FC2ブログ

一兆年の夜 第百十九話 日は又、昇る(二)

 午前十一時五十六分十八秒。
 銀河連合の一体が姿を現す時、戦いは始まる。新たに生まれ変わった楠木傭兵団は旧来の傭兵団とは異なり、援軍に頼らない。かと言って援軍要請しない訳ではない。する前から根回しをして幾らでも保険を掛ける。結団五の年とは根回しをするだけの長い年月を経る物である。
 其れでも旧来の傭兵団同様に北海を奪還するには其処はやはり一万規模では難しいのも事実--ヒラメ来は次のように考える。
(最初に出会ったのが小隊規模だッテ。其処はな、其処はな、別に良いんだット。だが、だがなあ、そいつらが俺達を包囲するような囮ならば話は別だッテ。そうゆうのは俺を含む中隊長以上の幹部は知っていたんだッテ。だから後方から援護する役割の第四群から第六郡に周囲一帯を観察させる訳だよなット。包囲されるのを防ぐ為にだッテ。だがまあ、だがまあ中隊長位の俺は第一郡に所属するが故に郡長である齢二十九にして九日目に成る応神秋刀魚族のゴデンノヅチサンマジロウで兄貴の敵討ちを死亡する事に燃える俺の後輩なんだッテ。簡単に嵌る様な奴ではないッチ。でも、でも--)
「先輩、少し宜しいですか?」
「何だよ、後ろから指揮して落ち着いているって時によ」
「我々ゴデンノヅチ群は此の侭、拠点型への突入を図ります。其処で人生の先輩である平ヒラメ来の大胆な提案を享受しに参りました」
「サンマジロウ、一々俺に意見を求めるのは良くないぞ」
「ですが、創設員を差し置いて此処迄出世してしまった罪を償う為に--」
 其れは罪ではなく、誇りだ--ヒラメ来は訂正を促す。
「ですが、先輩」
「ですがも何もない。俺は余り多くの団員を監督するのは苦鰭だ。だから中隊長よりも先は断っている。其の代わり、お前には色々と便宜を図って群長に就任させた。然も俺が戦いやすいように先頭群を率いるという重要な位置に、な!」
「は、はい!」
「まあ、提案と言っても先ずは俺が第一大隊所属である事だから大隊長を飛び越えるのは止してくれないか?」
「如何してですか?」
「命令系統の乱れが発生する。だから群長は直接第一大隊長に頼み、其処から第一中隊長である俺に打診すれば良いじゃないか」
「……少し表現おかしいかなと思いますが」文法上の致し方ない部分を気にしながらもサンマジロウは忠告を聞き入った。「わかりました。では直ぐに第一大隊長のアンコナ・アエンコに命じて来ます!」
「お前にとっては一言も二言も鰓表現する困った雌だが、命令系統の乱れを防ぐ為にも頼んだぞ」
 そうして群長サンマジロウは元の配置に戻る。其れから正午を直ぐ過ぎた頃に齢三十三にして十の月と六日目に成るプトレ鮟鱇族の女性にして第一郡第一大隊長アンコナ・アエンコがヒラメ来の所迄駆け付ける。
「全く私に労働させる気?」
「そうゆう体たらくだから群長殿は俺の所に相談しに来るんだろうが」
「まあ良いわ。其れよりも良い案考えた?」
 其れは十五の分経過した後迄待て--突然、相談に来られた為に頭を回転させるには時間を要するヒラメ来だった。
(俺は回りくどいやり方はな、回りくどいやり方は好きじゃないッテ。だからやる事は単純且つ簡潔に--)

一兆年の夜 第百十九話 日は又、昇る(一)

 ICイマジナリーセンチュリー二百七十七年五月五十五日午前十時四十三分十一秒。

 場所は真古天神武アリスティッポス大陸北海。
 其処に集うは総勢二万二百七十四にも上る傭兵。彼等の目付きは鋭く、そして後退の二文字さえ甘えと考えるかのように激しい。昂る心を抑え付けるだけのたがを肉体は有していないのか、其れとも彼等全てに肉親を持つが為に仇討ちを抑えるだけの堪忍が此の矮小な肉体の数々には容易くないと言えるのか? 何れにせよ、此れだけは確かである。
(遂に、遂にですよッテ。そうだ、そうだ遂に俺は、俺達は戻って来ましたよッタ。此の昂る己の気を抑えられないように未だに残る子供の心は此の老い耄れの肉体にはな、此の肉体にはな……親父の魂が宿るかのように俺達は帰って来たッタ!
 此の齢三十一にして十一の月と三十日目に成る此のキュプロひらめ族の平ヒラメ様には眩しいぜッテ。こうしてなあ、こうしてなあ親父が眠る此の銀河連合の巣に親父の魂と良く似た俺が戻って来た事が其の証だろうがッタア。俺だけじゃないッテ。此処には楠木傭兵団と縁の深い連中が十五の歳月を掛けて戻って来たんだッテ!)
「何を余所余所しい目線しているんだ、第一中隊長平ヒラメ来」齢十九にして八の月と八日目に成るテオディダクトス鯨族の少年はヒラメ来に話し掛ける。「みんな昂る中で余計な事を考えて」
「あ、副団長殿ですか」
「次期団長だぞ、僕は!」
「でも規定では団長の位は大人に成ってからじゃないと難しいと石板に記されておりますが」
「一言余計だな、全く」
 おやおや、ホエールつら次期団長と第一中隊長のヒラメ来殿じゃありませんか--齢二十五にして二十四日目に成る菅原鮭族の青年菅原サケじんは揶揄い気味に声を掛ける。
「菅原団長か」
「ホエール行よ、わかっていると思うが規定で遺言通りといかなかった。お前はそう考えているだろう、だが違う。俺はお前を遺言通りに団長にすれば親父の後を追うのではないのかと思って団長に指名しなかった。此れだけは覚えていて欲しい」
「今更ですか、団長殿。新生菅原傭兵団は凡そ五の年より前に僕とヒラメ来、其れにあんたを始めとした五十名で始めた傭兵団だ。全ては楠木傭兵団の無念を晴らす為に」
「無念とは少し違うな。あの時は時期尚早も相まったからな。俺達は嘗ての団長であり、副団長殿の父上である楠木ホエール成が援軍頼みを期待していた節を反省して援軍に頼らない自軍だけで押し切る傭兵団作りに明け暮れた。思いだけでは足りない部分を僅か五という長い歳月を掛けて最新武器を備え続けてな」
「死んだ叔母さんの婚約者の無念を晴らすのは俺の性に合わない。一生を遊び鮭として過ごす筈だった。大金を集めて好き勝手に遊んで一生を過ごす筈だった……だが、ホエール行よ」
「又、其の話か。死者の魂は真っ直ぐ想念の海に旅立つのではないのか?」
「ところがそうもいかない。故に俺は俺でもわからない行動に走り、五の年より前の結団式より四の年より前に其処の鮃野郎と一緒に北海制圧を夢見るように成ったのさ」
「其れで凡そ五の年より前に僕がやって来た。団長達が迎える前に」
 心霊現象云々を語るのは俺達傭兵団のする事じゃないな--ヒラメ来はそう言って先程迄の話を終わらせる。
(俺達はな、俺達はなッテ。心霊の類を信じてはいないット。親父が死んだ所で其れ迄と考える現実主義者の類だッテ。でも、でもなあ、なあなあだがッテ。旧楠木傭兵団の残り香を僅かに受け継いでいると認めるッテ。其の証拠に俺は初めて団長の坊やに会った時から何かしらの運命を感じた気がするット。そしてホエール行を始めとした旧楠木傭兵団の関係者が次々に入って行く度に、入って行く度に魂の揺さぶりを感じて仕方がないッテサ!
 まあ、まあ霊的は話は此処迄にしとこうかット)

一兆年の夜 第百十八話 七度生命として生まれ変わり、連合を倒して希望に報いん(七)

 午後七時零分七秒。
 楠木傭兵団は遂に七名だけに成った。そして、七名が現在いる地点こそ、大樹型の最奥。
(心臓型は既に倒シタ。此の侭、崩壊スルノモ良いな。だが、俺達は勝利出来ナイ。何故ナラ心臓型だけが大樹型の全てじゃない。脳型と呼バレル俺達同様に考えや閃きを齎す機能の銀河連合を倒さなければ意味がない。ダガ、俺達は最早身動きも取れない。大樹型に入った時点で泳げる範囲は限定され、こうして鰭を動かしてもがくしか出来ナイ。俺が先陣を切って更には満身創痍のブリ郎と第一及び三小隊の生き残りに助けられる形で楠木ホエール成とホエール季は自らを切り開イタ。水上に聳えるあの心臓型を倒シテヤッタ。そして……命は朽ちようとしていた!)
「お前達、今迄良くやった」此処から最後のエラ会話が始まる。「だが、結果は伴わなかった」
「構いません、団長。自分達の肉体は尽きても魂は誰かに受け継がれてゆきます!」
 ああ、其れなら自分には心当たりがあります--齢三十六にして九日目に成る第一小隊第一分隊長を務めるキュプロひらめ族の老年は語る。
「平ヒラメ意、そうゆうのは先に言えよ!」
「何時も瞬間を逃しましてね。気が付けば死ぬのがこんなに遅く成りました」
「呑気で居られないな。後三の分の後位か? 俺と兄者を含める七名が銀河連合に飛び掛かられるもんだ」
「其の前に我々は此の肉体を捨てて新たなる肉体に転じて移動しましょう!」
「そうだぜ、想念の海……確か夢宇宙の奴が俺達を迎える前にいっそ再び現世で再度挑戦するのも良いかも知れない」
「だがな、お前達。其れは生きる上で苦痛が伴う。一体どれだけ生まれ変わっておきたいか尋ねる」
「今生きている数ですかな?」
「七回か? 今から一回は生まれ変わる番か!」
「七度こんな状況下に成ろうとも楠木傭兵団は永遠に消える事はありません!」
「そうだそうだ、我々は七回生まれ変わろうとも絶対に今の状況を打破してやるぞ!」
「兄者……如何やらそろそろみたいですな」
「後一の分を切ったか。銀河連合が俺達を食べに行くときの苦しみと来たら……想像したくない。やるぞ、季」
「ああ、俺達生命に備わった単純な自らの決意だな。だが、結構痛いんじゃないか?」
「でも話に依ると一瞬で意識が消えるらしいって」
「試した事ある奴は臨死体験者か? 怖い話だな」
「其れが俺達の選んだ道だ。では……来世で又会おう!」

 ICイマジナリーセンチュリー二百七十三年八月四十五日午後七時七分七秒。

 第百十八話 七度生命として生まれ変わり、連合を倒して希望に報いん 完

 第百十九話 日は又、昇る に続く……

一兆年の夜 第百十八話 七度生命として生まれ変わり、連合を倒して希望に報いん(六)

 午後三時四十四分十二秒。
(残り三十名、カ。良クゾ此処迄戦ったぞ、楠木傭兵団ノミンナ。必死に逃げて逃ゲテ、ソシテ見付けた戦線の薄い部分を突く。ダガ、何度も同じ鰭が通じないように銀河連合は敢えて薄い箇所に指揮官鯨型を配置シテイタ。結果は第二小隊長であるマグロコを含む五十名近くが指揮官鯨型と運命を共にした!
 倒した事が幸運だったお陰で俺達は一の時もの間ダケ、休息ガ摂れた。気休め程度の休息でも構ワナイ。死んでしまった団員達を黙祷する位の時間ハアルノダカラ。小隊長級ならタイン五世、サバッタ・サバラン、空藤マンボ助、ソシテマグロコ・デラクス……と彼等を含めた百七十名の団員達ヨ。お前達の事は決して忘レナイ。全て紹介出来ナイノガ辛い。名前を忘レル事は簡単だが、覚える事が難しいように百七十名すべてを紹介する事が今は欲するが故ニ。ダガ、俺達が百七十名に報いる方法ならアル。其れが北海に居る全ての銀河連合を退散させる事ダ。単純明快且つ別に捻る必要もない理由ダロ? 誰に伝えているのかを俺はまだ知ラナイ。其の話は死ぬ瞬間迄取って於くモノだ!
 其れよりも今は指揮官鯨型を倒して束の間の喜びを経験シタイ。例え糠の喜びデアロウトモ団員達の師で俯くよりもまだ希望がある。まだ可能性が十分ニアル。俺達は数の上では最初から可能性はナカッタ。ダガ、俺が全責任を取って決断した事ダ。絶対に適わないとわかって参加を取り合わない選択だって部下達は出来た筈ダ。其れをしないのは俺の意志を呑んだという証拠でもあり、何時でも白骨に朽ちる覚悟を決めた証デモアル。証ノ拠り所としてタイン等第四小隊が命を懸けて中間地点越えの為の殿を務め、サバッタとマンボ助が命懸ケデ指揮官鯨型の実態を知らせ、マグロコ達第二小隊が其の情報を頼りに自ラノ命を賭した!
 そうして俺達は三十名だけと成ッタ。其の内、団長である俺に副団長にして弟のホエール季、第三小隊長にしてホエール季の恋者であるホエーラに参謀役のブリ郎だけしか幹部が居ない状態。ダガ、ブリ郎は既に意識を朦朧とし始める。戦傷デハナイ。どれだけ寒冷適応しようとも長期間も此の地で活動をすればオノズト限界は訪れる。ブリ郎を始めとした環境適応出来ても長時間は戦えない団員達は其れが訪れ始メタダケダ。イヤ、俺も少し……眩暈を起コス。ドレダケ適応訓練をしようとも余りにも時間が経てば肉体は休みを欲す。然も寒冷地なのだから其の誘いは尋常では、ナイ!
 如何やら今日か明くる日が来れば俺達は全員氷漬けかも知レナイ。だが、其の前に命の炎だけは燃やさないと気が済マナイ!)
「ねえねえ、ねえねえ」此処から先はエラ会話で楠木傭兵団の状況を知らせよう。「なあなあ。なあなあ」
「大丈夫だ。俺は大丈夫だ。俺は大丈夫だ」
「私、ね。ホエール季。私はね。私は、私は--」
「もう伝えなくて良い、ホエーラ。俺は其れで涙を流すような生命じゃない」
 確かに、泣いていない--わかっていて敢えて真実ではない言葉を伝える虫族みたいな息をしたホエーラ。
「ホエーラ? ホエーラ?」
「もう十分だ、季。お前はどれだけの水分を水中内に放ち、氷に変えてくれるか!」
 何で俺達は、此の環境に苦しむ運命なのだよ--ホエール季は今迄の強い姿勢とは一転した態度でホエール成に問い詰める程追い詰められていた!
「俺の責任を知っているだろうが!」
「そうやって兄者は自分を責める。俺達だってわかっていた……だが、同時に甘く見てしまった。結果が--」
「止めなさい、ややああめなさい」満身創痍であるが、参謀役として間に入るブリ郎。「残り二十名を切ってしまったからと、いい、てもな」
「合わせて十一名も海に抱かれるのか。そんな状況下で残された選択とは--」
「ああ、そうですね。そろそろ、そろっそろだ」
「そうか……ははあぶば。はあ、はあ。わかった」少し鰓を整えてから話すホエール季。「あの作戦が実行される訳だ」
「最早空論の域だが、な」
 構わない……例え空論であったとしても俺が作戦中に軌道変更させて少しは使い物にさせてやる--そう伝えてホエール成は楠木傭兵団最後の戦いに赴いてゆく!

一兆年の夜 第百十八話 七度生命として生まれ変わり、連合を倒して希望に報いん(五)

 午前八時一分十八秒。
(中間地点を突破した所でとんでもない奴が出ヤガッタ。指揮官型、百獣型、其れに参謀型や医者型なんかは石板絵の鑑賞会で一度ダケシカ見た事が無い。水中種族にとってはお目に掛かる事がアルカナイカッテ程に戦場じゃあ見られない種類だ。ナノニ目の前に聳える五十八体もの鯨型の中央に混合型の、然も鼻の位置に植え込んだ指揮官型ナンテ聞いた事が無い。水中なのだぞ、地上種族特に変温体質の両生種族のある友者から聞いた話に依ると会話出来る代わりに口と鼻で呼吸出来るように成るのが地上と空中種族の特徴ダ。銀河連合と俺達生命が鏡合わせの関係なら共通点も存在スル。指揮官型は絶対に鰓を持タナイシ、鰓で呼吸するという技術を持タナイ筈。なのに指揮官型は鯨型の鼻辺りに植え込まれた状態で自由自在に腕を動カシテイル。
 説明は其処迄にして俺は命を懸けるが、今は其処デハナイ。当然、奴と出会って直ぐに撤退命令を下シタ。ダガ、第一小隊長であるサバッタは子分口調で何と自らが指揮官鯨型がどんなモノか確かめると言い出して来タ。俺達は反対シタ。ダカラ参謀のブリ郎に頼んで第一小隊全てを使うと少し変化球を出して、ナ。ところが第一小隊所属の三十六名が全員サバッタと運命を共にするなんて口出して来たから俺達は鰭上げするシカナイ。そして、サバッタは勝てないとわかりながらも偵察長のマンボ助に己の戦う姿を刻ませて果テテシマッタ!
 其レカラ偵察長が戻って来た。だが--)
「此処迄のようです、団長」此処から先はエラ会話で終始される。「ガボバボボバ、ググオボブ」
「無理して鰓で伝えるな、マンボ助。お前がサバッタの死を伝えてくれただけでも感謝する!」
「ま、まだ何か言いたげよ……ホエール季君!」
 マンボ助は--生まれ変わったら又、偵察やりたい--と瞳の開閉会話をして、マンボ助は息を引き取った。
「必死で伝えたんだな、マンボ助め!」
「サバッタとマンボ助のお陰で俺達は指揮官鯨型と呼ぶのか? 奴の行動様式の一部を知る事が出来た」
「恐ろしいわね、あの指揮官鯨型っての。マンボ助が一気に離脱しようとした時に持参した銛を命中させる精密射撃の一つが」
「銛ではないわ、銛のような何かって話ね。マンボ助だって覚悟の上だった……其れでも私達の為に此処迄無茶をしてくれたわ」
「と同時に奴等はこうして来たか」
「団長」ブリ郎はマンボ助の出血の跡を知っていて敢えて方位に掛かると読んだ。「此れでは作戦の意味が為せません」
「わかっている。逃げるぞ、お前達!」
「戦いとは本当に逃げる事ばかりが多い!」
 例え銀河連合に搦め取られようとも、楠木傭兵団は決して大人しくしない……
プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR