FC2ブログ

二回目の雑文は……先ずはタイトルで総統閣下を演じて名作映画を世に出したあの俳優のブルーノ・ガンツの御冥福をお祈りします!

 如何もブルーノ・ガンツは正にアドルフ・ヒトラー其の物だった……彼の演技に敬意を示してタイトル名で遅いながらに御冥福をお祈りするdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』の青魔法の章05の五ページ目が終わり、六ページ目に入りました。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。間に合うかな、土曜日迄に?
 三月三十一日更新の奴の前に少しだけ基本加点にある物を盛り込んだ。其れを踏まえて次の順位付けと今回紹介する戦前の総理大臣を格付しようと思う。如何ぞ宜しく!

 クソウがああ、何で俺が二本足共の格付けをしないといけないんだあああ!
 という訳で今回は新基本加点追加と同時にランキングの見直しをしてやるぜええ。取り敢えず先ずはランキングの前に戦前の総理大臣をやっていたという桂太郎について評価しようと思っているぜえ!

 桂太郎 基本点 120

 此れは新基準を入れる前の桂太郎の基本点だ。此の男は第二次内閣では歴代内閣最長を記録。逆に第三次内閣では歴代五本の指に入る程の短命記録も保持するという矛盾した性質を持つ。其れでも今のサイボーグ政権が若しも任期通り続けば恐らくは此の桂太郎の記録を塗り替えるだろう。其れだけに期待感は絶大だ。では此の内閣の評価に今回の基本加点を加える。其れが次の通りだ。

 任期後約一年以内或は任期中に負傷又は死亡 +10~+15

 此れは任期中或は任期後に死んだ或は負傷したと言った魂を焼き尽くして迄公務を全うした者だけが与えられる加点。此れを加えると次の通り。

 桂太郎 基本点 135

 此れは羨ましく成るぜ。何しろ、第三次桂内閣では山縣有朋の支配下を脱する為に桂新党を起ち上げようとしたのに日比谷焼き討ち事件を引き起こした糞マスゴミと吉野作造とかいうアナーキストに唆された二本足共が何も知らずに桂を攻撃しなければこんな事態には成らなかったんだぞ。勿論、奴を此れ以上擁護する事もないが兎に角奴は其処迄叩かれるような総理大臣ではない事も事実。此れを踏まえて奴を評価すると先の二つの加点と更にはマスゴミから猛攻撃を浴びているという事を踏まえれば評価の相対化が可能。ンで次の通りだぞ!

 経済政策失敗 -10
 日英同盟締結 +15
 日露戦争の勝利 +20
 アカへの徹底取り締まり +15
 関税自主権の回復 +20
 日韓併合 -20
 妨害を受けた +10

 135-10+15+20+15+20-20+10
=185

 と成る。日英同盟は巨大で日露戦争の勝利は日本の世界に名を知らしめる物でも在る。後は大逆事件の徹底した態度は評価に値する。関税自主権の回復なんて幕末日本の遣り残した事を何と五十三年掛けて実現した快挙だからな。だが、緊縮財政政策は幾ら戦後で在ろうともマイナス点だ。緊縮財政をするよりも先ずはインフラ整備に乗り出さないと駄目だろう。其れと日韓併合は大きな大マイナスだろう。あいつ等の土地なんてはげ山の侭にしとくとか乳出しチョゴリを禁ずるとか余計な事をしなければ今もこんな事に成らなかったのに。全部桂内閣のせいに決まっているんだよ! だが、桂太郎は山縣有朋の支配からの脱却の為に第三次内閣の時に魂を焼き尽くして迄やりくりしようとした。だが、マスゴミに潰されて敢え無く退陣。そして桂の死は訪れる。第三次桂内閣が潰された事がきっかけで戦前の日本の迷走が始まったとあのクソムカつく二本足の奴も言ってたぞ。俺もそう思う。だから作者は伊藤の次に戦前で偉大な総理大臣として桂太郎を挙げるんだよ。そう思う位に葬儀では何故か桂を殺しておきながらも民衆が駆け付けた所からも奴等が如何にマスゴミと吉野作造や尾崎行雄とかいう扇動政治屋に動かされまくったのかを後で知る事と成ったんだからな。因みに新基本加点追加前だと桂太郎の評価は170だ……十分過ぎる程の愛国者の資格を持つ。桂を潰した政治屋共とマスゴミの罪は重たい。
 そんな感じで前にマイオスとか言う二本足の司会で出されたランキングでも紹介しよう。其れは新基準を基にしている上に少々基本点にどれだけ加点されたかもランキングに挙げる。では次の通り改め直されたぞ!

 1 ベストA   170      18 クレイジーE 55(90)
   ベストC   170      19 バッドB 55
 3 ベストB   168         バッドD 55
 4 ベストD   130~140  21 バッドE    50(75)
 5 ベターA   130      22 クレイジーC 45
 6 ベターB   115        クレイジーD 45
 7 サンプルA 100~110   24 バッドF   40(50~60)
 8 ベターC   90       25 ワーストC 35 
   ベターD   90       26 クレイジーE 30
 10 サンプルC 85(95)      ワーストB  30
 11 ベターE   90~80    28 クレイジーA 25
 12 サンプルB 80      29 ワーストA  20
    サンプルD 80     30 ワーストD 15
 14 バッドA 70(100)    31 ワーストF 10
 15 サンプルE 65(90)   32 ワーストE 0
 16 クレイジーB  65
    バッドC    65

 という風に変化させた。少し考えたらどっかのヘタレ総理大臣(現在も生きているからさっさと平成の内にくたばれば良いと思うヘタレ野郎)は天皇の訪支を約束させた罪が在ったから其れを追加して更にマイナス評価を下しただけだ。だから次のように変化する事も忘れるんじゃねえぞ。

 1 ベストA      170   17 バッドE(21↑)    75
 2 ベストC      170   18 クレイジーB(17↓) 65
 3 ベストB      168     バッドC(17↓)   65
 4 ベストD      140   20 バッドF(24↑)    60
 5 ベターA      130   21 バッドB(15↓)    55
 6 ベターB      115    22 バッドD(20↓)   55
 7 サンプルA    110    23 クレイジーD(22↓) 45
 8 ベターE(11↑) 100(80)    クレイジーC(22↓) 45 
 9 バッドA(14↑) 100(70)    25 ワーストC      35
 10 サンプルC   95       26 クレイジーE    30
 11 ベターC(8↓)  90       ワーストB      30
   ベターD(8↓)   90      28 クレイジーA     25
 13 サンプルE(16↑)  90(65) 29 ワーストA     20
 14 クレイジーE(18↑) 90(55)     30 ワーストD     15
 15 サンプルB(12↓) 80       31 ワーストF     10
   サンプルD      80(12↓)   32 ワーストE     0

 って訳かあ、どっち道17位以下は売国奴認定レベルの大罪物だなあ。此れで良くもまあ日本は潰れなかったな。更に此処で基本点よりどれだけ加点されたかってのもランキングに入れようかって思うんだ。其れじゃあ載せるぜ。

 1 ベストB +55    17 クレイジーE -20(-55)
 2 ベストA +50    18 バッドE    -25(-50)
   ベストC +50    19 クレイジーB -30
 4 サンプルA +25   20 バッドF   -35(-55)
 5 ベストD +20     21 バッドD   -45
   ベターA +20    22 バッドB   -50
 7 ベターB +5       クレイジーD -50
 8 ベターE +5(-15)  24 クレイジーC -55
 9 サンプルE 0(-25)    ワーストC -55
 10 バッドA 0(-30)  26 クレイジーE -65
 11 サンプルB -5   27 ワーストA -70
    ベターC -5       ワーストB -70
 13 ベターD -5(-15) 29 クレイジーA -75
 14 サンプルD -10  30 ワーストD -80 
 15 サンプルC -20  31 ワーストF -85
 16 バッドC -20    32 ワーストE -90

 と……ううう、眩暈がするぞ。先ず11位からマイナスが続くもんだから一体如何すりゃあ良かったんだって叫びたく成るぜ! 序に三つの平均値は最初が70.7、次が76.5、最後の奴が-23と成るぜ……日本は如何してこんなにもお先真っ暗なんだ。どいつもこいつも何の為に総理大臣やっているかを知れよ。お前ら其れでも俺達鯨族にとって天敵と成る日本人なのかああああああ!


 序にプラスマイナスの奴はいわば満足度のような物。依って此れがプラスなら国民にとって満足のゆく政権と成る。逆にマイナスだと其れは失望感を表す。なので……眩暈がするなあ(辛)。
 此の満足度ランキングだと上位は大きく変動はするけど、下位……特に誰もが認めるワースト3は全く変動なし! 凄いなあ、普通は少し位変動してもおかしくないだろう……如何すれば予想通りに成るのか統計の神に聞きたいぜ!
 とはいえ、新基準点を設ける事で総理大臣の職務に命懸けかそうでないかで判断出来るようにした。一応、此れはと在る前県知事も任期中に亡くなった事で+15の評価を下せる。但し、マスゴミ人気なので隠れ評価点は追加されないけどね。にしても伊藤と桂は自分の採点通りに高い評価が下されたな。伊藤は+65、桂太郎は+50……此奴等が居なく成った事こそが戦前日本の悲劇を生む事に成ったんだろうなあ。まあ彼等が総理大臣やっていた時に最高レベルの外務大臣で在る陸奥宗光或は小村寿太郎が居たからな。此の二人から……何故学ばなかったんだよ、シデハラのジジイは(怒)!
 序に此のランキングは後日、改めてやり直すと思う。理由は……途中から誰が誰なのかわからなくなった。なのでイニシャルを表示して更にはギリシャ文字で誰なのかわからないように表記を試みる。
 以上でランキングの解説を終える。

 青魔法の章05の五ページ目の解説をすると正直早く終わらせたのは予定が迫っているからな。後は良く見ると次の土曜迄が締め切りだった。なので次の土曜で六ページ目も終わらせる。序に五ページ目の解説も纏めて其処でやろうと考える。
 以上で解説らしい解説をせずに五ページ目の解説を終える。

 山縣有朋が余計なプライドを示さなければ桂太郎は早死にする事もなかったな。まああの爺は此の時点で既に老いが脳髄迄回って如何しようもなかったんだろうなあ。折角、明治日本の礎を作った功労者の一人なのに最後は余計なプライドのせいで晩節を汚したなあ。桂太郎を評価する上で山縣の醜態を知った今日此の頃。
 では二回目の雑文は此処迄。評価を付ける作業は歴代内閣を改めて調べる上で役立つなあ。後は次の元号公表前の発表で何処迄修正が出来るかが勝負処だな!

格付けの旅 デュアン、格付けの旅は此処から始まる そしてデュアンは別宇宙に飛んで行く

 幸運……其れは不幸と対成るいや本当は同じ存在。幸運には誰かの不幸が在って必ず成り立つ事が多々在る。例えば相手に勝った。すると相手の方は負けた。此れが実戦に成ると相手を殺した。相手は殺された。ほら、幸運と不幸は同時に発生するじゃないか。こうゆう物だよ、幸運とは。そして幸運を手に入れるには如何すれば良いのか? 其れは自助努力以外に他成らない。何故なら勝利者は勝利が転がって来るから勝利者ではない。敗者よりも勝利の努力を惜しまないから勝利者なのだ。其れを忘れずに。
 そして俺は幸運の為に足掻き、自らの運命を手繰り寄せて不運を追い払った。ギリギリでは在るが、俺が流れる所に偶然にも宇宙船がやって来てくれたお陰で俺は生き残る事に成功した。願いではない。戦い、足掻き、勝ちを目指して二度目の波旬戦を挑んで結果は伴わなかったとは言えども何とか生き残る事に成功した--後は此れを持ち腐れさせないように活かさないといけないのだよ!
 俺を拾ったのは……「あの第六天魔王波旬を相手に貴様は何処迄強く成れるか!」ワイズマン--何故に俺を助けたのか?
「悔しいか、ワイズマン」
「ああ、悔しいさ。あの波旬だ。そんな波旬を如何してあそこ迄追い詰める事が出来たんだ!」
「此れが万物が持つ強者と戦うのに必要な『武』だよ!」
 武……其れは武器を意味する言葉、ではない。常に生物は己の力だけでは如何する事も出来ない圧倒的な暴力が立ちはだかる。集団でやれば暴力に対抗は出来るが其れはあくまで暴力をより強力な暴力で捻じ伏せるという解釈でしかない。武は少し違う。其れは力では勝てないなら理論で勝つという方法、そう方法。理論に依り近付き、確実に暴力に立ち向かう力……其れが武。そして武には暴力にはない繊細さと共和の精神が在る。故に必要以上の殺傷を求めない。求めるのは暴力に抗う為の手段を養う事に在る。
「良く言うなあ、暴力に最も近い癖に」
「其れはお前ら全生命体の敵だ。俺はお前等と違う。必要以上に悪を広め、更には自分勝手極まりない思想の元にあらゆる手段を正当化する。どんな言い訳をしようともお前等のやっている事は全生命への冒涜だ!」
 冒涜……真に冒涜するのは無だった世界に想像の付け入る隙を作った{夢宇宙}だ--流石にワイズマンの主張したい良くわからん存在には説明をする術を俺は持たない。
「何の話か知らんが、何だよ其れは?」
「お前如きでは此の悍ましい存在は与り知らん様子か?」
「当たり前だろう。何の種類の宇宙か知らんが今の俺には今の宇宙以外を想像出来ない以上はスケールがでか過ぎる話は余りにも非現実的だと考えちまう」
 貴様が現実を騙るか……非現実を内包するような事をし続けた癖に--ワイズマンの此の発言には訂正する余地はない……確かに現実を騙っていたのは事実だろう!
「此れ以上話しても埒が明かない。其れで俺を治療して何が死体、ワイズマン?」
「そうだな、デュアン・マイッダー。もう一度波旬と戦うのだ」
 やっぱりそう来るか--三度目……今度はどっちが勝つかわからないな!
「此処に居たのか、デュアン」背後を取られた……「驚く事勿れ。余は背中越しに攻撃をするような馬鹿な真似はせん」振り向くと奴が居るなんて。「仮に攻撃しても主の天才を超越したセンスの高さの前では幾らでも修正が出来よう」
「来たな、波旬。歓迎する。では此の宇宙船を存分に蹂躙するが良い」
 承知した、ワイズマン--三度目の正直が開始された……デュアンロールが無い状態で俺は再び奴と死闘を繰り広げるのか! 戦いは一瞬にして煌めきを見せる。文字に表す事が面倒に成る程の下らない性分では在るが、今回だけは今迄と比べて派手に行き過ぎていると俺達は思う。其れと感情が先走って読み合いすら本当に行われたのかもわからん。だが、はっきりする事は其の戦いで繰り出された様々な技術は俺の戦闘方法を革新化させる!
 一体幾つもの銀河を破壊したのだろう? 一体どれだけの月日を掛けたのだろう……月日はわかる。二ヶ月と四日目迄如何ゆう経過かわからない戦いを繰り広げたと俺は断言する!
「やるな、既に物を喰わずに戦うだけの持続力を得たか……デュアン・マイッダーよ!」
「当たり前だ。『永久機関』を戦う内に身に着ける事は意外と無意識に行えるもんさ」
 永久機関……其れは誰もが望む『無限』の世界。或は無限を約束した夢の動力。勿論、叶わぬ夢だからこんな物を求める方が異常だがな。何、誤変換ではない。永久機関に頼らずに有限機関でやりくりするように。
 其処だ、斬り裂かれるが良いい--俺は防護魔法『フラッシュガードカスタム』で反射させて波旬に十分の一を返す!
「何、左腕を……小癪な、デュアン!」
「説明しようか?」
「必要ない、他化自在よ……宇宙を真っ二つにするが良い!」
「甘い、既にプラネットブライカーネオだ!」
 何イイ--自分の宇宙を真っ二つにしても……ダメージは直接、此方に届かない!
「やるな、だが……鏡の中だって操る事が出来る!」
「--うおおおお、波旬!」転移魔法テレポートが間に合わなかった俺。「--クソウ、右手と左足を現実世界に搦めさせて身動きを封じたな!」
「此れが第六天魔王……他化自在天の覇者波旬の奇跡!」野郎の斬撃が俺を真っ二つにする。「残念だったな、勝負は余の勝利だ!」
「--フウ……未だフラッシュ、ガード、カスタムは、機能した侭」
 何……ウオオオオ、返されただとおおお--カスタムとは強化ではない……攻撃反射の他に持続時間十秒延長とリザレクションと呼ばれる効果を十分の一追加しているのだからな!
「--如何だい、消費マナ返還迄は追加出来ないが……最後のマナは俺の真骨頂を放つ事が出来る!」
「阻止させて--」
 いや、やるさ……リフレクトブレイカアアア--決め技級の魔法で波旬を粉々に砕いた俺!
「やる、な。だが、完全、消滅、には、至らなかった、な。余の肉体、は、三位に、分割、して、みせ、ようぞ!」
「ま、待てえええ!」
 だが、残りマナが枯渇した俺では波旬に止めを刺すには……力不足。然もワイズマンは漁夫の利を狙うかのようにこんな事を仕掛ける!
「此れを待っていたぞ……さらばだ、デュアン・マイッダアアア!」ワイズマンの持つ究極禁呪魔法が炸裂。「--此れぞワールドエンド……格上を容赦なくぶち殺すのに十分な魔法だ。但し、代償して此の世界の俺は消滅、す、ル、のだあ、あ、ぁ--」
 そして俺は故郷である宇宙から追い出され、追い、出され--






















 --気が付けば其れは木造小屋の屋根を俺は見下ろしていた。何処だ? そして、何だか、体が、体が、軽い。まるで、起き上がるというより、も起き下がる? 一体何処だ?
「あれ、目を覚ましました?」
 見下げた果てに金髪ヘアーで天使の翼を背中に生やした少女の素顔が俺の眼に映る。
「此処は?」
「あ、此処はですね。えっと、まあ、あれですよ」
 其の先は俺も知らない第三の常識が支配する天使と悪魔の世界。天界と地界の或る世界。そう、此処はヒッグスの否定された宇宙。俺が居るのは其の宇宙なのだ!


 青魔法05 デュアン、格付の旅は此処から始まる END

 NEXT PAGE 青魔法の章 デュアンは浮力の宇宙を体験する

平成最悪の総理……いえ、戦後最悪の総理大臣と呼ばれた総理やっていた事自体をデマにしたい糞野郎だよ!

 如何もタイトル名だけで言葉が汚い糞野郎darkvernuです。
 早速だけど、此奴に関しての時事ネタを付け焼刃ながらやってみようか。

 最近起こった北海道地震は作者も去年起こった地元の大阪地震の事も在って大変だという思いを共有する模様。さて、此処に三体の者共が誰かについて激しく議論を交わす模様。
「何だよ、あの宇宙人野郎は。オイ、マイオス……お前はちゃんと手綱を付けとけよ!」
「出来ん相談だ。何とか道警に奴のツイートはデマに相当すると注意勧告を促すようにした」
「クックック、マイオスとも在ろう男があのノロマを総理大臣にさせた事が最大のミスのようだな」
「あそこ迄扱い切れん馬鹿だとは思わなかったな。政権交代して喜んでいたわしだけにあの男と其れとお遍路の馬鹿さ加減には存在抹消してやりたい程の痛手を受けたぞ」
「何故オザーリンにしなかったんだ? 俺は政治に詳しくないが、此処にはムネオとトモヒロというオザーリンの子分共が居る筈だぞ。まあ、俺は詳しくないので其処迄しか言えないがな」
「待った待った。其処で話の腰を戻すぞ。良いか、俺達が議論するのはあの糞野郎の事だよ。よくもまあ、思い付きであんなデマを流せたもんだ」
「全くだ。何とか道警の腰抜け共に奴のツイートがデマと断じる事は出来た……が、其のせいで元総理大臣の肩書でも情報がデマなら振り回されなくて済むという前例が出来てしまったぞ。奴だけはわしの手で抹消してやりたい」
「現実には未だ生きているからな。何なら俺が協力してやっても良いぞ」
「待て待て、其れやると益々因果律がおかしく成るだろうが。其処は止めとけ、例え俺達があの馬鹿をぶっ殺してやっても御釣りがくると思っても……だぞ!」
「まあそう成るだろうな。其れにしても……クックック」
「何が言いたい、グランドマスター?」
「あの宇宙人は客観的経験とかほざくようだが……誰の経験を基にそんなデマを流したんだ?」
「んなもん宗主国様共だろう。つーか奴の場合は救い難い八方美人だから最後に強く意見された相手の言葉を鵜呑みにしてあのようなデマを流したんだろう……お前の仕業か、マイオス?」
「わしのせいにするな。わしはあのようなデマを許可しておらん。寧ろ道警の注意喚起に含まれる支那の最新地殻兵器の事についてデマを流したので在って奴に頼んだ覚えはない!」
「クックック、つまり貴様は端からあの土下座マンを信用しちゃいない訳だ」
「当たり前だ。奴程、扱い辛い駒は此の世に存在しない。近衛同様にわしは始末しておきたい駒の一つだからな」
「そうか、近衛の謎に満ちた自決は貴様の仕業だったのか!」
「ああ、そうだ。あのまま行ったら東京裁判の意味が迷走してしまうからな。だから松岡同様に先手を打った迄だ」
「まあ今はあの粕の話が中心だ。其れにしても救い難いな。まさかほぼ全ての見解では奴に元総理大臣の肩書を外したい模様だな。まさか此処の主の計算式で零点出したからなのか?」
「其れはあくまで結果論に過ぎないし、此処とは無関係の事柄だ。おっと……最下位が誰なのか告白してしまったな」
「当たり前だろ。あんな点数は早々出せるもんじゃねえだろうが。幾ら採点者も人間とは言えども本当に零点叩き出す奴なんて後にも先にも奴だけだろ。勿論、戦前という枠組みを省いて……の話では在るけど、在るけどさあ!」
「ノロマ共の採点なんて所詮は私怨が含まれるもんだ。特に歴代内閣ランキングなんぞ最近ばかりにしか目を向けない上に何故か女性問題で騒がれたUNOがランクインするような偏りが酷いもんだぞ。まあ俺には関係ないがな」
「だったら何で俺達の議論に参加してるんだよ、グランドマスター!」
「偶々だよ、デュアン」
「UNOの場合は女性問題で最悪の総理大臣ランキング上位に成ったのではない。駄目大人党の中では参院選惨敗の責任だの或は支那が天安門事件を起こした時に借款が一時停止された事に根を持ったパンダハガー共の逆恨みも関係するだろうさ。無論、わしがそうするように誘導したという物も在るがな」
「まあ、どっち道戦後最悪の総理大臣はあの馬鹿だろう。何で弟よりも先に死なねえんだよ!」
「俺もそう思った。渡兄弟や岸佐藤兄弟は兎も角としても奴だけは兄貴として先に死ぬべきだと俺は思うぞ」
「毒を盛ったのが偶然、友人の友人がアルカイダの方だっただけだ……わしの誤算の一つだ、フフフ」
 デュアン、マイオス、そしてグランドマスターの三体は宇宙人鳩を大層忌み嫌う……


 いや、マジで弟が長生きするべきだと思ったぞ。何で生きていても有害同然のあの糞野郎が未だに生きているのか不思議で仕方ないぞ!
 本当にねえ、此の馬鹿が何かやる度にスレ住民は怒りを露わにするからな。勿論、今回の件でも奴は如何考えても有り得ない炭酸ガス地震説を主張するようだが……あのなあ、其れが成功するなら世界中何処でも発生するわ(怒)! んなもんがまかり通るか、クルッポーめ! 全く……科学の素人でも在る自分でも宇宙人鳩の根拠のない炭酸ガス説がデマで在る事はわかる。然も仮にも総理大臣やっていた奴だぞ……情報リテラシーすらまともに出来んとか、本当に終わってやがる。いや、今更か(笑)。
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 UNOは知れば知る程、如何考えても有能で絶対に総理を任せられる人材で在る事は明白。なのに女性問題一つで退陣した……マジで意味不明だろ、此れは! 其の結果、ミキティーの弟子にしてヘタレ野郎カイフが出て来て弱腰外交を再び展開して天皇訪支なんて約束事を勝手に交わしやがったんだぞ。そしてネオ喜一は其れが如何ゆう事態を招くかを考えずに実行……マジでダブルスコア過ぎだろ、無茶苦茶過ぎる(愕)! というかUNOを潰したのがあの鳥頭だぞ……あの鳥頭はUNOを散々叩いておきながら自分の事に成ると自己正当化してやがる。さっさと地獄に落ちてくれないかなあ(願)? 九十年代は正にUNOという有能を潰した事で暗黒時代へと追いやった時期でも在る。勿論、自分の青春にとっても地獄なのが此の九十年代だと今でも思う。失われた二十年を取り戻す為にはやはりマスゴミを潰してUNOとノックの名誉回復を願って神社造営を進めたい……あ、ノックの場合は大阪府民としての自分の願いだよ。やってくれよなあ、大阪府知事久我重明さんよお(願)!
 其れじゃあ一回目の雑文は此処迄。二回目もやるぞ!

二回目の雑文は……取り敢えず忘れない内に少しだけ戦前の総理大臣でも少し評価してみよう。

 如何もdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック……来週で全部終わらせられるかなあ?
 さあ、やろっかあ……先ずはレジェンド伊藤博文から行ってみましょうか!

 如何もマイオスの奴が卑怯にも此の俺様に投げやがったのでヨークシャ種の俺様ナポレーオ様が有難く評価してやるぜ。先ずは初代総理大臣の伊藤博文でも評価するぜ。えっと、参考はウィキで何でも当時は自由民権運動の残り火の如く、野党優勢の状況の中での事だ。なのでマスコミ批判は成立するというもんで、然も其処から七つ分くらいしか目立った評価を立てられない事にすると次のように成る。まあ、政党政治じゃない時代だったから他党評価は入れない事にすると如何成るんだろうかなあ?

 伊藤博文 基本点 120

 任期は総合すると2700日以上だから+20は固い。其の上で様々な目立った評価が付け加えられるとすれば次の通りに成るんじゃないか? 取り敢えず其々の加点及び減点を表示するから少しだけ計算に付き合おうぜ。

 経済政策の成功 +10
 各種制度の急造 +10
 日清戦争の勝利 +20
 領事裁判権の撤廃 +15
 鹿鳴館外交 -15
 三国干渉に屈する -10
 政友会結成 +15

 と少し七つ分を選定するのは難しいが、こうゆう評価を下した。尚、戦争の勝利は+20、戦争の敗北は-20に設定すると此の様に高得点と成る。何故なら国は他国に打ち勝つ事で領土の拡大が可能になり、外交上優位に立って幾らでも自国民の生活を豊かに出来るという証明が果たせる訳だ。そうゆう意味で加点は高く設定されていると思った方が良いぜ。
 なので伊藤博文の最終評価点は次の通りに成る。

 120+10+10+20+15-15-10+15
=165

 と何だかシゲルよりも低く評価されているなあ。如何も三国干渉が響いたな。後は井上薫という外交音痴のせいで評価点を落としたのもマイナスだよな。いや、少し評価点を改めよう。伊藤の評価はこんなもんじゃない。もっと評価されるべきなので少し見直しを図るぞ。

 経済政策の成功 +10
 各種制度の急造 +15
 日清戦争の勝利 +20
 領事裁判権の撤廃 +20
 鹿鳴館外交 -10
 三国干渉に屈する -5
 政友会結成 +15

 と敢えて贔屓をして見せた。そうすると最終評価は少し上向きに成ると俺は見ているぜ。

 120+10+15+20+20-10-5+15
=185

 申し訳ないぜ、伊藤博文を贔屓にしないといけなく成ってなあ。許して丁髷、何ちって。よくよく考えると領事裁判権の撤廃は戦争に勝利する事と同じだと思った。前に憲法改正の加点が凄まじいって話をやった筈だ。其れを踏まえれば此れは流石に加点評価が甘いのは如何かと考えて……こうした。勿論、関税自主権の撤廃も同じように加点が大きいぞ。其れを忘れずに。
 後は平成最後に踏まえて次のようなランキングもする。其れが基本点からどれだけ加点されているかってもんさ。伊藤博文の場合は次の通りだ。

 最終加点点 +65

 此れも歴代総理大臣ランキングの最終結果に大きく影響するから宜しくな。そんじゃあ今回は此処迄だぜ!


 まあ戦前のランキングはやらんぞ。自分は余りこうゆうのを把握していないからな。なのでちょいちょい、戦前の総理を評価するという形にしている。其処で現代日本の礎をほぼ築き上げたというレジェンド伊藤博文を評価してみた。だが、最初の評価では流石にシゲル以下の判定に成った。此れは流石にレジェンドらしくないと踏まえて再度評価し直した訳だよ。井上薫の鹿鳴館外交のマイナス評価とか三国干渉とかどう折り合いを付けようか考えた結果、こんな風にした。そしたら納得の最終評価点と成って自分は此れで満足した訳だ(まあ贔屓過ぎると批判されるけど、其処は許してくれ)。
 とはいえ、伊藤博文の場合はあくまで戦前の総理な上に初代総理大臣だからこそ自分は贔屓してやっている真正の政治家だぞ(最終的にテロ野郎のせいで死んだ事で彼は肉体から解放され、真の政治家と成ったという意味で)! 此れ位評価されて当然だと自分は思っているからな。だが、他の総理は厳正に評価するから宜しく。自分は余り贔屓で得点付けたくないからな。
 ってな訳で平成最後の日にやる予定の評価点の補足を終える。

 其れにしたってシデハラとかミキティーとかネオ喜一は死んでも許せないよなあ。前の雑文でも同じ事を言うけど、今度はシデハラをピックアップするとあいつは満州周辺で邦人が襲撃されて被害遭いまくっているのに何の助け舟も出さずに穏便に済ませとかって……お前は何で其処でメンツを優先するんだ。だからこそ関東軍はわざわざ動くしかなかったんだぞ、此れがシデハラの人間性だぞ。此れは誰だって怒りに満ちて同然だからな。
 ミキティーとかネオ喜一の場合はネオ喜一は前に腹立たしい事を述べた後だからわかるけど、ミキティーは後日腹立たしい所を此れでもかって紹介するぜ。発言だけじゃなく此奴こそ今の日本政府の弱腰外交を確立させた張本人だと自分は考えている。ミキティーの後のガウンがテロリスト釈放で所謂保守論客からボロクソに叩かれているけど、寧ろガウンよりも狡猾なミキティーこそもっと糾弾されて当然だと自分は考えているからな!
 其れじゃあ二回目の雑文は此処迄。暇さえ在れば戦後歴代内閣を再評価しとこうっと。未だ未だ不十分の気がするからな。

取り敢えずお前等が悪夢なのは事実。つーか世の中で当たり前の引継ぎを知らんのか、だからお前等は特定野党と呼ばれるんだよ!

 如何もタイトルで奴等に対して怒りを露わにするツイッター徹並に煽り耐性の低いdarkvernuです。本当にツイッター徹は実に特亜にとって都合の良いピエロだな、まあチャンネルチェリーのゴンザレスは大嫌いなのでゴンザレスの発言に乗っかって奴に批判する気はないがな。ま、其れでも番組に出て議論した方が良いぞ。出ないとしたら其れは即ち黒軽部に打ち負かされた過去(向こうはそう思っていなくとも)が恐いと告白しているようなもんだぞ……山口二郎とかいう粕を論破したみたいにチャンネルチェリーの討論番組に出てあのゴンザレスや沖縄のアイドル的な存在で在るガナーハさんと激しく議論して論破を試みるべきだと自分は思っているぞ。
 では始める前に恒例の『格付けの旅』の青魔法の章05の四ページ目が終わり、五ページ目に入りました。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック……後一週間で六ページ目も終わらせないといけないな。ちゃんとそうゆう予定で組んでいるからなあ、畜生め!
 では早速、奴等が悪夢である由縁よりも先ずは奴等が駄目大人党の遺産のせいとかほざく論理が如何に詭弁かを自分の経験談(というか傍から引継ぎ担当者達の引継ぎの様子を眺めているだけだけどね)から論破してゆきましょうか。

 ケラケラケラ、あっしは詐欺師で在りやす。此のブログ恒例の日曜の雑文ならではの時事ネタをしてゆこうではないか。
 悪夢のブーメラン党政権発言から駄目大人党のサイボーグ晋三は各論人から大きく叩かれたりしておりますね。でも、ケラケラケラ……良く理解している我等にとってはあれが悪夢なのは周知の通り。個人的に屈辱を受けたとかそうゆう意味では在りやせんなあ。
 まあ其れよりもブログ主にとって感心しないのがやはりフランケンジャスコの『駄目大人党の重荷を背負ったから上手く行かなかった』という発言ですなあ。其れが如何して詭弁なのかは此れから紹介しますなあ。
 其れは其れはと在る食品工場の様子。ただものパンラインのライン長を務める金髪君は夜勤担当の係長デモンストレーションマンがやって来て交代という時にこんな会話を交わしております。
「オラア、中指立てるぞ。何でそんな面倒な事が十五時台に起こったんだよ。始末書もんどころか大きくラインが乱れているじゃねえか!」
「そうなんだ。加工のムエタイ君が袋を切る時に何と生地が詰まっているボールの上でやったんだ。其の際に切れ端の一部が其処に混じって後で切れ目が一致しない事を受けたのが何と生地が流れて二十分後という状況なんだよ。もうねえ、全ての生地を廃棄処分しないと収拾が付かないレベルの大惨事だよ!」
「全く……ンで始末書を書かせたのか?」
「ああ、夜勤と交代する前迄に其れを済ませて少し残業三時間オーバー気味ながらも帰らせるようにはしたのさ」
「全く……折角、今日迄のラインを書いたのに其れを実質一時間も遅らせやがって!」
「一応は間に合ったよ。だが、予断は禁物だからね。兎に角、明日の予定は其の遅れ気味の所を如何にか調整しつつも他のラインと相談しながらやって欲しい……任せたよ、デモマン君」
「中指立てるぞ、コラア!」
 其れから十二時間後……今度は夜勤の午後二十三時台にて提出用のパンを取るのを忘れた上に出荷した後だという事を知らされた時だった。
「糞があ、包装担当のアシスタント君の野郎が超小麦粉パンを一個取るのを忘れやがって大変な目に遭ったぞ。然もきっちり数通りに出荷したから明日出荷予定の一個を提出用として包装し直して出す羽目に成った。クソウ、何てギリギリなんだ」
「そうか、残念だな。ところで今日の予定はこんなもんで大丈夫なのか?」
「仮だ、夜勤以降は色々と混雑していて出来上がる迄に後二時間は要する。取り敢えず課長に中指立てながら仕上げるぜ!」
「いや、中指立てたらクビ或は飛ばされるよ」
「まあ、そうゆう訳だから夜勤以降のを仕上げるから其れ迄に二時間……何か在らん事を願うぜ!」
「大丈夫だって。其の責任は全て僕が取るよ」
 ケラケラケラ、此れが引継ぎの様子。何か問題が在ったり、或は予定よりも出荷量が多かった場合の時間配分等々を報告し合って責任を共有する様子が其処に在る。故に今起こった事は全部今の担当で在る自分の責任として負わされる訳だ。
 ところが此の引継ぎが無い場合は如何成るか。ケラケラケラ、そいやあ!
「やい、お前んとこがちゃんと加工担当を教育しないから十五時台に切れ端問題が発生してラインが大幅に遅れたんだぞ」
「知るか、そんなの。つーか現場のお前が何、俺に罪を擦り付けようとしているんだよ!」
「五月蠅いな、抑々あの社員は元々お前の所担当の時間帯だろうが。何であいつが残業二時間台で帰ろうとしている中で問題発覚したんだよ……お陰でラインが一時間も遅れてしまったんだよ。教育しないからいけないんだよ!」
「知るか、八時以降はお前の管轄だろうが、俺のせいにする気なら中指立てるぞコラア!」
 其れから十二時間後に前と同様の事が起こった場合は如何成るか?
「はあ、提出用を一個取るの忘れたってえ?」
「お前が教育しないから二十三時台にて問題が発覚したんだ。其のせいで夜勤用の予定表作成が二時間以上遅れそうだぞ!」
「知らんよ、そんなの。デモマンが教育しないから悪いんでしょ?」
「引継ぎ前にあいつに注意しないから悪いんだ」
「えええ、アシスタント君の出勤は二十時からだよ。其れ以降は僕の担当じゃないよ」
「五月蠅い、お前は二十時以降も残っているそうじゃないか!」
「あのなあ、僕は残った仕事を全て終わる迄帰られないんだよ。僕のせいにしないでよ」
「馬鹿め、中指立てるぞ!」
「一々立てないでよ。全く、えっと二時間だよね? 其れで問題起こったらデモマンのせいね」
「何で俺のせいに成るんだ。其処の担当はお前だろうが、俺のせいじゃねえよ!」
 ケラケラケラ……良くわかりましたかな? 此れじゃあ互いの引継ぎで此のような喧嘩が巻き起こり、現場が混乱するのが予想されるでしょう。密室で話そうとも現場で話そうともこんな喧嘩のやり取りでは下々が困ってまともなライン運営は出来ないのですよ。
 とまあこんな感じで如何にフランケンジャスコの駄目大人党重荷発言が如何に詭弁かお分かりかね、ケラケラケラ。例えどんなに重荷を背負っても引き継いだ政権で問題が発生した場合は結局引き継いだ政権の責任と成るのだよ。消費増税約束は確かに前の政権の責任ですが、実行する側が責任を取る。マユゲの消費増税発表もそうですけど、引き継いだポマード政権が実行すればポマード政権の責任として処理されるのが引継ぎの残酷な点ですなあ。其れとも何かね? 引き継いだ政権は前の政権の問題を前の政権のせいにしても良い、と? 其れは運営する側の態度じゃ在りませんなあ。其れじゃあ何の為に明治新政府は治外法権を認めたり、関税自主権を握られた状態で在っても前の政権のせいにせずに明治の終わり迄に全て解決したのかわかりますかなあ? 其れは全責任を負うという形で全力で当たったからなのですよ。特定野党全員は明治新政府の爪の垢を煎じて飲む事をお勧めしますなあ、ケラケラケラ!


 という訳だ。だからお前等はナイトメアなんだよ、特定野党共め。サイボーグ総理の言う通りだよ、全く。引継ぎという此の世の真理を否定するなんて社会人のやる事じゃねえよ。どんな重荷だろうが今ある責任者が全て負うのが引継ぎってもんだろうが。「前の担当者のせいです」……で済むか、バアカ(怒)! そんな事言う奴が居たら絶対に担当課長はクビにするか飛ばしたりするぞ……いや、マジで。
 引継ぎってのはそうゆうもんで何かある度に前の担当者のせいには出来ない。今の担当者が実行したり重荷を背負った場合は其れを解決しない限りは結局今の担当者のせいに成る訳だ。憲法九条の問題だってそうだ。幾らGHQとシデハラとかいう超外交音痴野郎のせいでも結局は解決出来てない今迄の政権の責任は重たい。だからこそ解決する迄責任は取らないといけない。此れが引継ぎという物。今の担当者は責任以て解決する使命を背負う。でないと遺産相続とかもそうだし、負の遺産だろうが今の世代が前の世代のせいにして解決するようなもんじゃない。今の世代が後の世代に引き継がないように解決しないといけない。つーか、特定野党共はジョースター家を見習え……一巡してやっとディオを巡る戦いに終止符を打ったんだぞ。スティールボールラン以降はいわばディオとの因縁とは遠く離れた戦いなのは六部の時点でディオが遺した負の遺産を全てエンポリオ迄に全て打ち砕いたからこそ何だよ、わかるか……引き継ぐという重みというのを! 其れを何もせずに人のせいにしてたら誰も其の因縁を解決する事無くカーズの時点か或はDIOの時点なんかでジョースターの血統は滅んで世界は悲惨な状況に成っているぞ。此れが血の運命だぞ。此れが引継ぎの運命だぞ……人のせいにする暇が在るなら鍛練に励めっての!
 補足だけどオザーリンの奴が「もう一度悪夢を見せてやろう」ってのはマジで駄目大人党に悪夢を見せる以上に自分達日本国民に悪夢を見せるって意味に捉えてしまうんだけど。いや、オザーリンは散々悪夢を見せ付けて来たからこそ洒落に聞こえないんだよ。つーかいい加減、国外に退去して下さい(願)!
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 青魔法の章05の四ページ目の解説を始めるぞ。今回は猿の惑星ならぬ蟻の惑星話。自分の世界観では人間の次に台頭するのが蟻で然も人間サイズの蟻が地球の後継者として振舞うというのが自分が想像する新人類論。今回の話ではデュアンは蟻の惑星に墜落し、其処で雌社会の中で最も強力な雄と思しきエレファントキラーとも対峙する訳だよな。結局、戦いは火事場泥棒の如くアンダーモルゲッソヨが勝利するという嫌な決着と成ったがな。まあ、次の話に繋げる為には少々強引にやるのが自分のやり方なんだよな。
 とはいえ、蟻が人間の次に人類に成るにはやはり太陽を克服出来るか如何かにも懸る。後は水泳が出来るか如何かやら或は……思い付かんので此処で止める。とはいえ、ある学者の場合は犬が地球の後継者だったり猫が地球の後継者という可能性も在る。自分の場合は働く事に生き様を見せ付ける蟻の方が人間の次に地球の後継者に成れるんではないかって思うからな。だって、蟻って自分よりも重たい物を持ち運んで行くんだぞ。幾ら雌でも此れは凄いし、然も他の蟻が通った道を辿ってゆくというイギリス経験論的な行動原理もそうだから寧ろ可能性が在りそうなんだよな……まあ、最も我々人間様も蟻に負けてられないんだけどね。
 では青魔法の章05の四ページ目の解説を終える。

 其れじゃあ恒例の一ヶ月に一回の予定表を出すぞ。

   予定日不明    第百三十七話 新天地のレット 其れは未だ見ぬ島国          作成日間
            第百三十八話 新天地のレット 恋は突然やって来る          作成日間
            第百三十九話 新天地のレット 新たな最強の銀河連合降臨       作成日間
            第百四十話  新天地のレット 初孫を見て老いを知る         作成日間

 取り敢えず一兆年の夜とは関係ない話だが、『覇者の大地』はほぼ全てのプロットは記された後。だが、一年後にやる予定の『勇者の印』に関しては半分しかプロットは出来ていない。残り半分をやる前にHPを起ち上げてツクール処女作である『最近の若いもんは』を出したからな。其れからほぼ半年後に此のブログを起ち上げて一兆年の夜の連載を開始した。なので『勇者の印』残り半分のプロットを覇者の大地連載中に書き上げられるか如何かにかかるなあ。何しろ、当時の記憶が曖昧な上に解読困難な字が何個もある状況であれを書き上げるってのはなかなか大変な作業だからな。然もやりたいゲームややるべき仕事等々が詰まっている中でやらんといかんってのも大変だからな。うーん、大丈夫かなあ?
 という訳で今回は此処迄。取り敢えず昨日は少し急な用事が飛び込んで然も無視出来なかったから申し訳ない。今日はちゃんと一兆年の夜HP版を更新するから期待して待ってくれ(期待しないでくれと言えないぜ)!

格付けの旅 デュアン、格付の旅は此処から始まる 第六天魔王波旬、再び!

 火事場泥棒……其れは勝負事に於いて卑怯者が良くする物。卑怯者故に美味しい所だけ横取りし、然も最初から最後迄自分の御蔭だったと主張するという最も敗者にも屈辱的で腸煮え繰り返る物はない。
 とまあこんな形で俺は武器で在るデュアンロールを奪われた上に何かの宇宙船に載せられる事に。隣にはエレファントキラーが閉じ込められている。だが、俺もエレファントキラーの両方にも対応しない不衛生な牢屋な為に糞尿を出すには如何にも何かの紙が必要に成る。アドヴァンスドアントは未だ不潔に耐えられる位に野生からの解放は実現されていないと俺は見る。だが、俺は別だろう。少しでも牢屋内が糞尿で堪り続けたら臭い処か衛生環境の悪化で何かの病気に成りかねない。我慢も良いけど、三日も四日も我慢するには糞尿の栄養変換は難しいだろう。腎臓だって肝臓だってフル稼働し続けたら出血を起こして当然だろうが。毒素を抜くってのはゲップだけで済む話じゃないしな。
「なあ、其処の肌猿」
「何だ、エレファントキラー?」
「貴様は何故言葉を話せる?」
「其れは質問か? なら答えなければ応酬が続く」質問に質問で返すのはアンフェアだと古代からの常識さ。「世界には肌猿と呼ばれた存在が服を着込んで清潔を保って機械弄りも出来て或は書物何かも読めたり或は趣味に没頭したりする星も在る。俺は其処から来た」
「そんなの幻想だ。肌猿に文明なんて築ける筈がない!」
 そっくり其の侭返そう、お前等蟻に文明が築けるか--だが、実際には出来ているのだから驚きを隠せない俺達が居た!
「何故俺達が文明を築けたのかを話すべきだろう。其れは大昔の話だが、<アドヴァンスド>を創成したという神が居ました。彼は最初の人類で在る『アリンス』と『イウン』を其々出来物がある姿と何か窪んでいる姿にして生みました。二人は其々……」
 此の話は所謂俺の故郷で在る<惑星ディー>の『創世神話』と共通すると思った。
 創世神話……其れは国が誕生し、如何してそうゆう国体なのかを示す国の国の正当性を確立させる物語の事。其処では故おろこおろって音で掻き混ぜるだけで島が誕生したり、セックスする事で山とか森とか果物とか野菜とかが誕生するそうだ。勿論、セックスの代償で産んだ方が死んで其れに逆上した種男が其の子供を切り殺した際にも鉄とか焦げとかが誕生する……といった科学理論重視の者達にとっては信じ難い話のオンパレードなのが創世神話の特徴。だが、此れを只のファンタジーと切り捨てるのは余りにも歴史に対する侮辱だと断言しておこう。神話とは国の国に依る国が成立する過程を真実へと持ち込む為に必要な自分という個を確立させる為に存在する素晴らしい上位の物語なのだよ。歴史が通常の物語の上に存在する超物語と称するなら神話とは歴史よりも上に位置しないと成り立たない。つーか神話を否定して歴史を語るな。昨今の歴史教科書は神話を載せろ、載せられんなら歴史教科書を執筆するのを止めろ……と誰かが怒鳴ってそうだが、此処迄にしとこう。
「お前の説明通りだ。最近ではと或る国で自国の歴史を否定する売国奴共が跋扈していて気分が悪いと思っていたんだよ」
「何だと、蟻の惑星でもそんな事が起こっているのかよ!」
「ああ、許し難い話だ。神話を否定して更には自国の暗闇の歴史ばっかり学んで多くの新人類は蟻としても誇りを捨てて外に出る女性が減って来ているのだ!」
「其れは拙いな。蟻は典型的な雌社会の筈だ。雄は女王蟻に寄生し、家事炊事をやるのが普通だろうが。一方で屈強な雌は外に出て餌に成りそうな物を集めるもんだろうが。という事は其の国では雄社会が進行する程に平和が跋扈しているのか?」
 悔しいが、そうみたいだ--だからエレファントキラーのような雌みたいに屈強な雄が外に出る訳か……どの種族の世界でも少子高齢化の原因は平和の謳歌に依る武力の否定が関係するようだな。
 俺は感心しながらもエレファントキラーと意見交換してゆく。そして--

 其れは一時間後に起こった--俺とエレファントキラーは僅か一時間休息を摂っただけでアンダーモルゲッソヨの下手糞な封印を解除し、大暴れ。
 無論、俺達はアンダーモルゲッソヨ自身の所迄駆け付ける。奴は驚いて下半身から液体を漏らす始末--元々、口先だけで中身は超絶『チキン精神』同然の奴だから漏らすだけじゃなく、穴から臭い物を吐き出す事だって在る!
 チキン野郎……其れは寒気がしたり何か恐怖を感じた時に毛を毟ったり身を震わせたりする行動が鶏みたいで在る事から臆病者の事を総称する意味で使われる単語。まあ、詳しくは俺の口からは言えんから宜しくね。
「侮るなよ、蟻と魔法使いの混合で此のアンダーモルゲッソヨに勝てると思っているのか!」
「思っているから俺は貴様の射程範囲に近付ける!」
「舐めるな、アンダーモルゲッソヨ三の殺人技の一つで在る火炙りを思い知れ!」其れは自爆だ、アンダーモルゲッソヨ。「ウオオオオオオオ、熱い熱い熱い熱いイイイイ!」
 奴は戦わずして全身火炙りの後に窓を突き破って消火と同時に凍えながら宇宙空間に投げ飛ばされてゆくのだった--流石はアンダーモルゲッソヨ……最後迄行動予測が不可能だよ!
「待て、奴は操縦室の窓を壊して……ウオオオオオ!」
「おお、エレファントキラーが……ウオアアああ!」
 俺達も投げ飛ばされるのは無理もない。だが、俺は既に宇宙空間での呼吸法を体現した後だ。最早、宇宙では俺を殺す事は不可能だ。俺は……だが、目の前に第六天魔王波旬が現れたのなら別だがな--相変わらず女の姿をしているのは何ともコメントに詰まるなあ!
「フウ、フウ」俺の下らない魔法、『フラッシュマウス』で宇宙空間内でも会話を可能とする。「あーあーアー……聞こえるか、波旬?」
「聞こえるぞ、下らん物も既に編み出した後か」
「『アートオブマギ』は徐々に確立されつつ在るからな。後は貴様を屠る為に如何すれば勝つかを模索すれば良いだけだ」
「お主が余を? 馬鹿も休み休み言え、と返答しておこう」直ぐに見えない攻撃で俺の左腕を吹っ飛ばしやがった。「此れが力の差だ、デュアン」
「クソウ、相変わらず化物染みたスペックを披露しやがるな。そうして第三次魔導戦争を引き起こして惑星ディーを他化自在天にしようと目論むのか!」
 如何様にも言える--今度は右腕を吹っ飛ばしたか……会話には乗らないって意思表示だな!
 両腕を失っても魔法を使う時は使う。けれども、相手を捕捉するには腕の存在は不可欠なのも事実。俺が此奴を倒すには『インビジブルアーム』を使用するしかない。此奴は打撃系魔法を応用して身に付けた執念の魔法とも呼べるもんさ。
 インビジブルアーム……其れは文字通り見えざる手の事を指す。彼の有名なディーの経済学者アダール・スミシーの提唱する経済学の見えざる動きの事を指す。まあ其れについてはアダール・スミシーの著書を読む事を勧める。さて、魔法学に於けるインビジブルアームとは膨大なるマナを消費して腕の代わりを形成する極めて消費量の激しい形成魔法を指す。だが、使い熟せば義手と接合する事からあらゆる物質に取り付ける事も適う等応用が利くのが此の魔法の凄味。但し、弱点は先に紹介したマナの消費量が極めて高い事に在る。
「成程、余の攻撃に対抗して見えざる腕で余のあらゆる攻撃を対応しようと試みるのだな……だが!」無数の見えない斬撃が俺に襲い掛かる……「接合する余裕さえ与えんぞ……何っ!」だが、お前の攻撃が見えなくとも敢えて受ける事で其れを乗っ取って見えない斬撃の腕を形成すれば勝利の鍵は見えるぞ。「ウオオオオオ……左脇腹を抉った、中々の戦闘センスの高さじゃ!」
「誉め言葉を如何も有難う」其れから俺は切り離された両腕をインビジブルアームで引き寄せてくっつける。「感覚は……あれだが、打撃魔法術『カラノテ』に在る筋肉硬化の術を俺も持ち合わせているんだよ」
 カラノテ……其れは最強の打撃魔法術として必ず挙げられる打撃系を追及した打撃魔法術。其れは只壊すだけじゃない。内臓操作の魔法から打撃の要で在る筋肉操作迄何でも可能な恐るべき打撃魔法術。勿論、俺は此奴の習得も確かに試みた。だが、断念した。如何やら俺には打撃系は無理みたいだ。兎に角、ファンも多い此の打撃系魔法術は編み出せば喧嘩で負ける事はない……筈!
「やるのう、若いの。筋肉で固めたのか?」
「当然だろう、其れと骨で……両腕の動きを此れ以上負担が無いように固定すれば」右腕は固定したまま、肩と右手首だけを動かすという器用な事をやってのける俺。「--ほうら……ディバインドライブの完成だ!」
「ウオオおお……だが」デュアンロール無しだと傷一つ付かねえだろうが。「そんな威力で余を滅ぼす極限魔法とは……片腹痛いわ!」
 縦一文字の見えない斬撃が強烈に走った--何とか俺は其れを『アートオブマギ』の応用で全身に回しながら威力を分散させると其れを左手に集めてからの……リフレクトブレイカーを奴に繰り出す!
「ウオオオオオオオ、余に向けて……何という魔法攻撃を、ウオオオオオグオオオオオ!」チイ、上方に全て弾き返しただと……「ハアハアハアハア、全てではない。お主もそうだろう?」互いに瀕死の侭、此処迄迎えるとはな。「そろそろ……と言いたい所だが」
 ああ、俺達は……うおおおお--流し切れないエネルギーの暴発で互いに離れるように吹っ飛ばされて行く!
 今度は何処に流される? 今度の戦いでは……未だ未だ俺の魔法は改良の余地が在るとわかった。だが、既に宇宙空間での呼吸法をするだけのマナが残っていない。数多のエネルギーを身に浴びてマナに変換して省エネルギーを試みるにもやはりマナが足りない。マナの変換にも最低限のマナが必要と成ると……何と不運な男だ、俺は!
 だが、其の不運は偶然俺の背後に現れた謎の宇宙船が拾うという幸運の御蔭で俺は事なきを得るのだった……


 NEXT PAGE そしてデュアンは別宇宙に飛んで行く

実質三回目の雑文は……二日前迄に暫定ランキングが出来たので少し統計をしてみるぜ!

 如何もミキティーはクリーンじゃなくてアカ……が正しいってチャンネルチェリーに居た頃のくららが証明している事だよ。だからこそあの糞野郎(本当に糞野郎だよ、じゃなかったらカクエーが逮捕されるなんて有り得ないからな!)を褒め称えたら駄目だって忠告するdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 カクエーを擁護するなって? 別にカクエーが総理だった頃のやり方とかは擁護はしていない。只、カクエーが逮捕されたのが余りにも問題あり過ぎる事を自分は言ってるんだよ。其れは小室直樹のカクエー擁護だけじゃない、あの渡部昇一もカクエー擁護に回っている事からも明らかな事だよ。まあ其の話はやる場合が在ったらやるぜ。今はこっちをやりたいしな。

 フフフ、わしの名前はマイオスだ。塵共には有難く作者がウィキの情報だけで纏め上げたランキングを紹介するぞ。まあ、名前は現時点で伏せとくがな。

 1 ベストA   170      17 クレイジーB  65
 2 ベストB   158         バッドC    65
 3 ベストC   155      19 クレイジーE 55(90)
 4 ベストD   130~140  20 バッドD    55
 5 ベターA   115      21 バッドE    50(75)
 6 サンプルA 100~110  22 クレイジーD 45
 7 ベターB   100        クレイジーC 45
 8 ベターC   90      24 バッドF   40(50~60) 
   ベターD   90      25 ワーストC 35
 10 サンプルC 85(95)   26  クレイジーE 30
 11 ベターE   90~80      ワーストB  30
 12 サンプルB 80      28 クレイジーA 25
    サンプルD 80     29 ワーストA  20
 14 バッドA 70(100)    30 ワーストD 15
 15 バッドB 70        31 ワーストF 10
 16 サンプルE 65(90)   32 ワーストE 0

 という順位に成る。此れは勿論、暫定に過ぎないので未だ未だベスト1~4或はワースト1~4の間の順位は変動するだろう。何しろ、作者も初戦の人間の殻に籠るような奴だからな。其れと有難くちょいと括弧の部分の上位或は上の方を優先して順位を付けると以下の通りに成る。

 1 ベストA      170   17 バッドE(21↑)    75
 2 ベストB      158   18 バッドB(15↓)    70
 3 ベストC      155   19 クレイジーB(17↓) 65
 4 ベストD      140      バッドC(17↓)   65
 5 ベターA      115   21 バッドF(24↑)    60
 6 サンプルA    110    22 バッドD(20↓)   55
 7 ベターB      100    23クレイジーD(22↓) 45
 8 バッドA(14↑) 100(70)    クレイジーC(22↓) 45 
 9 サンプルC(10↑) 95    25 ワーストC      35
 10 ベターC(8↓)   90    26 クレイジーE    30
   ベターD(8↓)   90       ワーストB      30
 12 ベターE(11↓)  90(80)  28 クレイジーA     25
 13 サンプルE(16↑) 90(65) 29 ワーストA     20
 14 クレイジーE    90(55)     30 ワーストD     15
 15 サンプルB(12↓) 80       31 ワーストF     10
   サンプルD      80(12↓)   32 ワーストE     0

 と成る。此の様に括弧を足したり、上の点数を採用すると此のような順位と成る。まああくまで暫定ランキングに過ぎないがな。だが、前に作者が付けたランキングと今回の違いは今回の方が俯瞰的に塵共を理性的に評価出来ている点だろう。何処かの私怨でランキングを付けるような粕共のランキングに比べれば遥かに相対的なランキングと成る。其れでも作者も人間で在る以上は神の如き評定は付けられまい。
 平成最後の日に最終的な結果を出す。其の時には更に点数の変動と前のランキングとの差分を加えた物。更には最終的なランキングを此処に載せる。因みにエクセルを用いずとも最高点は170、最低点は0。取り敢えずわしとしては0点評価の奴は即刻捕えて極刑に処してやりたいがな。奴は要らん事をし過ぎだ……おっと誰なのかが判明してしまうなあ、フフフ。
 序に平均点は先に紹介した奴が69.5、後に紹介した奴が74.9と惨憺たる結果に成った。つまり歴代総理大臣はやや売国奴に成る傾向に在る事がわかった。此れでは主権回復なんぞ夢の又夢で在るぞ、フフフフ、フハハハハハハ!


 全くだ、何て酷い統計だよ。因みに平均値はエクセルを使って算出した。マジで眩暈がしたく成る結果が出たぞ。前にも紹介したけど120以上で愛国政権、100以上で優良政権、80以上で普通政権、80未満でやや売国政権、40未満は売国政権、20以下だと国賊政権と下したが此処で更に変更を加える。其れは大学の単位取得に満たない60未満は売国政権、高校のテストで赤点の40未満だと国賊政権とかなり厳しい査定にする。でなければ売国政権がどこらへんかをちゃんと査定出来ないからな。というか……情けないよなあ、そう考えると平成に入ってからの総理大臣共の体たらくには。どれだけ国益を損なう行為をして来たのかが手を取る様にわかってしまう。此れじゃあ行動する保守運動の求める真の主権回復迄一体どれだけ掛かるか……マジでサイボーグ政権のあの右往左往は戦後歴代総理大臣共が体たらく過ぎたからこそ招いた事態だと自分は考えて良いと思うぞ。マジでマイオスの高笑いが今も耳に響くぜ……糞ったれめ(悔)!
 序に此れも未だ暫定に過ぎないので平成最後の雑文では更に相対的なランキングにしたいと思うし、エクセルを使った更なる統計もやりたいと思う。まあ標準偏差とか未だ未だ熟し切れないので何処迄やれるかはわからんがね(笑)。
 以上で統計等の解説を終える。

 パヨパヨチーン共がUNOをランキングに入れたがる本当の理由が何となくわかってきた気がするぞ。あいつの時に天安門事件が起こってあの国は一時的に国際社会から孤立したからな。其の時に対支借款の停止が決まったんだよ。其れが何を意味するのか? バッシングの始まりだよ……モリカケもそうだけど、大体こうゆうバッシングの裏には都合の悪い事が在るんだよ。だとすると……あの東京都知事に出馬したあの鳥頭は本当に怒りが湧いて来るよなあ。UNOの愛人問題は駄目でおめえの愛人問題は在りって……そりゃあイヌワーキさんが上念の名セリフを借用したく成るのもわかる気がする。
 という訳で日曜の二回目の雑文を終える。取り敢えずマスゴミに批判される政権は優良政権という法則は在り得るから此れを覚えておこう!

一応二回目の雑文だが、子供を虐待する親もサイコパスだぞ!

 如何もDVする奴も幼児虐待の奴も100%サイコパスだと断言する怒りの自分darkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 自分が身近で許せない事と言えば虐め、DV、そして児童虐待……其れ等全てを平気でやる奴は100%サイコパスだ! 理由関係なしにそんな事は絶対に許されない事だ。如何してかを紹介しよう。

 僕は家からも更には児童相談所からも逃げました。捕まっては逃げて捕まっては逃げてを繰り返した末にとある店に匿われました。
「良し、逃げたぞ。早い所私は君を匿い続ける事は出来ない。けれども、出来れば法律を冒してでも君を匿い続けたい。矛盾しているようだが、私は君の気持ちを少しだけ理解する者だ。だからこそ気軽に相談してくれ」
「う、ううう」
「そうか、確かにそうだよな。そんな風に言った人間を信用しない事はわかる。嘗て私も虐めに遭い、更には父が母に暴力を振るい、更には父に暴力を振るわれた身として君の相談に付き合いたい」
「嘘だ、そんなの……って何脱ぐんですか!」
「上半身だけだが、見ろ」其の人は僕に背中の僕の大胸筋程在る火傷を見せる。「本当はズボンも脱いで金玉の火傷も見せてやりたい。けれども、公序良俗の観点では此れが限界だ、君」
「凄い、痕」
「父が母を殺す事でやっとDVは終わりを告げた。そして私は虐めが更に酷く成るのかと思っていた……けれども父の逮捕を契機に学校は私の虐め対策に乗り出し、やっと人間の人生を歩む事が出来るように成った。そして父は……死刑に成ったさ。無論、私が検事の人に其れを頼んだお陰でな」
「憎かったのですか?」
「今は曖昧だ。だが、当時は母を殺して私の居場所を潰したあの悪魔のような父が憎かった。死んで欲しいと願う位に。さて、此処迄にしよう。今は私よりも君の話を聞きたい」
 僕は勇気を振り絞って其の人に母の虐待を伝えた。すると彼は……「わかった。此処で君は隠れていたまえ。直ぐに其の悪魔を地獄に落としてやる!」
「ま、待ってくれ!」
「そうか、君には未だ愛情が残っているようだな。だが、児童相談所からも逃げて来たのだろう? 奴等では事態を解決出来ないと思って私を頼りにしたのだろう? そして未だに人殺しは悪だと考えているのだろう……其れで良い、だから私は敢えて振り切る!」
「そ、そんな事すればおじさんは犯罪者の一員に成るよ。人を殺しても何の解決もしないよ!」
「其れは社会が人を殺しても解決出来ない素晴らしい機能を備えた場合だけだ。だが、社会とは法律の雁字搦めだけでは解決出来ない不安定に何時も振り回される物なのさ。君の言う事は正しいし、其れが望むべき理想郷だろう。だが、時には偽悪と罵られようともやらなければ成らない事も在る。其れでも君は人殺しを憎むか?」
「うん、駄目だよ。其れじゃあお母さんと仲直り出来ないよ」
「君は優しいな。そう迄しても君はあの時の私とは大きく違う道を進もうと躍起に成る訳か……だが、行かせてくれ!」
「駄目だああ!」
 其の人は行ってしまった。扉が閉まったらもう僕は外に出られない。事件が起こる迄、絶対に外に出られない。僕は震えながら三時間もテレビを付けずに蹲っていた。食べ物すらあり付ける事もせずに只管とんでもない事態に眼を逸らせ続けた。けれども、僕は強かったのか其れとも鈍かったのか知らない。突然、テレビを付けた。すると……
『昼の三時過ぎに三十代前半の男の腹部に刃物のような物で刺した罪で三十五歳の主婦を逮捕しました。
 殺人未遂の罪で逮捕したのは近所のスーパーでパートをするAさん(35)です。調べに対してAさんは「あの男は私の倅を誘拐したのよ。絶対に許せなかった!」という供述をしております--』
 まさか母さんをわざと殺人者に仕立て上げたというのか、あの人は。其のニュースを見て僕は外に出て、多くのカメラマンの前で母さんのして来た事を全て告白した。其れから先は長い長い混乱と事態収拾等々表現し切れない事だらけに成ったけど、漸く僕は虐待の魔の手から逃れて現在は其の人の養子としてやっと人間らしい人生を送る事が出来ました。尚、其の人は怪我を負った上に僕を誘拐した疑いで一時期罪に問われていましたが僕の必死の弁護をしたお陰で無罪放免と成って今では生活費こそ苦しいけれども人間らしい人生を送るパートナーとして公私共に支え合う真の親子に成りました!
「だが、怪我の後遺症で左足不随と成って仕事を選ばざる負えなく成ったな」
「大丈夫ですよ、おじさん。僕は社会人に成って左足の代わりに成ります!」
「有難う、そして私を殺人者に仕立て上げなくて有難う!」
「今度そんな真似したら絶対に許しませんよ!」
「ああ、そうするさ!」


 少し感動小話にしてしまったが、こうゆうもんだ。兎に角、最終的には此の義理の親子みたいに自分は割り切れないよ。児童虐待とかDVとか虐めやる奴は自分なら……感情の箍が外れて殺しているかも知れない。其れ位に人間のやる事じゃあないぞ。ありゃあサイコパス其の物で自らの悪を悪だと思わない恐るべき悪のやる事だからな。そんな奴が愛国だの何だのを幾ら言ったって詭弁に過ぎない。そんな奴は社会から抹殺されるのが御似合いだよ(怒)!
 と私怨が出てしまったな。兎に角、子供は可愛い物さ。生意気言ったりしようとも可愛いもんだよ。其れは中学生だろうと高校生だろうと或はニートに堕ちようとも可愛い物って三田けい子(漢字入力するの怠く成ったのでそのままの表記にする)の駄目次男に対する親の行動を見ればわかる筈だ。あれこそが親本来の子供に対する接し方という物だ。例え子育てに失敗しようとも子供は可愛い者でないといけない。
 なのに最近やっている十歳の女児を殺害した件は何だ……父親の方は既にサイコパス同然なのに母親は何だ! あれが母親のする事かああああああ(怒)!
 如何如何、怒りでキーボードを打つ力の制御が出来なかったな。母親ならばその子供の為に一緒に逃げてあげるのが本来あるべき母親の使命だろうが。或は自ら手を汚してでも娘を守る事が本来母親の或るべき姿だろうが……下らない愛情の為に娘を監視したり閉じ込めたり……何処迄自分が可愛いんだよ、其れが母親のする事かああああ(怒)!
 又怒りでキーボードを打つ力が暴れてしまったな。駄目だなあ、自分は。兎に角、あの父親は死刑に成るべきなのは当然だとしても、母親も一緒に地獄に落としてやるべきなのが司法の判断だろう。あれだけ鬼畜の極を放ったらかしにしたのだから出来れば司法は其の母親も絞首刑に処するような判決を下して欲しいもんだ……理性を重視する司法だから其れは難しいだろうがな。もっと自分として許せない事はやはり児童相談所の馬鹿共には切腹をして貰いたい物だ。奴等は余程子供嫌いだろうな……でなければあんなヘタレな対応を取る筈がないだろう。児童相談所が聞いて呆れる。骨が在れば連れ戻そうとする人間の屑の脅しに屈する前に右ストレートを顔面にぶちかます事位やれば良いのに。ブン矢だったらやるのになあ……此れは忌憚のない意見って奴っす! やっぱ猿先生は名漫画家だよな、けれども漫画家としての地位は万年中堅だけどね……ブヘヘヘ(笑)。
 と猿先生の名作であるブン矢を唐突に出すと怒りが笑いに転嫁して何とか暗い気分も明るくなった気がするぜ。此の侭で時事ネタの解説をシャア……終わらせたいと思うぜええ!

 戦後総理大臣ランキングをやって思った事は改めてシデハラ、ミキティー、ネオ喜一の中途半端な善意に怒りが込み上げて来るって話だよな。まあシデハラへの怒りは総理大臣時代の話以外に成るけど、ミキティーとかネオ喜一に関しては骨壺を国外に放り投げたって怒りが収まらない位にやってはいけない事をやりまくっているからな。ミキティーなんざ一聞すると良い事言ってるように聞こえるけど、此れははっきり言って政治屋の言うべき言葉じゃないってのが良くわかる筈だ。詳しくはウィキで調べろ……あれがどれだけ悍ましいかは政治をちゃんと勉強した人間ならわかる筈だ。そしてネオ喜一は外交上やってはいけない事を少なくとも三度以上もやっている。一度目はローゼン副総理の義理の親父が総理だった頃に教科書問題であいつは訳のわからん対応をして結果として今の子供達に酷い歴史教育を施すきっかけを作ったんだぞ。二度目が今年の三月末に退位予定の天皇皇后両陛下を何とあの真っ赤な国に送った事だぞ……お前は聖徳太子がやった外交から何も学ばんかったのかって言いたい(もう言えないんだけどな)! 三度目が息子の足を引っ張る糞親父の談話だよ。あんな談話を認めるとかマジで最高責任者としての自覚がないにも程が在るぞ(怒)!
 まあそんな感じで此の三人こそが日本の弱腰外交を確立した戦犯だと考える。奴等は決して国内に埋める事を許さない。望む事なら地球の外に骨壺を放り出して二度と日本の地に戻る事を許さないようにしたい……数多の死んでいった売国奴共と一緒にな(願望)!
 という訳で今回は此処迄。今日二回目の雑文はやるぞ、此方は金曜日の奴の続きみたいなもんだから宜しくな!

全部やったから敢えて金曜日に少しだけ発表とある程度のルールを公表する

 如何も予定外の金曜日に雑文を出すdarkvernuで御座います。
 早速だが、行ってみましょうか。

 如何もアンチジャーナリストの土岐永智宏です。未だ未だ平成最後の日には早いが、少しだけ歴代総理大臣ランキングを紹介する。と言ってもベスト5とワースト5だけだぞ。後は少しだけややこしいルールについても紹介しないといけないので参考程度に宜しく。
 では先に悪い方から発表しよう。

 ワースト
 1 ワーストA 0
 2 ワーストB 10
 3 ワーストC 15
 4 ワーストD 20
 5 クレイジーA 25

 という風に敢えて別名も出さずにサンプル名だけを紹介した。最早此奴等は救い難く、日本を貶めた国賊として世に大々的に紹介されるだろう。まあ発表は平成最後の日だけどね。
 では気を取り直してベスト5を紹介しよう。

 ベスト
 1 ベストA 170
 2 ベストB 158
 3 ベストC 155
 4 ベストD 130~140
 5 ベターA 115

 残念ながら作者が贔屓の総理が一番に成る事は在り得なかった。まあ仕方ないな、そうゆうもんだ。とはいえ、意外な人物がベスト5入りを果たしてしまった数値化の歴代総理ランキング。調べれば調べる程に奥が深いとも取れる。まあ、私怨が多少入るのは致し方が無い。あくまで未だ未発表の状態なので発表する迄に少しだけ状況は変わると思われる。
 ではルールの一部と如何ゆうポイント漬けなのかを此処に紹介する。前に出した奴と食い違う事は許せ!


基本加算及び減点ポイント
任期
二桁 -15
300未満 -10
650未満 -5
650以上 +-0
1000以上 +3
1400以上 +5
1800以上 +10
2100以上 +15
2500以上 +20
マスコミ評価
マスコミ人気  -10(相対化不可)
マスコミ批判(相対化可能)

原点及び加算
治安維持法解体 -10
愛国大臣罷免  -5
財閥解体    -5
経済政策成功  +10
    失敗  -10
売国談話    -15
安保条約漸進  +10
GHQ妨害     +5
GHQ従順     -10
抵抗の自主憲法制定 +5
事業仕分け   -15
天皇の政治利用 -15
普天間基地問題の混迷化 -15
指揮権混濁   -5
口蹄疫問題   -10
強行採決(真) -10
漁船衝突事件隠蔽 -10
大震災不対応   -15
原発事故発生   -15
新羅学校無償化  -5
太陽光推進    -5
女性宮家創設推進 -15
消費増税約束化  -15
愛国法案推進   +5~+15
TPP推進     未定(如何転ぶかわからない)
愛国政権への移譲(他政党から他政党へ) +5~+15
売国政権への移譲(上に同じ) -5~-15

 愛国政権移譲と売国政権移譲は其々他党へ政権が移る場合に限る。なのでどんなに愛国的な事をしても政権移譲先がとんでもなく酷い場合はマイナス評価とする。確かに向こうが酷いけど、そんな向こうに政権移譲した前政権が悪い……悔しいが仕方が無い事さ。逆にどんなに酷い政権でも次の政権が良い場合はプラス評価とする。但し、マスコミ批判されないと括弧加点に成るので要注意。
 序に点数に於ける自分の評価は以下の通り。

 120以上
 愛国政権
 100以上
 優良政権
 100未満
 普通政権
 80未満
 やや売国政権
 40未満
 売国政権
 20以下
 国賊政権

 こんな感じだ。特に40を下回る場合は堂々の売国政権の烙印が押される。こうゆう連中はどんなに人が良くても絶対に許しては成らない。20以下というのは近衛文麿及び東条英機クラスな為に国の存続を危うくするレベルでいっその事総理大臣で在った事を登録抹消したいレベル(そんな事は現実には出来ないけどな)。
 尚、100以上は国の為に尽力する政権として永遠に語り継ぎたいレベル。しかし、気を付けるべきは過大評価は禁物という事。どんなに良い政権でも時には次の世代の悪影響に繋がる事もしている事を忘れずに。此れは作者の贔屓で在ろうとも容赦はしない(其れでも堂々のベスト3に入っているのは作者としては嬉しい気持ちに成ってると思われる)。
 戦前の総理ランキングは如何にも不可能なので平成最後にある程度ブラッシュアップを果たしてから載せようかと思う。其の時には多少点数の違いは出るだろう。
 では今回は此処迄。


 此れでわかった事は……ほら見ろ、UNOの何処が最悪だよ。あのおっさんは酷い政権呼ばわりするような悪い実績を挙げたかっつーの。愛人が何だ……三木武吉の名演説を忘れたか、あの東京都知事選に立候補したという痴呆老人化した鳥頭のせいであのおっさんは訳の分からんスキャンダルで総理を辞任したんだぞ。本当にあの時代のマスゴミも当時の国民も如何かしてるだろうが(怒)!
 其れとスナイパー御曹司もそうだよ。幾らマイナス点を探しても殆どがプラス点が多くて結局公平に悪い評価を下すと普通の政権で在る事がわかったぞ。そう思うとタモさん論文でバッシングしたあのチャンネルチェリーの糞社長をぶん殴りたく成って来るぜ……あの野郎は何時か逮捕されねえかなあ、と流石に其れはないよなあ(恐)。というか肝心のタモさんがあれだから結局更迭はマイナス要因に成らない事をあいつらは勝手に証明しやがったからな。死んだ渡辺昇一の顔に泥を塗りやがって……本当はパヨクの一味じゃねえのか、チャンネルチェリーの連中は!
 と私怨を出しても仕方がないな。にしても此れで正しいのかな? 引き続き採点を続けて少しだけ変えて再びやり直そうかな?
 という訳で如何でも良いもんの解説を終える。

 生コンは此れで二十七人の逮捕者が出たな。さあ、バイブクソババアのカウントダウンは未だかなあ? いっそ連帯ユニオン関西生コン業者全員の逮捕をキボンヌ……そしたらやっと全国のマスゴミ共も報道せざる負えないだろう。
 という訳で急遽発表の雑文を此処で終える。日曜日は予定通り雑文を出すぞ。

間に合ったので二回目の雑文をやるぞ……犯罪を犯した外国人は本名で報道しろ!

 如何も間に合ったので一応雑文をやるdarkvernuです。
 始まる前に『格付けの旅』が更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック……長いなあ、青魔法は!
 さて、創氏改名の恨みとかほざく連中が居るそうだが其れなら何故あのKY新聞が通名報道して更には南新羅ではクネクネの名前が嫌で改名が相次ぐのかを聞きたいね……本当は日本名名乗るの望んでいただろ?

 如何も僕はアンチジャーナリストの土岐永智宏と申します。今回は在日について紹介したいと思う。最近ではとある俳優が猥褻行為をした罪で逮捕され、然も本名は別に在ったという衝撃の事実をテレビだけを見ている国民に知れ渡った一大事件。通名で紹介するのはやはりあの悪名高き日比谷焼き討ち事件の首謀者的存在で在るKY新聞なのだから誠に腹立たしいニュースで在りますね。さあ、そんなニュースで疑問に思うのが敢えて三つに分けて紹介したいと思う。
 先ずは在日とは何か? 在日とは此処で紹介するのは在日新羅人の事。広義では日本人以外の国籍を持つ者達を在日と呼ぶのが普通。だが、一般的には在日南新羅人或は在日北新羅人が圧倒的多数を占めるのが日本の在日事情。何故かは二つ目或は三つ目で紹介すると思われる。
 二つ目が在日に多い苗字とは何か? 典型的なのが「金」の付く苗字、次に「松」、「青」、「安」、「新」、「山」……と挙げたらキリがない。そして重要なのが草彅の「彅」のようにパソコンに保存するのが難しい漢字が使われない事。主に日本で使っても良い漢字は苗字に使われるけど、表示が困難或は古典漢字(で良いかな?)は苗字に使われない。なので日本人が確実な苗字はこういった草彅とかを探す方が適切なので其れ以外は漢字以外にも出自を詳しく探る方が適切。
 最後がやはり如何して在日が犯罪を犯す場合は本名で報道するのが正しいのか? 其れは通名で報道するとまるで元々居た人種の人間が犯罪を犯したと誤解してしまう恐れが在る。というよりも或は通名報道に依ってより犯罪を助長する危険性が高く成る為。若しも殺人事件が起こって両名併記或は本名報道だとすれば「拙いな、俺達も次から気を付けないと」と考えて新たな犯罪の防止に繋がる。けれども通名報道に成ると如何成るか? 「日本人か、全く日本人は駄目だね」や「よっしゃあ、俺たちの仲間だけど通名で報道するなら此れからも犯罪し放題」という風に彼等は図に乗り、更なる犯罪を招く危険を高める。故に報道は必ず本名で報道するのが正しい。でないと更なる犯罪に繋がる。
 此の様に敢えて在日について三つ上げましたが……一つ目の如何して新羅人が多いのかについての疑問に答えてないので答えましょう。其れは日本に未だ南北新羅人国籍で滞在する不法な新羅人が後を絶たない。然も行政は未だに不法滞在者対策に対して本腰ではない。其の証拠にハゲバンクの在日プランと呼ばれる特権、生活保護という名の特権……と在日新羅人にとってやりたい放題な所謂在日特権が今も根強く残る。其れ故に日本は外国人犯罪者にとって天国のような状態。新羅学校が今も平気で運営されている点も考えると如何に日本が外国特に在日新羅人にとって天国なのか少しは御分かりだろう。こうゆう風に在日とは可哀想な存在では有り得ない。寧ろ、可哀想なのは我々日本人。本当に被害者は我々日本人……奴等の加害振りを日本全国に知らしめて是非共、おっと。
 其れではアンチジャーナリズムに反する。今回は此処迄だ。


 あくまで雑文は時事ネタに対して呟いたり不満点ある事や文句言いたい事に私利私情を突き詰めてやるもんで在って活動家風情の事をするような所じゃねえからな。だから自分は煽りを入れるのだけは止した。
 補足すると在日新羅人と呼べる連中には前に雑文で紹介したみたいに繋がり耳やキスをしに来るような唇、何が何でも人の話を聞く時はマギー 審司の芸をする事、後は口元を隠す様に飲む(或は目上の者には横顔魅せるか或は飲む所を見せない)富井飲み、臍の辺りで両手を組んで御辞儀するコンス等々……数えたらキリがない。
 後は今回自分の経験談と何となく確信が持てる特徴について紹介する。先ずはやはり声が甲高い。男も女も声が甲高いから正直言って鼓膜を刺激してしまう。其れと蒟蒻ババアみたいに男みたいな低音で言葉を紡ぐ女が多い事。なので初見はそんな低音を聞いて少し印象の暗さを感じると思う。他には狐目、スネ夫の骨格、水原希子(あ、此奴日本人ですらないか)……と、最近では声だけで「あ、此奴って祖先辿ると新羅人じゃね?」と最近は思うように成った。其れ位に在日新羅人ってのは幾ら日本人の振りをしても細かい所で本性を露わにしているからな。まああくまで自分にとっての確信であるだけで他人にとっての確信とは呼べないかな?
 そんな感じで時事ネタの解説を……の前に新井と名乗る名前を聞いて野球選手のあっちがイメージとして湧いた自分が居る。だが、実際は歳が近いだけで下の名前が違うので安心した……まあ、どっちも元々在日だけどな。にしても闇が深いなあ、在日の報道は。如何してマスメディア全てに本名表記が浸透しないのか……本名表記を徹底しないと此れからも奴等は犯罪を犯すぞ!
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 今の処、五人程分析を終えたばかりだよ。其々コピペで次のように成る。

サンプルA 85

サンプルB 90-10-5-5+10+5-10+5
=80(相対化)

ワーストA 90-10-15-10-15-15-5-10-10
=0

ワーストB 95-10-15-10-10-15-15-5-5
=10

バッドA 95-10-15-15-15+5+-0+5~+15
=50~60


 と名前だけ伏せるとこう成る。にしても零ポイントが居るとは……末恐ろしいなあ。誰かは此の雑文を読んでくれた方なら丸わかりだろうさ。まあ、兎に角此の様に自分がサボらないように日曜の度にこうして出来上がったサンプリングを出してゆく予定。出ないと……サボるしな、自分は(辛)。
 という訳で今回は此処迄。次こそはHP版を出すぞ、然もお詫びのつもりで二日連続に作品を出す勢いでな(まあそんな事言ってサボるんだけどね)。

今回の日曜は多分無理なので前倒しで金曜に雑文をやる事にする

 如何も昨日迄に何とか例の短編集を仕上げたdarkvernuです。いやあ、チェックが殆ど出来ない状態で出したから色々と誤字脱字は多いだろうなあ。
 今回は別に時事ネタ……とはいえ、今話題の奴を時事ネタにするのではなく平成の終わりの日に向けて改めて戦後歴代総理大臣ランキングをしようと思うのでそっちは前みたいにガバガバじゃなく比較的ポイント方式でやりたいからな。だから少しだけ振り返ろうかと……って何言ってるのかわからねえ。兎に角、やるったらやるぞ!

 darkvernuの政治ネタの多さはうんざりすると思うかも知れんが、基本的に雑文は時事ネタを中心に展開される事を忘れないように。前回の総理大臣ランキングは次の通り。

 1位  神隼人            13位 イチロー     25位 ウィッシュ
 2位  シゲル            14位 上島竜平(仮)  26位 ネオ喜一
 3位  キーシ・ハワード      15位 UNO       27位 ミキティー
 4位  新聞嫌い           16位 チンパンジー  28位 カクエー
 5位  ブッチホン       17位 カイフ       29位 熊本の御殿様
 6位  スナイパー御曹司     18位 アレ        30位 マユゲ
 7位  タンザン           19位 ヤスバーロ    31位 お遍路
 8位  アーウー           20位 ポマード     32位 宇宙人鳩
 9位  「何、気にする事はない」 21位 ガウン
 10位 稔彦              22位 轟盲牌
 11位 シデハラ           23位 ゼンコー
 12位 森元              24位 TETSU

 と成る。尚、現総理は任期中なので除外(たとえ第一次政権迄でも除外とする)。だが、此のランキングは帳簿合わせも含めてベスト4とワースト4以外は殆ど好みとか其の場の印象で評価している可能性が高いので平成の終わりに改めて順位付けをしたいと考える。
 前にも紹介したが、総理任期外の其の人の評価は付け加えない物とする。なのでネオ喜一が陛下を支那に送った事での大マイナス評価やシデハラが支那の呼称を毛利元就が収めた地方に無断で中国という呼称にしようとしたという大マイナス評価も更には戦前のマユゲ談話に匹敵する国防の危機に陥れた統帥権干犯問題を起こしたイチローのやり口も評価に加えない。勿論、タンザンが是清の政策は軍国主義化の一員ではないという弁護をしたプラス評価もカクエーが議員時代に叩き込んだ数多の議員立法へのプラス評価もそうで在るので其処は贔屓目に見ないように。後は小林よしのりが前に数多の評論家を集めて出した売国奴ランキングのように私怨で政治屋を評価するというやってはいけない事もしない物とする。勿論、出来るなら贔屓目に評価しないという事を付け加えたい。だが、其れは事実上不可能なので平成最後のランキングは勿論贔屓目にやる事を此処に宣言する。
 但し、今回はポイント制を採る。此れは各総理大臣の評価を基本減点方式で採点する物。尚、基本減点方式なので加点する場合も多々在る。然も任期が二年より長ければ無条件で加点する物とする。理由は民主主義国家という自負故に人気が長い総理程国民からの信頼が高い事を意味する。逆に人気が短い場合は無条件で減点とする。其れは病欠で在ろうとも容赦はしない。
 ではポイントについて説明する。先ずはポイントのルールから行くと次の三つは絶対条件。
 一つ目がどの総理も任期加点又は減点する迄100でスタートする。減点方式故にマイナススタートはちと悲惨の一言。後はマイナスに成らないので其処から先は敢えて私怨で判断させて貰う。尚、七つの主要な評価ポイントで決める事にする。偏りがちだが出来る限りプラス評価との相対化はしたいと思う。尚、七つもなければ持てる分だけで評価をする。
 二つ目がマスゴミに嫌われている場合、相対的に評価が可能。つまり、其処で初めて加点する。逆にマスゴミに好かれる場合はマイナスポイントで減らされる為、別枠とする。
 三つ目が任期が長いほど評価される物とする。逆だとマイナス評価にして貰う。但し、基本は二年。其処から下回って三百日居ない迄ならマイナス5ポイント、下回ればマイナス10ポイント、二桁ならマイナス15ポイントとする。此れは病欠であっても容赦なく評価を下す物とする。逆に三年ならプラス3ポイント、四年ならプラス5ポイント、五年ならプラス10ポイント、六年はプラス15ポイント、七年以上ならプラス20ポイントとする。現総理は今の処115ポイントスタートで更にはマスゴミに嫌われる事を加味してプラスマイナスが付け加えられてゆく……が、任期中なので現総理は評価しない物とする。
 以上の三つのルールを踏まえて其々相対的に主要な七つの功罪を加えて行く。例えば経済政策の成功ならプラス10ポイントと高評価、失敗ならマイナス10ポイントと成る。後はマユゲ談話のような国の存亡を危うくする物ならマイナス15ポイント、安保条約等の締結はプラス10ポイント、憲法改正が在ればプラス20ポイントにしたいが、其処は誰も実現していないので保留とする。兎に角、国益を損ねる政策はマイナス評価とし、逆に国益に叶う物ならプラス評価と成る。但し、先のルールに従えばマスゴミの評価が悪くないとプラス評価を付けられない。其れを忘れないように。
 尚、三月三十一日迄に最終結果を纏めた雑文を紹介する。今は基本的な減点及び加点について紹介するだけに留める。


 何で今回のをやったので三回も其れをするのか? 政治評論家を名乗る奴等はどいつも此奴もまともに評価すら出来ないから仕方なくやっているんだよ。全く、日本の評論家共は私怨で評価してはいけないって言う物を理解出来んのか……と怒りを覚える位さ。ランキングでも大体最近の総理がワースト10に入り、然もUNOが必ずワースト3に入るんだぞ……UNOに何か恨みでも在るんか、あいつらは! UNOは確かに良い総理大臣じゃなかったかも知れん……でもワースト10入りする程酷い事をしたのか? 評価下している奴は阿呆か、馬鹿か……失礼。此れじゃあ正しい議論に成らんな。前の雑文で紹介したように個人攻撃は議論のルールから外れているからな。なので気を付けないとな。だからこそそんな下手糞なランキング付けをする奴等とは違って自分は比較的正しいランキングを付けるんだよ。私怨や贔屓目を出来る限り排除して比較的万人にも納得がゆくランキングに出来たら良いなあと考える。そうするとトップフォーとワーストフォーは多分順当だとしても其れ以外は人気が短い程、下に行き着くなあ。其の中でも稔彦、アレ、タンザン、UNOのような任期が極端に短過ぎる総理は下に行きやすく逆にシゲル、キーシ、神隼人、新聞嫌い、ヤスバーロ、轟盲牌のように千日以上任期の長い総理は上に行きやすい。但し、任期の短い総理の取り柄は人気が短い分だけ低評価が少なくて済むという点。此れを忘れずに。逆に任期の長い総理程マイナス評価に晒されやすいので如何転ぶかは三月三十一日迄わからないな。そして此れだけは確かだが……必ずしも完全相対化した評価は下せない物とする。何故なら自分も人間なので神にでも成らない限りは容赦ない評価を下すのは難しい。
 以上で雑文の解説を終える。

 やっぱり煉獄と戦うかあ。まあ、情報流したのは健蔵だろうな、あの最終回を見る限りは。そして煉獄は絶対に妨害を仕掛けてくるはずだ。なので十三人はベスト8進出者は勿論の事、主人公で毒蛇の息子疑惑の光我は主人公補正で滑り込むとして王馬さんのそっくりさんも一応入れるとすれば残り七人(尚、王馬さん死亡を前提だぞ)。黒木は恐らく出ないという予想が強いだろうが、此れは間違い。強者という名の孤独は未だ未だ継続中だからきっと一年後のチーム戦に参加すると自分は見る。アギトは其の頃に戻って来るから此奴も入るとする。ムテバさんはとまりさんとの伏線回収の為に参加するだろうし、サスケェは愛の為にやっぱり参戦するだろう。コスモや若槻さん、其れに初見は何だかんだ言って参加しそうだしな。では残り四人。桐生は如何成るかわからんし、ライアンいや呉一族が此れに了承するか如何かも気に成るしな。んで二回戦敗退者は阿古屋、ライアン、ユリウス、関林、サーパイン、桐生、坂東、ガオランと成る。自分の中では阿古屋、ユリウス、サーパイン、坂東は絶対選ばれないし参加しないと踏む。阿古屋の場合はあいつはきっと裏方に回った方が面白そうだと考えての事。ユリウスは……恐らく煉獄側の妨害で潰されるとみている。サーパインはガオランを応援する形で参加しないとする。坂東は……向こう側だろう。残るはライアン、関林、桐生、ガオランだな。自分の予想ではライアンと関林、ガオランは余裕で参加しそうだ。ライアンはまあ……蹂躙する事を史上とするからこうゆうのは興味ありそうだし。関林は盛り上げ担当且つ人気キャラなので参加を強いられるのだ! ガオランは命を懸けた死闘を又やりたそうなので参加しそうだなあ。桐生は……きっと向こう側に行ってるだろうなあ。ンで残り一名。此処は上位に行けそうだった上に西品治も認める大久保さんに参加して貰わないとな。後はまあ、煉獄側の妨害を受けて潰されるだろうなあ。まああくまで予想だ。参加メンバーが決まるのはきっとリアルタイムで一年後に成ると思うから其れ迄は自分の予想である光我、王馬さんのそっくりさん、黒木、アギト、若槻さん、ムテバさん、御雷、初見、コスモ、ライアン、関林、ガオラン、そして大久保さんと予想する。まあ何人かは大きく外すから鵜呑みにしないように!
 其れじゃあ今日は此処迄。日曜に余裕が在ったら二回目の雑文をやると思う。
プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR