FC2ブログ

一兆年の夜 第百二十四話 天地相為す そして天同相武は赤き革新者と出会う(十)

 八月六十一日午前零時三分一秒。
 場所は巨大島型銀河連合第八南東側。
 最早学問の島と謳われた仁徳島はもう存在しない。其処に存在するのは学問すらも喰らう食欲の塊--銀河連合は応神諸島に於ける戦いを想定して船から出て来た突入部隊の面々に次々と特攻を仕掛ける!
 其れは最初の十の分の後に十五隻あった巨大船を七隻迄減らす程の被害を与えた。そんな中で相武が乗る巨大船は一名の頂点に近い鬼族の雄に依る獅子奮迅の戦いに依って未然に沈没を防がれる!
(何処が衰えが激しくてまま成らない肉体だ……市の一歩手前に成ると一般生命はああ迄強く成れるというのか!)
 間近に見た相武は改めてザルノスケは壮絶な生命だと感じた!

 六十四日午後十時二分一秒。
 場所は巨大島型第二中央拠点型第五区域。
 相武とザルノスケだけと成った精鋭。其れは決して他の五武将が命を落としたからではない。二名だけである拠点型内部に潜入を果たした後。既に相武もザルノスケと同様に頂点に近い程、経験値の高い生命であった--其れも切り札である新仙者の能力を残した侭で!
「相武様、無理為さらない照下さい、此処科羅先端俺一名妥化照全て於蹴散らすつもりです!」
「其れをそっくり其の侭お前に返す」既に皮の肉を返す術も身に付けた後の天同相武だった。「懐かしいなあ、此の左腕に今も生き続ける翔和と共にこんな所迄潜り込んであの新心臓型と戦った記憶が!」
「そうです祢……斗思った矢先似」ザルノスケは目が見えない……「フフ……感じる曾、久しい那亜」自らの視力に死へと追いやった何かを視つめる。「見て下さい、相武様。いきなり……相武様乃命於お守りする似端荷牙重過ぎる相手斗凡そ二十数乃年ぶり似戦いましょう科!」
「如何やらお前は戦場で死ぬには相応しい相手と最後に戦えるかも知れないな」
 戦場? とっくの昔に諦めた--ザルノスケは晩年に成って漸く養子を貰い、老後の楽しみを得た後だった!
「オイオイ、ずっと口癖のように言って来たのに……まあ、其れもお前の勝手だろうな」
「亜亜……妥牙、強い。俺模決死乃覚悟於決める時牙来た」次は己の番……「翔和様、菅原ライド、ソレイユ十九代、メエジン・メヒイスト、カバジン・ジョンソン、ワンダロー、菅原カン十郎、ヤマビコノアリゲーデン……全く俺依り先於越しやがっ照!」だが、其処には恐怖心はない。「漸く俺端俺自身似決着於付ける時牙来た!」
「倒せるか?」
「其れ端……やってみなけれ芭わからん事です那亜亜!」
 ザルノスケは心臓型指揮官型と数瞬も打ち合い、そして……金棒が吹っ飛んだ時--其処には立ったまま肉の塊と化したザルノスケの姿を相武は見た!
(ザルノスケ……何も言うな。お前は勝てなかったのは決して恥じる事ではない。良く見れば心臓指揮官型の全ての隠し腕が全く使い物に成らないほど赤く染まっているのが見える。そうだろう……お前はそうゆう奴だ。決して老いのせいで勝てなかったのでは……ない!
 だから其れを活かす為にも私は……久方振りに力を解放する!
 涙が流れる時、相武は眼だけでなく肉体全体迄新仙者の状態にしたまま、其の指揮官型に向かった。最初は抜かない神武包丁で隠し腕が使えないとは言えども防戦一方の相武!
(ザルノスケが隠し腕を全て潰すしかない状態だったんだ。幾ら新仙者でも戦闘の際が乏しい私では……押されるだけか!
 ……だからって俺と翔和が共に過ごして来た時間は、こんな物じゃない!)
 一瞬出来た隙を見付けるとわざと両膝を崩した状態からの右手の力だけで指揮官型を吹っ飛ばす。まさか自分達だけが出来る心の隙間を衝く戦法を模倣されて指揮官型は一旦下がりつつも暴れるように相武の周囲を回って集中砲火を浴びせて行く!
「確かに読めない。先程迄と違って動きは既に考える事を捨てた……だから如何したか!」相武は柄で指揮官型の顎を強打させると抜き放ち……「貰った……何!」だが、指揮官型は白刃取りで致命の一撃を防いだ。「ハアハア……こう成れば、あれしかない!」
 相武はある方法に全てを懸ける事にした。神武包丁はやがて叩き折られる。如何ゆう風に折られるのかは相武にはわからない。
(……ニャレーダーとの出会いがなければ私の人生は如何成っていたのか? だが、地同翔和と出会った運命だけは変わらない。常に天地相為してずっと生きて来た。彼の重い物も背負って生きて来た。時には彼から受け取られた物に耐え切れずに死に掛けもした。ずっとずっと私は強くない侭に此処迄辿り着いた。そして私の人生は此処で終わりを迎えようとしている……のか?)
 一瞬、相武は走馬灯が流れるのを躊躇う。此の日の為に生き続けるのが己の使命なのか? 相武は其処で考える。だが、時間は刻一刻と己を棄権へと晒してゆく。
(罅を起こしている……もう直ぐ、叩き折られる。此処で対処を誤れば私はザルノスケの元へと向かうだろう。今迄借りて来た翔和の左腕を返還する時が来る……だが、違う!
 私はザルノスケに託された……此処で指揮官型を倒すとな!)
 相武の肉体を放出する光は青から蒼に変化を起こし、其れは神武包丁が砕けると同時に--相武の左腕に信じられない力を乗せて指揮官型の生命線を粉砕する一撃必殺の手刀を繰り出す事に!
 其れは間一髪……相武は三撃も指揮官型の攻撃を受けた。出血量は無視出来ない程に。だが、勝ったのは……天同相武--指揮官型は仰向けに崩れ落ち……奈落の底へと突き落とされてゆく!
(終わった……最後に翔和から与えられた左腕を、左手の骨を粉々に砕いてしまった。やっぱ……成れない事はする物じゃないな。特に仙者と言えども、老いた骨で手刀なんてやっちゃいけない事だよな……なあ?)
 其れから拠点型は崩れ始める。其処に相武を救出する生命は一名も居ない。全員、拠点型が崩れ始めると一目散に外へと出た後だった。相武を助けようと中へと入ってゆく生命も居たには居た……だが、崩落中の拠点型の肉塊の下敷きに成ってゆく。一体どれだけの軍者が下敷きに成ったのかを知らぬままに相武は意識を暗闇へと追いやってゆく。
「……本当に其れで良いのですか? やっと見付けましたよ、相武様。今度こそ、私の事を……と認めて下さいね!」

(其れは誰なのかはわからない。声は確かに彼女の様な気がした。だが、若過ぎる。彼女は生きていれば齢四十過ぎでないと説明が付かない。故に私は最後迄其れを彼女だと認める事が出来なかった。
 其れでも目を開けたら私を見つめるラディルを始めとした五武将の生き残りと再会を果たした。勿論、左腕も施術が早い御蔭で万全とはいかない迄も三の月もあれば元通りに戻った。まだまだ翔和との付き合いは続くみたいだ。
 そして--)

 ICイマジナリーセンチュリー三百十年二月六十日午前十一時一分三十八秒。

 場所は真古天神武藤原大陸大中臣地方道真県第八北地区。
 齢六十二にして六の月と二十三日目に成る天同相武は既に視力も陰りが見え始めていた。既にあの戦い以来、新仙者の能力を使う事も出来ない程、衰えは進行していた。其れでも相武はそうとは感じさせない程の振る舞いを見せて周囲を驚かせてゆく。
(ラディルからの頼みで私は此処迄来た。ある赤子こそがひょっとしたら天同家と縁があるのではないかと頼まれたとあればな。だが……おや?)
 やあ、そうぶさまあ--齢六にして六の月と十四日目に成る菅原人族の男児である菅原ライデンは幼いながらに必死で相武を案内してゆく。
「変わっているね、君は」
「えへへ、ぼくってできてるのかな?」
 ああ、出来ているさ--其れから相武は三十九の年ぶりにライドの自宅を訪ねる。

 午後零時三十二分一秒。
 場所は一階建て木造建築。相武が前に訪れた其れよりも既に三度も再築が為され、今では少しの大地震では崩れない耐震構造を実現した。
「此れから私はある赤子を紹介する」齢三十八にして六の月と十四日目に成る菅原人族の中年……「はあ、最近じゃあ新基準が設定されて此の歳でも中年扱いされるように成ったなあ」つまり昔は老年だった年齢に達する元五武将の菅原ラディルは驚きを隠せない。「今は俺と共に引退の身であるエリフェアトゥもいきなり老年から中年に若返って驚きを隠せないからなあ!」
「其れは良い……本当にお前は迷宮の洞窟内で例の赤い瞳をした赤子を拾って来たのだろうな?」
「ああ、紹介するよ。オイ、ライゼル!」
 急かさないでくれよ、親父さん--齢二十二にして六の月と十四日目に成るラディルの第一子ライゼルは生後七日目に成る赤子を抱えてやって来た。
 相武は其れを見て何か雷のような物が走ってゆくのを感じた!
『--おっと以上だ。此れが行方知らずだったもう一名の天同と出会う迄の物語さ。何か
此処で終わりを迎える事に服しない思いの読者も存在するだろう。だが、此れ以降は少し
話が異なる。如何にも私の視点からでは真古天神武の終わりを描くにも無理がある
みたいだ。如何にも彼の視点も必要に成る。
 そう、此れから彼に手綱を渡そうと思っている。では此れで--』

 未明。
 既に余命幾許もない相武は吐血が続く。其処へある青年が尋ねる。
「相武……なあ、相武」
「呼び捨てにするなって言っただろうが、レット。幾ら血縁上は遥か先の叔父でもお前の方が若い」
「そっちじゃない。やっぱり相武を置いて俺様は新天地に向かえない!」
 いや、向かうのだ……お前こそが全生命体の希望を繋ぐ鍵だ--相武は青年レットの背中を強く念を押した!
「もう親友も死に、俺様だけに成ってしまった。五武将も全員死んでしまった。俺様がもっと力を持っていたら--」
「生命は何時か死ぬ。其れにどれだけ優れた仙者でも全てを守り抜く程……お前は豪いのか!」
 クウ……全く、相武は俺様に何時もそう言って--其れを言われる度に返す言葉が見付からないレットだった。
「良いか、生きろ。そして新天地で再起動するのだ。其れが私の遺言……命懸けで実現するのだ、レット・テンタウ!」
「ああ、全くもう何を言っても聞きそうにない」レットは背中を見せながら次のような言葉を相武にぶつけて走る。「だからもうあんたは其処で死んでいった者達と一緒に過去の産物に埋もれていれば良いんだ……畜生!」
 レットが去ってから一の時より後……銀河連合の雨は遂に相武が潜伏するある場所に向かって--

 ICイマジナリーセンチュリー三百十年二月六十日午後一時零分零秒。

 第百二十四話 天地相為す そして天同相武は赤き革新者と出会う 完

 第百二十五話 終わりの始まり 青年はまだ終わりを知らない に続く……

一兆年の夜 第百二十四話 天地相為す そして天同相武は赤き革新者と出会う(九)

 ICイマジナリーセンチュリー三百六年十一月五十五日午後七時三分一秒。

 場所は真古天神武首都ボルティーニ中央地区中央病院一階一般病棟。
 其の中で十八号室にて赤い液体を溜めた桶を傍に置く患者が一名。齢三十七にして五の月と二十八日目に成る応神鰐族の老年は足立伏せを既に千回も披露していた。其処へ齢四十五にして六の月と十五日目に成る神武人族の老年にして王である天同相武は花束を持ってやって来た。
「来たかっがん、相武様っだん」
「やあアリゲーデン。相変わらずまだ足立伏せか。此処一の週は大分軽く成っているなあ」
 ええ、お陰様でっでん--アリゲーデンは其れが嬉しく思い、相武が病室に駆け付ける度に背面宙返りで元気な様子を披露してゆく。
「まあまあ、一応は患者だ。まだまだ原子望遠弾の影響は大きい。だから今回は其処迄にしてくれよな」
「だなっがん。何だか最近は又再び頂点を目指せそうな気がする……っがん?」アリゲーデンは吐き気を催すと血が溜まった桶に勢い良く其れを吐き出す「ガ、フフガッフ……ハアハア」
「アリゲーデン……本当は激しい動きをする度に気付くんだろう? もう直ぐ……想念の海に旅立つ事を?」
「大丈夫っでん、相武様っがん。最近はっだん、最近の吐く回数は平均の凡そ半分以下の二回迄っだん。此れはきっと神様が俺に五武将への復帰を呼び掛けているんだっでん」
「又、水の将の席を開けろって言いたいのか? わかったよ、まだ探さないぞ」
 其れなら良いっだあ、其れで良いのですっぜん--アリゲーデンは独占欲の強い生命だった。
 だが、相武は既に医師からアリゲーデンは全身に癌が転移して幾許も無い命である事を知っていた。だが、一度も知っている事も彼に病名を告げるような場面もない。彼は告白するのに恐怖を感じていた。
(今は死の一歩手前で奴の肉体は上方修正している。だが、何れは終わりを迎える。其れは担当医も同じ意見だ。幾ら最下層迄状態が下方に転がり落ちた生命が其処から劇的な回復を見せようともあくまで其れは死の一歩手前で起こる脳の錯覚作用の一種でしか過ぎない。錯覚は長く続いた事例はないし、続く筈もない。何れは錯覚と実際の状態の差の開きに限界が訪れて命の灯が消えるのも時間の問題だ。
 だからこそ其れを早めるような真似を私はしない。いや、出来ない。永遠に錯覚させてやりたい。其れが今も生き続ける生命の必死なる思いかも知れない。何とも勝手なのか……だが、勝手でなければ私は悲しみに心が引き裂かれかねない!)
 相武は告げられない。アリゲーデンに何も告げられない。其れを見てアリゲーデンは何と言ったか?
「わかっているっがん。短い命の中でしかない希望であるってん。だが……其れでも俺は其処に奇跡を起こして復活を望んでいるっがん!」
「アリゲーデン……まさか気付いてのか!」
「どれだけの付き合いですかっがん、相武様っぜえ。俺が覗き聞きしない生命っがん? 既に俺はもう長くないっぜん。確かになあっぜん」其処からアリゲーデンは自分の身に起こる事を相武に伝えて行く。「最初はカン十郎の死と故郷が沈んでゆく衝撃のせいで体にも調子が下方へと落ちて行ったのかって思ってたっぜん。でもなあっぞお、漸くわかったっぞん。一般生命にとって原子望遠弾が放つ波動は通常の波動よりも濃すぎたっぜん。そいつに俺は打ち勝つ事が出来なかった……其れだけっぜん!」
「アリゲーデン……済まない。何も出来ずに済まない」
 してるじゃないかっでん、相武様……十分過ぎる程に、な--其れがアリゲーデンが相武を励ました最後の言葉だった!

(そして、アリゲーデンは二の日より後の早朝に眠るようにして息を引き取った。悔いはない、アリゲーデン。お前は私を逆に励ました。本当だったら私は励ますべきだった。だが、あいつは既に立ち直った後だった。だが、原子望遠弾の放つ波動の余波に耐え得るにはまだまだ早かった。そして老いが其れに耐え得るには脆過ぎた。
 だが、アリゲーデンだけじゃない。ザルノスケの命ももう直ぐ尽きようとしていた。其れは--)

 ICイマジナリーセンチュリー三百八年八月五十二日午後十一時二分十八秒。

 場所は真古天神武西物部大陸応神海付近。
 嘗て仁徳島があった場所に銀河連合の塊が落下し、全てを消し飛ばした。其の余波は藤原大陸にも影響を及ぼし、南側のほぼ一割未満を焦土と化してゆく。幸い、死者の数は思った以上に甚大ではない。だが、応神諸島といい仁徳島といい……誰もが思った--もう直ぐ終わりが近い事を!

(其れは再び我々の出動の要請にも繋がる--)

 八月五十八日午前零時二分三秒。
 場所は首都ボルティーニ中央地区神武聖堂天同相武の間外庭。
 齢五十六にして六の月と十六日目に成る天同相武は未だに衰えを知らない。一方で齢六十一にして五の月と二十七日目に成る神武鬼族の老年カゲヤマノザルノスケは漸く衰えを見せる。証拠として彼は相武に押され気味であった!
「今度こそ私の勝利だな、ザルノスケ!」
「全く最近端耳模遠く成った那亜、妥牙」ザルノスケは敢えて両膝を崩して相武の優しさを……「おおっ斗、遂滑って……フンッ!」付け込んで一気に右手の力だけで木製包丁を飛ばした。「未だ未だ妥曾、相武様!」
「はあ、こんな歳に成っても未だ敵わないかあ……参ったね」
「お互い似力以外乃、全盛期照端得られない老練於得た証拠妥。恥じる事端ない」
「だな、じゃあ--」
 タ、タ、タイヘンダアアア--齢十八にして八の月と二日目に成るアデス九官族の少女臨兵キュー美智が飛んで来た!
「如何したんだ、キュー美智?」
「ニントクトウガ……ギンガレンゴウトシテフジワラタイリクヘトイドウヲカイシ、シマシタアアア!」
「……如何やら続き端其れ牙終わり次第です祢。行きましょう、相武様」
 ああ……そうだ、よな--相武は老練で得たのは強さだけではない。
(ザルノスケ……お前は何時も言ってたな。死ぬ時は戦場で……ずっと叶わなかった戦場での死を望んで何時迄も限界近い肉体を突き動かしたのだな。わかるぞ、今のお前は既に死んでもおかしくない状態である事も。戦場で死ぬ機会を得て……お前は私の傍を離れるつもりならば、如何すれば良い?
 ……雄の道を雄である私が止める権利が果たしてあるというのか?)

 八月六十日午後十一時零分五秒。
 場所は新任徳島跡。
 相武達は船の中にて其々の事に集中。特に相武は終期五武将の選定に取り掛かる。
(ザルノスケは此の戦いで死ぬだろう。だが、其れが戦場で討たれて死ぬような望ましい死なのかはわからない。ひょっとしたら今迄のカゲヤマノ家とは異なる座して死ぬような事に成るかも知れない。何しろ、死ぬ機会をずっと先を越され続けたあのザルノスケだろう。其れはきっと想念の海に溶け込んだ先祖代々がザルノスケに子を儲けろと訴えてきた証左なのかも知れない。だが、実現しないんだ。何故なら奴は幼少の頃に好きだった雌を目の前で死んで以降ずっと其の雌と思いを遂げる為に戦場での死を欲した。だが、失明も嗅覚の完全なる死も更には近年遠くなった聴覚もあくまで一部が機能しなく成っただけで其れ以外の五感を強化する事で難なく突破。気が付けば己を倒せる銀河連合は居なくなった。己を超える生命も居なくなった。孤独が奴を支配する。幾ら老いが肉体を衰えさせても奴は老練という新たな技法でやはり頂点を守り続ける。アリゲーデンは頂点を求めて来たというのに結局頂点はザルノスケに転がった。
 如何如何、止めだ止めだ。兎に角、ザルノスケの後継である金の将は決まらないだろう。不在のまま、次期五武将はずっと始まる。ラディルはもう直ぐ後継者を息子のライゼルに譲って引退するだろう。そして四本足を木製の義足で何とか復帰を果たしたエリフェアトゥは敢えてからに鞍替えして五武将に復帰。とすると残りは如何するか?)
 結局決まる事なく、船は巨大島型銀河連合に停泊……ザルノスケにとって最後の戦いは此処に火蓋を切って落とされる!

一兆年の夜 第百二十四話 天地相為す そして天同相武は赤き革新者と出会う(八)

 八月五十五日午前一時三分十八秒。
 場所は島型銀河連合第五南東側。
 未だに残る街並み。原子望遠弾が撃ち込まれようとも残り続ける煤だらけの町並みは突入部隊の面々に郷愁の念を抱かせる。
(何て息も詰まる様な光景だ。其れに此の空気にさっきから如何も視界の揺れるような感覚は……此れが放射が放つ副作用なのか?)
「相武様、気分が良くないのでしたら俺達に任せて帰還しても構いません!」
「いや、私が去る位なら突入部隊全員を帰還させて早急に原子望遠弾を撃ち込ませて安全に対処したいな。だが」相武は合理を優先し、敢えて己を含めた十万の軍者達の健康が下方修正してでも戦略的な勝利を優先した。「私達は時として心を冷たくしないといけない時もある……責任は私が引き受ける!」
「相武様……そうですっだん。だから俺は自らの命を懸けてでも生まれ故郷に決着を付けないといけないっでん!」
「そうだそうだ、そうだよなあ!」
「智将じゃなかったのかぜえい、ラディルぜよおう?」
 全く歳が近かったら少しでも生意気で居ようと出来るのに--エリフェアトゥと九つも歳が離れる事に少し念が残る気持ちだったラディル。
「私語端慎め……銀河連合妥」ザルノスケは年長者として一番前に立ち、後ろの五名を鼓舞するよう右手の金棒を高々と上げた。「此処照端全員生き残って当たり前妥斗思う乃妥亜亜!」
「言われなくともワカッテルヨ、爺さん!」カン十郎はザルノスケの左横に立つ。「次期五武将筆頭モ後ロヲ勇気付けるぜ!」
 ああ、行こうか……此処は始まりに過ぎん--最後に相武は五武将以外の全てを鼓舞するように合図をする!

(まだ……悲しい悲劇は訪れない!)

 五十七日午後十時二分四十三秒。
 場所は島型第五中央。
 其処は市長官邸を始めとした建物が立ち並ぶ応神諸島の中心地。既に其れ等は建物型銀河連合と化して突入した軍者達を次々と肉の塊にしてゆく。
(其れでも二の日もの間に先行した精鋭が内部に突入している。だが、どれが島型の核なのかを誰も知る術がない。故にまだまだ戦いは長期化する。
 ……だから如何したか、そんな事が。私達は万の死者が出る事は想定していた。出来る限り短期決戦を臨んでも長期決戦を想定しない生命ではない。一の月迄は各補給部隊の物資は滞りなく突入部隊全体に届く。但し、内部に突入した精鋭にだけは届かない。此処が後方支援部隊の難しい点だろうな。だからって補給部隊に過度の期待は寄せない。元々補給部隊の役目は恒久的に部隊を生き延びる事……其れだけしかない。決して攻撃も兼ねた者達で構成される訳じゃない。
 だったら何か? 私達が早期にケリを付けるしかない!)
 戦いから既に二千名に上る死者を出す真古天神武突入部隊。だが、銀河連合の死体は其の五十倍程膨れ上がる。真古天神武の歴史上初めて質が量を凌駕する理論値へと近付いている事例なのかも知れない。今回の突入部隊の面々は全て銀河連合一体辺りの差が平均して五十倍程離れているとみて違いはない。特に一騎当千を獲得した精鋭に至っては百倍近くは引き離しているとみて違いはないだろう。其の内の一つが相武と五武将--ザルノスケを筆頭に一名当たりの戦力は戦う毎に強大化してゆく……全生命体の希望に繋がる相武を守る為なら此れ程迄に力を解放してゆくのか!
 そろそろ、俺はっがん--だが、短いとは言えども二の日も激しく戦い続けては疲弊も力と同様に肥大化の一方。
「未だ内部似突入して居ない斗いう乃似もう限界科?」
「正直言って此れから銀河連合に依る激しい反撃が始まる……ハアハア」幾ら若造でもラディルも既に限界が近い。「全然切り抜ける戦術が思い付かねえ……疲れが、脳に栄養を、届かせ、ない」
「私も、ですぜえい。毛も湿って来て変な放電がぜえい、起こっているぜよおう」
「ハアハア……まだ切り札は、残しているとは、いえ」新仙者の力を出し惜しみする疲労困憊の相武。「銀河連合は此の乱戦模様の中できっと、何処か、で、見つめて……ハアハア」
 相武の言った事は正しい。実際、瓦礫型銀河連合が瓦礫に扮して相武達に接近。そして鋭い瓦礫のような何かを投擲する--然も成人体型三十七離れていながら正確無比にザルノスケの頸動脈を切り裂く方向に!
 ザルノスケは其れに気付いて左手の握力だけで掴むと其れを瓦礫型の核に投げ返す--瓦礫でありながら赤い液体を噴き出した瓦礫型は沈んだ!
「フン、未だ未だ俺模やれる--」
 危ない、ザルノスケええ--相武は瓦礫型が囮で真の狙いは建物型に潜伏する骨董品型に依る包丁のような何かに依る投擲でザルノスケの脳天貫通が狙い……流石に隙を見せたザルノスケは反応出来ない、代わりに相武が跳躍して全身で庇おうとする!
(え……何で?)
 だが、同じように跳躍したあるカンガルー族の老年は尻尾の力も勝って相武よりも速く庇って見せた--然も首が切断しかねない程深く刺さって!
「カン十郎うウウウ!」相武が叫ぶ中でザルノスケとエリフェアトゥは怒りの儘に建物型内部に潜伏する瓦礫型目掛けて走ってゆく。「す、直ぐに、直ぐに、直ぐに--」
 そ、相武様……幾ら何でも、もう--ラディルは怒りと悲しみを何とか抑えつつも事実を述べる!
「何で、だよっがん。お前は、お前はあ……あああ、わかっていてもっだん。そ、其れでもっがあ。うおおおおおおおおっがん!」
 菅原カン十郎は二度と目覚める事がない--余りにも呆気なく想念の海に旅立つ光景は五名の目に焼き付けるのであった!

『--遺言すら聞く余裕もまま成らない死は余りにも明白で尚且つ私達の心に明白では
ない鼓動を響かせる。戦いがラディルの想定した最低死者数依り三割程あった事や
ザルノスケの鼻が遂に利かなくなった事もエリフェアトゥの両足が戦いの後に全足切断
する事態に陥った事もそしてアリゲーデンが戦いの後に突然倒れて引退を余儀なく
された事等々。五武将の四名だけが戦いに依る喪失を味わったのではない。他の小隊
や中隊、其れに大隊でも原子望遠弾の煙を吸って異常を起こした生命は多数。戦いから
生き延びてICイマジナリーセンチュリーにして一年の間に二万程の軍者が死んだ。あくまで其れはあの
戦いが原因であるかを調べ尽くすには余りにも資料が足りない。だが、裏付けは存在
する。其れがあの戦いで五武将を引退したアリゲーデンである。彼は四の年もの間に
息を引き取った。何せあの戦い以降、吐血が絶えない。私は余裕があれば奴の所に来て
第二の人生を送れるように励まし続けた。
 だが--』

一兆年の夜 第百二十四話 天地相為す そして天同相武は赤き革新者と出会う(七)

 ICイマジナリーセンチュリー三百五年八月四十八日午前二時七分一秒。

 場所は真古天神武応神諸島。
 突如として其処に隕石が降り注ぎ、千の年以上も続いて来た応神諸島の歴史に幕を閉じた。其れは黒煙を滾らせる内に諸島型銀河連合と化して真古天神武六虎府を目掛けて進軍。一の年を掛ければ食い散らかす事だって可能。
 そんな中で応神諸島に叩き込まれる三発の原子望遠弾--一般生命は遂に銀河連合に向けて原子望遠弾を敢行した!
(誰にも止める事は出来なかった。私だって本来ならば使用を踏み切る事は控えたかった。だが、空から降り注ぐ銀河連合の雨の前では為す術もない。ならば保管してある原子望遠弾を特殊な望炎砲台と呼ばれる発射装置に乗せて撃ち込み続ける以外にない。其の度に砲台は一発ずつ長距離弾道を実現させる度に使い物に成らなく成る。私は其れが悲しくて、そして真古天神武の……水の惑星の歴史の半分が終わりを迎えようとしているのを感じて行く!)
 齢四十四にして六の月と六日目に成る天同相武は三の日より前に撃ち込まれた三発目が今も黒い雨を降らせている事に心を痛めながら甲板の上より眺める。彼と同様に眺める生命が一名。齢三十六にして五の月と十九日目に成る応神鰐族の中年ヤマビコノアリゲーデンも心を痛める。
「相武様、俺はもっと心が痛いっがん!」
「やはり生まれ故郷が銀河連合と化した上にあのような末路を送る事に対してなのか?」
「当たり前っだが、俺は勝手な生命だと認めているし今でも頂点だと思っている生命っでん。だが、ああして自己を確立する故郷がああ成っては最早何を生き甲斐にすれば良かろうっだん!」
 全く成ッテナイナ、アリゲーデン--齢三十九にして四の月と十日目に成る菅原カンガルー族の老年菅原カン十郎は皺こそ増えた物の三十代初頭と変わらない熟練の動きをしながらやって来た。
「爺さんっかん、全く老いは既に齢三十中盤から来るのではなく齢四十前半からやって来そうな位に一般生命の生活力の向上を招いたかっだん!」
「爺さん一同はみんなして何してるんだか」齢二十にして五の月と二十七日目に成る菅原人族の青年菅原ラディルは望遠砲を担いで駆け上って来る。「観光目的で来たんじゃないんだぞ、わかってるかあ?」
「生意気な奴メ、若過ギル歳デ五武将ノ一名ニ成ッタ奴が偉そうに!」
 良いじゃないかぜえい、後期五武将にはこうゆう生意気小僧の一名位居てもぜえい--齢二十九にして十一の月と一日目に成る武内山羊族の青年エリフェアトゥは揺れる船の帆から帆に飛び移りながら相武達の前に着地する!
「器用だねえ、フェアトゥの兄貴さんは」
 何度模注意するよう似そ奴端貴様乃兄貴照端ない--齢四十九にして五の月と十七日目に成る神武鬼族の老年カゲヤマノザルノスケは老いを感じさせない足取りでやって来た。
「最も老い耄れは流石に趣味だけは時代から取り残されるだけか」
「余計那お世話妥。此れ照模精一杯砂。俺端腰痛似模苦しむ支、肩凝りだっ照異常那痛み信号於齎して正直引退したい気分妥!」
「だが、未だ引退する気はないのだろう……戦場が死に場所だと決めているお前にとっては」
「亜亜、俺妥化似成ったカゲヤマノ家端弥端履死ぬ時模戦場照なけれ芭納得牙如何!」
 益々アマテラス文字の解読が困難な字で話しているだろ、爺さんは--言語学にも興味を示すラディルは鬼族の発する言葉をそう解釈してゆく。
「さて、五武将全て集まった所で私語を慎め。此れから黒煙がましに成り次第、突入作戦が開始される。其の前に作戦会議としようか!」
「任せろ、其の為に俺は小さい年頃で木の将に任じられた。だがな……少し情が無くなる様な作戦案に成るぞ」
 才気活発なラディルは相武達に覚悟させるようにそう前置きを述べた。理由は相武が思った作戦案の概要だった!
(決して私達だけで島型銀河連合の中枢を叩くのではない。だが、死ぬ数は万を越えると試算する。此れは決して大目に見ての話じゃない。全てが上手く行ったとしてもラディルはそう算出した。そして、其れが良くないなら四発目の原子望遠弾を撃ち込む方が死ぬ数を大きく減らす事にも繋がる。だが……ラディル曰く却って原子望遠弾の機構を銀河連合に知らしめる事に繋がる。
 容赦を知らない奴等が使用を躊躇う筈もないし、機構を知ってさえすれば私達をどのように扱おうとも奴等が私達をどのように原子望遠弾に良く似た攻撃で苦しめようとも向こうに教育する余地はない。寧ろ、威力を益々知る為に様々な方法で奴等は駆使して来よう。
 成ればこそ私達が取るべき道は一つ……万の死者を出してでも遂行するしかない!)
「本気で突入作戦を実行するのかよう? ならば司令部に四度目の原子望遠弾を放つよう命じた方が良いのではないかぜえい!」
「そんなの反対っだん!」
「わかるさ、お前ノ気持チガ!」
「わかるかっがん、合理ではなく--」
 だからわかるんだ、島ガ此レ以上原子望遠弾デ変ワリ過ギル事が痛い程……な--カン十郎はアリゲーデンを抱き締める……少々、鰐皮で皮膚を擦ってしまっても!
「止め、ろっだが。鰐族の肌だけじゃなくっだが、一般生命の雄同士の抱き締め合いは……気持ちが良くないっだん!」
「済まない、如何しても俺自身が安心出来なくて仕方ないんだ--既にガン十郎は覚悟を決めている様子だった……勿論、酒に付き合ったザルノスケと他者の心理を読み解く才能に長け始める相武から見て!
(ニャレーダーを思い出す。あいつとの出会いが無ければ私は他者の心を読み解く才能に目覚める事もなかった。翔和の左腕の激痛と新仙者としての能力が私を……其処へ導いた!
 ……だから何だ、其れが。幾ら他者の心の変化を読めても……運命は変わらないってのに!)
 カン十郎、お前端必ず生きろ……軟那気於吐く那--ザルノスケは相武と異なり、カン十郎は己よりも生きて欲しいと願って念を押した。
「有難う、ダガ心配ハするな。爺さんよりモ長ク生キテヤルンダヨ……必ずなあ!」
 其れから一の週より後に晴れやかに成り始める時、島型銀河連合は姿を現す--同時に其れは相武と五武将を含めた総勢十万にも上る島型銀河連合突入部隊の決死の作戦の開始でもあった!

一兆年の夜 第百二十四話 天地相為す そして天同相武は赤き革新者と出会う(六)

 八月四十日午前一時二分十八秒。
 場所は真古天神武首都ボルティーニ第四北地区新谷深夜酒場。
 かつて地同翔和が相武に対してやってしまった事に心を痛めた時に通った酒場。店主は齢四十一にして五の月と九日目に成るボルティーニ豚族の老年新谷ブタ重兵衛。ブタ彦の第一子に当たる白髭が目立つ老年だ。彼は齢四十三にして八の月と三日目に成る神武鬼族の老年と菅原カンガルー族の中年の注文に応えて盃に入れた酒を滑らせる。其れを手或は足にとって飲み口を傍に近寄らせてゆく二名。息の合ったかのように一口飲んで盃を机の上に置く姿は信頼関係がないと実現出来ない光景だった。其れから二名は静かに語り始める。
「白状すると言葉ガ見付カラナイ、其れだけだ」
「やっと話すよう似成った那、カン十郎。余り似模心身辺乃影響科羅本当似口牙利けない生命似成った乃科斗思った曾!」
「酒が俺ニ話スヨウ命ジテ来たんだ。」そう言って再び盃に足をやり、一気に空にすると意地を主張し始める。「酔いが醒メレバ何時モト同ジヨウニ誰トモ口ガ利けない生命に成るさ」
「親父さん、もう一丁」尚、此の店の主であるブタ重兵衛は何時の間にか常連客達の間で親しみを籠めて『親父』と呼ばれる。「今日端早起き模出来ない位似呑む是!」
 注文打ち切りは二の時だぶ--尚、閉店時間は最長で午前三時から。
「良いノカ、俺ミタイナ奴ニ付キ合って?」
「既似初期乃五武将端俺妥化似成った。幾ら後継者牙集まった所照五武将乃目的牙相武様於最後摩照お守りする斗いう使命於忘れてしまって端意味牙ない」既に一杯目を飲み干し、誰よりも早く二杯目も飲み干したザルノスケはガン十郎にある事を託す。「妥科羅お前端必ず俺より模生きろ。俺端後十乃年命妥牙、お前端摩妥摩妥大丈夫妥。良い科、生きる乃妥!」
 へ、敵ワナイナ--カン十郎は二杯目の時点で酒を止める事と成った。

(ザルノスケが酒に付き合ってくれたお陰でカン十郎は徐々に元気を取り戻し、後期五武将の一将としてザルノスケと共に引っ張って行く形と成る。因みに中期と同様に後期も一時的に顔触れは変わりやすい。だが、其れでもメエジンやワンダローが死んだ事で中期五武将は終わりを告げて此処から後期五武将の時代へと移り変わる。ザルノスケとカン十郎、そしてヤマビコノアリゲーデンは中期から引き続き将として任される。
 問題は歯抜けである火と木を誰にするかで討論された。確かザルノスケがカン十郎を酒に連れて行ってから一の週より後の日だったな。寒い時期には如何しても心身共に活動が鈍化しやすい。そんな時に最高官であるあの雄はある事を閃いたな!)

 八月四十七日午後三時四分一秒。
 場所は中央官邸二階会議室。
 必ずしも五武将の事で会議する訳ではない。だが、相武は残り二名の代わりを求めて試案に耽る。
(沖田スラ冬至は正に火の様な生命であり、あの速度には誰も敵わない……が、其れは空戦に於ける話であって全体的な印象では彼は守りには向かない。依って外そう。ワッシェジェーンは火のように炸裂した戦法を得意とする雌。だが、惚れっぽいのは余りにも守りに向かない。雌故に如何しても雌の特性が任務を熟すには向かない場合もある。其れが雌雄の差と呼ぼう。どれだけ雌が雄より強かろうとも最終的に本能に傾きやすい雌では限界が来る。
 ウウム、火の将の代わりが中々決まらない。木の将はあいつに決まった。確か菅原ラディルだ。ライドの孫に当たり、望遠刀の腕も奴譲りだ。違いは何方かと言えば戦術家で時として戦略的な提案も試みる。だから私としても助かる。奴ならば代わりは十分に務まる、とな!)
 木の将である菅原ラディルは後にある生命と出会い、其れが今回の物語の鍵に成る。其の話に入る前に先ずは残り一将は誰にするかである。
「相武様っち? 相武様っち?」
「……」
 相武様っち、まさか……集中為さっているのですかっち--齢二十九にして九の月に成ったばかりの若くして最高官に就任したクレイトス鼬族の青年イターバ・ボランロウディは大きな声でそう呼ぶ。
「わっ……何だ、イターバか。もう承認の時間か?」
「いえっち、承認為さらなくとも会議は順調に進んでおりますっち。ですがっち、今度もやはり上手く進みません弟子たっち。やはり世の中の動きに対応出来るだけの技術力を我々は持ち合わせていませんっち」
「そうだよな。其れで会議はまだ終わりの時間じゃない筈だろ?」
「終わったも同然ですっち。後は福祉費の下方修正をしたいにも結局っち、福祉費は増額の一方ですっち。最大の公約である福祉費の下方修正が如何にも出来そうにありませんっち」
「真古式神武も確か末期の頃は福祉に重きを置き過ぎて軍事費に回すお金が流れなかったとは良く聞くなあ。然も福祉費は下方修正すれば此の民主主義が反映しやすい真古天神武では直接的に福祉を大事にする政党に勝ちを譲る事にも繋がるそうだったな」
「ええっち、生活が何よりも大事ですっち」
「ああ……待てよ!」
「どうなさいましたっち、相武様っち?」
 有難う、福祉と聞いてある雄を思い出したぞ--イターバを抱きしめる相武であった!
『--そうして選んだのが武内山羊族のエリフェアトゥだ。彼は決して武に優れた軍者
ではない。主に情報部門に精通する情報員。だが、その正確なる情報力は終期五武将
でも大いに活かされた。彼が居なければ私は早期に銀河連合の雨に潰されていたし、
此処で日記を記す事も無かろう。
 おっとそろそろだな。だが、まだある三名の雄の最後を記していない。中期から後期、
そして前期から後期に掛けて活躍した三名の将はやがて終わりを迎えて行く。其れに
ついて私は記す義務がある。でなければ彼について執筆するなんて有り得ない。そう、
彼へと繋がる物語として先ずは今迄私の為に命を懸けた者達の最後を見届けねば
成るまい。
 最初はやはりザルノスケに託されたある雄の話からだ。其れは--』
プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR