリックするだけで良い(注:頭文字にhを入れるのを忘れずに)。だから何でマルクスが共産主義と如何関係するのかわからん夫婦別姓を主張しているのか其れでわかるぞ!
 以上で雑文の解説を終える。


 ※
 参照動画: ttps://www.youtube.com/watch?v=CSnGMvnGHxY
 【教えて!ワタナベさん】日本も危ない?「革命」の原理~マルクスが目指した共産主義・社会主義の正体 [桜R1/10/19]
 投稿日 19/10/19 投稿者 SakuraSoTV


 別に外国の事例を持ち出さなくても日本史や古事記や日本書紀を呼んで俯瞰すれば大方の事は現代でも通じるからな。だが、西洋保守被れの連中は外ばかりを持ち出してパヨパヨチーン共を論破する術に欠けているんだな。如何に内側を調べ上げる事に欠けているのか? 如何に自らの肉体の可能性を認めようとしないのか? こう思うと所謂保守論客の正体も判明して来るんだな。ま、そいつ等から学ぶべきことは多々あるのも事実っちゃあ事実だがな。そんじゃあ今回は此処迄。二回目はないよ!

tag : 雑文 KAZUYA 新型ウイルス 夫婦別姓 支那

試作品 お金様おまけ篇 ザ・ネゴシエーター 其の五

 如何もdarkvernuです……水田議員虐めをする特定糞野党共とマスゴミには滅意すら感じる今日此の頃。殺意を飛び越えて滅意だぞ、憎くて憎くて仕方ないチャンネルチェリーと同様の感情だぞ。とてもじゃないが理性的じゃないぜ!
 では気を取り直してやってみよう……だからって今回の話がチャンネルチェリー絡みなんて有り得ないからな。だって其れ、市子ちゃんでやったし達美の過去話でさらっと流すようにやったんだ。此れ以上フルボッコする程か?

 未だ未だ一万文字の道は険しく、遠い。依って話は続く。今回の御話は元大手広告会社に勤めていた小太昭氏との交渉だな。彼は裏の残党から受け取った技術を使って肉体強化して自分を解雇した古巣の今の社長を人質に取ったのだよ。
「何故、そんな事を!」
「ピギイ、わからない訳がない。私は古巣に戻って来たのだ。其れなのに此の禿は私の居場所を一方的に奪って依りを戻そうとしないのだ。許せるか、だからさすらい流と結託して嘗ては柔道部員だった元の肉体に戻してやったのだ」
「柔道部だったのですね……じゃなくて其の為に裏と結託するなんて!」
「た、助けてくれ。月収は沢山だ、出すから……ぼ、ボーナスだって幾らでも、だ、出すから。た、頼むからわぁ、わしを助けてくれぇ!」「五月蠅い、心臓を抜いて絃で作った偽心臓を植え付けるぞ!」
「ヒィイイイ!」偽心臓は余りにも惨い!
 今回の交渉相手は嘗てお金の件で争った者達の一人。ビットコインに依る天下を目指して突き進む物の結果は大衆の支持をこじつけられずに自然解散。今ではビットコインを憎み、自分を不幸にした一般大衆と広告代理店に対して逆恨みを決行する始末なのか。だとしてもこんなの非常識極まりないな!
「貴方は前に自社製ビットコインを自国通貨の代替品を画策する組織に所属しておりましたね」
「そうだぞ、其れが何か?」
「じゃあ何で其の夢を引き継ごうと思わないのですか?」
「誰があんな不気味な物を流行らすか!」
「拾ってくれた組織を蔑ろにするのは如何かしております!」
「どうかしているのは此の世の中だ。私の存在を蔑ろにして何がサイボーグノミクスだ、何が極めて遺憾……だ!」支離滅裂に成っている、絃で肉体強化した代償なのか?
「本当は良い思いしたいからそんな組織に所属したのですか!」
「其れの何が悪いか!」
「信念がないのですか!」
「そんな物で食べて行けるか、バーカ!」
「何という下らない精神か!」僕は信念のない奴等をどうしても許せない時がある……こうゆう事を指すのだな!
「本当は任せておきたいが、一旦交代だ!」其処へネイキッズがやって来て僕を押しのけて前に出たよ!
「お前はさすらい流の奴が言っていたネタバ=レ--」
「ネイキッズだ、名前を間違えるな!」今の名前を最も優先するのは相変わらずだね、ネイキッズ。
「どっちでも良い、お前を打倒すれば私は一生遊んで暮らせるお金を手に入れる事が出来る!」
「そんな絵に描いた餅を信じてさっき懲らしめた残党の言う事を聞くのか」懲らしめたのだね、多分力を用いずにやったと僕は考える。
「其れでもこんな不公平な世の中を変える為には其れも仕方ないだろうが!」
「アル中男だぞ、マルクスは!」
「は?」
「いや、こっちの台詞だ。共産主義者が世の中の悪化を望むように今も悪いニュースを垂れ流している。お前も立派な被害者という訳だ」
「ネイキッズ、其の話は他所でしようよ」と僕は話の腰を戻すよう助言する。
「済まんなぁ、脱線したな。信念では物は食っていけない……確かそう言ったな!」
「当たり前だ、其れが真実であるのは紛れもないだろう!」
「其れは少し違うな。信念は金に成る。其の証拠にゴッホの絵画に対する信念は死後彼を神の領域迄高めたのさ!」
「死んでしまったら楽をした気分に成らないだろうが!」僕も同感だよ、ゴッホを持ち出すは少し無理があるね。
「或はニーチェみたいに晩年評価され始めた哲学者も居ただろう」
「に、ニーチェ?」
「知らないか? ツァラトゥストラはかく語りきのニーチェを?」
「あ、あれってニーチェだったのか!」
「彼は生きて信念を金に変えたのだ。後はガンダムのあの監督だろう。最初こそ打ち切りの憂き目に遭っても再放送をきっかけに人気は爆発して三部作のアニメとガンダムシリーズというコンテンツを作り上げた。其処には糞みたいな作品も幾つかあるだろうが其れでもあの監督の信念あってこそガンダムというブランドは確立したのだ。わかるだろう、信念は金に成る。其れを以てすれば何故信念を侮辱出来ようか!」
「そ、そんな事が……ウワアアア!」額に縫われた絃が外れて行き、やがては元の小太り体型の小太氏に戻ってゆく。
 筋肉が脂肪に変化すると掴む力も緩んで社長は其の隙に僕達の所迄駆け寄り、其れと同時に毎回恒例の機動隊が駆け付けて小太氏を確保したな。
「良かったよ、ネイキッズの交渉が通じて!」
「ウググ、少し眩暈が!」
「どうしたんだ、ネイキッズ?」
「少し、席を外す」ネイキッズは何処かへと姿を消してゆく。
「まさか、其処迄傷が!」
 一万文字達成という約束は果たしたかな? 取り敢えず続きは商業用にてお送りするね。


 という訳で次回からは新興宗教のようこそをお届けします。来週だぞ、其処は宜しくな! じゃあ今回は此処迄。

tag : 試作品 お金様 ザ・ネゴシエーター

二回目の雑文は……イヌワーキの言う通り昔から所謂保守論客共はエンタメ性の勉強が足りん!

 如何も……偉そうなタイトル付けているけど、「お前もエンタメ性とか色々足りなさ過ぎるだろうが、バーローめ!」と突っ込まれても仕方ないdarkvernuです。
 二回目を始める前に『格付けの旅』の青魔法の章06の二ページ目が終わり、三ページ目に入りました。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 そんじゃあ最近ヨウツベ大学でデマばっか流して叩かれてばっかのあっちゃんを馬鹿にする形でショートストーリーをお届けするぞ。

 日本の教育は問題だらけ。筆頭がやはり歴史教育。誰もがそう思って当然。だが、問題点は其処だけじゃない。日本人にとって当たり前の国語も大分問題だらけ。其れは作者が何時も主張する国語教師に従うような文章題の解き方を勧めるだけじゃない。暗い話ばかりを勧める国語の教科書もそうだ。此れは作者が主張しなくとも探せば幾らでも見つかる国語教科書問題だからこそ在り得る問題。其れと数学もそうだ……数学が何に役立つのかを小学校から大学に至る迄一切教師陣は誰も理解していない点だろう。此れで数学好きが広まる訳がないし、物を活用するという本来意味の在る行動もとれる筈がない。数学同様に理科の教科書も或は社会にとって不要な技術ばかり教わる体育も後は日本人にとって不要な英語教科もそうだ……だからこそオリラジのあっちゃんは立ち上がった。ヨウツベ大学は日本人の教育界に暗闇が射すのを止める為に立ち上がったのだ。
 彼の発信は確かに効力を発揮して今では平均百万程の再生数を稼ぐヨウツベの人気コンテンツと成った。だが、其れで本当に良いのか? 彼の授業を本気にして良いのか? 何か……あっちゃんのヨウツベ大学には問題点が在りそうな文体だとお気付きだろう。問題だらけなのだ。作者は其れを実際視聴した訳ではないので生々しくより詳しい内容を此処に紹介しない。
 其処で識者が指摘する問題点をショートストーリーにしてみた。題して『あっちゃん格好悪い、チェケラ!』と言った処か?

 昔々或る所に時間軸が何故か現代風の寺子屋が在りました。其処であっちゃんを信奉する生徒とちゃんとした知識を有する先生のやり取りを紹介しよう。
「では問題です、日清戦争は何を以て起こりましたか?」
「はい、日清戦争は張作霖爆殺事件がきっかけで起こりました」
「えっと、小太郎君。張作霖爆殺事件は日清戦争が起こってから三十三年後ですよ」
「あれ? えっとじゃあ盧溝橋事件がきっかけで起こりました」
「其れは日清戦争から四十数年後ですよ。あのう、日支事変と混同して居ませんか?」
「だってあっちゃんがそう教えていたんだよ!」
「其れは大問題ですね。じゃあ少しわかりやすい事も紹介しましょう。えっと鎌倉より起こった新興仏教ブーム。具体的には語りませんが新たに誕生した仏教は全部で幾つ?」
「其れわかるよ、六つでしょ」
「じゃあ何と何と何……かな?」
「臨済宗、浄土宗、浄土真宗、曹洞宗、時宗、日蓮宗でしょ?」
「じゃあ其れ等が如何ゆう風に大別しているかわかるかな?」
「うん、座るのが臨済宗、曹洞宗で唱えるだけが其れ以外の四つでしょ?」
「いやいや……其れ聞いたら日蓮激怒するし、一向宗の顕如や蓮如だってブチ切れますよ!」
「え? 何か違うの?」
「後は曹洞宗の道元も此れには激怒しますね、臨済宗は実際座るのではなく理論家の栄西らしく蘊蓄の如く唱える所に重点を置く……一方で曹洞宗は御託を並べるのではなく唯無心に却るように座禅を組む。違いについては(※1)をコピペしてURLにクリックだ! 此処を読めば道元が激怒する理由もわかるぞ!」
「え? そ、そうなんだ」
「他には浄土宗と浄土真宗も大きく違う。幾ら左界隈とはいえ、五木ひろしの名前の由来でも在る五木寛之だってこんな訳わからん大別をされたら何言うかわからん。つーか浄土真宗に詳しい五木寛之なら知った時点で確実に反論してもおかしくないぞ!」
「如何ゆう風に違うの? お経唱えるのは同じでしょ。
「南無阿弥陀仏は同じだけど、全然違う。先ず法然は親鸞に何かしら教授したけど、其れはあくまで阿弥陀如来に於ける話で在って親鸞は法然の教えだけでは不十分と考えて更に改良を加えたんだよ。其れが南無阿弥陀仏を更に発展させた浄土真宗に繋がるんだ。詳しくは※2のURLをコピペしてURLにクリックだ!」
「じゃ、じゃあ日蓮宗は如何成るんだよ。時宗は如何成るんだよ!」
「其処から先は自分で調べるんだ。兎に角一遍も日蓮も浄土宗とかと一緒にされる事を思いっ切り激怒するからな。『仏教を舐めるな!』ってあっちゃんに突撃する筈だからな」
「何が正しいのかわからないよ!」
 寺子屋は今日も平常運転だな。

 とまあ此のような形であっちゃんが紹介した知識が如何に相手を誤解させるかを一部紹介した。全部紹介する迄には至らないが兎に角、あっちゃんの素晴らしい開拓事業に賞賛を与えると共に稚拙な部分については首を傾げざる負えない。そして此れだけは断言出来るだろう……サウスタウンの大日本人は正しかった、バナナ興業があっちゃんを解雇にしたのは正解だった、と!


 ※1 ttps://www.zen-essay.com/entry/syugyoukan

 ※2 ttps://true-buddhism.com/shuha/jodo/

 取り敢えず臨済宗と曹洞宗の違いについては※1のURLを、浄土宗と浄土真宗の違いについては※2のURLを参照にして下さい。自分は其れから引用してショートストーリーで紹介しただけでそっちの方がより詳しく両者の違いとかを知る事が出来るからな。
 にしてもイヌワーキの言う通り、あのオリラジのあっちゃんが調子づいてしまう程に言論界は未だあっち界隈の天下が続くなあ。あっちゃんの動画を詳しく見ていないのは前の雑文でも紹介した通りだ。其れでもあっちゃんの話題を追うきっかけに成ったのはやはりイヌワーキの動画を見ての話。或る動画のURLをクリックして三大宗教の違いとかを自分なりに学んだ自分。日本が多神教ではなく、汎神論で在る事を知ったのもイヌワーキの御蔭だから……有難う、と同時にやはりイヌワーキの言う通り所謂保守界隈は余りにもエンタメ性とやらを無視し過ぎだからな。
 だからこそ戦後七十五年目に入っても世論が憲法改正とかテレビを本格的に離れるという行動に出られない理由でも在るからな。何か……DHCテレビもそうだけど、どのチャンネルもエンタメ性を活かす番組が少な過ぎる。「此れで心置きなくテレビや新聞から離れられる」なんて思うか、此れで? アニメを発信する番組とか或は実写ドラマを発信する番組とかがDHCとかチャンネルチェリーとかチャンネルゼーゼマンには……無い、余りにも無さ過ぎる! 自分がイヌワーキの或る動画を見て真っ先に思い浮かんだのは其れだな。ネットフリックスにだって在るんだぞ、米民主党支持の会社にだってエンタメを追及するコンテンツがな。だが、DHCにはドラマを発信する番組とか在るか? 在っても自社商品を売り込む其れしかないだろ? でも化粧品とかでも結局はエンタメ性を広げるという意味で効果を発揮すると思うだろうか? 自分にはそう思わないな。寧ろ、此れだけじゃあ焼け石に水でしかない。流石に少し、なあ。DHCだけじゃない、自分が憎くて憎くて仕方ないチャンネルチェリーにはエンタメ性を発信する番組が一つも見られない。堅苦しい教育番組とか討論番組、其れとニュースの解説番組だけで「此れで心置きなく新聞とかテレビを離れられるぞ、おおお!」なんて思わんだろ! 此れなんだよ、戦後七十五年目を迎えても抱える所謂保守言論界の稚拙な部分は。ケーブルテレビだろうが何だろうがもっともっとエンターテイメントにやらないと巻き込めんぞ。
 と批判してばかりでは意味がない。自分は提案する……テコンダー朴をアニメ化してDHCでもチャンネルゼーゼマンでもチャンネルチェリーでも良いから発信してくれ。勿論、護憲派でお馴染みの小山力也を始めとした声優陣を取り込めなくても良いが、京アニとかサンライズとかプロダクションアイジーとか何でも良いからアニメ制作会社及び発信会社を自社チャンネルに取り込んでアニオタ共を始めとしたオタク界隈を取り込めばきっと此れから空前絶後の保守ブームを巻き起こせるぞ! 或はゴーセンネット道場でゴーマニズム宣言のアニメ化……出来るだろう、小林よしのりよおお! 何でお前は其れ出来ないんだよ、しようと思わないんだよ。マジで小林よしのりの視野の狭さには絶望するしかないぞ。え、声優? お前の役はお前がやれ、他は素人でも有名声優でも良いから引っ張って来いよ。
 という訳で此の段落から提案を纏めるとテコンダー朴のアニメ化、其れと男頃さんのアニメ化、出来ない道理じゃない筈だぜ。保守界隈のチャンネルに足りない一つがアニメがない事。アニメのパワーを信じるんだ、声優とかアニメ制作会社は何とか引き込んでやれば出来る筈だぞ。次にあっちゃんの番組に負けないエンタメ性を追及した初心者でも楽しめる教育番組だな。イヌワーキがあっちゃんのヨウツベ大学の褒める点のビギナーに優しい仕様を追及した番組一つ在るだけでも違って来るからな。確かにチャンネルチェリーにも二流映画評論家のマエダがやっていたあの映画評論というエンタメ番組は在るだろうがあれじゃあ意味がない。所詮は保守だの何だのに合わせて堅苦しい内容を紹介しているだけだ。そうじゃなくて誰でも入りやすいように設計してやらないと駄目なんだよ、其処が余りにも足りない。初心者でも楽しめるエンタメ性を追及した番組を一つ。最後がやはりあっち界隈が跋扈する芸能界を潰しに掛かるように所謂保守界隈出身の芸能人育成の場を設ける事だ。ヨウツベニはヨウツベ専門の芸能人が居るように所謂保守界隈にも保守芸能人の育成を進めるべきだろう。最初こそあっち界隈で居場所のない芸能人を次々と引き抜いて少しずつ定着させる事だ。此れは一朝一夕では難しいだろうが、中にはかなり上手いのに不遇な芸能人も居るだろうしな。そうゆう連中を次々と引っこ抜いて新人育成を進めて行くんだよ。此れで新聞やテレビの力を大分削いでより一層ネット社会への関心を高めて行く訳だ……何で出来ないんだろうなあ、こうゆう古来から続いて来た簡単な方法を所謂保守界隈の連中はしないんだろうか? うーん、「エンタメ入れると保守を軽薄にしてしまう」とか思っているんだろうな。軽薄なのは何処も一緒だ……と反論しておこうか!
 其れじゃあショートストーリーの解説を終える。

 散々小林よしのりを馬鹿にして来た自分では在るが、まさか奴に提案するとは思わなんだ。大嫌いで大嫌いで仕方ない小林よしのりに「ゴーセンアニメ化しろ」とか提案するとはな。自分も焼きが回ったか……尤もこんな路傍の石みたいなブログをあの馬鹿が見回っているとは思えんけどな(哀)。
 という訳で二回目の雑文は此処迄。チャンネルチェリーは死んでもアニメとかやらんだろう。だってアーサー・グッドマンみたいな体型をした社長が都で可決した表現の自由規制法に賛成票を投じるような野郎だからな。発想が古過ぎるからな、だから黒軽部に糾弾されるんだよ!

tag : 雑文 雑学 オリラジ 中田敦彦 保守チャンネルにもドラマ番組を! 小林よしのり ゴーマニズム宣言

格付けの旅 デュアンは浮力の宇宙を体験する 現実に近い地獄へと降り行くデュアン

 天使術……其れは文字通り天使だけが仕える術。此れに関する情報を今の所俺は持ち合わせていない。
 と言ってみるが、パンツ一丁に成って両手を吊し上げられるとはな。其れに年中日の光が当たるなあ。肌が彼方此方痛い。硝子窓を利用して数十倍に迄光度を高めて俺を焼いているそうだな。拷問としては十分過ぎる方法だぞ。
「そろそろ吐くんだ、異邦人。お前が持つ全てを」
「吐かなければ更に光度を上げるのか?」
「其の通りだ、其処の異邦人。其の魔法とやらは此の世界ではちゃんと意味を為すのか我々は知りたいのでね」
「為さないな、実は。何度も試しては見る物の……精密射撃を可能としないんだ。ヒッグスありきであれは放つ事が出来た代物だからか?」
「ヒッグス? えっと……物に重みを与えるという重量粒子とやらか? 何方にせよ、そんな物は既に否定された後だろう。『相対性理論』を舐めるなよ」
 此の世界にも『相対性理論』は在ったか--今更だが、魔科学世界に於ける『相対性理論』が在るように数科学世界にも顕然と存在する『相対性理論』の正確さには舌を巻かざる負えない今日此の頃。
「俺を如何する気だ? 人体実験するつもりなら天使のイメージガタ落ちだぞ!」
「我々を少し誤解するようだが、戦争に勝つ為には手段を選ばん。どれだけ悪名を背負おうとも貫かねば成らない信念が在るのだ!」
「其の為なら人々の心を蝕んでも、か?」
「『政治』は何処へ行こうとも『民主主義』という物には付き合わないといけない」
 『民主主義』を天使共も口にするとはな--他人の意見を一々聞いていられない……と思えばどれだけ良い事か!
 政治……何時も誤解を受けやすいのだが、所詮は祭事を小難しく表したに過ぎない。要はどれだけ世の為人の為と謳おうとも所詮はショービジネスの一環に過ぎない。其の為に国民共は『政治屋』共の言葉に左右され、安易な判断を下しやすい。まあ其処から先は『民主主義』の項目にて詳しく説明しておこう。兎に角、祭事を難しくした政(まつりごと)。政を以って世を治める……其れが政治。なのでショービジネスが罷り通るのは当たり前の話だという事を忘れずに。
 民主主義……今迄試みて来たどの政治形態を除けば此れ程最悪の政治形態は他にない物。と在る俺の世界に居た或る高名な政治屋の言葉を借りればそうゆう物。如何ゆう意味かを俺なりに述べるならば使い方を誤れば此れは災いを齎す、と其の政治屋の爺さんは云ったそうだな。兎に角、民衆の手で政治を決めるという一聞するととても良い制度のように思うだろう。だが、馬鹿ばっかりで代表者を選んだらどれだけ災いを齎すのかを知らないといけない。政治でも述べたように安易な選択がどれだけ災いを齎すかを知らないと此の制度は亡国へと転がしてしまう。そうだな、上級魔法が素晴らしいから全部上級魔法に決めてしまえ、という意見ばかりが集中したら如何成る? そうすると確かに強力な魔法で安易に勧められるように思えるだろう。だが、上級魔法はマナの消費量が激しいだけじゃなく詠唱時間が非常に長い。おまけにそんな詠唱時間中に相手は如何するかを考えると下級或は中級を絡めて上級魔法の詠唱を妨害する事で勝利を掴んで来る。結果、上級魔法だけのパーティーは全滅。勝利したのは下級或は中級魔法だけのパーティー……強力な魔法を持つのに何故敗れたのか、という総括に成って来るのだからな。少しわかり辛いが、つまりそうゆう事だ。言葉尻が良い奴が何でも出来ると勘違いしてそいつを多数決で代表にするからって必ずしも良い政治に結びつくとは思えない。そうゆう意味で民主主義とはショービジネスを見極めない愚民が使用すると亡国へと導く代物だ。此れを忘れないように。
「長文過ぎるな、眠ってしまうだろうが」
 済まないな、俺の悪い癖だ--とはいえ、大分マナを蓄える事に成功した……後は如何やって弾かせるのか、楽しみだなあ!「貴様、何か放つ気だな?」
「--さあ?」俺は静かに全身の筋肉を収縮する魔法を唱える。「--其の手の御経が何か?」
「経を唱える事は即ち……良し、やれ!」
「拙い……ウグああああ!」全身に降り注ぐ紫外線魔法否天使術が俺の肌を益々火傷へと晒す。「呪文詠唱に失敗した。却って肉体を更なる危機に晒してしまった!」
 俺は一転して危機に立たされる。相手は只の機械じゃない。機械だと思い込んだ俺の過信が危機を招いた。何時から自分以外をパターン通りの機械だと思った?
「あの異世界人、如何やら過信が招いたミスに動揺している様子だ。如何思う?」
「推察するに自分が一番だと思い込んでいるだろう」
 私の推察ですと自分の力なら上手く行くと思い込んでいるだろう--何方も外れだ……意外と奴等が行う相手に対する推察は俺が思っている以上に当たる気配はないな。
 『他人は自分が思っている程愚かでもなければ賢い訳でもない』という全世界共通の真理に通じる諺通りだな。
 他人は自分が思っている程愚かでもなければ賢い訳でもない……別に此処迄長文でなくとも構わないが要するに相手を過少も過大もするなって意味さ。前者の場合は「何時も通りこんな事をすれば簡単だろ」という思い込みから相手からの思わぬ反撃を受けて膝を挫く。後者の場合は「いや、待て。奴等なら不可能を可能にしてしまう」と思い込んで逆に反撃の準備を与えてしまう事を指す。何方にしても如何に相手を考えて手を打つのが難しいのかを表す物で如何に予言の類とかが当てに成らないかを表す。要は何でも相手を見抜けたら面接官は今頃政権の御意見番として永遠に鎮座しているだろう。そうゆう意味だよ。
「其の表情、如何やら我々の過大評価を表しているな」
「気付かれたか。あんたらはこんなポジションは役不足じゃないか?」
 其れを決めるのは君ではない--一部の隙もない範論を出されては返せないな……確かに決めるのは天使の偉いさんがするもんだな。
「さて、楽をしているから更に痛い目を見て貰う!」
「--ウガアアアアアア!」此奴等、本当に天使族かよ。「--いい加減にしろ、リクイップウウウウ!」
「抜け出したな、馬鹿め……『イーノック』ウウ!」
「了解シマシタ、直グニ異邦人ヲ討伐シマス!」
 『イーノック』……そう呼ばれる機械人形が真下より俺を討伐する為に百もの腕を広げて襲撃して来る!
 俺はそいつを相手に慣れない格闘戦を演じる……「畜生、やっぱ格闘技を俺は出来ない!」だが、神才と呼ばれかねない俺でも格闘技の才能は無かった--なので『イーノック』の羽交い絞めに全身を搦め取られて今にも全身骨折及び内臓破裂は避けられない状況に追いやられる!
「何とか筋肉硬化術とやらで『イーノック』の関節技を耐えるようだな?」
「だが、格闘技だけが『イーノック』の十八番じゃない」
「天使術を示せ、『イーノック』」
 野郎……急降下を、始めたな--関節技でも俺を砕ける事が出来ないならいっそ奈落の底迄叩き落す程に効果を始めやがった!
「少々地獄に首を突っ込む事には成る」
「侵犯の口実を奴等に与えますよ」
「構うもんか。其の時は汚い政治手段で言い訳をすれば良い」
「悪魔共に言える口ではないな」
「例のあれを解析しなければ……な」
「あれか……果たしてあれは我々の『救世主』と成るのか? 或は世界を滅ぼす『魔神』と化すのか?」
「其れを決めるのは『天のみぞ知ります』ね」

 天のみぞ知る……実に便利な人為的な事柄では如何する事も出来ない運命用語。其の先を知る事が出来るのは天のみ。其れ以外は天の操り人形に過ぎない……真理を突き付ける実に便利な諺と言えよう。だが、此奴を俺は認めん。
 咄嗟に俺は『イーノック』を叩き付けて脱出。運命に身を委ねるよりも寧ろ運命を自ら切り開く事でしか生命は運命と向き合えない……俺はそう思っている。仮に俺の完全なる死が確定済みで在っても俺は延命する自由も自殺する自由も決める権利が在る。俺は絶対に其れを譲らない。譲る位なら俺は全てを蹴散らしてやる。
「ヘッヘッヘ、堕天したのが一人……見っけ」
「よお、地獄に叩き付けられて無事だなあ。浮力が上昇させたくて仕方ないんじゃない?」
「歓迎するぜ、但し抵抗したら死在るのみだって気付いたあ?」
「まあ逃げても良いぜ。此処には塵屑ばかりが集まる訳だしなあ、けっけけ」
「お姉さんと何発もやらない、見た感じ童貞君だし」
「大歓迎よ、お姉さん達はちゃんと卒業の手伝いもしてあ・げ・る」
 地獄のような天国から一転して俺は天国のような地獄に堕ちてしまった。だが、そん所其処等の雑魚にやられる程俺は弱くない。魔法を使わずとも素人憲法で何とか全員地面に尻餅させるだけで十分。
「速過ぎる!」
「何時、動いたんだ……羽が付いていない癖に!」
「抑々、『滑空力』を使わずに如何やってあんなに速く動けるのだ!」
 如何やら此の世界には他にも力学法則が在るそうだ。特にあいつ等の翼は『飛翔能力』という点では天使や堕天使には劣るだろう。だが、下に向かって急降下する能力。要するに地面に素早く滑らせる『滑空力』と呼ばれる技術では恐らくトップクラスだろうな。
 とはいえ、長基線は避けたい。今の俺は此の世界に於ける法則を未だ未だ理解が及ばない。理解が及ぶ迄逃げるが勝ちで往く。
「足も速いのか……クソウ、『空気抵抗』は如何成って居るんだよ!」
「撒かれた……あれだけの速度なら、如何考えても肉体に掛かる空気の塊は相当重い筈。如何成って居るんだ、あの羽根なしは!」
「いや、有り得ん。一瞬だぞ。幾ら速度が速くても目で追えない速度に成る迄は加速時間が在って然るべきだろう。直ぐにトップスピードは有り得ん!」
 奴等は科学にも詳しいようだな。下品だけで此の天国のような地獄を渡り歩けない訳だな。
「フウ、お前さん……追われているようだったな」
「誰だよ。俺みたいな得体の知れない奴を助けるなんて!」
 俺はクロード・ベルフェゴールだ……宜しくな--悪魔の中には天使に近い精神性を持つ者も中には居る。


 NEXT PAGE クロードを襲う悲劇

tag : 格付けの旅 小説 SF 冒険 ファンタジー

日本人差別をする大阪攘夷の会は今直ぐ皇室破壊公約大阪都構想とヘイト法案の取り下げに邁進しろ!

 と命令口調のタイトルでツイッター弁護士の傀儡政党攘夷の会を糾弾するdarkvernuだ。え、「そんな政党はない」って? 自分を始め出来る限り別名で呼称してあげているんだぞ、だが……ユーザータグだけは一切嘘を吐いていない。其処を着目すればわかる筈だ。ユーザータグを見ずとも尊王攘夷運動が明治維新に繋がっているという一連の流れを考えればどの政党を指すかなんて直ぐにわかる筈だ。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 今回は二本立てだからな……言っておくがヘイト政党攘夷の党への此れでもかっていう位の糾弾は一回で済ませる。

 大阪都構想が実現してから十年の歳月が経ったんだ……「ヒャッハアア、日本人狩りだあ!」現実は小説よりも奇なのか大阪は嘗ての姿を無くし、部落の部落による部落の為の地方自治体と化していたんだ。
「我々入れ墨星人は部落と在日を守り、日本人を徹底的に皆殺しにする事にしたんだ。悪く思うなよ!」
「ヒイイ、助けてくれえ!」
「甘い、消し炭だああ!」
 ギャアアアア--大阪都を占拠した入れ墨星人は先ず日本攘夷の会を全員皆殺しにして自分だけの大阪都にしたのよね。
「全てツイッター弁護士と久我重明とマスターヨシムラのせいだ。あいつ等が大阪都を実現させなければ!」
「其れを応援した千田祐樹の禿も悪いんだ!」
「お前等ヘイトしたな、依って死刑!」
「ヒャッハアア、チョッパリピース!」
「ちょ、ちょっと待て。在日共もヘイトスピーチしてるじゃないか!」
「あれは只の悪口。だが、お前ら日本人は別だ!」
 ギャアアアアア--ヘイトスピーチは日本人しか適用されないという不平等な要件……大阪都を中心に日本は益々、ヘイトの波へと呑まれゆくのさ!
 そんな地獄と化した大阪だが、希望は在ったんだ……「待てええええ、入れ墨星人!」そう、五人の小さな勇者達--今や五人の大きな勇者として再び立ち上がったんだ!
「お前達は……勇者守、茜、匠、久、武か!」
「守君と結婚して二児の母と成っても勇者は止めないんだからね!」
「ホームレス生活するけど、正義の心は此処に在り!」
「何か知らんけど、海外出張間近なんだよ。でも御腹は昔のまんま」
「ビジネスチャンスの真っ最中なんだ、さっさと終わらせてさっさと仕事に戻りたいんだよ……僕は」
「始末書が恐くて正義のヒーローが出来ない訳じゃない。正義の為なら何枚だって始末書を書くのが俺達勇者だああ!」
「甘いな、五人の勇者。俺達は昔とは違う、掛かれええい!」
 だが、十八体居た入れ墨星人は僅か一分で沈黙したんだ。昔と同じだったんだ。
「た、助けてくれて有難う。で、でも仕事は大事でしょ?」
「大丈夫だ、俺はニートで就活中だけど正義の心迄は失っていないからな!」
「ちゃんと取引先には遅刻する事を連絡しておいたんだ」
「こんな事も在ろうかと僕はスケジュールに空きを入れたんだ」
「今は変わり過ぎているけど、みんな根本は昔と変わらないね」
「そうだぞ、正義の心迄失ったら誰が入れ墨星人が支配する大阪都から平和を取り戻せるんだ。誰も代わりが出来ないなら俺達がやるしかないだろうがああ!」
「有難う、五人の小さき勇者達。有難う、今は五人の大きな勇者達よ!」
 大坂の現在は暗闇だろうと正義の心は永遠不滅なんだね!


 という訳で『五人の大きな勇者達』をお届けしました。此方は若しも大阪攘夷の会が大阪都構想を実現した時、抗議する形で連載する予定だからな。其れにしても相変わらず馴れーしょんは難しいなあ(辛)。コンセプトはチャージマン研のパクリで大阪の侵略を目論む悪の入れ墨星人を五人の小さい勇者達が打倒してゆくキチガイヒーローアクション物さ。少し悲惨な未来を舞台にして更には其々千差万別に大人と成った勇者達の現在をお送りしているって訳さ。にしても匠がニートというのは余りにも悲惨過ぎるぜ(笑)。
 さて、時事ネタの解説をすると……糞大阪地検め、法律のイロハを本当にわかってんのか(激怒)! 細かい様々な法律の勉強をして合格して更には裁判官に迄登り詰めた法律家の癖に根本的な事さえも理解せずにヘイト法は合憲とか……マジで殺意が湧いて来ないか? 余り過激な事を書きたくないが、こんな阿呆な判決を出し続けるせいで余計に日本は住み辛く成るんだぞ。何とか成らんのか、今の糞みたいな司法制度を! 後は去年の丸ちゃんの時もそうだけど攘夷党は徐々に化けの皮を剥がして来たな。千田祐樹の馬鹿は純愛の頃から人を見る眼が無さ過ぎるぞ。あの黒軽部に対して暴言染みた議論をしたツイッター徹に依って結党した時点で直ぐに正体がわかるだろうが。其れだけじゃない、自分は最初の大阪都法案否決の頃から「大阪都の実現は皇室を分断化させる」と警告する程に日本分断法案で在る事を断言したんだぞ。色んな識者が断言するように外国人乗っ取りを可能とする法案なのも事実だが、其れ以上に今の不安定な皇室事情を鑑みると此れが通ったら将来は現天皇陛下と天皇の位を密かに狙う秋篠宮殿下或はKコムロは必ず「自らは天皇」と名乗って大阪か或は東京にて決起するんじゃないかって自分は予想しているんだよ。皇室の人間は歴代の頃から完璧な存在ではない、かと言って我々と同じように扱っても良い存在でもない。其れでも論じずにはいられない自分が居る。故に歴史の中でわかりやすい部類を幾つか紹介すると次の通りだ。
 壬申の乱、平将門の乱(正確には将門が天皇を打倒して自ら新皇に成ろうとした騒乱)、保元或は平治の乱、承久の乱、其れと南北朝時代……似たような事が大阪都構想実現後起こるんじゃないかって自分は予想するんだ。過去に起こった皇室を分断する一大騒乱が再び起こらないなんて誰が断言出来る? こうゆう事を……何で皇室に誰よりも詳しいダブルオーツネヤスとか他の所謂保守論客共は想定しないのか? 「皇室を我々がとやかく言うのは無礼に当たるぞ」とか言う意見だが、其れをカンジニシオは堂々と破っているんだぞ、既に。
 兎に角、ヘイト法案を平気で通して来る攘夷の党が勧める大阪都構想が日本乗っ取り計画の一つなのは過去にグッチさんの有名な失言「如何に日本を転覆させるか」とかで明白。対談相手がツイッター徹だから奴が其れを夢見ないなんて有り得ない話だよ。奴の傀儡政党攘夷の党だって同じ。だが、誤算が在るとすれば奴等は其れが皇室分断という望まない形での皇室破壊に繋がるとは気付いていない事なのだよな。だって大阪『都』何だぜ、ダブルオーツネヤスも言うように本来『都』ってのは天皇の御陵って意味だからな。京都が京の『都』って在るようにな。其れに気付かない秋篠宮殿下で在ると思うか? 悠仁内親王殿下を緊急で儲ける程に皇室の未来を密かに思う御方だぞ……多分、大阪都構想実現した時に動くと思うぞ。其れ位にかなり行動力が盛んな御方だからな……日本分断は別の形で実現してしまうぞ、絶対に!
 兎に角、自分としては大阪府で居たい。だからって糞みたいな大阪駄目大人党に大阪も任せられない。故に攘夷党には今直ぐにでもツイッター徹との断絶を宣言して更には大阪都構想とヘイト法案の早急成る取り下げと丸ちゃん追放の愚昧さを今直ぐに謝罪してさっさと大阪だけに専念して貰いたい。其れが自分の望む事だな。
 という訳で時事ネタの解説を終える。保守速報には是非共安定して日本の為と成るスレの増産に邁進して貰いたいぜ!

 そんじゃあ予定表を如何ぞ。

  予定日不明    第百三十七話 新天地のレット 其れは未だ見ぬ島国          作成日間
            第百三十八話 新天地のレット 恋は突然やって来る          作成日間
            第百三十九話 新天地のレット 新たな最強の銀河連合降臨       作成日間
            第百四十話  新天地のレット 初孫を見て老いを知る         作成日間

 『勇者の印』は未だに後半のプロットにも取り掛かれていない。だから前半は上手く行っても後半が如何も怪し過ぎるんだよな。だから予定通り今年の十二月に完結……出来ないんじゃないかって思って来るんだよな。幾ら脳内でプロットを立てられても実際は紙で記して立てたプロットの方が有効だしな。其れが未だに……なのが辛い!
 其れと先週大人気なくチャンネルチェリーが刑事事件を起こす可能性がある予想範囲を書き殴ったけど、一応チャンネルチェリーが実際に事件を起こしてしまった場合の未来も自分なりにお知らせする。やっぱ所謂保守界隈へのダメージは甚大な物に成ると予想する。何だかんだ言いながらも今迄チャンネルチェリーが所謂保守界隈を盛り上げて来たからな。ダイガーゲートニュースだろうとチャンネルゼーゼマンだろうと元を辿ればチャンネルチェリー無しに誕生しなかったようなもんだしな。故に所謂保守界隈は其処が潰れる事を非常に懸念しているんだろうな……だが、恐がる必要はない。時勢に乗れない企業は淘汰されるように時勢に乗れない保守界隈だって淘汰される……そう考えれば奴等が消える事に成っても自分達が代わりに成れば良いだけだ。其れとも代わりを任せられる自信がない程に憶病か? だったら日本の保守界隈なんて今直ぐに畳まなければいけないな、と自分は考えるけどな。
 という訳で今回は此処迄。二回目は少し経ってから始めるぞ!

tag : 雑文 維新言論弾圧 橋本徹 ハシシタトオル 松井一郎 吉村洋文 保守速報 皇室分断 大阪都亡国論 チャンネル桜

試作品 お金様 おまけ篇 ザ・ネゴシエーター 其の四

 如何も……あっちゃんやっぱ格好悪い、よチェケラってどっかのあっちゃんを盛大に馬鹿にするdarkvernuです。
 さて、今回の交渉相手はあっちゃんでは在りません。一度出したキャラをリサイクルして別キャラとして再利用するやり方は余りしたくないので其れは有り得ませんので。

「でも豚が船長でも最後には支えてくれる人達が居れば船は岸まで辿り着くのですよ。貴方は何が何でも現政権を扱き下ろす事に躍起に成って自らが馬鹿にされている事を気付くべきです--」
「ネゴシエーターの分際がああ、今直ぐに此の場で死ねええ!」僕は地雷を踏んでしまった--ま、間に合わない!
 其の時、ガトリングガンがイナーシブル細胞を次々と払い除けて行く! モールド・ヒカーンさんが応援に駆け付けた……でもおかしいぞ、此れは!
「ヒャッハアア、助けに来たぜええ!」僕はモールドさんの背後に居る見覚えがある人のお蔭で何故物理攻撃がイナーシブル細胞に通じたのかわかりました!
「助けに来たわ、古崎清一!」ミチルさんの絃がイナーシブルの細胞浸食を妨げるのですね!
「あれだけ隅々までトラウマを根付かせておきながらも未だ風鳥院の神カヅキの末裔サスレイガノとやらは愚鈍に抵抗するのか?」
「何で此の男に僕達さすらいの里の住人が抱える其れを知っているのですか?」
「多分、イナーシブルが直接グルメさんに言わせているのですよ。エンドレスイナーシブルは直接言葉に表す事が出来ないからこそ其れを代弁する器を求めてグルメさんを始めとした人達に乗り移ったのです!」
「な、何か壮大な話に成ってへん--」
「お前は黙れ、似非保守の幼稚で無知蒙昧な総理大臣を支持する三流芸人め!」
「はあ、話に成らないわ。古崎、ボディーはガードするから交渉は貴方にお任せするわね」余程、グルメさんの態度に相手をする無意味さを見出したのですね。
 とはいえ、僕で出来るのだろうか? 相手は嘗て保守論客として名を馳せた人物。其れなりの教養を持つのだから幾ら落ちぶれてもそう簡単に打ち崩せはしない。其れでもネイキッズならやるだろう、例え相手が自分より強い相手でも!
「だからこそ俺はあの低能なチンパンジーや人を見下すしか能がない感冒長官や失言だらけの副総理の皮を被った猿に真の保守とは何か、其れを俺は猿共にわかりやすく教えて諭して居るのだ。奴等は保守じゃない!」
「だからってそんな風に人を見下してどうするのですか?」
「見下す? 馬鹿に教えを諭すのは知識人として当たり前じゃないの--」
「其れは違うぞ、グルメさん!」
「何だ、此れは--」
「本当に貴方が保守なら守るべき最低の線を越えるべきではない。ですが、貴方のそんな度が過ぎる相手への非礼は守るべき最低の線を越えて最早品性さえも貶めている!」
「舐めた口を利くのじゃない、やはり貴様もB層だな--」
「B層じゃない……僕は、ネゴシエーター古崎清一だああああ!」
「な、何故なんだあああ--」
 ……あれ、何でイナーシブル細胞が一斉に飛散して行くのだ? 何が起こったのだ? 大日本人さんは解放され、グルメさんはイナーシブル細胞に囚われた機動隊が一斉に飛び込んで無事に確保した!
「どうやらイナーシブルも許容を超えた状態では相手を侵食し続けられませんでしたわね」
「ヒャッハア……でも、何故だあ?」
「其れは僕も聞きたいな」きっとグルメさんは自らの矛盾に気付いて其れを感じたイナーシブルが不適合と思って離れて行ったのだと解釈するよ。
 とはいえ未だ六千文字……目標迄後四千字程。未だ未だ道程は厳しいですね。


 という訳で来週もザ・ネゴシエーターをお届けしますね。其れじゃあ今回は此処迄。

tag : 試作品 お金様 ザ・ネゴシエーター

試作品 お金様 おまけ篇 ザ・ネゴシエーター 其の三

 如何も民主主義には懐疑的だが、其れでも他人を信じる事の素晴らしさに民主主義が在ると信じるdarkvernuで在ります。
 早速やって行こうか……ザ・ネゴシエーター!

 ネイキッズは如何も今回は宇宙に行って戻って来ないとミチルさんから連絡が入った。だから今回の案件は僕一人でやるしかないのか。でも出来るのか?
 其の前に場所と時刻を紹介しないと。ほら、5Wがちゃんとしてないと駄目だって良く言われるじゃないの。僕達は未だ未だ其れに関して未熟なのが残念。時刻は深夜の11時25分。場所はバナナ新喜劇のある漫才会場。通天閣の近くだとアバウトに紹介すれば少しはわかりやすいかな? 其処でお笑いコンビギースタウンのボケ担当大日本人さんを人質にする自称哲学者のグルメさん。然も会場全体はイナーシブル細胞で冒され、更には僕と大日本人さん以外は全員其れに呑まれて以って一時間の内に取り込まれてしまう。
「お前誰やねん! 何で俺を人質に取るのや!」
「五月蠅い、ネトウヨめ。貴様のような奴が居るから今の政権は調子に乗るのだ!」
「僕に集中して下さい。此の交渉者古崎清一が貴方の凶行を止めに来ました」
「B層の分際がこの私に話し掛けるなんて無礼だぞ!」
「何やねん、B層って--」
「死にたいか、お前のような扇動家が居るから此の国の未来は暗いのだ。民主主義が調子に乗るのだ!」グルメさんもイナーシブル細胞に冒されて何時でも最後の二人を呑み込むつもりでいるみたいだ!
「でも僕を取り込まないという事はつまり未だ僕をB層とは認めていない証拠ですよね?」
「当たり前だ。君は未だ愚劣で下賤なB層とは違うと見出している、ネゴシエーター古崎。民主主義の魔の手から解放する為にも是非、B層打倒に乗り出そうじゃないか!」
「出来ないよ、そんなの。こんな酷い事をする人がみんなをそうゆう風にレッテル貼りするのは人間のする事じゃない!」
「奴等は人間じゃない、B層だ。馬鹿に侵食された愚劣で愚鈍でネトウヨなB層なのだ。だからB層を滅ぼす為にエンドレスイナーシブルと契約したのだ!」イナーシブル細胞が強まっている……あの侭じゃあ更に支離滅裂と化すのは時間の問題か!
 とはいえ、僕の力で出来るのか? ネイキッズみたいに交渉に必要な圧倒的武力を持つ訳じゃない。何の力もない僕に? 其れに恐い、震えが止まらない。其れはあれが化物だからではない。化物みたいな人間との交渉に立ち入ったのは初めてでも何でもない。其れでも怖くて震えが止まらず涎が少しずつ口元から出るのは一体何か? 周りの人間が意味不明な黒い細胞に呑まれて苦しんでいる……いや、苦しむ事なく時を止められて死へと近付いて行くのを見ているせいか。だったら僕はどうすれば良いのだ?
「ひ、ヒイイ……お、俺は此処で死にたくないのや。はよ、此のデブ野郎を何とかしろや!」
「黙れ、お前みたいに『対案々々』と壊れた機械みたいに言って来る奴が居るから現政権は調子に乗るのだ!」
「ヒイイ……い、命は取らんでくれええ。で、でも対案無かったらどないするのや! そ、其れ独裁政治と、か、変わらんのやないかあ!」
「大日本人さんの言う通りですよ。対案以外に道はないのが--」
「黙れ、其れが調子に乗らせるのだ! 考えてみろよ、船長が豚でどうやって岸まで辿り着くのか。さっさと止めるか或は豚を殺処分する方が意味あるという事を!」尤もらしい事を言ってるようで実は違う!
「でも豚が船長でも最後には支えてくれる人達が居れば船は岸まで辿り着くのですよ。貴方は何が何でも現政権を扱き下ろす事に躍起に成って自らが馬鹿にされている事を気付くべきです--」
「ネゴシエーターの分際がああ、今直ぐに此の場で死ねええ!」僕は地雷を踏んでしまった--ま、間に合わない!


 という訳で今回は此処迄ね。続きは午後か或は明日かな?

tag : 試作品 お金様 ザ・ネゴシエーター

試作品 お金様 おまけ篇 ザ・ネゴシエーター 其の二

 如何も金曜の午後にやる予定が自分自身のサボリで遅れに遅れ、遂に休みの日を利用して月曜に出す事に成った信頼失墜でお馴染みのdarkvernuです。
 ではやって行きましょうか……やらないと進まない自分の悪い癖故に如何か御容赦なき事を!

 今、僕は日向洋子さんと交渉に臨んでいる。其の老婆は政権批判の為に何故か此のデパートを占拠して持っていた爆弾にてやりたい放題したい放題を敢行している。一体誰が裏で糸を引いているのかはさて置き、本当の理由は孫の右傾化に悩んでいる様子だった。其の会話を詳しく紹介してゆきますね。
「孫は彼の有名な許さんぞおの会の黒軽部ってデブに騙されて完全に在日の人を目の敵にしてしまったのさ」
「許さんぞおの会……ああ、あの少し言葉が汚いデモ団体ですね」
「あんな蛆テレビの軽部さんの物真似みたいなデブのせいで孫はわしの事をパヨクババアだとかこんな人達の仲間だとか新羅人の手先だとか散々言って来てもう疲れそうなんじゃ」
「デブは流石に言い過ぎですよ、日向さん。其れにしたって少し言い過ぎですね、其のお孫さんは。幾ら日向さんの考えが僕やネイキッズと受け入れ難くとも其処は一種の考えとして受け止めても良い筈なのに」
「そうじゃろう、寧ろ黒軽部に騙される孫が間違っている」
「日向さん、貴方も少し言い過ぎですよ」
「何じゃと、お前さんもネトウヨだったのか!」
「ネットと関係ないですよ、日向さん。何でもかんでもネット右翼呼ばわりしたら其れこそ貴方が御悩みの--」
「エエイ、黙れ。ネットのデマ情報に騙される奴はみんなヒトラーだ。現政権の手先なのじゃ。依って此の場で死ねええ!」
 僕とした事が、交渉失敗するなんて! で、でも此の状況を打破する術を僕は知らない。だからって僕は言葉の力を疑わない。信じて踏み止まるように必死に叫ぶ。だが、日向さんは一切耳を貸さない。駄目だ--
「俺の前で爆弾の使用は阻ませて貰おうか……其処の老婆」救世主は現れた。何時の間にか周囲一帯は絃と呼ばれる白い糸で張り巡らされ、爆弾起動スイッチさえもまるで固まったセメントみたいに頑丈な迄に動かなくしているよ!
「何いい……絃、知っているぞ。お前がイナーシブル様が仰ったあのネイキッズかああ!」
「今回の事件の裏側にはエンドレスイナーシブルの居たのか。為ら尚更の事、絶対に俺が交渉に出向くしかないな」何時の間にかネイキッズが僕の前に立っていた。相変わらず速度は最早アインシュタインも泡を吹くレベルだよ!
「フフフ、わしが知らないと思わん事じゃ。お前さん、戦ったら敗北を認めるのだってのう」
「そうだが?」
「だったらわしとの交渉事で勝てる保証は一切ないのう!」
「どうかな? 俺は其れでもお前に勝てる自信は揺らがん」
「馬鹿にしおって。お前さんもあのネトウヨ同様にわしを洗脳しようとしているのじゃろう?」
「済まないが、日向洋子よ。先ずは己自身の正常値を確認する事から始めるべきだ」ネイキッズは反芻法を用いたね。
「何を言うか、わしは正常じゃ!」
「じゃあ、何故……ヒトラーを口にした?」
「盗み聞きしたか」
「ああ、そうだな。其れよりも俺の質問が先だ。何故ヒトラーを口にする?」
「其れはヒトラーがユダヤ人を六百万人も虐殺した極悪非道の人間だからじゃ」
「だからって今とは関係ない。ヒトラーを持ち出すという事の意味を問う。何故、ヒトラーを休日出勤させたのだ?」
「ううう、べ、別にヒトラーは極悪人だから何をされても構わんだろうて!」
「だが、一時はワイマール下のドイツを救った英雄だ。其の後は惨憺たる物だが、其れでも奴は……おっと其処は関係ないな。重要なのはヒトラーも人の子だ。何でもかんでも悪い事があるとヒトラーのせいにするのは余りにも可哀想だろう。そうやってヒトラーに頼る姿を周りが見たらどう映るのかお前にはわからないな」
「そ、其れの何がおかしいと言うのじゃ。な、何でヒトラーを持ち出すのがいけないのじゃ」
「其れは健全な会話を阻んでいると思わないか? 何でもかんでもヒトラーを働かせるのは流石のお孫さんがどれだけ右傾化しようともお前に比べれば遥かに話し合いに応じると思っても仕方ないと考えるだろう」
「やはり許せん。こうなったら」日向さんの全身が黒点で包まれ始める。イナーシブルが彼女を其処迄利用する気だな!
「拙いなあ、此れは」
「フハハハハ、世界を滅ぼす為にもヒトラーには今後も働いて貰わないといけない」
「ミスター・アクシオンとゲルショッカー茂の身に起こった現象だ!」彼等についての多くは諸事情で語りませんけどね(※)。
「済まないが、お前の想像するヒトラーとは世界を滅ぼす悪魔だろう?」
「其れの何がいけないのだ?」
「其れと同じように世界を滅ぼすつもりか? だったら其れはお前の望むヒトラーと同じ事をしていると気付かないか?」
「黙れ黙れ、散々ヒトラーを擁護した軍国主義者が! 世界を滅ぼす為にはヒトラーには頑張って貰うのが普通じゃないか!」
「普通ではないな、日向洋子。先程のヒトラーの弁護を訂正する。お前の望むヒトラーとは己自身の世界を守る為に存在した筈だろう? だが、今はどうだ? お前は自分の世界さえも壊そうとしている」
「何が言いたいのじゃ!」
「お前の世界を守る為にも是非共世界を滅ぼす道具に使わないでほしいな、アドルフ・ヒトラーを」
「ウ、ウウウウ、ウウウオオオオオオ!」イナーシブル細胞が一斉に外に出て折角ネイキッズが覆っていた絃を全て解除!
「ま、拙いよネイキッズ!」
「ああ、イナーシブルは起爆スイッチを押した……奴め、せめて俺達を道連れにする気だ!」
「だが、起爆が……ウオワアああ、光がああ!」
「させるかああああ!」ネイキッズは光を超越して僕達を、何時の間にかデパートの外に避難させていた!
「イデデ……ってネイキッズ!」そして、空を見上げると彼がせがた三四郎みたいに大気圏を突破して爆発炎上!
「な、何て男なんだ。わ、わしは、わしとした事が……イナーシブルの讒言に乗せられて、うウウウウオオオオオ--」
「勝手に殺すのではない」流石はネイキッズ! やっぱり人間の殻を何枚も破っているよ!
「あわわあわ……」無傷のまま、其の場に立つネイキッズを見た日向さんは幽霊を見るかのように口から泡を吐いて気絶してしまいましたね。其の後、駆け付けた機動隊員達に依って無事に確保されました。
「処で古崎よ、現在で何文字目だ?」
「メタな発言はしないで下さいよ、ネイキッズ。今でも未だ四千字に満たないですよ」
「そうか、其れは残念だな。引き続きおまけ作業を続けろ」
「一体何のエピソードが他にあるというのですか!」そうゆう訳で未だ未だ僕達のおまけ話は続きます……

 ※ お金様が完結した年度は平成三十年頃なので桜を見る会を始めとした其れ等時事ネタは極力出さない予定です。御注意を下さい。


 ※の部分は変更に成りました。宜しくお願いします。では次週は予定通り金曜に更新します。では今回は此処迄。

 

tag : 試作品 お金様 ザ・ネゴシエーター

今回の雑文は……タイトルは台湾は一先ず安心だ。内容は別だけど!

 如何も……済まんな、午後にザ・ネゴシエーターをやるとか金曜に言ってたのに其れを破って申し訳ない。此処に謝罪するdarkvernuです。其れは明日の早朝にやろうと思う……三時から起きて、やるぞ(きっと嘘に成るけど)!
 始める前に『格付けの旅』が更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック……此れも今週終わらせると言っておきながら二ページ目は来週に持ち越されるんだから救えないなあ!
 さ、やろっか……取り敢えず台湾は支那の犬共の手先じゃなくて良かったと喜んでおく。台湾に出来るんだから日本に出来ない訳がない……取り敢えず日本のドナルドとして滅茶苦茶のグチャグチャでも良いからやってくれ、黒軽部えええ(願)!

 哀悼の意を捧げる場合は例え外道で在っても礼儀作法に則ってやるしかない。其れは十分にわかる……如何も、アンチジャーナリストのジェス・ギュールだ。今回は哀悼の意に付いて下手すると人間の屑として糾弾される事も辞さない作者に依る持論を展開するぜ! 此れには俺もドン引きするぜ……唯まあ、「売国奴に哀悼の意なんか捧げねえよ、バアカ!」という尤もらしそうな意見も在るだろうが此れも少しおかしな話だろう。哀悼の意を捧げるのは万人平等が普通。例えどれだけの悪行を重ねてこようとも死ねば皆仏溶かす……まあ仏の概念はコムナオ君のモデル曰く「本来は果てしない修業の末に仏に成るか成れるか、だ」というのが正しい概念だそうだ。まあ、此処で言う仏は「死んだら仏」という誤用を前提に進める。
 哀悼の意は作者曰く「死んだら誰に対しても平等に悲しんだりするのは賢人と愚人を一緒くたにして近年は余りにも礼儀作法として考え直す時が来た」との事。まあ何を言いたいのかわからないのは作者の定例なので其処は無視しておくとしてもだぜ。作者曰く親や兄弟や親しい友人が死んだ場合は「嘘だろ、おい」とか「ほ、本当は生き返るよな、なあ?」とか「目を覚ませよ、おおいイイイイイ!」と激しい感情を揺さぶりながら悲しむ物。此れが人間にとって正しい反応。其の後に通夜や葬式の度に儀礼をしてから出棺してゆく場面を見送る訳だぜ。後はまあ墓参りの度に悲しみを募らせる訳だよな。大変な心境だよなあ、此れって。
 んで次に悲しみのランクが少し下がるけど声優の辻谷耕司の早過ぎる死とか偉大な功績を残した人達や或は死ぬ筈もなくこれからも功績を残すであろう人が死んだ時の反応が「嘘だと言ってよ、バーニィ」状態。実際、ブライト役の声優さんや作者が子供時代に好きだった逸見氏とか死ぬ筈がない人が死んだ時は絶対にこんな反応をする。此れも憤りに近いだろうが其れでも故人を悲しむうえでは当たり前の行動だし、礼儀としても十分外してはいない。
 次は其れよりランクを下げるが西部の爺さんみたいに「此れは何とも居た堪れないな」と悲しむ反応。此れは自殺だけど、だからって簡単に死を割り切るのは難しいなあという物。西部の爺さん以外だと声優の郷里大輔何かにも当てはまる。彼の死因を知ればわかると思うが此れは映像作品で活躍して来た人間が突然、演じるキャラの素顔を見れなくなったら相当堪える物だぞ。
 更にランクを下げて漸く一般的な儀礼に繋がる死者を悲しむ姿勢。要は津川の爺さんとか去年亡くなった娘に甘過ぎる辰夫何かがそうだな。「亡くなったのか、何か悲しいなあ」と思って哀悼の意を綺麗に捧げようと思うんだな、此の反応は。
 次にランクは下がるが其れでも礼儀としては未だ外して居ない領域なのが「散々酷い事したよなあ、でも亡くなったら如何も文句を言えねえわ」という状態。例えば稔彦に後二年届かなかったヤスバーロとか悪夢の消費税導入した事でお馴染みのウィッシュの爺さんなんかが当てはまる。つまりだ、彼等は悪評を買った。だからって悪く言うのは如何かと思うという心境なのだよな。
 次が少し非礼スレスレの「ああ、死んだんだな。うーん」という状態。此方はガンダム種の悪夢と言えるシリーズ構成とか今年初め頃に謎の入水死を遂げたダイブさん、大分昔に若くして死んじまったシバキソエダーに対しての反応。前者は少し濁っているけど、哀悼の意を捧げたいかって思えば別だって意味でな。後者も又同じ……唯、其処迄悪く言うべき相手ではないだろうって意味でな。此奴等の領域は哀悼の意を捧げるのは少し無理があり過ぎる死……けれども其処迄悪く言うべき対象としては如何かと思う心境。少し礼儀から外れそうなラインでは在るがな。
 次は間違いなく非礼な「良くぞ死んでくれた、誠に有難う御座います」という状態。此れはツインバードストライクでお馴染みだったあのチク畜生野郎とかSGKヨシトとかノナーとか後は今年中に死ぬと予想するとあの交通事故を起こした事でもおなじみの眉毛に対しても、だな(※)。此れは万人には絶対にお勧めしない哀悼の意の捧げ方だと注意しておくぜ。やるんじゃないぞ、心が善良なら尚の事。犬畜生の行為だから絶対にやるんじゃない。だが、作者曰く「奴等を同じように礼儀作法に則ったら奴等よりも良い奴等が不公平な目に遭うからそうしたくないんだよ」との事。
 最後が最も哀悼の意を捧げたくない奴に対して「やったアアアアアアアア(ムルタ・アズラエル風)!」と喜んでやる非道の儀礼。此れは散々日本に迷惑を掛けてばかりの元総理の肩書を持つ糞野郎に対して捧げる方法。此れは絶対にお勧めしないから宜しくな。だが、考えてみろ……奴は我々の利に適う事をして来たのか? 人として正しい行動をして来たか? 考えただけで同じく死んでゆく人間と同様の儀礼に従うのは余りにも失礼極まりないだろ? 俺もそう思う、絶対に哀悼の意を捧げる位ならルイ14世が死んだ時の国民みたいに大喜びする方が幾分か心が晴れるわ!
 という訳で人が死んだ時の哀悼の意を幾つか紹介した。出来れば人間らしく激情に駆られるように悲しむのが一番。或は親しい訳じゃないが偉大だと思った人間に対しては死を惜しむ……此れが一番だな。ま、人間なので平等には行くまい。


 ※ 2020/01/12現在、マユゲさんは存命です。あくまで死んだ場合、作者が如何ゆう反応をするかを予め宣言しての事ですよ。

 という訳だ。こうゆう話はな、余りやる物じゃない。「外道は死んだって悲しむもんか」と自分が悪と認定した奴はみんなそうして良いって事に成ったら余りにも人間らしくもないし、礼儀作法から外れると思うじゃんか。だからこそこうゆう話はするもんじゃない。唯、何で其れをするかと言えばあのダイブユキコが死んだ時に何か知らんけど色々物議をかもした(特にパヨールが過剰反応)あれを思って自分は死んだ人間でも捉え方は同じじゃない事を時事ネタ内で伝えたかったんだ。
 段落を変えて少し説明すると自分は出来た人間じゃあない。だが、何でもかんでも「ウウウ、悲しいよお」とか「いやあ、死んだ……ザマア!」とかはやらんつもりだ。其処は人間らしく正直に感情を表そうとしている。だからこそショートストーリー(?)内でも紹介する通り誰彼の死に対して平等には扱わないと主張するんだ。何故なら平等に扱うと賢人が愚人と同じ立ち位置にされて迷惑を被るからやりたくないんだ。流石に其処は格差を付けるつもり……と言ってるんだな。
 んで段落を変えると未だに此れだけはまだやってないのが「やったアアアアアアアア(ムルタ・アズラエル風)!」だろうな。何でもgジェネ最新作に其の名場面を載せなかったんだよお、トムクリめえ(悔)! 此れはあのクルッポーの訃報が来た時にやるつもりだ。奴には悲しんでやるつもりは一切ない……わかるだろう、あの野郎のせいでどれだけ日本中が迷惑被ったのかを考えたらさあ(憤怒)! まあ死んだ時の事だしな。取り敢えず奴が死んだら其れを実演する前に各サイトを見回って如何ゆう反応をしているのかを確かめてからやろうと思っている。此れに対して「darkvernuとうとう、外道に落ちたな」「奴も死んだら仏じゃないのか!」「性根腐っているだろう!」という不評を買う事が在るだろうが甘んじよう。其れでも自分はやるんだ……水曜にも宣言したんだ、あいつが死んだら「やったアアアアアアアア(ムルタ・アズラエル風)!」と大喜びする(震)!
 其れにしても思い出したのがチク畜生野郎が死んだ時の各掲示板とかの反応だな……其処迄嫌われていたんだな、まあ自分もあの野郎嫌いだったけど。其れから自分はそんな外道な奴等に毒されたのか以後は故人でも生前ド外道には一切敬意を払う必要はないと思うように成ったな……、ま、皆さんは絶対にそんな事はしないように。
 という訳で時事ネタ(?)の解説を終える。

 ムダヅモでは何故か女子高生にされた現総統の再選が果たされたな。此れは台湾の未来も少し明るい。日本もこうゆうのは見習ってほしいな。因みに大昔だったか、雑文であの憎くて憎くて仕方ないチャンネルチェリーが何れ金銭問題をやらかすという予言だが、期間が決まった。其れは来年の一月迄……に起こるぞ(期限2021/01/01迄)。こう予言しておく、外したらもう其れは扱わないから宜しくな。
 何で金銭問題が起こるかって断言するのか? 大まかな根拠は三つ。一つは二千人委員会の不透明さだろうな。途中から会員数を言わなくなったそうな……怪し過ぎだろ? 二つ目が南京の真実という映画を作る為に集めた金は何処行ったという問題。普通の実写映画監督だったら有り得ない管理問題は絶対無視出来んだろうに。三つ目が新政党発足してから其れに充てた金の管理は如何成っているのか……以上の三つがチャンネルチェリー(特に社長を務めるあのゴンザレス)が刑事事件で倒れる尤も有り得る未来だと予言しておこう。
 自分は此の予言が当たるか外れるかは如何でも良い。唯、奴こそが今の保守界隈と語る連中の結束を弱めた元凶だから早めに潰れる事を願っている。そう、散々言ってきたように潰れる事を願うぞ。
 という訳で今週は此処迄。イランのバックに支那と露助か、怪し過ぎだろうが!

tag : 雑文 哀悼の意 下手をすると人間の屑に堕ちる

試作品 お金様 おまけ篇 ザ・ネゴシエーター其の一

 如何も約束通り金曜におまけ作業をするdarkvernu様だぜ。
 さあ、やろっか。因みに文章のあれは当時の自分自身の癖を基にしてやりますので『在る』とか『其の』とか出来る限り控えて執筆しますね。

 僕の名前は古崎(ふるさき)清一(せいいち)……何時までも作者が後篇を出さないから敢えてそれを後押しするようネイキッズに頼まれたばかりなのだ。何で僕が其の役目を押し付けられるのか全然わからないけど、やるしかないのだな。えっと一万文字を達成出来ればおまけ作業は終わって良いそうだね。どうゆう基準なのか全然わからないけど。
 あれは誰だろうか? と在るデパートにて六十代前半かわからない見た目の老婆が館内放送さえも出来る程にデパートを占拠しているのを僕は現場近くに待機中の警官から聞きました。依って僕は交渉しに乗り込んで行きます。
 え? 交渉者って何? 実は僕が登場する作品内ではネゴシエーターは立派な職業として普及しているそうなのだ。しかし、今の所はネイキッズとモールド・ヒカーン以外の交渉者を見た事がないという悲しい事情が在るのです。此れは由々しき事態の一つです。
 交渉者の紹介を続けます。交渉者は弁護士免許と同じく資格がないと名乗る事が出来ない職種でも在ります。だから無免許交渉者という交渉者も確かに存在はします。でも劇中でそんなキャラは一回も出た事は在りません。其れが悲しい事情なのです。話を戻しますと公式な交渉者はあらゆる問題事を解決する為に乗り込みます。犯人との交渉、企業同士との交渉、個人同士の交渉……作中では一番目の理由が挙げられてばかりなのか本当に公の職業なのか忘れる事ばかりなのが残念で成りませんが、其処は作者の自慰が影響していると諦めて下さい。ではそろそろ始めましょうか、次の段落から。
 其の老婆の所まで乗り込んだ僕は交渉を始める事に成ります。
「良くもわしを虚仮にしてくれたな、現政権は!」
「えっといきなり飛躍しましたね。えっと現政権への不満を漏らすのですね?」
「そうじゃ、良くもわしに恥をかかせてくれたな。というか若僧は何奴じゃ!」
「交渉者の古崎清一です。えっと貴方の名前は日向洋子(ひなたようこ)さんですね?」
「そうじゃ、現政権のモリカケ(※)の隠蔽の為にわしはある会社を辞めさせられたんじゃ。其の報復として此処でわしは決起するんじゃ!」
「いやいや流石に、ね」意味がわからない上に交渉するには余りにも難しい案件ですね。
「兎にも角にも此の爆弾で火の海にされたくなければ今直ぐに現政権はモリカケと自衛隊日報問題の事実の公表をするのじゃ!」
「いや、其れは、えっと……無理がありますので別の話にしましょうか」と僕個人の力では無理な話を逸らす事にします。
「何の話題じゃ? 現政権のモリカケ以外に何かあるのか?」
「そうですね、他の事よりも先ずは自分の事についてもっと詳しく成るというのはどうでしょう?」
「わしの事……そうじゃ、わしには孫が居たんだ。なのにあいつはわしをパヨクババアと言って全然聞いてくれないのじゃ!」
「其れは少し聞き捨てに成りませんね。どんな考えでも聞いてやるのが考えの村長に成りますのに」
「じゃからお願いじゃ、其処の若僧。孫を此処に連れて来てくれ!」
「そ、其れは」一転して僕は決断を迫られる事に成るよ。
 僕が悩む中である方は様子を窺います。「俺が出るのは未だ先だな」という風に。

 ※ この作品が完結した年度は平成三十年頃なので桜を見る会を始めとした其れ等は曲力出さない予定です。御注意を下さい。


 最初は短く、其れから午後には長くやるつもりです。では今回は此処迄。

tag : 試作品 お金様 ザ・ネゴシエーター

令和二年早々に連鎖反応ですか、此れは大変ですなあ!

 明けましておめでとう御座います、今年も筆が恐ろしく遅いdarkvernuを如何ぞ宜しくお願いしますね。
 始める前に『格付けの旅』が土日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 さ、まさかのカルロス・ビーン容疑者の逃亡で中東が凄い状況に成っていると知って驚く一方で我が国も秋元康が逮捕……AKBじゃないぞ、秋元康(仮)の事だからね。其れに依って連鎖反応の如く元防衛大臣の岩屋の寝不足野郎や攘夷党の下地とかいうおっさんを始め五人に飛び火していると聞いてワクワクドキドキしているぜ。そんな訳で少し慣れないが時事ネタをやって行こうかあ!

 連鎖反応は起こるべくして起こる。作者が令和の時代を戦後の終わりと主張したように今は戦前が到来する。其れを良いか悪いかを断言する事は誰にも出来ない。勿論、作者だって戦後が一番だと主張する戦後レジームの支持者だと自覚する程に平和主義の権化だとしても。
 さて、大晦日前から新年早々から日本の司法は腐敗に次ぐ腐敗、不祥事に次ぐ不祥事をやらかした。悪しき判例に縛られた判決、法律の基礎さえも知らない判決、そしてカルロス・ビーンのレバノン逃亡。日本の司法には国民からの罰を受けるには十分過ぎる程信頼失墜を招いた。最早信頼を取り戻すには裁判員制度に遵守した態度を取る以外に道筋はない。其れが暴力以外で司法の信頼を取り戻す為の方策。
 では本題に移ろう……カルロス・ビーンの逃亡に依って招いたのは日本の司法信頼失墜だけではない。彼の逃亡で何とレバノン周辺の国々が蠢き始めた事に在る。或る時はトルコ政府が本気を出して逃亡を加担した者共を次々と検挙したり、或る時は何とイランの総司令官を米軍が殺害するという異常事態に! 此れは世間一般では第三次世界大戦の予感と称される事態に……果たして?
 国外だけじゃない。国内でも騒然とする事件が勃発。秋元康(仮)の逮捕によって起こったパチンコマネー問題。長年所謂保守論客を始め、パチンコ亡国論を主張して来た者達が願ったパチンコ一斉検挙の流れ。あの前防衛大臣岩屋とかいう寝不足気味な眼をした男や攘夷党の下地という取るに足らん存在含めて五人が書類送検予定という事態に発展。日本滅亡と日本の夜明けは一体幾ら叫ばれれば気が済むのか?
 年末に出した所謂保守論客がそう呼んでいる理由付けとしたあっち界隈と同じく日本の滅亡を喜ぶようなバッドニュースを嬉々として取り上げるあの姿勢にも通じる日本亡国の空気……其れに風穴を開けるような国内のパチンコマネー政治屋に対するメス。
 此れには後程、作者の勝手な持論を紹介するから宜しく!


 さて、時事ネタのショートストーリーとしてはセンスが悪い物に仕上がったが取り敢えず恒例の冗長な自分の解説並びに暴言祭の始まりだ。
 最初はカルロス・アクシオン・ビーンのレバノン逃亡だけど、HPの水曜の呟きでも紹介した通り日本の司法当局は全員切腹の刑に処してやりたい程だ。犯罪者だぞ、映画の話じゃないんだからさあ……逃亡させるなよ、お前等(怒)! 其れは良いとしてもまさかザ・ネゴシエーターの勢い任せの御話でイナーシブルを絡めるあれが本当にイナーシブルって来るなんて思わなかったぞ(笑)。あれは話のネタとしてカルロス・ビーンがイナーシブルに汚染されて日本に戻って来て宗教話でデマを流したあっちゃんを人質にした話だぞ。舞台がタピオカ店騒動でやらかしたパッキーナを馬鹿にしたあれにする形なのに其の程度の認識でしかない筈なのに……いや、意図してあんな話をやっていない。単純に物語の流れとして上手く絡ませた話にした筈なのに本当に中東がエラい事に成っているのには驚くばかりだ。やっぱ空想話は本当に空想話にしないと駄目だな。現実が空想に近付いちゃあ駄目だと自分は言いたい。確かに自分はSF作家(三流以下だと自認しているけど)としてこう成る未来を臨んでいる風にいろいろとサイエンスフィクション的な考察とか設定を色んな作品で出し続けては居るぞ。居るけど……まさか現実が空想に従うなんて思いもしなかった……此処に自分は現実化した責任を取って此れからは金曜日に一回はお金様後篇のおまけ話(マイクロワードが出来たら良いんだけど)を二ヵ月間やって今度こそ出版すると宣言します(不安)。空想はあくまで空想内で完結してこそ創作者の務め。現実に波及するなんて創作者失格だと自認します。確かに影の黒幕に憧れたのは事実だけど、其れでも……なあ! という訳で虚構新聞のUK氏と同じく現実化した罰は償おうと思います!
 さて、二本目の秋元康(仮)の事件で起こった連鎖反応だけど……取り敢えず自分は支那は滅んで良いと思っているので徹底的に除支(除鮮が新羅系を除去という意味なら此方はチャイナマネーを除染するという意味でな)してくれ、ファーウェイとかペイペイとかマジで不要だからさ! とはいえ、ラッキーマン福志郎みたいに何人かは逃げ切る可能性も否定出来ないので経過待ちだな。
 取り敢えず連鎖反応はやばいって事だ、今回の時事ネタの主題は。カルロス・ビーンは自分の為に逃亡して挙句日本批判をしているようだけど、却って自分を追い込んだと後で後悔しているだろうな。まさかトルコが本気を出し、更にはアメリカ軍が何時の間にかイランをあそこ迄追い詰めていたとは思いもしなかったからな。最早レバノンの地は安息ではなく、危険地帯と化しちゃってしまったと今頃悔いているだろうなあ(笑)! まあカルロス・ビーンの逃亡とイラン司令官殺害が如何ゆう関連性が在るかは自分としては余り推察は出来んが。
 此れにて時事ネタの解説を終える。

 勢いで約束してしまったな、然も二ヶ月も毎週金曜に……勇者の印の連載が遅れそうだ。唯でさえ、覇者の完結に向けて四苦八苦している状態なのに(辛)! まあ、何とかするのが作家の使命だしな……約束は何度破る事か、此れからも!
 そうゆう訳で今回は此処迄。しかし、令和二年の新年早々から慌ただし過ぎだろ。まあ、戦後が既に終わったと自分で断言する以上は新戦前の世を如何やって切り抜けるのかに注力しないとな。まあ新戦中に入ったらもう平和ボケで逃げ切れんだろうしなあ(辛)!

tag : 雑文 カルロス・ゴーン 岩屋 パチンコ レバノン逃亡 中東情勢

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR