FC2ブログ

何故ネタにしたくないかは奴等は寄生するだけして不利になると溺れた犬を叩くようにこっちを叩くからだよ

 どうも、いきなりあの国に対する話題をしたくない理由を題名に書いて申し訳ない。ディックみたいに洒落が上手ければもう少し面白い題名になるのに。
 ショートストーリーを始める前に『格付けの旅』白魔法の章01がやっと終わりました。読まれたい方はカテゴリ覧<格付けの旅>または<白魔法の章>をクリックして下さい。
 そんじゃあ話題にしたくない物を避ける内にこんなショートストーリーを思い付きましたのでどうぞ!

 ○○県××市の□月△日に市長選が行われる。有力候補は二人。いずれも大政党に支持された候補者。当然彼等の一騎打ちは予想される。
 そんな立候補者の中でいろんな意味で一騎打ちが予想される三名の立候補者もいた。彼等は俗に言う泡沫候補。だが、彼等がいろんな意味で凄いのは只の泡沫候補者という事柄ではない!
 そう、それは……彼等の政見放送が物語る。

 まずは日本ジャイアニズム党のジャイアン毛利の政見放送をどうぞ。
「どうも俺様ジャイアンだぜ。××市を俺様好みの市に変えるべく立候補したぜ。そう、それは俺の物は俺の物、市民の物も俺の物ってな、ギャハハハ!」

 次に自由コードギアス党の大蔵ゼロの政見放送をどうぞ。
「どうも自由コードギアス党の党首を務めます大蔵ゼロです。この大蔵が××市長になる訳は何れ日本をAから解放し、合衆国ニッポンを作り上げるため! その為には日本の総理であるサイボーグ晋三やピー(作者の命に関わるため、伏せます)にギアスをかけて腹を切らせる! 国民の前で腹を切らせる! その為に--」

 最後に日本鯨党の鯨さんの政見放送をどうぞ。
「ほええ、ほえええほ、ほ、ほおおおえええええ」

 なお投票率は25.7%と歴代最悪の数値を叩き出す。そんな中で三名に入った票数は御覧の通り。

 ジャイアン毛利 202票
 大蔵ゼロ 577票
 鯨さん 275’798票(ただし無効)


 よって、供託金を没収される。


 今回は短すぎましたなあ(笑)。言っておくが本当にこんなのが立候補してきます! 最近じゃあ都知事選の政見放送で堂々とコスプレしたあのおっさんが有名すぎる。最早当選する気ないだろ(笑)! 他に有名な奴を挙げるならスクラップとか言ってるおっさんや最近資金が枯渇して立候補を断念する予定の唯一神だろう。ドクターの方は世間の認知度が高すぎるから除外します。彼等をネット上では政見放送芸人とか何とかと言われて一部で人気を集めます。とにかくはっきりするのはこいつら全員当選する気全くないだろ!
 とまあ政見放送ネタをお送りしました。何でこんなネタを選んだかはかのアイススケートの歴史に汚点を残す亀田みたいな銀メダリストの話題をしたくないからだよ! だってあの国のネタなんだぜ、相手にしたくねえんだ。
 つー事であんな不利な状況で六位まで上った浅田真央や買収されっぱなしの審判勢を超えて金メダルを勝ち取ったアデリナ・ソトニコワや買収されていなければ銀メダルだったカロリナ・コストナーはおめでとう。んであいつはまあ、採点やり直しがなくて残念だったね。
 以上で時事ネタの解説を終えます。

 んじゃあ格付けの旅白魔法の章01を一括に整理しますね。まあとある魔法使いと鯨がインフレの激しい宇宙にやってきた。暴れようとしたけど自分達が戦闘力おっさん以下まで弱くなってたせいでアルッパー捕まる。デュアンはアルッパーの救助も兼ねてとある惑星で二十年もかけて力を取り戻してゆく。一方のアルッパーは捕獲される身であっても本来の力を取り戻してゆく。んでまあ最後は両方豪快に暴れて次の宇宙へ……といった感じだ。
 三ページ目に出てきたZランク戦士達は全員戦わせませんでした。何故なら戦わせばデュアンはどのみち横槍を食らうため、超展開にしました。取り敢えずヘタレの代表格が健闘したからいいじゃないですか。
 それにしても最初は勢いあったけど二ページ目以降はどうしようもないなあ。以上で解説を終わらせます。

 日曜は二つも書くから時間の調整が難しい今日この頃。おまけにやる気の方はあっちに一点集中してるから乗り気じゃないんだよな。それでも書かなければやる気は起こらん以上は書くしかないのが自分達物書きの性分なんだな。
 では、今日はここまで。もしかしたら今日に書くかも知れないぜ、あの……おっといけないいけない。

法則発動するからやめろ!

 どうもゲスはゲスでも銀英伝のフォークみたいな精神疾患持ちではないという自信はあるdarkvernuです。
 今日はダレタ身体を解したいのに話題にしたくないあの国の話題をまた時事ネタにしなくちゃいけなくなりました。やる気フル零ですがどうぞ!

 私は現在、あの国の法則について研究中。あの国は正直相手にしたくない。けれども学ばなければならない所はある。
「よお、ストライグ。ロームズやジェーニスというライバルが居ながらよく歴史を研究するよなあ」
「君は確か鈴木君だね。どうだい、ウジテレビの買収は進んでいるかな?」
「モチの論」彼の名前は鈴木。とある企業の株主だが、ブラック化を薦めない企業方針故に系列は巨大ではないが。「法則を存分に受けたところほど買収はやり易い」現在ウジテレビの買収を着々と進める。
「そうか。ウジテレビもまたあの国に深く関わった為に自滅したテレビ局の一つ」
「かの弁護士一家殺害事件に関わったツインバードストライクも変態記事を世界中に垂れ流した変態新聞も通名報道ばかりを繰り返したKY新聞もみんな俺が買収した。
 その結果は徐々にあの国に関わらず、なおかつ自国の為の報道機関に変わりつつあるが、労働環境に関しては未だに改善の余地はあるな--労働者に出来る限りゆとりを持たせるという意味では」
「まあまあ君の企業はこの際後にしてだ。ええと、あの国に関わった所は禄な事がない。夏目漱石は支那と同様、まあこの際南北を一緒にして語ってもいいが、そこの国にも生まれなくて良かったと呟く」
「それ知ってるならどうしてお前の歴史書に人名がないんだ?」
「その話は今度にしよう。それよりもあの国に関わったものの中には学んだ者も居る。それはホンダの創業者。まあこの際は出回っている情報を精査すればいい。とにかくあの国に関わればソニーやシャープのように一時期斜陽企業になる。それからあの国の言葉を鵜呑みにもしてはならない。スマトラ地震では大言壮語しながら国の規模以下の義援金しか払わない以上は」
「ああ、あれか! それ以上に悪質なのがあるぜ! あいつらのせいでリーマンは倒産したんだ。噂でしかないとは言えどのみちあいつらが関わってたのは事実だ。それから元寇の特に後期はあいつらがフビライに進言しなければ起きなかったんだぜ……実質元を滅ぼしたのはあの国だよ!」
「そう言えば桃山時代で日本が支那への進出の為にあの半島に出兵したのを思い出した。あのせいで関ヶ原の切っ掛けにもなったし、事実上豊臣家の滅亡を早めたのも事実」
「白村江だって古事記に載ってたあの国のことだってみんな事実だろ! つーかもう関わるのは止めようぜ、ウジになるからさ」
「エリートも民も見るに堪えないレベルの低さ、かの音楽詐欺師に似た妄言吐き、口元を左手で隠して水を飲むくらい自らの卑しさ、盗んだ技術を昇華することさえせず自国発祥を主張する下劣さ、すぐに血液が回る沸点の低さ、高須が怒るくらい節操のなさ、そして何よりも擦り寄る卑しさとそれを誉めた者達は必ず破滅の道を辿る東原級の不運さ……良い所は関わらない方が幸せしかないじゃないか!」
「もう一つ忘れてたぜ、それは創氏改名やハングルにも見られるように強い者には媚びへつらってくれる。それなら弾避けになるという点がな」
「だが、付かれた方は必ず破滅する……軍国主義に激走してしまった旧日本と朝鮮戦争以降くじ運を使い果たしたアメリカのように」
「法則は恐ろしい、いっそ半島ごと消滅してしまえば世界は安泰するんじゃないか?」
「そうなれば第二第三のあの国が出来上がる。それに何も法則はあの国だけじゃない。英国スパイだったムッソリーニが首相を務めた国も国ごと国内総生産を捏造したゼウスが眠るあの国もそうだろ」
「ウググ、世界は一体どうすれば歪みなく安泰するんだ?」
 歴史とは必ずしも真実を載せるとは限らない。けれども例えどんなに捏造が上手い国でも歴史に足下を掬われ、平伏す定めにある……


 あの国とは勿論K国です。とにかく架空の歴史学者ストライグと若手ホープの起業家鈴木との会話を紹介しました。えっと補足しますが、ウジはあの国のスターをテレビに出し過ぎた為に柔道の達人であるチャンネルチェリーのフィクサーや許すさんゾオの会の軽部といった面々、それに鬼女集団等に猛攻撃を食らいました。それからあいつらを出す番組だけ何故か視聴率が大きく下がったり、明らかにランキングを捏造してクレームを受けたりしてます(笑)。つーか、それが功を奏したお陰でウジはツインバードストライクやテロ朝以下のテレビ局に成ってしまったね、おめでとう(嬉)。他には本来日本の報道機関は「日○」と表記する所を「○日」とする所は最早活動の価値すらないね(怒)。
 そんじゃあどうしてこんな時事ネタをしたか? それはケーブルかどうかは知らないけど馬鹿が日K合同のテレビ局を創設した(情報合ってるかな?)んだよ、しかも笑顔で! 本当にやめろって! あいつらの法則は歴史が証明してるだろうによお! どうして奴等はここまで学習しないんだ? サル以下なんてレベルじゃないだろ、愚者ですら経験から学ぶのにそんな愚者以下の馬鹿共は本当に人権を与えずに剥奪して強制収容所に収監した方が良いんじゃないか? まあそんなのはやっちゃあいけないので例え権力あってもやりませんけど。
 ついでに今の都知事はK国出身者ですよ。彼の父と彼の過去の発言、それから彼の口元が卑しいというあの飲み方を見れば明らかです。というか日の丸を退けるくらいならいっそ……おっと誰か来たみたいだな。
 という事で圧力に屈した形で時事ネタを終わらせたいと思います。

 とまあこんな具合に書くことがありません。もう一度試作品でも書こうかな?
 んじゃあ月に一回(今決めた)ではありますが、一兆年の夜を再開する時に書くであろうタイトルを載せますね。

 予定日不明    第五十三話 再誕の火 真正神武最後の最高官 作成日間
            第五十四話 再誕の火 男女は運命に導かれて 作成日間
            第五十五話 再誕の火 火は日を呼び寄せる   作成日間
            第五十六話 再誕の火 再誕の灯火        作成日間

 再開するのはFC2小説でやってる物が完結するまで。まあ完結するまでやる気を維持出来るかが問題ですが。
 ではこの辺で……まだ話がしたい? 何だろうかな?

詐欺師達よ

 どうも世の中を舐めてかかり、痛い目を見てるdarkvernuです。
 時事ネタを始める前に『格付けの旅』が数行程更新されたので読まれたい方は最新記事の下から二個目をクリックして下さい(ただし、一週間以上を過ぎますと最新記事覧から消えますので御注意を)。
 では早速座頭ケチさん……いや超社会人級の詐欺師と超ボクシング級の八百長をdisった時事ネタをどうぞ。

 かのマスゴミ最大トーナメントを開催した東京ドーム地下にある闘技場で詐欺師バトルロワイヤルが開催されようとしていた。

「さあ始まりました! 詐欺師の詐欺師による最強の詐欺師を決めるバトルロワイヤル!

 まずは古代からこの男が登場ッ!
 王の座はいらない……カエサルを皇帝という言葉にして元老院を騙して見せたローマ帝国初代皇帝アウグストゥス!

 史上初めてとなる上皇を設けたこの狸爺が緊急参戦ッ!
 道長の馬鹿息子達を騙すにはもってこいだろ、白河天皇が黄泉の国より参られたァ!

 絶対王政は最早この女王が確立したといっても過言じゃないッ!
 海賊を利用してスペインを騙し討ちしてみせるエリザベス一世が現れなすったアア!

 俺の手柄は俺の物、お前の手柄も俺の物ッ!
 天文学界のジャイアンは恐らくこの男が初めてだろう、チチウス・ボーデの法則のヨハン・チチウスの御登場だア!

 最強の剣豪は現代では嘘の塊ッ!
 五輪書も嘘ならそれ以外の記録も嘘かも知れない、剣豪一の詐欺師宮本武蔵推参!

 奴の歴史を鵜呑みにしてはならないッ!
 龍馬も新選組もその他の史記もこの男の影響が大きすぎた……墓の下より司馬遼太郎が這い出るとは!

 は? 主席の座を降りる? 寝言言ってる場合か、ボケッ!
 無垢なる少年少女を騙し、革命に駆り立てて全土を焼け野原にした権威欲の塊毛沢東が銅像の状態で復活!

 皆さん、解放したから帰ってチョッ!
 などと言って大半を骨に還す眼鏡ッコの敵サロット・サル様が本名でおいでなすった!

 ゴルフは中国発祥……そんな風に考えていた時期がありましたッ!
 多くの少年少女が探し回ったあの日を思い出す、出鱈目な本を世に送る民明書房が社長不在で現れるなんて!

 俺達は海外の強豪を余裕で倒すぜッ!
 今や親父共々国内追放危機に立たされた浪速の八百長一家が投げ技主体のボクシングを引っ提げて登場したア!

 俺は耳が聞こえないんだぞ、わかってるよなッ!
 そんなのは絶対に嘘である事が多くの映像を解析すれば丸わかり、他人に絶対服従の誓いを立てさせる音楽詐欺師SMGTがゴーストライターを連れてやって来た!

 その他詐欺師は作者の稚拙が影響して出場辞退を申し出た!
 なお優勝者には天下一武闘界永世チャンピオン、ミスター・サタンから有り難い言葉を授かる模様。
 準優勝者には霊能力者霊幻新隆氏より除霊の依頼が寄せられます。
 第三位からはかのデブなまま他人に成りすました者の助手になって、皆を導く予定。
 なお健闘賞にはS級ヒーローキング氏に(ゲームで)挑戦する権利が与えられます。

 では一回戦の第一試合八百長一家対SMGTをどうぞッ!」

 今回もトーナメントの結果は千年後に待たされるであろう……


 とまあまさか同じネタを二度もやるとは思いもしなかったなあ(笑)。本当なら八百長一家をネタにしたのをやろうとしたけどまさかそれと同等か超えてる音楽詐欺師のニュースが舞い込むとは思いもしなかったなあ(驚)。奴自体はあの一家と違ってゴーストライターのニュースを見て初めて知ったくらいです、多分。なので奴の音楽がどれほど凄いのかをあんまり知らない。本当だよ、これも自信ないが多分(苦)。
 後ろ向きなのは置いといて、八百長一家の国内追放には大喜びした一方であの座頭ケチには大いに吐き気を催す何かを感じました! いやねえ、ゴーストライターならともかく、障害持った少女の心とか被爆者及び被災者の心を踏みにじるような事を平気でやる時点でこいつはもうどうしようもないよ!
 おっと、まずは分けて説明する方から始める。か……じゃなくて浪速の三兄弟については内藤さんのお陰で八百長である事が白日の下に曝せた上にその後誰も話題にしなくなったのはこいつらとその親の日頃の行いが帰ってきた証拠だと自分は思います。とまあそれはいいとしましてもこいつらを煽ったかの犯罪テレビ局とそれを放置したボクシング協会の腐敗が表れます。とにかく国内追放は生温い。いっそのこと一生ボクシングをさせない程の厳罰を下してもやり過ぎにならないと自分は思ってます……というか血と汗を流して肉体を削ってまで強くなる他のボクサー達に失礼だろ(怒)! ついでにかのバキの作者は今後も付き合ってるかどうか気になりますが、さすがに勇次郎が次男を見込んだのが運の尽きかもしれんなあ(笑)。
 次にかの音楽詐欺師からいきますとこいつはもはやアフリカ大陸のある国で殺人事件を起こした元パラリンピック選手とメンタル面が同一じゃないだろうか? というか座頭ケチみたいに障害を装う時点でゲス過ぎる(怒)。これじゃあフィギュアスケートのあの選手もこいつの音楽に惚れた人達も可哀想だよ……ちなみにコメンテイター共に同情する気はない。特に特番をやって後で赤っ恥を曝した日本引きこもり協会については。はあ、ただでさえパチンコに売られて地を落とした上にその音楽が実はゴーストライターの作品だったせいで更に落ち気味なかのバッサリ感が有名なあの作品も立つ瀬がないなあ。
 という感じで解説を終わらせたいと思います。

 解説し終わってこんな事を言うのも何ですが、上記以外でも詐欺師はいくらでも居ます。というかかの守護月天の作者もそうですけど、世の中には罪になるならない以前に詐欺まがいな事をやって多くの人を騙す奴等がごまんといるので気を付けて下さい。それから日本を含めて世界中にある歴史で詐欺を抜いて語るのは不可能だと思って下さい。何故ならそれらの歴史も実は詐欺の可能性が高いのですから。
 では今週はここまで……ノンフィクションはリアルでない事を念頭に置いて下さい。

ネタが思い付かないので適当にやります

 どうもdarkvernuです。どうにも影響を及ぼしそうな話題を避けると自然にネタが思い付かなくて困りました。
 まあ苦し紛れのショートストーリーを始める前に『格付けの旅』が数行程更新されたので読まれたい方は最新記事のど真ん中をクリックして下さい(ただし、一週間以上前の記事なのでカテゴリ覧で同名のやつをクリックして頂くといいです)。
 そんじゃあ苦し紛れのショートストーリーをお見舞いするぞ!

 自称一流小説家一丸代は自身のブログで連載中の遠すぎる仮想歴史小説を五十二話を以て休載--しかも自身の誕生日に五十二話を終わらせる形で!
「ハア、疲れたよ。明日からブログと同じ会社が運営する所であれを書くんだよな。ま、俺様だったら休みの日くらい十五ページ書けるぜ!」
 ところが現実はそうはいかなかった。というのもプロローグは一ページで納まったのはいいが序章でかのついてついてつきまくる漫画のページ数は消費するわ、平日では約三ページしか更新出来ないわで散々。
「甘く見ていたぜ! 閲覧者数がここ数日増えてねえ。確かに人は少ないだろうなあと思っていたけど今日までで三十に満たないなんて!
 かといって確認の為に閲覧者数を増やすのは俺様の目標である三桁に到達しても喜べねえ! 俺様はどうすれば……こうなりゃ客を寄せる為にショートストーリーを書いてやる」
 結果はショートストーリーの方に客が入り、肝心の方は未だに三十は到達しない。
「寧ろ俺様の疲れが増すばかり。一応ブログもHPも継続中で更にはこれだ。目標である300ページにいけるかな? というよりもこのペースでは四月まで延びる……はあ、川原も鎌池も川上もどうしてあんなに速く書けるのかな?
 まあ川原については俺様が言うのも何だけど、俺様自身が嫉妬してるから名前出すけどよお。鎌池と川上についてはそんな感情は抱いちゃいない。寧ろ彼等を神と崇め、どっかのストーカーじみた感情さえ……気色悪いからやめよう!
 とにかく彼等がもの凄く書けて、なおかつもの凄く速いから俺様も速く書けると思ってやってみたけどこんなにも差があるなんて! 鯱山になった気分……いやこの場合は春成かサイになった気分か。
 はあ、あいつらはどんだけ筋トレしてんだろう?」
 などと訳わからない事を呟く内に彼はある名前を目にする。
「darkvernuめ! パクリ小説家の分際でまたパクリ作品なんか出してやがる! しかも内容は……こんなもんで客が入ってくると本気で思ってるのか! しかも一ページは千文字以下にしろよ! 長ったらしくて読む気になれんしよお! それからネタは隠せとあれほど言ってるのにこいつはどうしてネタを披露したがるんだよ!
 こんな糞作品よりか俺の最新作が何倍も面白いだろ!」
 なお彼はdrkvernuからある長編小説を依頼される。それが公開する日はいつだろうか……


 とまあ自虐ネタを披露しました。これは自分が架空の主人公一丸代となって自分をありのままに自虐するお話で御座います。自虐内容は大体合っており、現時点で調べてみましたが、三十五ページは書いた例の奴は未だに閲覧数三十に到達しません。一応自分が確認の為に訪れる数も含めてですが。一方、宣伝目的で書いたやつは現在連載中の奴とほぼ変わらない閲覧数になります。まあどんぐりの背比べだけどねえ(辛)。
 ちなみに今日その連載中の小説は書きません。何故ならここに力を入れる以上、筆を置きます。あの小説は一応週に一回のペースで書きますので火曜日と金曜日以外ではあまり書く事はありませんのでその辺をご了承下さい。
 やっぱ身長のでかくてケータイ、スマホを没収するような主人公じゃ駄目なのかな(悲)? とまあアクセス数稼げない小説家の負け犬の遠吠え程見苦しいものはないけどね(笑)。
 という訳でショートストーリーの解説を終えます。

 やっぱ一つに集中すると他が疎かになりやすいなあ。掛け持ちは確かに鍛えられるけど増えすぎると筆を一気に遅くするよ。かの佐藤御大のように。ええ、と予定は前の雑文を見れば済みますのでここでは省きます。今のところ予定が載ってる記事が隠れるようになったらまた載せますのでその辺をご了承下さい。
 それじゃあ今日はここまで。ちなみに出したかった時事ネタは唯一神とか外山みたいなネタ立候補者が毎回出るあれに影響するかも知れないので終わるまで出さないつもりです。
プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR